詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    家族の事で、自分が嫌で仕方ありません。

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    理沙
    ひと
    私は18歳、家族は母と兄の2人です。父は6歳の時に離婚、10歳の時に亡くなりました。
    父は他の女性と再婚して子供も2人います。

    お葬式の時、祖父母の配慮で私は親族席にいました。式中、父の歴史みたいなのを言う部分があったんですが私の誕生は含まれていなく、お焼香の時も異母兄弟にはあった「お嬢さんの・・」なんて紹介は、私にはありませんでした。
    それが当然の事だと分かっていますが、お葬式という最期の瞬間に子供として認められなかったようで辛いんです。父は男の子が欲しかったらしく、私が生まれた時も兄の時ほど育児に積極的ではなく、私は遊んでもらった記憶や父との写真が殆どありません。

    これらの事が胸を締め付け「私はお父さんにも愛されていた」そう自分に言い聞かせないと、苦しくて涙が溢れます。でも、そんな弱い自分が腹立たしく、異母兄弟を羨む気持ちも多少あり、そんな自分が嫌で嫌でたまりません。
    こんな気持ちは私の中からいつまでも消えてくれないのに、対照的に私から父の記憶は薄れています。顔は写真を見てもうろ覚え、声なんて全く思い出せません。

    まさか母親には言えないし、こんな私はどうしたら強くなれるでしょうか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  18
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    過去にすがらないで

    しおりをつける
    blank
    ぽち
    最後にひとことだけ。トピ主さんは、私のことを「それでもあなたは可愛がられていた時期もあった」って思うかもしれないけれど、一体どこから父が裏切っていたか分からないから、その全てを信じられなくなる。どっちがいいかなんて分からないよ。
    ただ、過去にこだわるのは良くないと思う。前だけみて今は進みましょう。過去に愛を求めるのではなくて、今に、未来に愛を求めて生きたほうがずっといいと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    続き(補足)です。

    しおりをつける
    blank
    理沙
    実は3年ほど前に母の部屋で探し物をしていた時、見てはいけないものを見てしまったんです。何なのか良く分からないのですが、両親の離婚について書かれているものでした。ワープロか何かで母が打ったやつで、最後に署名もしてあったので何処かに提出したやつなんじゃないかと思います。
    そこには、母が出産後に太ってしまい、そこから父が言葉の暴力を始めた・・まだ小さい兄に「ブタ」などと言わせていたという様な事が書かれていました。
    母は、第一子(兄)出産で少し太り、第二子(私)出産で更に太ったそうです。
    そんな事を綴られたものを目にした私は、本当に涙が止まりませんでした。
    そのうちに「私が生まれなければ、お母さんは太らなかった。私が生まれた所為で、お父さんとお母さんは離婚したのかもしれない」なんて思い始めました。

    もし自分の誕生が両親の離婚の原因に関係しているのなら、父が私を愛していなかったかもしれないという想いに拍車がかかります。それを見てしまった頃から、父の愛情を確かめたくなったり、父のお葬式の事を思い出したりして涙が出るようになりました。

    長くなったので続きます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    続き(補足)です。2

    しおりをつける
    blank
    理沙
    私と兄は、離婚後も2ヶ月に1度だけ父と会っていました。(両親の間での取り決め)もちろん、父が再婚した後もです。
    だから、再婚相手にも異母兄弟(私の8歳下と10歳下)にも会った事があります。

    父は、私に「お前と○○(妹)は顔がそっくり」なんて言いました。
    私は母似で、その頃は何処を歩いても「お母さんと同じ顔ね」と言われるほどでした。
    なのに、私と妹が似ていると言うんです。
    母に言うと「(再婚者や異母兄弟のいる)家に呼んだり泊まらせたり、(私と妹が)似ていると言ったり、お父さんは非常識すぎる」と怒っていました。
    父の家に行ったり泊まったりすると、父は兄と一緒にいて、私は女同士という理由だけで再婚相手や妹のところにやられました。(本当はお父さんといたかったんです)

    私はこんな父なのに、自分が娘として愛されていたか胸が苦しいくらいに気になるんです。
    それに「お母さんさえいてくれればそれでいい。お父さんなんかいらない。私にはお母さんがいる」という気持ちもあるんです。矛盾してるけどこれも正直な気持ちです。でも、お父さんも気になる・・もう自分の気持ちが見えません。

    こんな私は、おかしいですよね?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    いっぱい泣いていいんだよ。

    しおりをつける
    blank
    ぱたぱた
     つらかったね。それに、すごくがんばってきたね。

     子供は親が大好きです。どんな親であっても。だからね、すごく怒っていいんですよ。「お父さん、どうして私と一緒にいてくれなかったの?! どうして大好きだよって言ってくれなかったの?!」って。自然な感情なんです。

    怒って、いっぱい泣いていいんです。思う存分泣いて、感情を発散させたら次が見えてきます。さみしかったこと、つらかったこと、みんな涙で流してあげましょう。ただし、一人でね。

    泣くことは、弱いことでも、負けることでもありません。乗り越えるための、大切な癒しの作業です。泣くだけ泣いたら、家族に対する気持ちも、自分に対する気持ちも自然に変わりますよ。

     強くなるには、自分で自分の感情を否定せず、恐れずにしっかり受け止めてあげることが必要です。勇気を持って、がんばれ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ?どうしてレスが反映しなかったのかしら?

