詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    「ほめて育てる」育児についての疑問

    お気に入り追加
    レス90
    (トピ主18
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐧
    スタート
    子供
    はじめまして。 はじめての出産に伴い、育児について色々本を読んでいます。 「ほめて育てる」ことが主流のような気がしますが、 その弊害はないのでしょうか。 私自身、小学校に入る前からピヤノ、水泳など習い事に追われ、 なぜできないのか、できて当然と扱われ、小さい頃の記憶は、嫌なことがほとんどで 未だに水は怖いと思ってしまいます。 子供には同じ思いをさせたくないと思いますが、あまり褒めても現実とかけ離れた認識しかできない勘違いにはなってほしくないし、と。。疑問に思います。

    トピ内ID:3318416138

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数90

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (18)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  90
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    褒めることは自信に

    しおりをつける
    🐴
    とおい
    自信の無い子は自分の主張ができずなにも頑張ろうとしません。 けれど自分がやって褒められることで自信となり自分で自発的に頑張ろうとします。 できないことを褒めるのではなくできたことを褒めることが重要です。

    トピ内ID:1831188044

    閉じる× 閉じる×

    う~ん

    しおりをつける
    blank
    せき
    褒められれば大人だって嬉しいですよね。 料理にしろ掃除にしろ、「何でもっと出来ないんだ!」と言われるよりも「おっ、今日料理うまいな、頑張ったじゃん!」って言われた方がやる気出ませんか? 褒めて育てるってそういう事じゃ無いかなと思います。 「何であんたは出来ないの!」「もっと上手く出来るでしょ!もっと頑張ってみなさい!」ではなく、「すごいね、頑張ったね!」「この色合い綺麗だね。お母さんこの絵好きだな。」とか、子どもが嬉しい!もっと頑張ってやってみたい!と思える言葉をかけてあげて育てるっていうのが褒めて育てるって事かなって思っています。 「あなたは天才!」「あなたの描いた絵は他の誰よりもうまいわ。」なんて言葉だけが「誉める」事だとしたら弊害は出るかとは思いますが…。

    トピ内ID:2376212408

    閉じる× 閉じる×

    勘違い

    しおりをつける
    blank
    ありす
    それは あなたは褒めて育てられてないです 「あなたは出来る子よ…」 これは褒めてない それをあなたがわかってないのです おわかりですか?

    トピ内ID:3286580197

    閉じる× 閉じる×

    褒められて育ちました。

    しおりをつける
    blank
    mu
    褒める育児、良い部分もあると思いますが弊害もあると思います。 私もそう育てられたクチですが いつでも人の賞賛を浴びてないと不安になってしまうんです。 子供の頃、なまじ成績が良かったのが災いしたのか その中で一番でないと気が済まない性質になりました。 中学、高校、大学、会社と、トップレベルのところに入ってこれましたが 会社の中で一番手になれませんでした。 学校は3~4年で卒業できますので 必死に走っても、なんとか息が続きますが。 会社は違いますからね…。ちょうど4年で精神を病み、退職しました。 「その中で一番でいなくちゃいけない」というプレッシャーから、趣味も楽しめず、今は一人で引きこもって自営しています。 極端な例ですが、こんな感じです。 自分の子供は「すごい」という評価の絡んだ褒め方ではなく 「がんばったね」「よかったね」と 結果に関係ない褒め方をしています。

    トピ内ID:2249504390

    閉じる× 閉じる×

    結果をほめるのではなく

    しおりをつける
    blank
    もも
    結果ではなく、経過をほめてはどうでしょう。 思うような結果がでなくても、「今回よくがんばってたね!諦めないでやれたね」とか。 がんばってなくて結果もでなかったら、じゃあ今日は10分だけ練習しようか、 すごいねできたね」とか。 人と比べるのではなく、昨日と比べて少しでもできたことを、きちんと見て、伝えるということだと思います。 甘やかすとか調子に乗らせるというのとは違います。 あなたをしっかり見てるよ、応援してるよ、とさりげなく毎日伝えることで子どもは安心するのでは。

