詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    障がい児を育てる友人とのつきあい

    お気に入り追加
    レス32
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ミヤ
    ひと
    長いつきあいの友人のこども二人(5歳、3歳)が、高機能自閉症であることが分かりました。彼女は今、障がいを受け入れて、いい療育をしてあげようとがんばっています。私は彼女を応援したいのですが、彼女のブログを読んでいて、自分のふるまい(励ましの言葉など)が負担になっているのかな、と思うようになりました。
    また彼女から、私がワーキングママであること(彼女は専業主婦)、夫が家事育児に協力的なことなどに「あなたをねたんでいる部分もある」とメールも貰いました。
    友人が大変な時期を過ごしていることは分かっているつもりなのですが、今後どうつきあっていくのがいいか悩んでいます。経験者の方、障がい児を育てている親の方など、ご意見をお聞かせください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数32

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    普通でいい

    しおりをつける
    blank
    jun
    私も障害児を育てていますが・・・普通に接していっていいと思いますよ。変に励ましとか気を使ってもらっちゃうと、「同情されてるのね」とかえって悲しくなります。

    友人の子供の自慢話(障害があると出来ないようなこととか)を聞くとむっとすることはありますけどね。

    でもミヤさんのご友人のお子さんは高機能自閉症とのことなので、知的には問題ないのでしょう。将来改善されることも期待できます。だから余計「気を使わなくては」というミヤさんの気持ちが友人のプライドを傷つけてしまうかもしれませんよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    見守る

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    励ましの言葉も時には負担になりますから「見守る」。これに尽きるのではないでしょうか。

    でも、「何かあったり、言いたいことがあれば、溜めずにね。私がいつでも聞くから」と「私はいつでもあなたの傍にいます」という事を言ってあげて下さい。
    彼女があなたを求めてきた時にじっと彼女の言葉を聞いてあげてください。

    そういう態度や気持ちが「応援」なのだと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    気をつけよう

    しおりをつける
    blank
    静かな泉
    ハッキリ申し上げます。
    要は、「分かった風な口をきくな」ってことですよ。

    分かったような口ぶりでアドバイスしたって所詮、友人さんからみればトピ主さんの発言は他人事の意見にきこえてるんじゃないかな。
    上から見下したというのは聞こえが悪いですが、上から目線的な感じを受けるアドバイスになってませんか?

    それに何気にトピ主さんの発言から言いようによっては、どこか幸せ自慢にきこえてるんだと感じます。

    言葉を選んでしばらくは様子をみましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    障がい児がいます

    しおりをつける
    blank
    ・・・
    そのご友人と今後もつきあいを続けていきたいのなら

    ・子育てがひと段落するまでつかず離れずいく
    (高機能自閉症の方は成人期になると安定するケースが多いそうです 勿論断言できませんし そうなるための「療育」なのかもしれません)
    ・ブログにて彼女の心身調子がいいときを見極め
    そのとき交際する

    が妥当じゃないかと思います。具体的な療育の手ほどきよりも応援・理解の心だけで十分。
    彼女が本当に協力や援助を求めた時惜しまないで。

    「あなたを見ていたおかげで私もダイエットする決心がついたわ ありがとう」
    この言葉を受けてあなたはどう感じますか?
    あなたが165センチ43キロなら
    あなたへのほめ言葉でしょうが
    60キロならイヤミになる可能性もあります。
    あなたはこれでいいのって思ってたら笑い飛ばす?
    むこうも本当に仲良しの友人だったら「あなた痩せれば?」って言ってるかも? 

    あなたの友人の現在の状況は
    言葉を選んで話かけないと双方しんどいように
    お見受けしました。
    お子さんが就学したら変化するかも・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    見守るのが一番!

