詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外から海外への転勤

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主5
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    おてんき
    ひと
    海外駐在、夫は仕事、私は病気療養中。今後のことで悩んでいます。
    現在20代後半です。長年の付き合いの後、一昨年結婚した夫と昨年から海外で
    生活しています。夫が仕事で海外駐在することになったからです。夫も同年代です。
    私は海外生活が10ヶ月程過ぎた時にストレスが原因の心身症で倒れ、日本に帰国、通院をして2週間後に駐在地に戻りました。日本に留まらず、私が駐在地へ戻ったのは、私に頼れる親族がいないからで、またこの時のストレスは夫や私に対する日本からの過剰な期待、英語圏ではない現地での日本人社会で、唯一子供がなく若いことで、友人が作れなかったこと、ひとり現地の語学学校へ通ったことなどが原因でした。
    倒れて以来、様々な症状があり、処方された薬を飲みながら現地で過ごしています。そんな生活が半年経ちます。近頃は症状が弱まって、薬を飲む頻度が減ってきましたが、まだ無理は禁物、全快まであとすこし。と感じています。調子のいい日は外へ出るため学校へ行ったり休日は夫と出かけたりしています。
    夫の仕事はあと5ヶ月で区切りになります。ですがその後また別国に1年間赴任することが決定しておりその後日本へ帰る予定で、今は次の赴任への準備も始まっています。夫は慣れない海外で仕事をしながら調子の悪い私と半年共に過ごしており、気にかけてもくれます。私がヒステリックになって夫婦げんかもします。
    次の別国での仕事の打診があった時、夫はとても嬉しそうでした。会社から期待をされてのことで、夫も数年前から希望していました。ですがその時、夫は私の健康を考え日本に帰ってもいい、自分の意欲だけで決めるつもりはないと言い、私は単身赴任でもいい、その仕事受けたらと言い、夫の次の赴任が決まりました。
    私は同行するか、一人帰国するか、決めかねています。制度としてはどちらでも良い状況です。
    皆様はどちらがよいと思われますか?

    トピ内ID:6192445879

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 3 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  16
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    まず同行してみては?

    しおりをつける
    blank
    wakaba
    言葉がわからない国での生活はいろいろストレスがたまると思います。
    前の赴任地の現地の語学学校で、お友達ができなかったのであれば、今度は家庭教師という手があります。自分のペースで出来るし、生活の質問をしたり、愚痴も聞いてくれるでしょう。あなたがまず、必要なのは、その国の文化や習慣を説明してくれるひとと、話相手かもしれませんよ。週2、3回きていただける気の合う先生を見つけるといいと思うのですが。

    トピ内ID:5004797401

    ...本文を表示

    同じく駐在妻

    しおりをつける
    😀
    主婦
    始めの一ヶ月だけ新転勤地で生活してみる
    っていうのは会社的に無理ですか?

    ほんとストレスたまるよねー。

    その状況で私なら日本かな。

    今は子どもも頑張ってるから私もここの国に居るけど。

    もういつでも日本に戻ってもイイやーって
    思いながらこの国に居るといいのかねー。

    あー私もよく分からなくなってきたー。


    正直、海外生活が5年以上で言葉も生活に困らない位出来て
    気の合う友達も居たら海外生活でもいいかもしれないけどさ

    なかなかみんな苦労が多いー。

    ですよね。

    トピ内ID:6191115066

    ...本文を表示

    トピ主のおてんきです。

    しおりをつける
    blank
    おてんき
    レスを下さった方々、ありがとうございます。
    この半年自ら体調のことを広言せずに回復につとめていたので、そのことを書いた記事が掲載され、頂いたレスを読んで昨日は涙があふれました。
    補足ですが体調は現在は大分回復しています。今回のことでこれまでの人生で一番健康の大事さを深く考えています。

    さて、今後どうするかです。同行するか、一人帰国するか、やはりまだ決めかねます。
    もう一人でも日本で暮らせる、迷惑をかけないために同行しないほうがよい、次の赴任地はまた言語が異なり現在の国とも勝手が違うだろう、全快になっても次の赴任地でまた同じ状況になるかもしれず怖い。この先もし子供を授かることができたら産んで育てるため健康でいたい。母国日本で暮らせるのは幸せだ。
    そう思う一方で、
    (続きます)

