詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    くださり・・これは正しい日本語ですか?

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    かなりあ
    話題
    小町でよく見る表現ですが、
    「トピをひらいてくださりありがとうございます。」

    なんだか違和感があります。これは、正しい日本語の使い方なのでしょうか?
    「ひらいていただき、ありがとうございます。」
    「ひらいてくださいまして、ありがとうございます。」
    というべきではないか、と思います。

    せんじつスーパーの店内放送でも「本日は○○におこしくださり、ありがとうございます。」と流れていました。
    「おこしいただき」
    「おこしくださいまして」
    というのが正しい様に思うのです。

    みなさん当たり前のように使っていらっしゃるので、私の感覚が間違っているのかもしれないと不安になっています。
    ご教示ください。よろしくお願いします。

    トピ内ID:4536511179

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 5 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    正しいと思いますが

    しおりをつける
    blank
    ナイロン卿
    >「おこしくださいまして」
    これが許容できるのでしたら
    「おこしくださりまして」には違和感はないと思いますが、どうでしょうか。
    「まして」が省略されているとヘンでしょうか。

    ちょっとかしこまった言い方かなと思いますが、
    丁寧でいいと思います。
    ちょっと時代劇っぽいですけどね。

    ふと義経をやった滝沢くんが喋っているのが頭に浮かびました。

    トピ内ID:6715359960

    閉じる× 閉じる×

    時代劇みたい

    しおりをつける
    blank
    まんまる
    終止形がくださるだからくださりは間違ってないんじゃないでしょうか。くださいはい音便じゃないでしょうか。
    でもくださりってなんだか時代がかった感じがします。

    トピ内ID:6174531153

    閉じる× 閉じる×

    ズボラ+不完全中止法の乱用です

    しおりをつける
    blank
    あっさf
    「トピをひらいてくださりありがとうございます。」

    形式では中止法なので読点が要る。

    「ひらいていただき、ありがとうございます。」

    読点は有るが、しかし、前半の動作主体は1人称で後半のそれは3人称(そのこと)が無関係になった形。
    感謝する相手のことを考えず、自己中心表現なので厳格には間違い。

    加えて、
    正しくは「感謝する」と言う動詞を使う必要があるが、しかし、
    日本人の直接嫌いのあいまい好きの国民性のゆえに
    「有り難し」=「それはなかなか起こり得ぬことである」という、
    他人事のように確率を述べる
    表現が多用されることになったサクコンです。

    「ひらいてくださいまして、・・・」
    動詞に付いては相手のことを考えた謙譲動詞なので正しい。
    しかし、動詞に付いては上記のごまかしを排除した上で
    全体としては
    「下さったことに対して感謝します」でなければならぬ。

    参考書:
    「許すな! 悪文と不正確発音:正統的な日本語能力養成のために」、大学教育出版、2007年9月発行。

    トピ内ID:8800048592

    閉じる× 閉じる×

    どう正しくないのでしょうか?

    しおりをつける
    blank
    レヒニッツ
    「くださり」は、ラ行五段活用の連用形ですから、単に「くださり」だけを切りだしてきた場合、別におかしくはありません。

    「くださる」は、「与える」などの尊敬語です。「お越しくださり」は、相手が来るという動作(=主体は相手)の尊敬表現ですから、それに「ありがとうございます」という礼を付加することは、来てくれたことに対して礼を言っていることになるので、おかしな使い方ではないでしょう。

    「いただく」は「もらう」の謙譲語ですので、主体は話者です。したがって「お越しいただき、ありがとうございます」は少し変で、「お越しいただき、恐縮しております」のようにへりくだる表現を用いるべきでしょう。

    トピ内ID:3079930525

    閉じる× 閉じる×

    尊敬語

    しおりをつける
    江戸の在
    「とぴを開いて下さり有難うございます」この「下さり」は尊敬語です。
    れっきとした正しい日本語(尊敬語)です。即ち「くれる」の尊敬語は「くださる」「くださり」となります。

    全体をもっと謙った文にすると「拙なきとぴをお開き下さり誠に有難う存じます」と謂う様に尊敬語と謙譲語を使うとこうなります。

    よろしいでしょうか?