    トピ内ID:8832286437

    閉じる× 閉じる×

    無理やり褒める必要はないんです

    しおりをつける
    blank
    さらしな
    赤ん坊と赤ん坊の保護者の関わりは、赤ん坊にとって「最初の人間関係」です。 例えば、おむつ替え一つとってみても、「お、出たね。健康健康。良かった良かった」と言いながら取り替えるのと、「えーー? もう、おむつ汚しちゃったの。めんどくさいなあ。うんちなんかしなきゃいいのに」と言いながら取り替えるのでは、赤ん坊の気分が違います。 保護者の気分がストレートに伝わるので、保護者が嬉しそうなら嬉しくなります。つらそうならつらくなります。 褒めて育てることの要は「あなたがここにいることが、私の喜びなの」ということを、赤ん坊に伝えることです。 褒めるときは「過去の自分と比べて、どうだったか」で評価しましょう。他人と比べると、たとえ、本当であっても天狗になりがちです。「隣の○○ちゃんより出来るね」じゃなくて、「1カ月前には出来なかったことが出来るようになったね」と褒めましょう。 プラスのストロークは上手に活用すれば貯金がききます。自信あふれたお子さんに育つ可能性がありますよ。

    トピ内ID:3103662314

    閉じる× 閉じる×

    一例ですが

    しおりをつける
    blank
    とんとろ
    うちの近所にそういう風に育てられた女性がいます。 ほめてほめて、「あなたは何でもできる」、「あなたは すばらしい」、「あなたは正しいのよ」 そんな風に育てられていました。 偏差値の高い中学高校大学、そして世間で言う「一流会社」 に勤めましたが、今は働いていません。 どうにもこうにも「我がまま」の度が過ぎて、人との 関係がうまくいかないようです。

    トピ内ID:6290695371

    閉じる× 閉じる×

    私の解釈

    しおりをつける
    blank
    ぴんくキリン
    私は、自分の子どもながら、 「あ~、この子はほんとに頑張るなぁ」 とか、 「私と違っていろんなことに興味もって取り組めていいなぁ」 など思うことがあります。 そんなとき、自分で思っているだけでなく、子どもに口に出して言います。 『褒める』という意識はないけど、いいなぁと思うことも口に出す、ということです。 もちろん、子どもからすれば、お小言のほうが多く感じているかもしれません。 いつもは言われてからやっていることが、自分からできたりすれば、私は心の中で 「おっ、言われなくてもやってるじゃない!」 と思うわけで、そんなことも、口に出して本人に言うのです。 むっとしたり、まったく!と思ったことは誰でも子どもに言うのと同じで、 すごい!できるじゃない!と思ったことも同じように言う。 私はそんな感じです。

    トピ内ID:5752239717

    閉じる× 閉じる×

    叱ったり、怒ったりするのは簡単・褒めるのは難しい

    しおりをつける
    blank
    そういうんじゃなく
     2人の子供を育てて常々感じることがタイトルです。ほんとに、褒めて育てることって難しいことなんです。実際にやってる人がいるのか本当に疑問です。できてる人がいたら尊敬します。私はそんなに人間ができていないので。  日々に追われ、ついつい、できたことがうれしいではなく、それが当たり前になってしまいます。で、「なんでできないの」「早くやって」といったことになってしまうんですよね。育てていくうちにわかると思います。はいはいしたら、立て、立てたら今度は歩けって感じで、だんだん親の中で要求水準が高くなっていくんですよね。  ただ、救いなのが、最近だと幼稚園やスイミングスクールで子供をうまく褒めてくれるため、子供がある程度の自信を持ち、伸びていくきっかけになっていることです。ただし、危険が伴ったり、その状況でまずいだろうということはちゃんと叱ってくれますが。  あまり、今からこうあるべきと気負うとろくでもないことになります。親だって人間ですから、完璧な育児など不可能ですよ。