    トピ内ID:6192445879

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    続きです。

    しおりをつける
    blank
    おてんき
    そう思う一方で、日本に戻ってからの自分の生活、海外での夫の仕事と生活の両方が心配だし、現在の駐在で良かったことも考えます。休日に二人で出かけて楽しかったこと、現地の言葉を勉強していたから役にたったこと。夫が高熱を出した時看病ができた、和食も頻繁につくり家で食事が用意できる。夫婦一緒にいられると楽しい。体調が全快になればこれまでの経験を生かし海外でやれることが増えてくるかもしれない。そんな風にも思います。

    引き続き皆さんのご意見が頂けたら、幸いです。
    wakabaさんのおっしゃるように家庭教師の方に来てもらうのもいいなあと思っています。
    海外駐在、続けて転勤赴任・・とあまり一般的ではない状況ですが、だからこそ人に相談するのがむずかしく・・。
    全くそうしたご経験がない方でも女性・男性問わず些細なご意見を頂けたらとても嬉しいです。
    どうぞよろしくお願いします。

    トピ内ID:6192445879

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    大変ですね

    しおりをつける
    blank
    ゆう
    日本に頼れる親族もいないということなので、日本に帰ってくることが解決になるかが微妙な気がします。日本に拠点がない状態ですよね。
    20代後半になると、日本にいたとしても友達も結婚していき家庭中心になったり変化の多い年代です。結局寂しい思いをしてしまうのでは。

    単身赴任となると、ご主人との仲にやはり距離ができてしまうでしょう。
    せっかくトピ主さんのことを考えてくれるいいご主人なのですから、もったいない気がします。
    トピ主さんの人生で一番大切な人のそばにいることが重要でそこがホームではないでしょうか。

    合計1年5ヶ月で次日本に帰るのが決まってるならば、次に日本に転勤するときは日本での二人の家づくりのために2ヶ月ぐらい先乗りしたらいい、そう考えると1年2~3ヶ月で日本に戻れます。先が見えている転勤です。
    それぐらいの期間ならば別に次の国でなじむ必要もなく、いつでも日本に戻ってもいいからぐらいの気持ちでついていってはいかがでしょう。

    気楽な事をいってすみません。

    トピ内ID:5908972174

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    おてんき
    トピ主のおてんきです。
    ゆう様、ありがとうございます。お母さんのようですね。
    私は女性から親身になって頂いたりすると、お相手のことをお母さんのようだ。と
    感じてしまいます。
    おっしゃる通りで私にとっては夫といることがホーム、幸せです。
    日本へ帰ることへの不安要素も多いです。
    また同行してから帰国を早乗りすればいいというのも、なるほどなあ~と思い、希望が湧きました。ありがとうございます。

    これからの日本を担う世代として、夫には仕事を頑張ってほしい。私も頑張りたい。
    大きいことを言ってしまいますが海外にいると余計にか、そんなことを考えます。
    しかし同行する方へ気持ちを傾けようと、考え始めると・・
    お腹がぎゅ~・・頭がパンパンになりズキズキズキ・・・・
    新しい赴任がこわいこわい、という気持ちがやはりあり・・・。
    目の前の現実の問題を乗り越えるのは大変です。

    これはイカンイカンとしばらくの間ボーッと過ごしました。


    そして1つ気がつきました。新しい赴任に対しても、帰国に対しても情報を私はほとんど持っていない、ということです。

    まだどちらと決める前に土地の情報など調べて行こうと思います。

    トピ内ID:6192445879

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    男性のみなさまへ

    しおりをつける
    blank
    おてんき
    男性の皆様のお考えも頂きたく、レスさせて頂きます。。
    帯同するか、単身赴任するか、今回それを決断するにあたり、私も夫も口数が少なくなってしまい、お互いが必死。という感じであります。
    そこで、みなさまのアドバイスを頂けたら幸いです。

    会社は家族帯同を勧めています。
    一度本社の部長さんの招待で夫と私の3人で食事をしたのですが、部長さんから私にも直々に、赴任の概要のお話があり、ぜひ帯同して、夫を支えてほしいし、夫婦で楽しい時間を過ごしてほしい、もちろん体調は最優先に考えて。ということでした。そのことで夫はとても感動していました。

