詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    5歳 七五三着物の紋について

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    子供
    今年5歳息子の七五三をします。実家の母が着物を作ってくれるというので大変有り難く嬉しく思っていました。が、着物に入れる紋は、実家の紋と言って当方とても戸惑っています。主人も私もこだわりはないのですが、問題は義両親です。今の時代には珍しく家というものを大切にする家系なうえ、文句があると異常なまでに荒れ狂うので今回の紋の件も、相当文句を言われると思っています。実母に紋をこちらの紋にしてくれるようお願いすればよいのですが、これまでに何度もあらゆる場面で、実母が義両親に譲歩してきたこともあり、いいずらいのです。義両親用に別の紋付袴を用意して写真だけとろうかなとも思いましたが、自身しっくりきません。アドバイスよろしくお願いします。

    トピ内ID:0572407363

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 3 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    すみません、譲るも譲らないもありません

    しおりをつける
    blank
    たろ
    お婿さんに来てもらったなら話は別ですが
    あなたがお嫁に行って、そこに生まれた息子さんの七五三の紋なら
    嫁ぎ先の紋です。

    揉める余地はありません。

    いままで、どんなことで揉めて、お母様が『譲った』のかわかりませんが…
    いや、やっぱりお婿さんですか?

    七五三のお祝い着を作る方が紋を入れるわけじゃないです。
    その子のお家の紋(家紋ですからね)を入れるのですよ。
    紋が違う例は、嫁ぐ前に仕立てた着物を着るお嫁さんだけですよ。

    トピ内ID:6077480113

    閉じる× 閉じる×

    言いましょう

    しおりをつける
    🙂
    832
    義理の両親が家を大切にしてきてると判っているのなら、トピ実家の紋付きは間違いなく両家に溝ができるでしょう。
    和解なんて、とてもできないと思われます。
    だって、5歳・・・七五三、男子は一度きりなのですよ。
    相当荒れることは簡単に想像できます。

    今までトピ主さんが、何度もあらゆる場面で実母さんに我慢してもらってきたとはいえ、コレは譲歩するべき項目トップ3に入りますよ。

    両方の親ともめるのがイヤでしたら、着物はレンタルにしましょう。
    トピ主さんご家族が楽しく七五三のお祝いをするためにも。
    それか、紋付は無しで。

    トピ内ID:1280028150

    閉じる× 閉じる×

    参考までに

    しおりをつける
    blank
    とめさん
    うちは主人に婿養子にきてもらいました。
    そして息子の七五三の着物は主人の両親が作ってくれ、そちらの家紋が入っていましたよ。

    私たちや私の両親はそういうことに疎く、一方主人の両親はきちんとしっかりした方々なので、「お義母さんのやることなら間違いはあるまい。ははあ、七五三の着物は嫁いだ側の家紋にするのだな?」とひとつ勉強したような気になっていました。

    たろさんのレス勉強になりました。
    意外と大胆なところのある義母が「向こうの家紋わからないし、まいっか」と作ってしまった疑惑が浮上してきましたよ・・。

    トピ内ID:0204464904

    閉じる× 閉じる×

    おかしくないですか?

    しおりをつける
    blank
    もも
    一般的には息子さんの袴の紋は、旦那様の家の紋だと思うのですが…
    何か複雑な事情でも?
    トピ主両親の養子にでも?
    譲る譲らないではなくて、違う家紋の入ったもの着ているとおかしいですよ。

    トピ内ID:8203778503

    閉じる× 閉じる×

    たろさんと同意見

    しおりをつける
    blank
    つむぎ
    冠婚葬祭の習慣は地方色が豊かなので、絶対とは言い切れませんが、義理の実家の紋になるのでは?
    お婿さんに入ってもらった場合でなければ、義理の実家の嫡子であって、悠さんの実家の嫡子ではありませんから。

    もし、言いづらいなら、一緒に呉服屋さんに行く約束をして、事前にその呉服屋さんに訳を話して、「紋はお婿さんの家のものを入れるのが一般的で、お嫁さんの実家の紋を入れるのはやめた方が・・・」と言ってもらえるように根回ししておいてはいかがですか。

    こじつけですが、「お婿さんの家の子供に嫁の実家の紋を付けさせるということは、娘に早く離縁して孫を連れて出戻ってこい、という意味になる」と言って説得してみるとか。
    繰り返しますが、これ↑はつむぎの完全な創作で、そんな意味はありません。

    トピ内ID:6847037156

    閉じる× 閉じる×

    ご主人は婿養子?