    トピ内ID:4713594346

    閉じる× 閉じる×

    褒めるだけではない

    しおりをつける
    🐶
    子供に教える仕事をしています。 どんな子でも得意なことってあるはずですよね?下手なのに褒めるというわけでなく、良くできたことを褒めてあげて「ここも、もうちょっとできればもっとお上手なんだけどな~」という感じで教えます。 自信をつけて好きになる、頑張ればできるんだということを教えるのも仕事の一環だと思っています。 大人だって作った料理がまずいと言われるよりもうちょっと調味料を工夫してみたら?と言われればああそうかと思いますよね。同じことです。

    トピ内ID:0067066116

    閉じる× 閉じる×

    ほめてます

    しおりをつける
    blank
    しまりす
    小さい子は 認めてもらってこそ 気持ちが安定するんだろうと思います。 何も おべんちゃらまで言うことないですが、出来たこと 頑張ったこと、 その都度 ほめてますよ。 ただ 私は 泳ぐのが上手だからほめる のではなくて 泳ぎの練習を一生懸命して泳げるようになったから ほめる のように過程と努力をほめるようにしています。 泳げることがえらい、何かが出来ることが良い という ような価値観にならないようにその頑張りをほめて 認めるようにしています。 今のところ 小学2年ですがめちゃくちゃ勘違いな子にはまだなっていません。頑張るところは頑張る子になっていますよ。大人でも職場で上司に認めてもらってほめてもらったらやる気が出ませんか? ほめても 悪い時は悪いと注意していれば大丈夫ではないでしょうか?

    トピ内ID:8647025695

    閉じる× 閉じる×

    何事もバランス

    しおりをつける
    blank
    子育て中
    何事も過剰は良くない、バランスが大切だと思います。厳しく叱ってばかりだと、屈折した子になってしまう恐れがありますし、逆に褒めてばかりではつけあがってしまう、現状で満足して伸びない子になるような気がします。あとは子供の性格にもよるんじゃないでしょうか。育児書はあくまで参考書で、母親は個々の性格に合った育児方法を見つけ出さないといけませんよね。

    トピ内ID:8926154016

    閉じる× 閉じる×

    何事もバランスが大切

    しおりをつける
    blank
    マツ
    皆さんも書かれてますけど、褒めるばかりじゃダメでしょう。 「褒める」というよりは「認める」じゃないですかねー。 良いところも、悪いところもきちんと受け止める。 要は親のバランス感覚ですな。

    トピ内ID:3357831786

    閉じる× 閉じる×

    あまやかすわけではない

    しおりをつける
    blank
    バーベナ
    誉めて育てることと 甘やかすことは全く違うと思います。 上手に誉めて育てれば わがままであまやかされた人間にはなりません。 盲目的に誉める必要はないのです。 子ども相手におべっかやお世辞を使う必要もないのです。 成績や結果ではなく 頑張っている状態やあきらめない気持ち、 目標に向かっている姿を誉めます。 結果や順位だけ誉めていたら 結果を出せなかった時に子どもは落ち込みます。 まだ産まれていないお子さんのこと、 先々まで考えても想像がつかないと思います。 産まれて数年したら、誉めて育てるのがどれだけ難しくて しんどいかわかると思います。 でも、誉められて(愛されて)育った子は 自分に対する肯定感がありますから 特別な才能や頭脳を持っていなくとも キラキラと輝いて落ち着いていますよ。

    トピ内ID:9546280931

    閉じる× 閉じる×

    確かに

    しおりをつける
    blank
    クロエ
    ほめるのは大事だと思います。特にまだ小さいうちは。 他の方もおっしゃる通り、努力をほめてあげるのは当然必要ですし、間違ったことをきちんと注意し叱っているのであれば問題ないと思います。 が、うちの主人のように「とにかく子供はほめていればいい」という主義の母親に育てられると将来手がつけられなくなります。「すごい」「さすがね」とちやほやされてきたので、実際の自分がわかっていないのです。自己評価が異常に高く、他人を認めようとしません。何か注意されようものなら狂ったように怒ります(親から注意されたことないらしいです)。主人の母は、子供のためにほめるというよりは「優しいお母さんだと思われたい、キツイことを言って嫌われたくない。だからほめておけばお互い幸せ」だと信じている節があります。孫=私の息子をほめ殺しにしようとして失敗し、すねているような人です。 これほど極端に我が子をちやほやして勘違いさせるのでなければ、どんどんほめてあげてください。ほめすぎたとしても、本人さえしっかりしていれば「お母さん、親バカだなあ」と普通はわかるはずなので大丈夫でしょう。わからないとしたら残念です。

