詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人の死に優劣はないですよね

    お気に入り追加
    レス54
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ももこ
    ひと
    数ヶ月前、友人の母が他界されました。

    私の父も昨年遠くにいっています。

    友人をはげまそうと会いにいったときに、「お父さんが亡くなってる子は周りに沢山いるんだけど、お母さんが亡くなった子っていなくてさ」と言われてしまいました。

    離婚後ひとりでいた父は突然に一瞬でいなくなってしまい、看病も面倒もなんでもみたのに、そんなことも、話することもできませんでした。それに比べお母さんの命のあるうちに献身的な姿をみせられた友人。

    私はそんなこと一言も口にしませんでしたし、言ってはいけないことだと思っていました。

    世間では母とのつながりが強い人が多いこともわかりますが、うちは世間一般ともちがいます。
    ただ、私の事情を知りながらそれを口にする友人の言葉が悲しかったです。

    このようなことで友人に不信感を抱くことや、しばらく疎遠にしたいと思うのは考え過ぎでしょうか。

    トピ内ID:2688634446

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数54

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    丸ごと受け入れてこそ

    しおりをつける
    blank
    ちいまま
     そういう、動転している際の、失言とかを丸ごと受け入れてこそ

            「友達」

    だと私は思いますよ。疎遠にするとか、大げさに感じますが。

    トピ内ID:5689384659

    ...本文を表示

    そのセリフだけならセーフ

    しおりをつける
    aya
    優劣というか、違いはありますよね。
    トピ主さんも、自分の父と友人の母の死で「優劣」つけてますし。
    (一人親だからとか、突然だったからとか・・・)


    友人が「母親の死と父親の死は違う」とハッキリおっしゃったならともかく、
    書かれているように事実を述べただけなら、トピ主さんが被害妄想気味だと思います。
    でもそれは悲しみのあまり・・でしょう?

    友人が色々おっしゃったとしたら、それも同じかもしれませんよ。
    (失礼ですが、離婚でしたらトピ主さんのお母様はご健在なのでは?)


    お互いが落ち着くまで疎遠というのはありだと思います。

    トピ内ID:4493339431

    ...本文を表示

    許してさしあげて

    しおりをつける
    blank
    chok
    仰るとおりです。誰が亡くなっても、悲しい。

    でも…
    この度はお友達も気が動転して考えられなくなっているのでしょう。

    どうか、許してさしあげて。

    お友達が大切な方ならば、落ち着いたころに感情的にならずにトピ主様の事情や気持ちをもう一度話してみてください。
    きっと自分の失態に気づかれるのではないでしょうか。

    お友達にチャンスをあげてください。

    トピ内ID:6700676116

    ...本文を表示

    友達に完璧を求めすぎ

    しおりをつける
    💍
    ぷーら
    人間なら、好調なときも不調なときもあるし、
    動転して失言をすることもあれば、黙って他人を支えているときもあるでしょう。

    トピ主さんがおいくつか知りませんが、私は30代なので、友達とも10年20年の付き合いです。
    それだけ長い付き合いをしていたら、幸せな時期も不幸な時期もあるし、
    びっくりするような失言をするときもお互いにあるし、
    「彼女、ここ10年で変わったなあ」と思うこともあります。

    進学、就職、転職、結婚、出産、死産、親の死、友達の死、転勤、子どもの死…いろいろあれば、時には最悪の状態になることもあります。

    1年くらいのことで不信感を持ったり、友達を切り捨てることはしないほうがいいですよ。
    この程度のことなら、きつい言葉を言わずにそっとさりげなく用事を作って会うのを控えて疎遠になり、
    たまにメールで連絡するくらいに留めたらいかがでしょうか。
    いつかまた良い友達に戻ったりします。

    トピ内ID:0590622721

    ...本文を表示

    考えすぎというか

    しおりをつける
    blank
    みやこ
    優劣って…。
    最初、読んでもピンときませんでした。
    そうか、友人は、お父さんならいいじゃん、お母さんだとつらいって言ってるととったのですね…。
    そんなこと思いもしないので友人がそう言ってるのだろうってなかなか気づけませんでした。

    それ言ったら私なんて結構若いのに両親とも亡くなってますが…
    いいわねえ、トピ主さんはお父さん1人しか亡くなってなくて。とか言われたらどうですか?

    まあ何が言いたいかというと、悲しみに暮れて混乱している友人に、
    あなたの事情を察して余計な発言控えろと言うわけですね。
    慰めに来てくれた人に遠慮しろと。

    「お父さんが亡くなってる子は周りに沢山いるんだけど、お母さんが亡くなった子っていなくてさ」これは
    実際、まぎれもない事実なんでしょう?

    なので感想としては、トピ主さんの心がちょっと狭いんじゃないかなあと。
    人のそういう部分を受け止められない人は慰めに行ったらダメですよ。そういうときは、しばらく放置がいいですよ。
    そういう意味では、トピ主さんが不快感を抱いたのも事実でしょうから、しばらく放っておけば。

    トピ内ID:0101665384

    ...本文を表示

    ごめんなさい

    しおりをつける
    blank
    にゃろ
     私も一昨年、父を亡くしました。

     ちいままさんがおっしゃっている「友達の失言」だとか、トピ主さんがお友達の言ったことをどうしてそこまで気になさるのか、私には理解できません。

    トピ内ID:7444827687

    ...本文を表示

    凡人は多数也

    しおりをつける
    blank
    マイルド
    人の個々の事情まで考えて発言できる人は
    世の中にそう多くはいないのが実情です。

    私の両親は20年前に当時22歳の娘(私の姉)を亡くしました。
    その話が出ればたいていの子持ちの方は
    子供を亡くしたら生きていけないと言います。
    では、子を亡くした親は全員死ななければいけないのでしょうか?