    しおりをつける
    blank
    ぶっ
    私は友達が辛い時、同じ立場でなければ
    あえて言葉はかけません。
    その辛さは経験者でないと絶対にわかりませんからね。
    ただ一言「いつでも飛んで行くから連絡してよー」
    とだけ言いました。
    本人が話しを聞いてほしいと思い、連絡をしてきて
    くれるのを待ちました。
    辛い時こそベタベタした付き合いでない方が
    相手も負担が無くて良いんじゃないかと思います。
    きっと話をしてくれる日が来ると思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    励ましより理解が欲しい。

    しおりをつける
    blank
    ナリタブライアン子
    広汎性発達障害の子供を持つ母親です。
    現在、小1で普通学級と情緒通級学級に通っています。

    厳しい意見で申し訳ないのですが、励ましいらないです。
    ただ子供自身を見て、理解して欲しい。
    それだけです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    深い溝

    しおりをつける
    blank
    ワーキングマザー
    私もワーキングマザーです。子供は知的障害を伴う自閉症の小学4年生です。

    障害児を育てつつ働ける人は限られており、大黒柱で働く私にすら「うらやましい」と言うお母さんは多いです。まして、子供が健常でご主人も協力的で、恵まれた環境で働くことができるトピ主さんであれば、うらやましがられるのは当然だと思います。これはどうにもならない溝だと思います。そういう状態のトピ主さんに励まされて、醜いと思いつつ嫉妬してしまうのは仕方ないのでは、と思います。

    さらに、高機能自閉症の場合は、お子さんの知能が高い分だけ親やまわりの期待が大きいです。障害告知間もない場合は、「療育次第で健常児に近付ける」と誰もが努力します。その後、期待が高すぎて「教育(療育)ママ」と化してしまい、こどもに多大なストレスを与えてしまうケースもあります。時間が経って障害を受容された親御さんですと、「子供が暮らしやすい状態を作ってあげるために療育をしている」というスタンスに変わります。

    障害を受容している方であれば私もすぐに仲良くなれますが、そうでない方ですと「障害児と一緒にしないで!」という対応をされてしまうので距離をおきます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    深い溝

    しおりをつける
    blank
    ワーキングマザー
    つづきです。

    トピ主さんの場合、相手が障害を受容していないのに「障害」を強調して励ましたり、障害を受容しているのに「たいしたことないよ。そんなの普通だよ」とピントはずれな励ましをしたり、ということであれば相手にとって辛いことだと思います。障害児の親の場合、体裁で言っていることと内面が違ったりするので余計面倒だと思います。

    長々と書きましたが、私のアドバイスも他の方々と同じく「見守る」です。お友達から連絡があったときにだだ聞いている、というのが良いかと思います。お友達のお子さんたちの障害については、お友達が「自分で引き受けて一生背負っていかねばならない問題」なのですから。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    アドバイスはしないでね

    しおりをつける
    blank
    yun
    私も、自閉傾向の子がいます。

    時々、この人には話しておこうかな、と、ポソッとこぼした時に、「そういう時はこうすればいいんじゃない?」なんて、分かり切ったようなアドバイスをされることがあります。健常のお子さんには通用しても、我が子には通用しない・・・そんな事は、何度もやってみた。

    相手にはわからなくて当然なんでしょうけれど、それでも「ありがとう。やってみるね」と言わなければいけないのは、しんどいです。
    親切でアドバイスくれた人にいちいち「それは違うのよ」とも言えないし。
    本などで勉強しても、やはりその子その子で特徴とか違うので、アドバイスはしない方がいいと思います。

    普通に、普通に、接して下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    思いやりって・・・?

    しおりをつける
    blank
    さくら
    トピ主さんはご友人が何をされたら「応援してくれてる」と感じるか考えているでしょうか。

    環境が違う人間が思いやりあうのは難しいことです。
    自分がこうされたら嬉しいと思うことと、ご友人が望んでいることと同じものなのか今一度考えて見てはどうですか。環境が違えばこれまでと同じ感覚ではうまくいかないかも。

    ご自分の善意を押し付けることがあれば、ご友人は負担を感じるかもしれません。
    障害者を抱えた生活は大変だと思います。

    障害を持つ子供についても一緒に支える覚悟がなければ「見守る」のが一番いいと思いますが。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0