    トピ内ID:1471640841

    閉じる× 閉じる×

    私が子供の頃

    しおりをつける
    💤
    母はよく うちの子は 末っ子で何もできませんと 知り合いに挨拶代わりみたいに話していました。それを聞いて手伝ってあげない!と思ったものです。子には褒めて大きくしました。 うちのこ良く助けてくれるんですよ。自慢の子ですと。。。そしたらいい子に育ちました。今孫がいますが 小さな弟の面倒をよく見るんですよと いいまくっています。そしたら良く面倒も見てくれます。褒めて伸ばせとおもいますね。

    トピ内ID:9301476490

    閉じる× 閉じる×

    出来ることを誉める

    しおりをつける
    blank
    ねこ
    なんでもかんでもほめる訳じゃないよ。 頑張って出来たことをほめる。 私は家庭教師や塾の講師をしてましたが、できない子供ほどほめると伸びましたよ。 ちなみにピヤノではなくてピアノですよ…

    トピ内ID:3501613284

    閉じる× 閉じる×

    とおいさんへ

    しおりをつける
    💤
    同意です。褒めておだてて。。子育てだと思います。孫を見ていますが (7歳8歳) みっちゃん 学校で皆がわからんのに みっちやんがはい!と言って答えられたら かっこいいとおもわんか? うん思う! 自分から進んで勉強する癖が付きました。 親にも塾なんか行かさなくていい 毎日予習復習さえ見て上げたら 力がつくからと、、、実践してるようです。成績表も1度だけオール良く出来ましたが取れました。クラスでは上位とのことです。 小学校の間は親の力と思います。基礎をつけてやって下さい。

    トピ内ID:9301476490

    閉じる× 閉じる×

    きっと・・・

    しおりをつける
    blank
    きらきら星
    大人にとってできて当たり前なことが 子どもにとっては大変なことだったりします。 今、園児がいますが、朝の支度が1人で全部できたら 「すごいね~。上手に着られたね」とか 私が言う前に片付けを始めたら 「言われる前にできてえらいね」とか。 褒めてもらいたい気持ちももちろんあるけど 自分がやったことを認めてもらいたい気持ちも あるのかな~と思います。 何か特別なことができたから褒めよう…ではなく 一生懸命やった結果が成功であれ失敗であれ その行動を認めて声をかけてあげることが大事なのではないでしょうか。

    トピ内ID:6938167320

    閉じる× 閉じる×

    その子による

    しおりをつける
    blank
    苑子
    私も教える仕事をしています。私はその子によると思います。 普通~普通以下のお子さんは、普段褒めて貰うことが、身内外から、少ないと思うので、小さな事でも褒める事が必要だと思います。褒められる=自信に繋がるからです。そして自信がつけば積極的に物事へ向かうからです。 誰が見ても優秀な子、他の子よりできる子達は、普段から褒められ慣れている為「(自分が)出来て当然だと思うの事を褒める貴方は、私の事を全く理解してない。」と思う事もあるかと思います。(自分の才能や実力を過小評価されてる気になります) なので、出来る子には、褒める事よりも“的確なアドバイスや、それを存分に行える環境”が何よりも本人にとっての報酬だと思います。 これは少なくとも小さな社会に関わる年齢のお子さんについてなので、生まれてから2歳児位までは社会=家族。ライバルもいないので、褒めるというよりは貴女(お母さん)が“喜ぶ”方が効果的だと思います。 出来るお子さんには、それ相応の教育の仕方があると思います。 しかし同僚は、これが理解出来ないようです。 この考えは少数意見のようなので、参考にならなかったらごめんなさい。