    稀にご両親は大変な思いをしたねと言う方がいます。
    こういう方は他人を思いやれる人です。
    それを普通の人に望むことは酷なんですよ。
    できる人は素晴らしい、
    でもできない人がダメなのではなく普通なんです。

    親の死に関しては
    友人よりトピ主さんの方が少し先輩で
    励ましてあげたいと思える程に悲しみが癒えてきている。
    でもまだ友人はそうではないから不用意な発言もあるでしょう。
    その内に親を亡くした者同士沿えるようになるかもしれません。
    許してあげられませんか?

    私もトピ主さんも無意識に
    人を傷つける発言をしているかもしれません。
    もやもやを抱え込ませているかもしれません。
    みんな凡人なんですよ。

    トピ内ID:3458466627

    ...本文を表示

    悲しみは癒えないもの

    しおりをつける
    blank
    茶和子
    母は強し! の一言かな・・

    確かに 打撃は母親のほうが大きい!

    自分も女だしね 本音を言えば 母の方が絶対偉いと思いたい~!


    でも 人を失う悲しみは 決して癒えないものだよ

    励まそうが慰めようが優しい言葉掛けようが・・



    こればっかりは どうにもならないからね・・・

    だから 優劣というより どうしようもない問題だね

    かと言って 考えるなってわけでもないけどね・・

    問題に対して 正解は一つでないといけない

    という問題ばかりじゃないし・・

    距離置きたくなったのなら それはそれでいいと思うよ

    トピ内ID:9988880380

    ...本文を表示

    考え過ぎかと…

    しおりをつける
    blank
    うま
    「だからあなたは私より辛くなかったでしょ」「私の方が不幸よ」とか言われたら疎遠もありですが…。

    確かに、人の死は比べられるものではないし、同じ関係性の人を亡くしても感じ方は人それぞれで、一般論では語れない部分はありますが、ご友人の発言はそこまでの失言だとは思いません。
    お母さまを亡くされて日が浅いなら尚更です。

    トピ内ID:6390699166

    ...本文を表示

    かなしいって

    しおりをつける
    blank
    ユウユウ
    言ったら?事情を知っててもそこまで気が回らなかったんだろうし

    トピ内ID:5731245239

    ...本文を表示

    「それに比べ」?

    しおりをつける
    blank
    B
    人の死に優劣はないんじゃないんですか。

    「私の父は突然いなくなった。友人の母は突然にはいなくならなかった。友人の方がましだ」

    そう言いたいんでしょ?
    ならあなたも、人の死に立派に優劣つけてますよね。

    >「お父さんが亡くなってる子は周りに沢山いるんだけど、お母さんが亡くなった子っていなくてさ」

    これ、単純にそのままの意味じゃないですか。
    強弱の問題じゃなく、父を失った時と母を失った時の気持ちってそれぞれ違うと想像できますよね。その差を共有できる人がいなくてさ、ぐらいの意味でしょ。
    それを「優劣つけられた」と思うのは、他ならぬトピ主自身がそういう時に「優劣をつけて考える」タイプの人だからでは。
    人間、無意識に自分の行動パターンを基準にものごとを考えるものですから。

    え?「私はそんなこと一言も口にしなかったし、言ってもいけないと思った」って?
    それはつまり、「思ったけど言わない」ってことでしょ。
    そもそも思ってもいなければ、「口に出しちゃだめ」と気をつける必要もないのですから。

    「それに比べ」とは、優劣を感じて比べている時に出る言葉です。

    トピ内ID:7900174421

    ...本文を表示

    不信感?

    しおりをつける
    blank
    喪中明け
    >お父さんが亡くなってる子は周りに沢山いるんだけど、お母さんが亡くなった子っていなくてさ

    と言われただけで不信感を抱くこと自体が不思議です。

    不信感を抱かれたのはトピ主さんのほうでは?

    喪中の方を「はげましにいった」だなんて・・・。

    トピ内ID:1054083916

    ...本文を表示

    いいと思います

    しおりをつける
    blank
    neko
    どっちの死のほうがより重い、なんてことはありません。
    きっと、お友達はいまは、自分の悲しみでいっぱいで、人のことを思いやる余裕がないのでしょう。
    私は父を看病の末看取りましたが、それでも、してやれることはなかったか、といまでも胸が痛みます。
    突然亡くなられたのでは、残された側はお辛いでしょう。お悔やみ申し上げます。
    いまは、少し離れていいと思います。
    トピ主さんだって辛いのに、一緒にいたらモヤモヤして、変に気をつかったり、お友達を傷つけてしまうかもしれませんしね。
    時間がたち、縁があればまた仲良くなることもあるでしょう。

    トピ内ID:9985352857

    ...本文を表示

    悲しかったね

    しおりをつける
    blank
    ポン酢
    辛いね
    悔しいね

    しばらく心から離れない事でしょう
    その間は
    少し距離を置いて良いと思いますよ

    今はご自分の悲しい気持ちを
    大切にしてあげて下さい

    トピ内ID:8183925670

    ...本文を表示

    人づきあいは自由。

    しおりをつける
    blank
    お好きなように
    御友人の発言ははたからきいても「??」です。
    「母を亡くしたことのない人にこの気持はわからんだろう」とでもいいたげですね。
    でもお父様を失くしているあなたに言う言葉ではありませんね。
    普段のこれまでのお二人のお友達づきあいがきになります。

    身内を亡くして身心不安定になり、物事をまっすぐに見れなくなってしまうことあるかもしれません。

    が、不快なものは不快ですね。あなたにとってのだいじなお父様の死を軽んじるかのようなものいいに感じます。
    大変失礼で大人げない発言だと思います。

    御不幸に際してあなたがぐっと我慢したのは大人として最善でしたね。

    ただ、人は不幸な時こそ本性・真価がでます。

    お付き合いの仕方を考えるのも、全くあなたの自由です。

    トピ内ID:0127290824

    ...本文を表示

    それはお辛いですね

    しおりをつける
    😑
    ぞうさん
    私だったらしばらく疎遠にするかもしれません。
    いくら動転されてたとはいえ、トピ主様の事情もご存じの
    ご友人の言葉は明らかに配慮に欠けますよね。