    しおりをつける
    blank
    みみりん
    そうであればご実家の紋入りで問題ありませんが、あなたが嫁がれているならば義理の実家の紋になりますよ。

    嫁がれていてトピ主様のご実家で祝い着を用意していただくのであれば、当然義理の実家の紋を入れた物を贈っていただくということが当たり前となります。

    トピ主様のお子さんが今名乗っていらっしゃる「姓」の紋にするのが正解ですよ。

    トピ内ID:6897464362

    閉じる× 閉じる×

    家紋

    しおりをつける
    blank
    はな
    地域によって違うのでなんともいえませんが
    結婚してから作るのであれば婚家の家紋では?

    トピ内ID:6900333168

    閉じる× 閉じる×

    悠さんの実家の家紋ですか?

    しおりをつける
    blank
    なおころ
    私は西日本に住んでいるので違ってたら申し訳ありませんが、

    実家の家紋を入れるのは、嫁ぐ女性が嫁入り衣装として仕立てた喪服、色無地、訪問着で、
    生まれた子供の宮参り着などはは夫側の紋を入れましたので、このトピの内容には大いに違和感があります。


    冠婚葬祭のことは、嫁に行ったならご主人側の風習に合わせたほうがいいと思いますが、紋で揉めたくなかったら、五三の桐か紋なしが良いのでは?

    ご両親が着物を仕立ててくれる呉服屋さんを聞いて確認したらどうでしょう

    トピ内ID:1674184423

    閉じる× 閉じる×

    家紋は嫁ぎ先のものだと思いますが…それよりも。

    しおりをつける
    🙂
    みかん
    うちの親は義実家の家紋をいれて着物を作ってくれました。

    が、失敗したなぁ~と思っています。家紋ではありません。着物を作ってもらったことです。だって、着物ってかさばるんですよね~。あああー早く七五三終ってほしい…と思ってしまいます。着物手放したい、うち転勤族なので。

    リサイクルに出そうにも、家紋入り…売れないですよね~…。
    家紋入れないで作ったりしたらダメでしょうかね?そのほうが処分しやすそうだ。
    一番いいのはレンタルだと思います…場所もとらないので。

    五歳なら、来年小学校入学だから、着物よりも机とかランドセルとかそっちの方をお祝いにもらったらいかがでしょうか?

    トピ内ID:2556289683

    閉じる× 閉じる×

    愛知県では、、

    しおりをつける
    blank
    愛知県生まれ
    いろいろ地域で習わしも違うかもしれませんが、、

    愛知では「嫁いだ先の家紋」をつけましたが、、
    お金を出したのが実家でも、、
    ただ、養子ならば、逆ですが、、

    出入りの呉服屋に聞かれては??
    着物を入れる、たとおし(漢字知らないですが)に店名とか
    電話番号とか書いてありませんかね??

    トピ内ID:2688868859

    閉じる× 閉じる×

    呉服業界です

    しおりをつける
    たま余
    着物の紋は、その家への所属を表す以外に、その着物を誂えた際の記録の意味もあります。
    ですから嫁いだ女性がお嫁入りの持参品として持っていく着物には当然ご実家の紋を入れますし、嫁いだのち御婚家で作ってもらった着物には当然婚家の紋をお入れします。

    紋付の着物で集うのは冠婚葬祭の場面だとおもいますが、例えば既婚女性が実家の紋の着物を着ておれば、
    『大事なお嬢さんに、よい着物をお嫁入りに持たせて嫁に出したご実家』
    婚家の紋の着物を着ておれば、
    『嫁いでからいい着物を誂えてもらった婚家で大事にしてもらってる幸せなお嫁さん』
    と、はた目からは見られるわけです。

    つまり、紋はスポンサーマークなのです。

    ですから今回この七五三の男児にとっては、
    『お祝いの着物は母方ご実家から贈ってもらった』
    ということになりますね。

    トピ内ID:2314655739

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る