詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    昭和時代の少女漫画に詳しい方

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ちょこべー
    話題
    確かマーガレットだと思うのですが、ピエロのおじさんが出てきて、縁起途中に落下するか何かで亡くなってしまう‥というストーリーの少女漫画をご存知の方いらっしゃいませんか? 多分すごく重要な登場人物ではなかったような気がしますが、主人公の女の子と交流があったように思います。 絵は西谷祥子さんのようなザ・少女漫画というような雰囲気(コミカルな感じやミステリー、恐怖という感じでもなく)で、ストーリーそのものは全然覚えていないのですが、ピエロのおじさんが死ぬということだけ何故かしっかり記憶しています。 冒頭でマーガレットかもと書きましたが、これも違っているかもしれません。 今45歳の私が10歳以前に読んだと思うので、1975年より前の作品かなと思いますが、これも定かではなく‥。 もしほんの少しでもこれでは?と思われる漫画を知っている方、教えてください。 お願いいたします。

    トピ内ID:3278651248

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お話のタイトルは忘れましたが

    しおりをつける
    🙂
    ミンミン
    デイモス(悪魔)の花嫁の中にそんなお話があります。だいたい1話完結でたくさん巻が出ていましたので何巻のお話かは忘れてしまいました。見てみてくださいね!

    トピ内ID:8131956122

    閉じる× 閉じる×

    悪魔の花嫁ではないでしょうか?

    しおりをつける
    blank
    とくめい
    『悪魔の花嫁』(秋田書店)の中にピエロの話がありました。 何巻かは忘れてしまったのですが、もし良ろしかったら、ご参考まで。

    トピ内ID:3854513302

    閉じる× 閉じる×

    悪魔の花嫁

    しおりをつける
    blank
    美奈子
    古い漫画でピエロが落下と言うと、悪魔の花嫁しか思い浮かびませんでした。 空中ブランコに挑むピエロが、ブランコに塗られていたグリスにより手を滑らせ、落下して死んでしまいます。 グリスを塗ったのはサーカス団の団長で、ピエロに恋している娘がピエロと駆け落ちするのを阻止しようとして仕組んだのでした。 ちなみにそのピエロは、昔、相棒の手をわざと離して、空中ブランコから落下させて殺した過去を持っていました。

    トピ内ID:2977965771

    閉じる× 閉じる×

    悪魔の花嫁

    しおりをつける
    blank
    インコ
    あしべゆうほさん(秋田書店)にそのようなお話がありました。 年代的(昭和50年代)にも合うと思いますので一度ご覧になってみてください。 蛇足かもしれませんが最近同タイトルで連載を再開されております。 しかし絵やお話の雰囲気が変わってしまわれました。

    トピ内ID:3860442616

    閉じる× 閉じる×

    悪魔の花嫁

    しおりをつける
    💡
    たまま
    悪魔の花嫁の第8巻の中の仮面の道化師ではないですか? 確か(扮装をとくとハンサムな)ピエロに娘を捕られるのが嫌なサーカスの団長が空中ブランコに油を塗ってピエロを転落させるストーリーがありました

    トピ内ID:8649370994

    閉じる× 閉じる×

    私も「悪魔の花嫁」

    しおりをつける
    💡
    とまとま
    私も、「悪魔の花嫁」かな~と思いました。

    トピ内ID:3695698730

    閉じる× 閉じる×

    ディモスの花嫁でしょう

    しおりをつける
    瑛里華
    そのピエロはおじさんじゃなくお兄さんです。そのお兄さんがディモスそっくりの顔なんですよ。サーカスのオーナーの娘がそのお兄さんに恋していてオーナーは彼を殺すために空中ブランコのバーにオイルを塗っておく。彼はそれで落下して死ぬ直前ディモスに彼の振りをしてその娘にさよならをして欲しいと頼んでディモスはその通り彼女に彼をあきらめさせると言うストーリーでした。懐かしいなあ。当時は感動しましたよ。

    トピ内ID:0494101068

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    ちょこべー
    ミンミン様、とくめい様、美奈子様レスありがとうございました。 三名の方が言われているので、悪魔の花嫁かも知れません。さっきアマゾンで10巻まで注文しました。 またこの本であったら、あらためてトピ主よりお返事します。 本当にありがとうございました。 あ~このコミックだったら、長年のもやもやから解放されそうです。 届くのが楽しみです。

    トピ内ID:9855196476

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます・2

    しおりをつける
    blank
    ちょこべー
    インコ様、たまま様、とまとま様、瑛里華様、レスありがとうございました。 レス下さった皆さんすべてが「悪魔の花嫁」を挙げていらっしゃるので、きっとこの漫画なのだと思います。 ストーリーをかいつまんで書いて下さった方もみえて、なんだかそうだったような気がしてきました。 既にアマゾンで購入手続きをとったので早く読みたいです。 自分の記憶の中では、もう少しほのぼのタッチだった気がしていたのですが、意外にもカバーが怖系だったので私の記憶力は全く使えんと感じ入った次第です。 レス下さった皆様に感謝いたします。

    トピ内ID:3278651248

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    トピ主です。違いました‥

    しおりをつける
    blank
    ちょこべー
    今日「悪魔の花嫁」が届いて、ピエロの仮面が描いてある8巻を読んでみました。 残念ながら‥私がかつて読んだ内容ではありませんでした。8巻の初版発行年数が昭和54年だったので、自分が読んだのはもうちょっと昔のコミックだったように思いました。 やはり絵がもっと柔らかいタッチだった気がします。 ストーリーをもう少し思い出せるといいのですが、もうさっぱり浮かびません。 ・ピエロ‥おじさんというかおじいさんに近かったかも。優しい人物に描いてあったような。なので子ども心にとても印象が深かったのかと思います。 でも、この「悪魔の花嫁」かなり面白そうです。今晩じっくり読みます。購入したからには、これはこれで楽しみたいです。 レス下さった方には再度感謝です。 結果的には残念でしたが、これでは?とアドバイスいただき本当にありがとうございました。 また地道に探してみます。

    トピ内ID:3278651248

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    もしかしたらですが・・・

    しおりをつける
    blank
    タケノコ
    さだまさしさんの「道化師のソネット」という歌をご存じですか。 彼が主演した「翔べ イカロスの翼」という映画の主題歌です。 サーカスでピエロをしていた青年のお話しですが、なんだかお探しの作品とダブります。 原作は実話ですから、もしかしたら別の題名でマンガ化されているかもしれません。 「イカロスの翼」「ピエロのクリちゃん」で検索してみてください。 本当にもしかしたら・・・なので違っていたらごめんなさい。

    トピ内ID:9820571729

    閉じる× 閉じる×

    漫画になっていたかは記憶にありませんが

    しおりをつける
    blank
    てつ
    草鹿宏さんの「翔べイカロスの翼」ではないでしょうか?1978年発刊です。(漫画じゃなくてノンフィクション書籍だと思います。) キグレサーカスの実話を元にした話です。 カメラマン志望の青年が写真を撮っている内にサーカスに魅せられて、ピエロとして一から訓練に励み、「ピエロのクリちゃん」として親しまれ始めた時に、事故で亡くなると言う話です。(ザックリですが。) 映画ではさだまさしさんが、ドラマでは西城秀樹さんがクリちゃんをやっていました。

    トピ内ID:7032716473

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]