    夫の次の赴任は新規事業で前任者がいません。
    会社として土地勘がありません。生活へのサポートはおそらく薄いです。
    会社と生活両方を整えて行くことが、おそらく赴任期間中の仕事になるでしょう。
    また長期出張が多いことも予想されます。
    その点で、夫自身は私に対して、期待と不安両方を持っていると思います。

    男性の皆さん、特に駐在経験のお有りの方はこの状況で、夫婦のこと、赴任のことををどうお考えになりますか?
    もしご助言いただければ、率直なご意見をお願いいたします。

    トピ内ID:6192445879

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    同じでした

    しおりをつける
    🐷
    日本大好き
    こんにちは。年代も経験も同じで、まるで私の事かと思いました。

    私も夫についていくために海外に行った時、比較的すぐに頭がおかしくなりましたよ。
    当時は仕事もビザの関係でできず、毎日夫に八つ当たりしてました。

    苦しくなったらすぐに日本に帰ったらどうですか?
    親族がいなくても日本にいると、心も体も休まります。

    ちなみに、私は夫のせいにするのではなく、結局「自分の能力がないこと=働けない」が
    このイライラの原因だと思い、この現在は大学院で専門分野研究してますよー
    だから、次回海外に夫が赴任しても怖く有りません。
    海外で活躍するのなら、ご自身の専門性を持つ事が重要だと思います。
    それじゃなかったら、子供を持つ事かなと思います。
    海外生活は、自分の意志の強さが大事だと思います。
    あまり人のせいにすると、かえって自分が苦しくなりますよ。
    長い人生、これから頑張ってください。

    トピ内ID:0697957232

    ...本文を表示

    海外→海外 男です

    しおりをつける
    blank
    歌丸
    30代男です。2年ほど前に初めて海外(非英語圏)に赴任し、数か月前に別の国(英語圏)に移りました。妻と2人の子供(小学生、幼稚園児)を帯同です。海外に住むのは家族全員にとって1つ目の国が初めてでした。

    それなりに希望を持って海外暮らしを始めたつもりが、言葉も一切通じず、文化の違いもあり引っ越してすぐに妻と二人で指折り帰任の日をカウントダウンしていました。
    2つの国で特に気を配ったのはやはり妻のメンタルヘルスでした。悲しくて泣き、悔しくて泣くこともありましたが、何とか前向きになれるようにいろいろとやってみました。今思えば、自分のこと以上に妻に気を配ったことで逆に自分の孤独感やメンタルダウンの危機を回避できる理由になった気がします。
    四苦八苦しながら二人で頑張った(子供も頑張りました。)ことで家族の絆が深まった気もします。家族がいなければ私自身が持たなかったかも。

    国を変え妻も1度目に比べると多少リラックスした状態で生活を開始しました。家や環境のチェックなど1か国目よりも視野も広くなります。環境が変わればよい出会いもあるかもしれませんよ。一度現地をチェックされるといいかもしれません。

    トピ内ID:3153656097

    ...本文を表示

    個人の資質が全てです

    しおりをつける
    💡
    虹橋
    米国西海岸に3年、上海に4年、家族を帯同しての駐在でした。
    父の駐在で幼少時を海外で過ごし、
    米国東海岸への留学経験のあるボクと異なり、
    海外と言えばパックツアーしか知らなかった妻です。

    それでも積極的に現地の生活に飛び込み、
    現地の米国人、中国人だけでなく、
    同じ境遇で居住している、各国の友人も増やしておりました。
    ドイツ人の友人宅に招かれたところ、
    何時の間に覚えたか、カタコトのドイツ語をしゃべっていました。
    勿論、駐在している日本人奥様とも、単身で移住された若い女性とも・・・

    仕事で日本に出張するボクに「買い物リスト」を手渡し、
    出張の間は友人を呼んでパーティをしたり、
    子供を連れて北京に遊びに行ったりです。

    結局は、個人の資質なんだと思いますよ。
    日本国内で人付合いが苦手な方は海外でもやっぱり駄目でしょうし、
    日本では上手に生活していても、
    言葉や習慣の壁に怯んでしまうと駄目な様です。


    「不満や愚痴を言う暇が無い」、妻の名言です。

    トピ内ID:3365468255

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  16
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0