    しばらくお互い冷静になれる期間を設けるのは
    どうでしょうか?すぐに縁を切る、というのは行きすぎ
    かもしれませんが、少し距離を置く程度のことは
    されてもよいかと思います。

    人間ですから友達同士でも失言や理解できない言動は
    ままあることだと思います。そこからどうされるかは
    トピ主様次第だと思います。

    トピ内ID:2215869454

    ...本文を表示

    ありませんよ。

    しおりをつける
    blank
    リボンタイ
    タイトルを拝見したとき、
    一瞬、
    いろんなことを想像して開いたのですが、

    本文を読んでわかりました。

    おばさんとか、
    おじさんとか、
    おじいさんおばあさん、
    兄弟が親代わりとか、
    里親だって、
    親以上の繋がりのあるひとも多い。

    友人は、
    想像力が全くないよね。



    お父さまをお空へお見送りし、
    さぞかし、
    おさびしいことでしょう。

    心でいつも話しかけて、
    ご供養してくださいね。

    トピ内ID:8392878096

    ...本文を表示

    私の場合

    しおりをつける
    blank
    さき
    私は一昨年前、一度に両親を亡くしました。
    友人が善意で言った言葉に凹んだ時はありましたが、私には彼女は今も大切な人です。

    逆境の時、人は神経過敏になるものですが、いちいち気にしていたら人間関係はすぐ崩れるもの。

    そんなことで崩れる友情なんていらないと思いませんか?

    トピ内ID:8438211324

    ...本文を表示

    考えすぎじゃないと思いますよ。

    しおりをつける
    blank
    ぽてこ
    お父様を亡くされたとのこと、お悔やみ申し上げます。
    まだ昨年のことでは、気持ちの整理もつかないのではと
    想像いたします。

    お友達の発言ですが、もし、わたしがトピ主さまと
    同じ立場で同じように言われたとしたら・・・
    やはり、不信感を抱いてしまうと思います。

    なぜなら、大切な人が亡くなったことは、同じように
    つらく、悲しい出来事であり、両親のどちらが亡くなったとしても
    それは比べることなど出来ないことだからです。

    大切な人が亡くなって、もしかしたら、お友達は
    心に余裕が無くて、思いやりの無いことを言うことで
    自分の心を保とうとしているのかもしれません。

    でも、同じように親を亡くしている友達に対して
    言うべき言葉ではない、とわたしは思いますよ。

    トピ主さまが「また話しても良いかな」と思われるまで、
    あえて、お友達にはこちらから連絡しないなど、
    少し離れてみてはいかがでしょうか。
    それは、しごく、普通の感情だと思います。

    ご自分の気持ちを大事になさってくださいね。

    トピ内ID:2923970455

    ...本文を表示

    考えすぎでしょう

    しおりをつける
    🐱
    黒にゃんこ
    ご友人の言葉は、別にトピ主さんに意味づけた発言ではなく、本当にそのままだと思いますよ。
    たまたま周囲に父より母を亡くした人が少ないという事実を言ったまでで、その発言自体、優劣なんかついていませんよね。

    それとも、トピ主さんの感覚では少ない方が偉いとか、そういう基準があるのでしょうか。
    自分なら優越感を持つから、ご友人もそうだと思ってしまったのでしょうか。

    お父様を亡くされたことは心からお気の毒に思います。
    でも、トピを読む限り優劣をつけているのは、むしろトピ主さんではと思います。
    突然だったから、人より私の方が特別に可哀想と言いたいように読めます。
    でも、悲しみに違いはないのでは?

    それともう一つ。
    トピ主さんは、どうもご自分への当てつけと受け取ったように感じますが、自意識過剰だと思います。
    私も昨年から今年にかけて、身内を二人亡くしましたが、1ヶ月もたてば、家族以外にとってはもう過去のことです。
    当てつける以前に、言われなければ思い出さないものです。

    疎遠にしたいのなら、それは仕方ないことですが、多分、このトピの理由では、人の共感は得られないと思いますよ。

    トピ内ID:0969856687

    ...本文を表示

    ちいままさんの意見に1票

    しおりをつける
    🐱
    猫たんぽ
    ですね。
    優劣とかではなく、お友達はとても辛い状況なんですよ。
    それをわかってあげられるのは、貴方なんじゃないですか?

    トピ内ID:4270414377

    ...本文を表示

    余裕がないときだから・・・

    しおりをつける
    MAMI
    お友達は、今は余裕がないときです。
    トピ主さんだって、励まそう思って会ったんでしょう?
    そんなときの言葉だから、ちょっと流してあげてもいいかな?って思います。

    トピ主さんは、悲しみのさなかにいる友人に、通常と同じ配慮してほしいと思いますか?


    >お父さんが亡くなってる子は周りに沢山いるんだけど、お母さんが亡くなった子っていなくてさ

    この言葉に、優劣は感じないですよ私は。
    母親を亡くした気持ちを共感できる人がいない、っていう意味ですよね。

    父親より母親を失くした方が悲しみが大きい、という意味じゃないと思います。
    悲しみの大きさでなく、喪失感の違いでは?

    トピ内ID:2271489613

    ...本文を表示

    ないですよ

    しおりをつける
    🛳
    uni
    人の死に優劣はないですね。
    ももこさんの友人もそういうつもりで言ったのではないと思います。

    家族の死についてコメントしたり、何かを言うのはとても
    気を遣うし、難しいことですから、
    的が外れたと思うようなことを言われても、気になさらない方がいいと思います。
    明らかに悪意がある発言をされたのではないのなら、余計にそうではないでしょうか?

    自分が敏感になっていると、何気ないことが心に突き刺さったりしますね。
    でも疎遠にしてしまうのはもったいないのでは?

