詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    所得税の確定申告について教えて下さい

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐶
    レモン
    話題
    親の確定申告代行に当たり教えて頂きたいと思います。 父は昨年秋に他界しました。 私は独身、一人っ子でずっと父と二人暮らしでした。 母は私が子供の頃既に他界しています。 よって法定相続人は私だけなので、土地と自宅は私が相続しました。 預貯金はほとんどありませんでした。 昨年の春頃に、祖父の名義だった土地を売却しそのお金を父(長男)を はじめ兄弟姉妹で均等に分けたとの話を葬儀で聞きました。 父は生前、お金等の管理は自分で行っていました。 私もなんとなく聞いていた感じです。 葬儀の席で、義理の叔父から確定申告の時に100万からの税金を払う ようになるから用意しておきなさいと言われました。 均等に分けたお金は、半分以上父が生活費や医療費に充てていました。 父が他界後、年末に確定申告は済ませていますが、その時には私もあまり 理解していなかったのでその所得税の事は処理はされていません。 改めて、所得税の確定申告に行く必要があると思うのですが *当人が死亡していても、相続人である私が100%税金を納めなくては  いけないのか。減額等の免除等はないのか。 *税金の支払いは、分割等でも問題ないのか。 私も生活が苦しい為、いきなり高額のお金が用意できません。 税務署にも問い合わせしましたが、父の兄弟等に確認後申告に来るよう 言われました。 その兄弟姉妹には、元々疎遠で私情ですが連絡を取りたくありません。 父が生前中も色々な問題があり、父の見舞いすら来てはくれませんでした。 一人になり途方に暮れても力になってくれなかった人達です。 アドバイスを頂けたら助かります。

    トピ内ID:2403551048

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    金額の控除はありますが...

    しおりをつける
    🐤
    税理士に相談!
    最終的に税務署に確認したいただくことが大前提です。 1.相続税の計算にあたり、 今回相続は子のみなので、相続税は500万円の控除額があり、「超える金額」に税金がかかります。 2.税金の支払いについては、 相続税は、相続人の税金になるので、支払い義務はあります。 「相続を知った時」から、相続は開始します。時期をどう捉えるかは税務署に確認してください。 また、相続財産には負の財産も含まれます。税金の未払い部分も勿論、相続対象です。 尚、特殊な手続きとして限定承認、相続放棄があり、「相続を知った時」から3ヶ月以内ならば行えるので、 税務署に確認してください。 3.税金の分割払いはありません。 税金は固定資産税など特殊なものを除き、一括で納めます。 もし、現金が手元に無ければ、「物納」と言って、不動産等で納める方法もあります。 最終的に支払いの無い場合は相当財産を差し押さえられます。 また、兄弟姉妹には相続権はありません。祖父が亡くなった時に父が生きているため代襲相続もありません。 あくまで、私の知っている範囲なので、ご参考までに。

    トピ内ID:0811674063

    閉じる× 閉じる×

    遺品を調べて

    しおりをつける
    blank
    すずめ
    (1)譲渡した土地について調べる 遺品の中から、土地譲渡して500万円を分配に関する書類を探す。 貯金通帳を確認して、振込まれた正確な金額を調べる。 見つからないときは、叔父さんに書類を見せてもらう。 相続による土地取得の場合、必要経費(概算取得費)は5%、申告時に差し引いて、残額が長期一般譲渡課税所得になります。 (2)医療費の申告漏れがないか病院等の領収書を探す。 (3)前回の「確定申告書(控)」と上記(1)と(2)で3月15日までに税務署に確定申告に行く。(混雑しないのは2月の下旬ごろ) ・火事や自然災害以外に、税の減額はありません。 ・申出により分割納付出来ますが、延滞金は撮られます。 譲渡所得の申告のしかた(記載例) http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2010/kisairei/joto/pdf/001.pdf 土地の相続(税金について) http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1220/372533.htm?g=01