    トピ内ID:3466125344

    閉じる× 閉じる×

    褒め方しだいだろ…

    しおりをつける
    🐤
    おにぎり
    できないのに褒めてどうするんだい。 できないなりに頑張った点や失敗してもまたチャレンジするような気持ちを褒めてあげる。そして、萎縮させずに、少しでもやる気を持たせたり、上達に近づくように導いてあげる。 そういう事じゃないのかい? 失敗したりできなかったのに『上手にできたわね~。』とか言ってたら、ただの馬鹿親だろ。

    トピ内ID:0249004299

    閉じる× 閉じる×

    褒められ依存症

    しおりをつける
    💢
    ベリー・グー
    褒める育児信奉者に育てられた子供は褒められることを当然と感じるようになり、 貶されたり非難されたりすることに対する抵抗力がつかないのではないでしょうか? 実社会は褒めてくれる人ばかりではありません。 むしろ貶す人の方が多いでしょう。 「褒められ依存症」に育ってしまった子供の将来を危惧します。

    トピ内ID:2515921584

    閉じる× 閉じる×

    飴とムチ

    しおりをつける
    😉
    ゆみん
    こんにちは。はじめまして。 私はもうすぐ3歳ともうすぐ2歳になる年子女の子のママをしているゆみんといいます。 私は反抗期真っ盛りの娘2人に対して決して褒める事ばかりはしていません。 というか無理です。 上手に何かをできた時はもちろんめっちゃくちゃ褒めます。 でも、意地悪したり相手を傷つける事をした時は時には手を出して怒ります。 私自身、どちらかと言うと親に何にしても怒られて育ちました。 でもそれで良かったと思います。 いい事をした時は褒められてたからそこ親の怒り、悪い事が解るのではないでしょうか??

    トピ内ID:7186343371

    閉じる× 閉じる×

    悪いことをしたら褒めるわけじゃないし・・・。

    しおりをつける
    blank
    ぬっころ
    たとえ褒めて伸ばす育児だとしても、 悪いことをしたらきちんと悪いことだと示さないと。 なんでもかんでも杓子定規みたいに褒めてばっかりじゃないんですよ? そこのところを、 履き違えていらっしゃるように思えます。

    トピ内ID:3512013037

    閉じる× 閉じる×

    疑問

    しおりをつける
    blank
    uno
    トピック拝見しましたが、前半と後半の話題がかみ合っていないような・・?とぴ主さんは、’褒めて育てられて’いないですよね。まずそこを修正されるべきかと。 子供が興味を持つことをさせてみて、上達した過程・努力した過程を惜しみなく褒めるというのが私にとっての’褒める育児’です。 私自身、長女だったせいかあまり褒められた記憶がありません。末っ子になるほど褒められていました。褒めることで子供がどう変わるか、子供の頃から知っています。褒めることがなければ’可愛いね、本当に’と口に出してみるだけでもいい。子供の表情が変わります。 とぴ主さん自身、他人(わが子と言っても自分とは違う感情を持ちますから)を認めたことや賞賛した経験が少ないのではないかと拝察しました。口先だけで褒めるのではなく、賞賛すべき部分を見つけて認めてあげる。日々の育児の中では難しいことですが、それは勘違い人間を育てるのとはまるで違うことです。

    トピ内ID:2626119917

    閉じる× 閉じる×

    一番こどもが嬉しいこと

    しおりをつける
    🐤
    けんた
    それは親にほめられることです。 愛情を根底に持ちほめてあげればいい子に育ちます。 叱る時も当然あるでしょう、励ますことも当然あります。 どうか個性を伸ばしてあげて下さい。 叱り方より、ほめ方が難しいと思う。 貴女は10通りのほめことばがすぐ出ますか?

    トピ内ID:7296135216

    閉じる× 閉じる×

    あまり堅苦しく考えなくても大丈夫ですよ!