    トピ内ID:0453376101

    ...本文を表示

    考えすぎです。

    しおりをつける
    アイル
    友人は、自分のことで精一杯なのであり、他の人を思いやるゆとりがなかったのです。
    あなたのことが頭にあって話した訳ではありません。
    誰しも、自分中心に考えるものです。あなたも、自分の悲しかったという感情を中心に話しています。
    悪気があって言ったわけではないのですから、それに拘って「不信感」だの「疎遠」だの考えすぎです。
    友人が落ち着いてきたら「あなたはお母さんを献身的に介護して、感心しました。私は、介護したくてもできないので、寂しい。」というようなことを話してもいいかなと思います。

    トピ内ID:7901639764

    ...本文を表示

    ?意味がわかりませんでした

    しおりをつける
    🐤
    lilyrose
    お友達のおっしゃったことは、亡くなったのが父親か母親かで優劣があるって意味なのですか?

    実際女性のほうが寿命が長いので、父親を亡くす経験をするほうが多いのは自明の理。

    それを言っただけでそんなふうに思われてしまうなんて・・・トピ主さんの思考回路が私にはまったく理解できません。

    私がお友達だったら、疎遠にしていただいて結構です。

    トピ内ID:5676539034

    ...本文を表示

    別に優劣つけてないと思うけど

    しおりをつける
    blank
    りんご
    現状を口にしただけだと思うのですが、
    他に何か優劣つけるようなこと言われたのですか?
    このトピだけだと別に不信感抱くこともないし
    疎遠にするようなことでもないと思うけど。

    トピ内ID:5534384407

    ...本文を表示

    分かるけど

    しおりをつける
    柿の種
    トピさんの気持ちも言い分も
    分かります。
    「だから何?」って思いますよ。本当に。

    でも、

    今までトピさんがお友達に
    「あなたは母親の看病が出来て良いわね」
    とか、
    「私は父と母が離婚したから父を一人に
    してしまったの」

    とか、言っていたのなら
    頷ける話です。
    小学生でも電車に乗って一人で移動しています。
    お父さんを一人にしたのはトピさんの選択ですから。
    後悔しているのは、母のせいにしながら、
    実は自分が成し遂げなかったと思っているからです。

    看病をやり遂げたお友達は
    トピさんが親の面倒を看れずに後悔
    しつつも遊んでいる時間も看病して
    いたんですよ。後悔しない為にね。

    だからチクリと言いたかったのかも。
    無神経発言には無神経発言が
    返ってきます。

    トピさんは友達の事情を知りながら
    それを口にしていたのでは
    ありませんか?

    トピ内ID:1546775829

    ...本文を表示

    言葉の“あや”ですよ

    しおりをつける
    💍
    かるめん
    私も父を亡くして、母は存命しております。

    確かに、父が無くなって悲しかったのは本当だけど。
    母親って、やっぱり自分を生み出してくれた存在ですから特別なんだと思います。
    トピ主さんの所は離婚と言う事柄お母様との関係が他のご家庭より希薄だったのが
    影響してると思うのでお父様の方が大事だと思っているだけで。

    お友達もどちらかを優劣付けている訳ではありませんよ。
    ただ、お母様が生きている事でいろいろ女として、人生の先輩としてもっといろいろ
    教えて欲しかった事があっただけなのかも知れない。

    あまり勘ぐらないであげてくださいね。

    トピ内ID:0299890412

    ...本文を表示

    多分、トピ主さんの勘ぐりすぎ

    しおりをつける
    blank
    49歳です
    私も父親が亡くなっているので、身内を失くす辛さ悲しさは身にしみています。そしてその時の精神状態も体験しています。

    ただこれって、体験した者なら誰でもそう、とか、体験しない者には解らない、とかってものでもないんです。
    お母様を失くされたお友達は人の死に優劣を付けたのではないですよ。トピ主さんの精神状態が、勝手にそう受け取っただけではないですか?
    近しい人の死は辛い、本当に。
    お母さんの亡くなった知り合いは確かに少ないです。それ故に共感して欲しくても同じ境遇の友人が居ない。それも辛いのだと思います。

    今はご自身がお身内を失くされて浅いので、疎遠にしたいと考えてしまうのも無理はないです。
    私も母も周囲から1周忌が終わると考えが変わると言われて一年を過ごしました。本当に1年経過すると、悲しみから立ち直れるんですね。身内を失くされた方みなさん不思議なぐらいそう言います。
    だからまだ結論は先延ばしにされた方がよろしいかと。
    お友達もお母様の1周忌までは遊ぶ気にはならないでしょうから、冷静になれるまで連絡取らなくてもいいと思いますし。

    トピ内ID:2885520282

    ...本文を表示

    みなさんとても心が広いですね

    しおりをつける
    blank
    まだ子供
    私もトピ主さんの立場だったら友達にちょっとは不信感を抱くかもしれません。
    難しい話だとは思いますが、当事者同士ではなくて第三者としてその現場に居合わせたら、正直お友達側に対して「この人、何言ってるんだろう」って思うと思います。
    今の不信感は時間が消してくれそうな気がしますが、そんな不信感を抱かせる発言をする人だという記憶はなかなか消えないかもしれませんね。
    みなさんのおっしゃる通り、まだ気持が落ち着いていなくて考えなしにしてしまった発言かもしれませんが、それにしても、そんな動転している状態なら私ならお友達に会うのは遠慮すると思います。
    家族が亡くなった悲しみというのは、家族以外に吐露しても相手に気を遣わせるだけでしょう。心にしまえるようになってからお友達に会えばいいのではって思います。わざわざ悲しみの中相手に気を遣って頂いて、自分の知らないうちに相手を傷つけていたなんて、自分だったら穴に潜りたいです。
    それになんか、自分のお父さんにも十分失礼な発言ですよね。