    トピ内ID:0688588372

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    🐶
    レモン
    トピ主です。 レスを頂きありがとうございます。 再度税務署にも確認してみましたが、やはり所得税となり 税金を納めなくてはならないようです。 1度申告を済ませているので、修正申告となるようです。 おまけに亡くなってから4ケ月を過ぎたところなので、延滞金と加算金が 発生すると聞いてパニックになっています。 加算金は自主申告な為、免除できるかもしれないとの事ですが、延滞金は 日割で計算し発生するそうです。 電話でのやりとりで、完全に把握できていないので1日でも早く修正申告に 税務署に行こうと思います。 納税額だけでもどう支払おうか悩んでいたのに、延滞金まで発生するとは 頭が痛いです。 周りに聞ける人やアドバイス貰える人もいませんでしたが、元々は私の無知、 勉強不足がいけなかったのだと反省しています。 本当に税金の事は、難しいよく分かりません。

    トピ内ID:2403551048

    閉じる× 閉じる×

    何かおかしいのではないですか?

    しおりをつける
    blank
    お節介
    お父様が亡くなられて、其の上に税金のお話で大変な事とお察します。 ところで、状況が今一つ理解できません。 相続した土地などの他に、現金(?)・貯金が殆ど無かったと仰っていますね。しかも、其の相続は昨年春で、亡くなられたのが秋とすると、相当な金額を半年で生活費等で使ったのでしょうか? トピ主さんが、お父上の相続した金額をご存じないのか、伏せているのか分かりませんが、先ずは此の土地売却による相続金額を調べるべきです。 そして、容易に推測できるのは役半年後に現金預貯金が殆ど無かったのであれば、分配した相続金額は高が知れているはずですね! 上で何方かが仰っているように、相続であれば500万円の控除があります。 例えば、其の分配金が贈与であっても110万まで無税です。それ以上に20%の課税です。 相続か贈与なのかはっきりすべきです。 それと、ハッキリしないのであれば、税務にも補足されない小金額だったはずでは? 

    トピ内ID:2980568569

    閉じる× 閉じる×

    土地の登記簿謄本などを確認

    しおりをつける
    🐧
    ペンギンサンタ
    譲渡による税金が100万円以上発生するとすると、 所得税15%(他に住民税は5%がありますが秋に亡くなられたのなら住民税はかかりません)なので、お父さんの分の土地譲渡収入がおよそ700円くらいあることになります(取得費の5%を引く前の金額です)がどうだったのでしょう? おじいさん(亡くなられてるのですよね?)の土地を売るには、まず相続登記をして子どもたち名義の土地に変更してからでないと売却できません。よって、その土地の登記(お父さんお一人の名義に変更か、兄弟の共有名義か)も調べたほうがいいかもしれません。土地の売却益は兄弟で分配して税金は全てお父さんてことになってないといいのですが。 以上はお父さんの所得税の申告で、土地の譲渡益があったことは事実ですから申告のしなおしが必要です。 お父さんの土地を相続したことについては、レモンさんに相続税がかかることになりますが、相続人が一人の場合は6000万円までは無税です。市役所の税務関係の課で「評価証明書」を取得してから(評価証明書の金額に倍率をかけて相続税の土地評価価格が計算されます)税務署に相談されたらどうでしょうか。

    トピ内ID:7188009500

    閉じる× 閉じる×

    背景が良くわからないのすが?

    しおりをつける
    blank
    あのねのね
    レモン様 所得税の確定申告の件ですが背景が良くわからないのすが、次のように考えていいでしょうか? 1.ご祖父の土地の売却による収入 この土地を売却したときには、すでにご兄弟姉妹の名義になっていたのでしょうか? それともお父様だけの名義にしてから売却されたのでしょうか? いずれにしろそのときの売買契約書など売却金額がわかる書類、売却関連の手数料の資料に基づいて譲渡所得税を支払うことになると思います。  ご兄弟姉妹で売却益を分配されたのなら、税金もご兄弟姉妹で分担されるのが良いと思います。この判断のためには、土地の購入関係、売却関係の書類が必要です。そのときの売買価格や手数料などについては担当された不動産会社に伺うのが良いと思います。  2.お父様の遺産の相続について 「土地と自宅、預貯金はほとんどありませんでした。」とのことなので、相続税は発生しなかったのででしょうか。   既に指摘されたように、相続人が一人の場合は6000万円までは無税です。ただ、生命保険の払い戻しなどがある場合は、相続税が無税である申告が必要と思います。

    トピ内ID:0666156455

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]