詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    まったくトホホな母です

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ひやむぎ
    ひと
    40歳の女性です。65歳になる実母の話です。

    子供の頃から母は常にどこか具合の悪い人でした。
    慢性の不眠症、子宮筋腫から来る貧血(手術)、痔(手術)、腱鞘炎(5年以上引きずる)、肝臓の不具合(免疫不全)、目の不具合(眼鏡は4つ必要)、慢性の目まい(ここ5年ほど)…。

    毎晩飲む睡眠導入剤を含み、漢方薬も入れると一日に数えきれない薬を飲んでいます。
    薬を飲むために食事をしているように見えるほどです。
    明け方に睡眠薬を飲む日もあるらしく、そんな日は一日中よれよれしています。

    その上精神的に異常に後ろ向きな性格で、ここ5~6年はそのせいのストレスで激痩せし、世界の不幸を一人で背負ったような顔をして暮らしています。
    父や妹と協力して環境の改善を図り、やっと最近前向きになってきたかと思った矢先、週2日のパート中に重いものを持ったとかでヘルニアになりました(涙)

    やっと体重が増えてきて、趣味も楽しめるだろうと思ったのもつかの間、今度はほぼ寝たきりになってしまったため、それもままならない状態に。
    このまま動けない日が続けば、やっと体重が増えたところで筋肉の衰えが心配です。

    母には体の事以外にも、昔から年中愚痴を聞かされ、精神的にも山ほど心配させられました。

    私は既婚ですが子供がいませんので時間が自由になるため、父(母より10も年上です)と何かとフォローしています。

    もう本当に世話の焼ける母です。
    それでも私は行きたい学校に行かせてもらい、それなりに感謝していますし、世の中には親子の間にもっと深刻な問題を抱えている人が沢山いますのでずいぶん幸せな方だと思います。

    不幸だとは思っていないけど、自分の親に悩まされている方はいますか?
    どのあたりで線を引いて付き合っていますか?

    トピ内ID:7735237084

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    とても良く分かります、疲れますよね

    しおりをつける
    🐱
    ゆきこ
    私の母(79)も愚痴が多くマイナス思考な性格です。
    糖尿病で、高血圧・高コレステロール・高脂血症で、
    膝が悪くて歩けなくて、老人性うつ病です。

    父母は2人暮らし、私は既婚で隣市に住んでいて
    月に2、3度様子を見に行きます。
    鬱病の人と暮らすのは大変そうで、80過ぎた父が気の毒です。

    マイナスのオーラで私の気力まで吸いつくされそうで
    実家に行きたくありませんでした。
    でも育ててくれたのだから親孝行しなければと、
    泣き泣き通っていました。

    でも最近、少しいいんです。
    私が笑って話せるようになり、
    私が笑うと母も笑い、父も笑います。

    鏡なのかもしれません。
    嫌嫌行くと、嫌な結果に終わるのかもしえません。
    楽しみながら行こうと考えを変えました。

    と、優等生的なことを言っても、実際は
    後ろ向きの人と付き合うのは本当に疲れますよね。苦笑

    毎週行けたとしても年に50回。
    あと200回?下手すると100回会えないかもしれません。
    そう思うとせっせと行こうと思います。

    トピ内ID:6300451593

    閉じる× 閉じる×

    お返事ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    ひやむぎ
    誰かに読んでいただけたと思っただけで少し気が晴れた思いです。

    ありがとうございます。

    母の場合はウツっぽいのは確かなのですが、時々とても芝居じみているというか、同情を買いたいのが見え見えの時があり、うんざりしてしまいます。
    本物のウツなら芝居がかっている余裕などないと思うのですが。

    その上、母の場合は悶々と後悔の念に苛まれた後に、結局は全て誰かのせいにして何年もその人を恨むのです。

    私が学生だった頃は恨みの対象は敷地内に住む父方の祖父母や叔母などが主で、父が味方なのが唯一の救いだと口癖のように言っていたのに、引っ越しなどで事情が変わったここ5年ほどの間に恨みの対象は父になり、私は言葉を失いました。

    確かに祖父母とは昔いろいろあってキツイ事情があったにしろ、毎度病気になったり激痩せしたりとマイナスオーラが尋常じゃありません。

    私も実家とは遠く離れて住んでおり、なかなか帰ることができないのですが、父が大変だろうと思い毎年夏は手伝いに帰省しています。

    この夏も行ってきます。

    ゆきこ様のように私も前向きに考えて帰省しようと思います。

    トピ内ID:7735237084

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]