    トピ内ID:1141239749

    ...本文を表示

    みなさま教えてください。

    しおりをつける
    blank
    5:55
    私は多分、トピ主様と同じように考える人間です。
    「お父さんが亡くなってる子は周りに沢山いるんだけど、お母さんが亡くなった子っていなくてさ」の裏にあるこの言葉の意味って、皆さんはどう捉えていますか??
    私がトピ主さんの立場なら、文面から想像するように「父より母を亡くした方が辛い」ととるかなーと思いました。
    または、ただただ自分の周りには統計的に母親より父親を亡くした人が多い、という報告。
    そんな報告多分しませんよね。
    だとしたら、どんな意味が含まれた発言だったのか教えてほしいです。
    そして、トピ主さんの「離婚後ひとりでいた父は突然に一瞬でいなくなってしまい、看病も面倒もなんでもみたのに、そんなことも、話することもできませんでした。それに比べお母さんの命のあるうちに献身的な姿をみせられた友人」というのは優劣を付けている発言ではないととれます。
    うまく説明できませんが、「自分も献身的な姿を見せたかった」と発言するのは良くないと思って自分は言わなかったという一つの例と思いました。
    結局、「親の死」に対して思ったことを発言するかしないかの違いですよね。

    トピ内ID:1141239749

    ...本文を表示

    それはですね

    しおりをつける
    😢
    コンニャク
    女性の方が一般的には長生きだからでしょう。
    タバコや酒で病気になるのも男性の方が多いし。

    50や60代で亡くなったりすると
    「早かったですね」と悔やむのが
    一般的らしいみたいですけど、
    うちの父は30代で死んでいるので、
    どのもその一言がスムーズに出ません。

    死に方に序列はあると思いますが
    優劣はないでしょう。

    トピ内ID:8041840071

    ...本文を表示

    まだ励ませる状態ではなかったのですね

    しおりをつける
    blank
    はる
    悲しみに暮れている人に配慮を求めるのはどうでしょう?
    友達相手だからこそ、浮かんだ言葉の適切さを考えずに、悲しい気持ちを表してしまったように思います。
    トピ主さんの優劣という表現だって不適切だと思いますが、浮かんだ言葉のまま表現したのですよね?

    第3者から見ればトピ主さんの考え過ぎで、友達は何も悪くないように感じます。
    ただ、そのように受け取ってしまったトピ主さんが悪いという訳でもありません。

    大切な人の死はたいへん大きな悲しみですから、冷静になれなくて当然です。
    お互いにもう少し悲しみが癒えたら、相手のことを温かい気持ちで考えられると思います。
    それまでの間、少し距離を置いてみるのは良いと思います。
    (「疎遠にする」という言葉は嫌いです。)

    トピ内ID:1826694323

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    🛳
    ももこ
    このようなトピにレスをくださってありがとうございます。

    私の言葉が足りなかったため誤解を招いてしまいました。
    多くの方が補足してくださいましたが、仰るとおりです。
    父であっても、母であっても、それが誰であっても亡くなってしまうことはとても悲しく、(亡くなるときのことを例にあげましたが)それまでの年月でも円満な家庭も不和な家庭も、それぞれの状況でそれぞれの想いがあって、その人の大切さや失った悲しさに差をつけるようなことはできないのでは、ということを言いたかったのです。

    友人も不安定になっていて、私も敏感になっているのかもしれません。
    私も友人に意図しないもやもやを与えているかもしれません。
    友人とは他にも気になることもあり、しばらく離れてみようとおもいます。


    >みやこさん
    「慰めに来てくれた人に遠慮しろと。」には考えさせられました。やっぱり、私は行かないほうがよかったのかもしれませんね。


    やさしい言葉をくださった皆さん、涙がでました。ありがとうございました。
    悪い娘でしたが、大切な父でした。

    トピ内ID:2688634446

    ...本文を表示

    口に出してしまうかどうかでその人の程度がわかる。

    しおりをつける
    blank
    お好きなように。
    >トピ主さんだって優劣つけてる

    いや、でもトピ主さんはご友人に対して口に出しちゃったりしてないのでは。

    人は結局、自分の身内こそが可愛いわけです。自分の親が一番、です。
    「他人の父の死よりも自分の母が今亡くなったこと」の方が重い・・・哀しいけれどそれが現実。

    男親・女親うんぬんの問題とも思えないです。

    だからこそ「口に出していってはいけないこと」でトピ主は傷ついていると私は思うのです。
    それを言っちゃあおしまい・・・ってこと世の中いっぱいあります。

    トピ内ID:0127290824

    ...本文を表示

    お友達の台詞って死の優劣の話なの?

    しおりをつける
    blank
    ん?
    残された親がどちらかで、他家族の事情も
    変わりがちなのはわかってますか?

    例えば、私の友人の家は、残されたお父さんが
    典型的な昭和人間で、家のどこに何があるかもわからず
    自分のご飯も作れなかったようです。

    もちろん例外の家もたくさんありますが、こういうのは
    普通にある話です。母親(主婦役)が存命なら、比較的
    家の中自体はそのまま維持されやすいけど、その反対は
    家庭内が急激な変化を受けやすい。悲しみとは別次元で
    残された親の生活が荒れる事もあります。

    勿論、子供の役割も変わります。娘が父の妻役も
    担当しなければならないとか、父に相当の意識改革を
    強いねばならないケースも珍しくない。

    要するに、失われた人の役割によって
    遺族が担う問題も違うって事。
    別に家事に限らない事もあります。

    お友達は「自分のケースの解決」に、助言をくれる人や
    参考になる人がいないって言ったんじゃないの?

    貴方なら、離婚でお父さんが似た状況だったのかもしれません。
    でも家庭環境や悲しみの優劣にこだわる為、貴方もまた
    友達に寄り添えず理解できない周囲の1人ですよね。
    故に距離を置きたいのなら、そうすれば?