    しおりをつける
    🙂
    mumumu?
    人間だれでも「ほめられる」ことは「うれしい」と感じることが多いと思います。 子供なら特にいちばん信頼のある両親にほめられるととても喜びますよ! 親は子供行動に関心を持って見る      ↓ 子供は親が「見てくれている」と判るとうれしくてがんばる。 (その結果それなりに上手くできる。努力する)      ↓ 親は子供が出来るようになった事(努力した事)を具体的に褒める (例:なわとびが出来るようになった子供に出来た事をほめる等)      ↓ ほめられた子供はうれしくてまたがんばる。 と、好循環になると思いますよ! >私自身、小学校に入る前からピヤノ、水泳など習い事に追われ、 なぜできないのか、できて当然と扱われ、・・      ↑ あなたはご両親さんと逆の事をされてはいかがですか? 上から見下ろすのではなく、お子様の成長に寄り添うように見守る。出来た事を「具体的に」ほめる。 それだけで良いと思いますよ。

    トピ内ID:9937701187

    閉じる× 閉じる×

    ウソはだめ。

    しおりをつける
    blank
    自然食
    すばらしく無いのにすばらしいというのがほめる教育ではありません。ウソはだめです。バカ褒めもだめです。 1。その子の悪いところを叱るより、いいところをほめてあげる。というより、そんなところが私は好きだよと伝える。 2。結果で評価しない。できてもできなくても、あなたは私の大切な子。それだけは絶対変わらないよと、言い聞かせましょう。 まあ、理想ですけどね。 わたしも、心がけてはいますが、ついつい、、、、

    トピ内ID:8076032832

    閉じる× 閉じる×

    わかるな、その疑問。

    しおりをつける
    blank
    よりこ
    我が子に対して、そう思うことがしばしば。。 褒めるとね。 「もうできる」「もうわかった」だから「もう練習しない」になってしまう子です。 現代の社会問題でもあると思いますが。 褒められ「あなたは何にでもなれる」と育てられてきた方が、よく問題起こしてますよね。 「俺が悪いんじゃない、世の中が悪い、俺を理解できないやつらが悪い」 我が子であろうと人様の子供であろうと、「1つ」たった「1つ」の個体で、躾けや環境、いろんな要素で考え方や感じ方は違うと思うのです。十人十色。 褒められて伸びる子もいれば、伸び代を余らせた状態で、そのまま伸びるのを拒否するような子もいます。 私が大事にしてるのは「笑顔」です。 母親の気持ちに余裕がないと「笑顔」は作れません。なれません。 どんな内容の話であっても、目をそらさずに聞き、話します。 お子さんに合った、育児をしてください。人それぞれです。育児書どおりに行く育児なんてありません。

    トピ内ID:0847622270

    閉じる× 閉じる×

    まずは子供を見る・・

    しおりをつける
    🙂
    かすが
    主流とおっしゃっていますが、 子供の反応を見て最適の育児を見つける、バリエーション知識の一つだと考えると良いと思います。 本は読み手による誤解もありますからね 例えば長男は、 「そうだね嫌だったんだね」 と同調すると安心し、頑張る力がわくタイプで 育児書凄いな!って感嘆したもんですが 妹は同じ様にすると 「違う!そうじゃなくて嫌なもんは嫌だ!!」 って感じで火に油でビックリ。 気性が荒いタイプへの対処はまた変わるんだなと知りました。 この手のタイプはタイムアウトが有効のようだと4歳位で判りました(笑 その子なりの答えを見つけた時は、凄く楽しいですよ。 答えは子供が知ってるから。。 知りうる限りの方法を試して、日々軌道修正していけば良いのだと思いますよ。 それには子供の機微を観察しないといけないので 子供に振り回されてそれを忘れないよう 冷静に、が一番の育児法なんじゃないか?と思いました。 トピ主さんのように、結果を見据えた考えは非常に良いんじゃないかと思います! 躾けもそうだけど、でも、、、楽しいお母さんが一番の育児ですよ♪

    トピ内ID:0213568181

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  90
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (18)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]