詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    家族のよかった記憶・嫌だった記憶

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    💡
    菜の花
    子供
    幼い3児の母です。段々子供たちも自我が芽生え自己主張も出てきまして、時折ですが自分や主人にそっくりな行動をすることがあり
    親の影響はすごいんだなぁと感じています。

    私は、幼い頃になにかをやると(お手伝い、絵を書いた時、テストの点数など)両親はとても褒めてくれました。
    何かを始めるときも「やってみなさい!」と、決して反対せず自分の意思を尊重してくれてました。
    今でも、その事は自分にとってとても幸せな記憶です。

    一方、嫌だった記憶は食事の時に母は台所にいて「みんな先に食べて」と、母意外の皆で食べる構図が多かったこと(母は鍋などを洗い、途中で参加)全員揃っていただきますがしたかった。

    母は家庭の中で常に動いている人で、ゆっくりお茶をしながらお喋りしたかったな。とボンヤリ思い出します。

    我が子にはもっとゆったりした親子の時間を作ってあげたいと思っています。

    皆さんは振り返って、よかった記憶・嫌だった記憶聞かせて欲しいです。
    親だけじゃなく、祖父母、兄弟姉妹、どなたでもかまいません。
    よろしくお願いします

    トピ内ID:5681991898

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    せつない
    実は私は3世帯同居の
    処に嫁いだので
    食事の際は 途中参加してました。
    言い訳になりますが
    食後の片付けが大変な事になるので…
    今みたいに食器乾燥機や食洗機の様な優れ物が無かった時代背景もありますが…
    余り参考にはならないかもしれないですが
    (八人家族なので(笑))
    お母様の弁護となりますが 温かい食事を一番先に食べさせてあげたいと思っての事だと思いますよ。
    優しい娘さんですね。そう思われる お母様は幸せ者ですよ。

    トピ内ID:3329922930

    ...本文を表示

    う~ん

    しおりをつける
    おかん
    よかった記憶は両親 妹の4人で月1回 外食出来た事。
    自営だったため親もなかなか休みが取れなかったから嬉しかったですね。
    嫌な記憶は、幼い頃 言うことを聞かない私の両手両足を縛り押入れに
    数時間放置された事ですかね。そこまで悪いことした記憶もないし
    私自身親ですが、そこまで激興して子供を怒った事がないので今でも不思議です。
    舅 姑と同居でそのイライラを私にブツケていたのかもせれませんね。
      こんな話で御免なさいね。

    トピ内ID:9515772065

    ...本文を表示

    なつかしい…

    しおりをつける
    blank
    どーなっつ
     よかったことは、うちは三姉妹で、両親とも料理が好きだったので、お休みの日などに5人で
    キャアキャアいいながらご飯を作ったことです。おかげで、今でも料理大好きです。「お手伝い」とか「上手につくらなければ」というプレッシャーで料理をしていたなら、今みたいにはならなかったと思います。教育ってかんじじゃないのが、一番いい教育になっていたんですね。

     いやだったことは、母がかなり物持ちがよく、しかも倹約家すぎたこと。小学生の時、どんどん体が大きくなるのに、一人だけつんつるてんの体操服でした。買い替えてもらえないので、みんなよりボロボロだったのも、すごくいやでした。けっして貧乏というほどではなく、大学まで出してもらえたので感謝はしていますが、もう少しおしゃれなお母さんがよかったですね…。今となっては、なつかしくてちょっとだけ苦い思い出ですけれど。
     

    トピ内ID:9349592885

    ...本文を表示

    おやすみの歌

    しおりをつける
    💤
    ねんねん
    私の母は心配性でいつもガミガミ。
    正直なところ「大好き」という気持ちを
    持った記憶がありません。

    でも、毎晩「おやすみの歌」を
    歌ってくれました。

    どんなに怒られても、夜はベッドの上に座って
    手をつないで、何かの替え歌で作った母のオリジナルソング。
    普段は私と母だけですが、年の離れた姉や
    普段仕事で忙しい父もたまーに一緒に
    みんなで輪になって手をつないで・・・


    思い出すと「ああ、私は母が大好きだったな」と思います。

    そんな母は、今孫達に会いに来ると
    帰り際手をつないで「さよならさんかく」を一人ずつに歌います。
    やっぱり子供達の名前を入れたオリジナルソングです♪
    駅のホームで別れる時など、私はちょっと恥ずかしい
    気持ちになりますが、子供達は喜んでピョンピョン跳ねながら
    一緒に歌っています。
    いつかおばあちゃんの記憶として、歌と共に思い出して
    くれたらいいなぁと思います。

    トピ内ID:2038926214

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0