    トピ内ID:5231289225

    ...本文を表示

    お友達は優劣なんてつけていないのでは?1

    しおりをつける
    blank
    守宮
    男性のほうが寿命が短いので、母親を亡くした人より父親を亡くした人が多いでしょうし。

    娘にとって異性である父親を亡くした場合と、同性である母親を亡くした場合とでは、「(優劣ではなく)違う」のは事実です。
    母親は娘にとって、妻として母親として先輩であり、女の人生の節目節目にアドバイスや叱咤激励をくれる、心強い存在ですから。
    でも、母親を亡くした娘のそんな寄る辺の無さは、母親のいる女性にはなかなか理解はしてもらえません。
    お友達はそういうことを言いたかったのではないでしょうか。

      続きます>>

    トピ内ID:2335461037

    ...本文を表示

    お友達は優劣なんてつけていないのでは?2

    しおりをつける
    blank
    守宮
    <<続きです

    私は10代半ばの頃に父を単身赴任での交通事故(被害者です)で、30代のはじめに母を悪性リンパ腫で、それぞれ亡くしています。
    (突然逝かれるのも、看病の果てに逝かれるのも、違う種類の悲痛がありますよ)
    父を亡くしても母を亡くしても、悲しみの深さに差はありません。
    単身赴任していて月に一度しか会えなかった父の突然の死のほうが、私自身まだ高校生だったこともあり、受けた衝撃は大きかったかも知れませんが。
    けれど、私が女として生きていく数十年の道標を見失ったかのような、足下が覚束ないような不安は、母を亡くして初めて知りました。

    >私の事情を知りながらそれを口にする友人の言葉が悲しかったです。

    お友達の発言葉について恣意的な解釈をして悪感情を覚え、そのうえ、トピ主さんも昨年お父様を亡くされたとはいえ、数ヶ月前にお母様を亡くされたばかりのお友達に、トピ主さんに対してそこまで気を遣うことを望むのは、人として如何なものかと思います。

    私にはトピ主さんこそが、お友達よりも、トピ主さんのほうが悲しくて辛くて不幸だと、優劣をつけているように感じられました。

      終.

    トピ内ID:2335461037

    ...本文を表示

    ならば、どちらも不幸自慢。

    しおりをつける
    blank
    B
    5:55さんに答えてみます。

    「お父さんが亡くなってる子は周りに沢山いるんだけど、お母さんが亡くなった子っていなくてさ」

    の裏を

    「父より母を亡くした方が辛い」

    であると推察するならば、

    「離婚後ひとりでいた父は突然に一瞬でいなくなってしまい、(中略)それに比べお母さんの命のあるうちに献身的な姿をみせられた友人」

    の裏を

    「看病できるよりできない方が辛い」

    だと考える事もできます。

    ならば、どちらも思っている事は同じ。

    「あなたなんかより私の親の死の方がずっと辛いわよ」

    でしょう。

    トピ主さんが無意識にせよ、私よりあなたの方がまだ辛くないでしょ、と思いながらご友人を「はげましに」行ったのだとすれば、その裏心、悟られちゃってたんじゃないの、と思わなくもなく。

    確かに、口に出して言うか言わないかの違いです。しかし逆に言えば、そこにしか違いはないのかもしれない。
    と言うかそもそも、「失ったのが父親か母親か」と「どのように死別したか」は全く方向性の違う悲しみで、その重さを比べて上下をつけたり憤ったりする事自体が間違いだと思うのですが。

    トピ内ID:7900174421

    ...本文を表示

    どこが優劣なのかさっぱりわからない

    しおりをつける
    blank
    さゆ
    優劣?単に自分の現状を言っただけでしょう。
    男性より、女性の方が寿命は長いですから、割合的にも父親が早く亡くなるでしょう。

    それを優劣と受け取ってしまうトピ主さんがわかりません。

    私も親を亡くしてますよ。哀しい気持ちは経験しました。
    でも、親を亡くした友人を目の前にして、その程度の事で私の気持ちに配慮してくれないと怒る気持ちはわかりません。

    トピ内ID:4516785635

    ...本文を表示

    同じこと言ったことあります

    しおりをつける
    😢
    経験者
    30~37歳の間に、実母、義父、主人を次から次に亡くしました。母が亡くなった時お友達と同じこと言ったことありました。トピ主さんは誤解してるかも。その頃本当に私の周りにはお父さんを亡くされた方はいたけど、お母さんはいなく、単純にその気持ちがわかる人がいないと思ったんです。優劣ではありません。お父さんが病気で亡くなっている場合は、お母さんがほぼ100%看病し娘は手伝いしてたという感じですが、お母さんが入院の場合は、お父さんは働いているため、娘が母と父両方世話することになってしまいます。
    それに母が亡くなるというのは、自分のルーツがなくなる感じでなんともショックでした。父は健在なので父が亡くなることの辛さはまだわかりません。主人が亡くなったときもそうでした。離婚して一人なった友人はいても死別はいなく、その気持ちを分かり合える友人がいなく辛かったです。慰めにならない妙ななぐさめで傷つくこともありましたが、友人たちはまだご主人を亡くしたことないのでしかたないな、と割り切れました。
    その頃はご主人を亡くされた友人のお母さんとの方が話しあったし。その程度の言葉ですので聞き流してあげてください。

    トピ内ID:7138414344

    ...本文を表示

    悲しみが深い方が優勢なの??より深いって誰が決められるの?

