詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    アメリカの裁判

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    被害者
    ヘルス
    先日、アメリカで交通事故に遭いました。私はただ青信号で制限速度内で直進していましたところ、いきなり、それも対向車線の左折レーンからではなく直進レーンから全くこちらを見ずに、左折してきて、衝突しました。現在、警察のレポート待ちです。

    しかし、助手席に座っていた家内が妊娠30週で、その後すぐに救急外来に運ばれました。一時は早産の危機でしたが、なんとか子宮の収縮もおさまり、14時間後に退院できました。しかし現在、生まれてくる赤ちゃんに後遺症ががないかなどかなり二人で心配しています。

    またその事故も非常に楽しみにしていたアメリカ国内旅行への空港へ向かう途中でありまして、すべてを当然キャンセルし、ホテルで、もうキャンセルが利かないホテルなどもありました。相手は教えてきた携帯番号が州外にいる夫のもので、電話しても家内は今ナーヴァスなので電話番号はは教えない、と誠意は全く見られません。こちらは研究留学でアメリカに来ており、在米はあと1年です。

    裁判などお金と時間が掛かる印象がありますが、どなたか良きアドバイスの方よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  18
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    弁護士とお話し合いを!!

    しおりをつける
    blank
    アメリカにいます
    奥様、赤ちゃんも無事で何よりです。事故は保険会社におまかせしかないのでは?個人的に、責任がどうのこうのと話したところで、何も始まりませんよ。相手は自分が不利になる事は話し合いませんので。弁護士をつけるなり、対処は早めにして下さい。

    それよりも、妊娠30週で国内とはいえ、旅行をするのは避けられなかったのでしょうか? 何があっても、人に責任とをって貰えばいいと言う場合ばかりではありません。100%自分が悪くなくても、起きてしまった事は取り返しの付かない時もありますから。

    今回は奥様と赤ちゃんの無事があるからこそ、ホテル代等のお金の心配が出来るんです。もっと家族を守る立場として、旅行計画して下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    大変でしたね

    しおりをつける
    blank
    破魔矢
    でも何故裁判なんですか?

    交通事故で人身事故なのは分かりますが、相手の保険会社への請求で済むはずですよ。万一相手が保険に入っていない場合などは、裁判でしょうが、保険料が払えないような相手から慰謝料などまず取れませんね。警察でまずは相談してみてください。

    貴方の次の行動を教えてくれるはずです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    うちは裁判にはなりませんでしたが

    しおりをつける
    blank
    ぱん
    事故でさぞショックでしょう。けれど奥さんと赤ちゃんが無事でよかったですね。お大事になさって下さい。

    トピ主さんが相手の旅行のキャンセルを心配なさっているので一つ気になったのですが、相手の方が「今から旅行に行くとこだったのに、、、」とか不機嫌そうにおっしゃいました?その時絶対に謝ったりしないで下さいね。少しでも謝る言葉を発すると、警察の調書を取る時に「相手(トピ主さん)は事故直後自分の非を認めた」と書かれてしまいます。

    うちはぶつけられた時、相手が大げさに自分の車の破損を猛烈にアピールしてきましたが全て警察と保険会社が入るまで自分の見解はこちらからは述べずにいました。日本だったら私ももう少し穏やかに対応しますが、相手が悪いのに彼の反応が意外でびっくりしました。

    誠意の無い相手ならなおさら大変だと思うので、相手のペースにならないように頑張って下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    保険会社とやり取りをする

    しおりをつける
    blank
    北米者
    アメリカにいますさん、起こってしまったことを今から「何故」と問うても、トピ主さんには解決にはなりませんよ。事故はいろんなコンディションが偶然に重なって起こるものですし、どんなに細心の注意を払っていても避けられない事故もあるのです。それに、妊娠30週目で旅行に出かけることは、この国では全く当たり前のことでもあります。それは、妊娠中にショッピングに出かけて事故に会い、どうして妊娠中に出歩いたりするの!となじるようなものです。

    さて、この場合はすべて保険会社に任せるに限ります。通常は、警察のアクシデントレポートを保険会社に提出した後は、コンタクトも直接本人に取らず、保険会社と話をします。保険会社がきちんと対応しない場合は、弁護士と話をする必要がありますが、今のところはまずは保険会社の担当その他をきちんと把握し、その人と話をするようにしてください。保険会社によると日本語通訳を備えているところもあります。電話でのやり取りが難しいなら、日本語の通訳を頼むのも手ですよ。とにかく、全員がご無事なことが不幸中の幸いでした。これから少しやり取りが大変かもしれませんが、頑張ってください!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    下手をすると貴方達が訴えられますよ

    しおりをつける
    blank
    在米
    トピ主さんと相手双方の保険会社と弁護士に全てお任せして、トピ主さん達は相手にコンタクトをしないようにしましょう。

    >相手は教えてきた携帯番号が州外にいる夫のもので、電話しても家内は今ナーヴァスなので電話番号はは教えない、と誠意は全く見られません。

    トピ主さんが余りにも電話してくるので、精神的にダメージを受けた、と訴えられる可能性もあります。相手に直接コンタクトする事は避けましょう。

    後、アメリカで交通事故の際に、「誠意」を見せる必要は一切無しです。ビジネスライクに、保険屋と弁護士に一切任すのがやり方です。もし、トピ主さん達が事故の現場でお金を貰っていれば、その金額で示談が済んだ、と解釈される可能性も有ります。何れにせよ、相手に電話する事は止めましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    弁護士をつけるに賛成!