    しおりをつける
    blank
    ぽち
    最初のレスがUPされていない・・・。
    トピ主さんごめんなさい。
    私は最初のレスでこんなことを書いていたんです。
    私は、父の浮気で父に思うところを言ったら、ものすごく嫌われてしまいました。今や音信不通で、どこで何をしているかも全くわかんないんです。
    それまでは、誕生日には毎年おめでとうとか、そういうこともあったのに、あの日から全然そういうこともなく、きっと再婚相手の子に「お父さん」なんて言われて・・・と思うと、血が逆流するような感覚です。
    愛されていた時とその後のギャップがすごくて。
    親には親ではなく、人間としての気持ちもあるよなとは思いながらも許せなかったり、寂しかったりしています。多分こんなことを書いていた筈。(人ごとと思えなくて頭に血が上ったまま書いていたから違うかも)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    おかしくないですよ

    しおりをつける
    blank
    おばちゃん
    トビ主さんは18歳ですよね。10代は 本当に多感な時期です。幼少の頃に色々経験したらなおさらね。

    あなたに人生の先輩として少しアドバイスするなら 時が全て解決してくれます。この経験があなたの人間性を成長さしてくれるのです。 でも、まだまだ未熟かもしれないので、お母さん、お兄さんに相談しなくちゃ。傷をずっと一人で抱えてるのは辛いですよ。
    子供をもって一般的には大人の私も 本当に辛い時は 母に相談します。 聞いてもらうだけで安心できます。

    我慢しないで、あなたはまだ18歳なのだから。

    そして大事なことは 今、生きているあなたと家族を大切にしてください。そして できれば母さんが違っても妹さんは気にかけてあげてください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    時間をかけて

    しおりをつける
    blank
    カプチーノ
    なんと私は41歳、今だに父親の死を引きずってます。

    私が3歳のとき弟が生まれ、男の子がほしかった父に私は完全に見捨てられました。父と魚釣り、父と1日中電車に乗る、お祭りに行く・・父は弟だけを連れて行きました。私は女の子はお家にいるものだと思っていました。

    父は私が高校生のときに単身赴任先で自殺、多感な時期のわが子より自分が楽になる方を選んだのだと憎みました。どうしても許せない理由が自分でもわかりませんでした。

    でも同じような境遇の人から「あなたはお父さんを愛してた、でも愛された記憶がないからそこから歩き出せないんだ」と言われ涙が出ました。私が父を好きだった?その実感はあまりないけど愛された記憶がないと完結できずに心がさまようんですね。時間はかかると思うけれど天国のお父さんに「たぶん好きだったよ」と言うだけで少し心は軽くなるようですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そんなことはない、お父さんもあなたを愛していたはず

    しおりをつける
    blank
    おせっかいさんん
    うちには娘が二人います。でも、私や姑との写真はたくさんありますが、夫と娘のは少ないです。だって、写真を撮ってるのが夫なんですから。
     
    そして、長女のはたくさんありますが、次女のは少ないです。二番目はどうしても少ないんですよ。
    だから、お兄さんとお父さんの写真があっても、あなたとお父さんのが少ないのは当然の成り行きです。

    お父さんがあなたをかわいがっていなかったはずはありません。男の子と女の子の可愛さは違いますから、絶対、可愛くてたくさん抱っこしてくれたはずですよ、小さかったから覚えてないだけだよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    不器用な人だったのかも

    しおりをつける
    blank
    moni
    トビ主さんが6歳の時に離婚したという事は、まだお父さん自身も若い時の離婚ですよね。父親になったと言ってもまだまだ人としては未熟で(失礼に感じたらごめんなさい…)、考え方がまだまだ子供だったのかも知れません。
    だから、その未熟さゆえにお母さんが太ってしまって嫌だとつまらないことを言ってしまったのかも知れない。

    ただ、トビ主さんは愛されていたとは思いますよ。きちんと会ってらしたみたいですしね。
    お父さんはあなたへの愛し方がわからなかっただけではないでしょうか。
    自分の子供なんだから、表現はうまくできなかったけど、深く深く愛していたかもしれない。

    また10歳の時に亡くなったそうですが、亡くなる時もトビ主さんの顔を思い出して、もっと愛してあげたかったとすごく後悔していたかも知れない。
    トビ主さんがお父さんを想っていらっしゃるように、お父さんも天国であなたを見守っていらっしゃるんじゃないかな。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自分を不幸にしてるのは自分

    しおりをつける
    blank
    saki
    若干、私と境遇がかぶっていたのでレスしますね。今私は30代です。家庭をもって、子供もいます。とても落ち着いて安らかに暮らしてます。

    私が、2歳の時に両親が離婚。
    父と父方の祖母は、長男の兄だけは手放したくないと、裁判までして徹底的に母と争ったそうです。
    祖母は、私を抱こうとすらしなかったそう。結果的には兄と私は母に引き取られたのですが・・・。

    そんな話を聞いて育ち、当然「父からは全然愛されなかったんだな。」と思っていましたし、思春期には、兄を溺愛して何かと比較する実母とも折り合いが悪くて、かなり荒みました。

    でも、大人になった今、「荒んだのは周りのせいじゃない。自分が子供で、うまくいかないことを全部、人のせいにしたかっただけ。」って思ってます。
    荒れてた頃は、悲劇のヒロインに自分でなっていたので気がつかないけれど、結局、自分は自分と言うこと。
    自分っていう船を操縦してるのは、自分自身でしかないんです。

    つづく

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  18
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0