    しおりをつける
    ぽこ
    そのお友達は、自分の悲しみが世界で一番深い、と思っているんですよ。トピ主さんも、自分がどれほど悲しんだか、その苦しみを軽んじられた気がして、トピを立てたのでしょう。
    悲しみの深さなんて、誰にも測れませんよ。どっちも勝ち負けも優劣もありません。ただ、同じ人を亡くしても、悲しみ方は人それぞれです。

    そして、知人のお葬式の度に、自分の悲しみを思い出して苦しむことを、そのトピ主のご友人は、まだ知りません。

    しばらく疎遠にしても良いんじゃないでしょうか?ほとぼりが冷めるのに時間は必要です。トピ主さんが立ち直るのに時間が一番の薬だったように。

    ただ、グリーフケアの観点から言うと、”やれることはやった”という実感が持てた人の方が、比較的立ち直りは早いです。看病に一生懸命やってる間に心の準備も知らず知らずのうちにやってますし。
    だから、理論上、彼女の立ち直りの方が早いはずです。

    トピ主さん、友人の悲しみを共有して軽くして差し上げたかっただろうに残念でしたね。あなたもまだ父上の喪失のショックから立ち直っていません。
    その友人とのお付き合いは自分が回復してからね。

    トピ内ID:9646210992

    ...本文を表示

    やっぱり

    しおりをつける
    柿の種
    こんな事で疎遠は厳しすぎると思う。
    誰だって後になって気付く失言はあるよ。
    友達なら1回や2回許してあげては?
    「あなたはお父さんが亡くなってお母さんは
    元気なんだからいいよね」
    って言われたわけじゃないんだから。

    私の友達も、お父さんが急に容態が悪くなって
    亡くなられたんですが、
    同じことを言ってました。
    「まわりにお父さんが亡くなった人がいなくてさ」
    って。
    私の両親は健在だったけど、彼女より年上だし、
    親に頼るよりも頼られる立場になってきたけど、
    親は居てくれるだけで嬉しいと思う。
    結婚前のお嬢さんが親を亡くすのは
    親もまだ若くて元気だと思っているうちに逝かれる
    わけだから、相当なショックなんだよね。
    30歳過ぎると、会う度に親が老けていて
    その度に小さなショックが押し寄せてきて、
    徐々に諦めがついてくるもんなんだよね・・
    って話していたら、彼女も落ち着いてきたよ。

    励まそうと会ってあげたのなら
    たわ事だと思って許してあげなよ。

    トピ内ID:1546775829

    ...本文を表示

    補足

    しおりをつける
    柿の種
    何が言いたいのかわからないレスに
    なってしまったので補足失礼します。

    私の友達もトピさんのお友達と
    同じ事を言っていました。
    私の両親は健在ですので、
    トピさんの脳で考えたとしたら
    「あなたは両親健在でいいよね」
    と捉えてしまうんでしょうけれど、

    私はそうは思いませんでした。
    身近にもっとお父さんが亡くなった、
    心細い思いをした経験のある人がいたら
    心の支えになるのにな・・母と子二人、
    不安だよって言いたかったんだと
    思うんですよ。(私の友達はね)

    そのお願いは私に言った所で
    何一つ叶えてあげれないし、
    叶えてもらおうとも思ってないんでしょう。
    普段、キリッと仕事の出来て皆から頼られる
    友人でも、こんな風にどうしようもない悲しみを
    どうしようもない愚痴で吐き出せるまで
    2ヶ月かかってるので・・・

    最初は悲しすぎて何も言えなかった彼女が
    やっと出た言葉が「お父さんを亡くした友人がいなくて」
    だったんですよ。
    だから友達なら、許すもなにもない、
    悲しいね、辛かったね、って寄り添ってあげてね。

    トピ内ID:1546775829

    ...本文を表示

    トピ主さんが比べてる

    しおりをつける
    🐱
    マジー
    私の印象だとトピ主さんが勝手に父と母を比べて怒ってるだけに見えます。
    気持ちは分かりますよ。トピ主さんにとっては、友人の発言がまるで、たくさん亡くなってる父親だったらまだしも、私だけお母さんを亡くして悲しいと言われたような気持ちになったのだろうと。
    でも、普通は他人の親が亡くなっても直後は気にするけど時間が空けば、記憶から薄れるし、ましてどんな生き方をしたか、どんな存在だったかを察する事はできないと思います。
    離婚後一人だったという事実はそれだけの印象で、だからどんな気持ちだったか、などは他にわかって欲しいといっても無理だと思います。

    どうしようが自由ですが、大事な友人を失くすのはもったいないと個人的には思います。

    トピ内ID:3445491970

    ...本文を表示

    今は

    しおりをつける
    🐱
    BB
    二人とも弱っている時期なので、お互い広い心になれないだろうし、
    優しい気持が少なめになっている時期なのかも。しばらくの間はお互いそっとしておくというのもいいですよ。
    こういうのも含めて『縁』ということもありますし。
    時間が経ったらまた何の屈託もなく会えるる時期が来ますよ。

    無理しないでいいと思います。

    トピ内ID:0648785141

    ...本文を表示

    ご友人は

    しおりをつける
    🙂
    ぴよ
    どちらの死がより悲しいか、ということが言いたかったのではなく、
    ただ、同じ経験を分かり合える人が居なくて寂しいと告げたかったのではないでしょうか。

    死の悲しみを比べるつもりで言ったのではないと思いますよ。
    父を亡くすのも母を亡くすのも、余命宣告を受けて最後を看取るのも、突然失う辛さも、
    それぞれ違った悲しみがありますから、測って比べられるものではありません。

    そして同じ痛みを知る者でなければ、心の深いところまで届くような共感は得られないように思います。
    そういった部分で、ご友人もトピ主さんも、互いに溝を感じてしまったのではないでしょうか。

    自分を分かってもらえないと悲しいですね。互いに否定してしまえば溝は広がるばかりです。
    大切な友人なら、同じ立場にはなれなくても、それでも出来ることは沢山ありますよ。

    トピ内ID:5868472430

    ...本文を表示

    悲しみの温度差

    しおりをつける
    blank
    今回は匿名
    トピ主さんと友人さん
    お互いに「親」を亡くしてるとはいえ、温度差は仕方ないと思います

    トピ主さんにとって、友人のお母様と面識はありましたか?
    逆に、友人とトピ主の父親と面識はありましたか?