    トピ内ID:0773010053

    閉じる× 閉じる×

    「くださいまして」はイ音便

    しおりをつける
    🙂
    ぱぴこ
    「くださり」は「くださる」の連用形ですよね。
    「大辞林」にはこう説明があります。
    「イ音便とは、音便の一。語中・語尾のキ・ギ・シ、まれにはリ・テが、イになる現象。「書きて」が「書いて」、「漕(こ)ぎて」が「漕いで」、「渡して」が「渡いて」、「ござります」が「ございます」、「たてまつる」が「たいまつる」になる類。平安初期に発生、以後多くなった。

    この中の、ござります→ございますに当たると思います。「ござる」に「ます」を続けるために連用形にして「ござり」+「ます」→「ござります」が音便化して「ございます」になります。つまりトピ主さんのおっしゃる「くださいまして」と同じ構造です。「くださり」がイ音便化しているのです。だから元の形の「~くださり、」という表現は間違っているとは思えません。

    トピ内ID:5432983062

    閉じる× 閉じる×

    「~していただき、ありがとうございます」のほうが間違い

    しおりをつける
    blank
    鮎川
    氾濫していますが、「~していただき、ありがとうございます」のほうが間違いです。
    「していただいた」のは自分ですから。
    「ありがとう」は相手の動作に対してつけられるのが本来の使い方なので、「~いただき(していただいたのは自分)」に対して「ありがとう」はおかしいのです。

    「~していただき、ありがたく思います。」なら文法としては合っています。
    「~していただき、うれしく思います。ありがとうございます。」も正しいです。

    ある言語学者がこれを指摘して以来、上記の使われ方を改める企業さんも増えているようです。
    CMなどで「~いただき、ありがとうございます」が使われるのも減ったようです。(まだ多いですけれど)

    差し替えとして使われているのが、トピ主さんが挙げている「くださり~」ですね。


    「~してくださり、ありがとうございます」は正しいですよ。
    「~してくださって、ありがとうございます」のほうが、すんなり入りますが。

    敬語ではない言い方に直すとわかりやすいですよ。
    「~してもらってありがとう」って変でしょう?
    「~してくれてありがとう」ですよね?

    トピ内ID:0973848848

    閉じる× 閉じる×

    私も違和感

    しおりをつける
    blank
    かむかむ天使
    わかります。
    私も小町でその言い回しを見るたびに、違和感を感じていました。

    「~してくださり」
    は、口語だとあまり違和感がありません。
    (私の場合)
    でも、文語は、
    「~してくださって」とか
    「~していただき」
    ですね。


    私も明解な答えが知りたいです。

    トピ内ID:8920864319

    閉じる× 閉じる×

    正しいと思います

    しおりをつける
    🐶
    こーぎー
    ぱぴこさんの説明に納得しました。

    日本語って難しいですよね。最近では正しい日本語と思うほど

    混乱してしまう事がありますし。

    かなりあさんの疑問もわかる気がしますけど、ちょっと細かいかな。

    トピ内ID:5981690290

    閉じる× 閉じる×

    「ありがとうございます」が曲者

    しおりをつける
    🐱
    言葉尻トラえもん
    「ありがとう」を感動詞のみにとっている辞書と、感動詞および副詞にとっている辞書があります。
    副詞ととらえると、
    (私はあなたに)○○していただき、(私は)ありがたく思う。…と主体が一貫した言い方、
    (あなたは私に)○○してくださり(私は)ありがたく思う。…と主体が途中で入れ代わった言い方、どちらも矛盾なく成立します。
    感動詞と捉えると、「~くださり、ありがとう」「~いただき、ありがとう」両方ちょっと変だぞ、ということになります。
    とはいえ、はじめに文法ありきではないので、むやみに否定はいたしません。
    「ありがとうございます」に戻りますが、「ございます」とはなんでしょう。普通に考えると「あります」ということです。「ありがたくあります」とは妙ですが、元々の意味「稀有なことである」とはつじつまが合います。ただし「(あなたが)○○してくださったこと」を意味上の主語に持って来ないと筋が通りません。
    「ありがとう存じます」という正しい形が「おはようございます」などとの類推から「ありがとうございます」に変形したとは考えられませんか。

    トピ内ID:1542015028

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]