    しおりをつける
    blank
    humi
     私もすぐに弁護士を探す事に賛成です。以前、アメリカで信号待ちをしていた時に後ろからぶつけられたのですが、すぐに保険会社に連絡し、弁護士を探しました。相手の保険会社の交渉、相手との話し合いは全て弁護士が行ってくれました。夫がムチ打ちでERに行っき、私は何処も痛くなかったのですが、弁護士が「後から後遺症が出ても
    相手の保険会社は支払いを拒否する可能性があるから診察を受けた方がいい」と言われ紹介された病院に行きました。それから週2回首の温熱治療に通いました(結局何処の痛くならなかったのですが保険のため・・)
     事故後、半年以上たって車の修理代等々私達に払われました。私達は一ドルも払っていません。
     奥様がERに行かれたとしたら治療費はとても高く請求されます。おまけに相手が保険に未加入や支払い拒否といった可能性も大いに出てくるので自分を守るためにも早急に弁護士を探して下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    まず保険屋さんに

    しおりをつける
    blank
    ミシェル
    災難でしたね。奥様、無事出産されますように。

    アメリカでは交通事故の場合当事者同士が話あうことはまずない、と考えた方がいいです。けがしても入院しても、お見舞いとか考えられないので、期待しない方がいいでしょう。日本だと誠意がないと考えがちですが、どんな状況でも保険会社に任せておけばいいと言う考えなのです。 謝罪をまず要求したい気持ちもわかりますが、謝罪、というのもあり得ない物の一つのようです。すべてお金で解決、ということになっているのです。
    まず自分の保険会社のエージェントと連絡を取ってこちらの要求を相手に伝えてもらいましょう。医療費はもちろん請求できます。連絡はすべて保険会社を通します。保険会社の人がどうしたらいいかアドバイスもしてくれると思います。裁判、というのはこれらがすべてうまく行かなかったあと、考えるということでいいと思います。警察にも連絡してきちんと相手の「違反行為」をチャージしてもらうことも忘れずに。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    弁護士を雇い 民事で損害賠償請求 (1)

    しおりをつける
    blank
    アメリカの法律事務所
    ご自身・奥様のその後の体調はいかがでしょうか。私は現在、交通事故も取り扱うアメリカの法律事務所に所属しており、参考になれば幸いです。

    アメリカは州によって法律が多様ですが、交通事故の際、弁護士が必要となるのは一般論として自分に過失がない場合です(例外的に弁護士を雇うケースが他にもありますがスペースの関係上省略します)。

    交通事故により被った損害を民事裁判で損害賠償請求します。この民事訴訟を起こすために弁護士が必要で、弁護士を雇ってからは、あなたの弁護士が加害者の加入する保険会社(もちろん相手が加入していればの話)を相手に話を進めます。

    日本のように事故当事者同士が交渉する、ということはアメリカではほとんどありません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    弁護士を雇い 民事で損害賠償請求 (2)

    しおりをつける
    blank
    アメリカの法律事務所
    投稿文を読む限り、「被害者」さんに過失はなさそうですが、どちらに過失があるかはPolice Reportの内容が非常に重要になってきます。Police Report が手元に届き次第、お住まいの州の弁護士に相談するといいでしょう。

    裁判の勝算を含め色々アドバイスしてくれるはずです。裁判にかかる時間は色々な要因により決定されるので一概には言えません。費用はこれも様々ですが、交通事故の場合、成功報酬制度で弁護士費用はその3分の1というのが多いようです。

    在米日本大使館のホームページで、アメリカ国内の日本語が通じる法律事務所を紹介しています。
    http://www.us.emb-japan.go.jp/j/html/file/lawyer_interpreter.htm

    訴訟は日本人にとってあまり馴染みがないと思いますが、気軽に弁護士に相談されるといいですよ。お体お大事に。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    アドバイスありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    被害者
    皆様色々アドバイスありがとうございます。

    途中経過ですが、まず残念ながら私は昨年アメリカに来て周囲の日本人の方のすすめのまま(今違う州にいますが、今の州で言うとびっくりされます)車両保険に入らずここまで来てしまったため、自分の保険会社は基本的に聞いても何もしてくれません。

    もう相手の保険会社が全責任を認めたので、相手の保険会社と私で全て交渉しています。レンタカーの事の支払いの話もすみ、私の車の査定額のcheckも10日以内で私の手元に来る事になっており、次の車ももう決定しました。

    今、産科の専門家、弁護士に近い人たちに色々話を聞きながら今後に取るべき行動につき考え中です。来週の産科の定期診で主治医に色々尋ねる予定です。

    確かに旅行は残念でしたが、また3人で行こうと思っています。今までの保険会社との交渉でも思ったとは、とにかく引かないこと、また待っていても何も始まらないということでしょうか。確かに日本人が日本人の感覚で生きていくにはしんどい国ですね、、何かあると痛感しますね。

    本当に皆様アドバイスの方、ありがとうございます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  18
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0