    共通の友人知人を亡くしたときは温度差がなく、慰めあえますが
    今回のような場合は、温度差は仕方ないかも

    私は夫を亡くしましたが
    そのときに心癒されたのは、夫の親友との思い出話でしたよ
    自分の友人は、夫とあまり関わりが無かったので温度差はありました
    もちろん心配してくれた友人には感謝してますが

    悲しい時に「同じように悲しんでくれる人」を求めることは自然です

    もしかしたら、トピ主さんは両親の離婚という状況もあって
    悲しみを共有できる人と語り合えなかったのかもしれませんね
    お父様と縁のある人(祖父母など)と思い出話ができるといいですね

    それから、一般的には、家庭で家事育児などは母親の役目です
    家庭から母親がいなくなると、すぐに実生活で困るので
    そういう悩みも、友人は抱えていたのかもしれませんよ
    友人と、今は少しはなれて暖かく見守ってはどうですか?

    トピ内ID:1410157521

    ...本文を表示

    分かりますよ

    しおりをつける
    ベリリウム
    どんなに頑張ってみたところで、自分が大切に思っている人間とそうでない人間だと、悲しさや辛さには差がでます。
    仲の良い親と毒親だったらどちらが悲しいか一目瞭然だし、まして、自分の親と友人の親なら、自分の親が死んだ時の方が、ずっと悲しかったと考えれば自然です。
    お友だち、すごく悲しいのですよ。そして、自分よりちょっと前に父親を亡くしたトピ主さんが、思ったよりも元気そうに見えたのでしょう。
    だから、「ああ、母親が死んだのより、父親だから平気なのだろうな」と解釈されたのかと。

    きっと羨ましいのです。
    しばらくはあまり密な連絡は取らない方がいいと思います。

    トピ内ID:2782460620

    ...本文を表示

    「励ます」「慰める」とは「受け止める」こと。

    しおりをつける
    blank
    B
    悲しみにくれる友人を励ましに行く。
    その日からまだ時が浅く相手が不安定であれば、きっとこんな場面もあるかもしれません。

    「大変だったわね。気を落とさないで」
    「そんなの無理よ! お母さん死んじゃったのよ!? ずっと看病しててまだまだ一緒にいたかったのに……! 男親とは違うのよ、ぽっかり穴があいちゃって……この気持ち、誰が分かってくれるの……」

    こんな風に取り乱す友人を、どんな気持ちで受け止めればよいのでしょう。

    1:「そうよね、悲しいわよね。ごめんなさい、何て言ってあげればいいか分からないけど……今は我慢せず、お母様を悼みましょう」

    2:「そ、そう……(何よ無神経な。こっちは看病もできずに父を亡くしてるのに、比べるなんてどういう了見なの。自分の事ばっかりじゃない。こんな事言われるなら、やっぱり疎遠にすべきかしら)」

    今回だけでなく他にも気になる件があるとの事なので、とりあえず疎遠そのものについてはやむを得ずかと。
    相手に対する思いやりがないのは全くのお互い様。しかし、励ましに行ったはずの相手に、自分に対する気遣いを期待する姿勢はあまり美しいとは思えません。

    トピ内ID:7900174421

    ...本文を表示

    本当にどんな人が亡くなっても?

    しおりをつける
    😡
    momo
    父親が亡くなった事が無ければ流せたんじゃないですか…?
    疎遠迄行かないのでは…
    なんとなく女性の方が長生きすると思ってたのに、母が死んでしまった事を淡々と言おうとしてるのかなと思ったんですよね。友人が。

    誰が亡くなっても哀しいですね。

    トピ内ID:9505236792

    ...本文を表示

    トピ主さんのレスを読んで

    しおりをつける
    blank
    フォーティーズ
    トピ主さんのレスを読んで思いました。

     トピ主さんは、ご自身が、まだお父様の死から立ち直れていないのですよ。
    だから、ご友人の言葉が、強く突き刺さったんです。ご自分をいやし、お父様を思う気持ちを大切にしてください。
     でも、お友達も同じように立ち直れていないし、今は、まだ混乱している最中です。お友達の言葉には「あなたはまだ恵まれている」というニュアンスが含まれていたかもしれませんが、いつものお友達ではないことは理解してあげてください。

     トピ主さんもお友達も、ご家族の死を、それぞれ、ゆっくり時間をかけて受け入れていってください。

     このことだけで、疎遠にしてしまうのはもったいないです。
     でも、一時的に、「積極的に会う」のを避けたり、このことを話題にだしたりするのを、避けるのは賢明かも。
     
     大切な肉親の死は、1年や2年で納得できるものじゃないですよね。

    トピ内ID:2203410822

    ...本文を表示

    励ましに行ったからには

    しおりをつける
    🐱
    うさぎ
    主さんも、友人と同じくらい悲しい思いをされてるとは思うけど、友人を励ましに行ったからには、友人の言葉も受け止める責任があると思う。すみません

    トピ内ID:5482555716

    ...本文を表示

    同感です

    しおりをつける
    blank
    美樹
    5月27日 12:32の柿の種さんに同感です。

    私の友人も、トピ主さんのお友達と同じ事を言っていましたが、私はトピ主さんの様には思いませんでした。

    でも、トピ主さんには、そう考えてしまうだけの過去が有る。
    それは、それで仕方ないと思いますよ。

    トピ主さんはお友達の悲しみを聞ける程、御自身の悲しみからは立ち直っていなかったという事も有るでしょう。
    はげまそうと思ったとい事ですから、その様子にお友達も甘えたのだと思います。

    多分「父親を亡くした貴女の方が辛かったわよね」と言われても、チクンと胸が痛んだと思いますよ。
    「何が貴女に分るの。分ったような事を言わないで」と。
    そう思いませんか?

    それが悪いと言っているのではなく、未だ心が癒えていない時は、何を言われてもされても胸が痛むものなのです。
    御自身もお友達も責めなくて良い。
    時間薬が必要です。

    トピ内ID:1112511112

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0