詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    主人と旅行がしたい。

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    なすび
    話題
    60代主婦です。

    子供達も結婚し、やっと自分達の時間が持てるようになり、
    主人が仕事を辞めたら、二人で旅行をしようと話しておりましたのに、5年前 脳の病気で半身不随になってしまいました。

    主人の容態も安定した頃、近くに旅行の真似事をしたのですが、荷物と主人の面倒とでほとほと疲れてしまいました。

    それでも毎日二人で家の中ばかりではつまりません。

    障害者でも旅行に行ける、良いアイデアは無いでしょうか?

    出来れば、遠い昔、修学旅行で行った京都に行ってみたいのですが。

    トピ内ID:4838024907

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ヘルパーさんはたのめませんか?

    しおりをつける
    blank
    もも
    ご主人の障がいがどの程度かわかりませんが、車いす利用ならヘルパーさんを頼まれたほうが無難かと思います。

    母が昔父と旅行したときは、日当+旅費で付き添ってもらえたそうです。ご主人が車いすとベッドやトイレとの移動が一人でできる、または杖があれば自立歩行も可能なら行き帰りはお二人で、観光は介護タクシーという方法もありますよ。(京都には介護タクシーもあるので調べてみてください)
    鉄道や飛行機はあらかじめ車いすであること、乗る便などを連絡すれば、乗り降りの手伝いをしてもらえます。

    京都の事情はよくわかりませんが、ユニバーサルルームのあるホテルによっては電動ベッドを備えていることもあるので、お聞きになってみてください。中には車いすの人でもリフトでお風呂に入れられるところもありますが、これは慣れてないと一人では難しいと思います。
    障がい者の旅行で一番大変なのはトイレだと思うので、中継地点のトイレまでしっかり下調べされることをお勧めします。

    なすびさんにも負担のかからないスケジュールで、お二人とも楽しめるようにしてくださいね。
    良い旅行ができますように。

    トピ内ID:1799164412

    ...本文を表示

    経験はないですが

    しおりをつける
    blank
    しま
    ここに投稿されているということは、インターネットができる環境ですよね?
    だとしたら・・・。

    アビリティーズという会社(?)のやっている、「リハビリツアー」を検索して見られてはいかがでしょうか?

    介護要員として、ボランティアさんが同行され、身の回りの世話等を手伝ってくださるそうです。
    「ボランティアさん」なので、ヘルパーさん等を個人で雇うときに発生するような金額もかからないはずです。

    タイトルにも書いていますが、私自身は参加したことないので、「絶対いいよ!」という保証があって書いている者ではないことだけ、ご了承ください。

    トピ内ID:2600777569

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0