詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    日本語のアクセント問題

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🎶
    勉強したことない子
    話題
    皆さん今日は。
    私は勉強が何も出来ません。子供の頃からさぼってきました。
    もう答えがでてしまってるいい年なのですが勉強するきになり亀のようなのろさですがやってます。
    日本人で日本語が下手なのでその方面の勉強をしています。
    まずはアクセント問題のことでお尋ねします。

    例えば 今日のお昼はご飯にしました。がテープで流れます。
    どの位置で高低があるのかを下の5個から選べという問題なのですが、私は、全くの勘なので、10題あれば必ず半分は間違います。
    きっと音楽が出来る人は基準を立てやすいのでしょうが、私はその方面も苦手なので(うまく聞き取れないのはうまく言えないのも同様で実際言う方もうまくいえません。馬鹿丸出しです。)、どうやって基準をたてればと思い案が見つかりません。


    かなり低レベルの私でもわかる方法はないものでしょうか?
    どなたか教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

    トピ内ID:6562448830

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ニュースを聴く

    しおりをつける
    🐱
    うにこーん
    番組を見るんじゃなくて、聴くというのはどうでしょう。
    ラジオがあれば、なおよろしいかと思います。
    出来れば、NHK。
    アナウンサーという職業は徹底して、アクセントの勉強をさせられます。ですので、お手本としてはこれ以上のものはないかと思います。
    アクセントに慣れたら、時事問題なども知ることが出来て、自然と社会科の勉強にもなるし、判らない言い回しがあったら、あとで辞書で調べることで、国語の勉強のレベルアップになる。
    いかがでしょうか?

    わたしもトピ主さんと同じで、音符が全く理解出来ません。楽譜の読める人は神様だと思っています。努力しましたが…(泣)
    勉強は、学校に通う時だけのものではないです。やりたいと、思った時が学び時。
    遅すぎるなんてことは、ありません。焦らないで、コツコツ積み重ねていきましょう!

    トピ内ID:1781009461

    閉じる× 閉じる×

    なかなかどうして ・・・

    しおりをつける
    blank
    野狐禅
    これから勉強されるとか、ご立派です。

    アナウンサーがよりどころにしている参考書に次のものがあります。

    『日本語発音アクセント辞典 新版』NHK出版 1998年。

    地元の公立図書館には備えてあるかと思います。いちどご覧になってみたらいかがですか。

    トピ内ID:7740528581

    閉じる× 閉じる×

    的外れだったらごめんなさい

    しおりをつける
    blank
    鹿
    日本人向けの学習ですか?それだったら実際の音感的アクセントと言うより、意味で考えて、重要な言葉を強調する、ということなのではないですか?

    たとえば、例の問題では、普通に話題として出るなら、間違いなく「ご飯」がポイントでしょうね。(パンやうどんではなく、ご飯を食べた、ということを伝えるためです。)

    もしくは、一日一回はご飯だが、それを朝食べるのか、昼食べるのか、夜食べるのか決まっていないなどの前提があれば、(朝や夜ではなく、昼を強調したいならば)「お昼は」にアクセントを置くと思います。

    実際に頭の中でイメージして言ってみるとわかると思います。

    そういった課題ではないでしょうか。日本人向けに実際の発音の聞き取りの問題が出されるとはあまり考えられないです。

    トピ内ID:8215466493

    閉じる× 閉じる×

    お書きになっている通りの問題文なのでしたら

    しおりをつける
    blank
    ひろひろ
    ワタクシにも答えがわかりません。
    「高低がある」という表現の意味があいまいすぎるからです。
    「文中、音の高低の変化がある位置」という意味として、
    高→低→高 と変化したら、2箇所変化したと考えていいのでしょうか?
    変化する前の音と後の音、どちらを答えればいいのでしょうか?
    それとも一箇所低くなった位置を答えればいいのでしょうか?
    いくつか回答を見て照らし合わせたら、問題文の意図も理解できるかもしれないですが、
    少なくともワタクシは、高低は聞き取れますが、問題文の意味がわからないので一発では回答できません。
    問題文に不備がありすぎだと思います。

    日本語のアクセントは、単語については「新明解国語辞典」を買えば
    収録単語全てにアクセント記号が付いています。
    それを見たほうが早いです。
    文法や語彙の勉強を中心になさりないのでしたら、
    もう少しわかりやすいテキストに変えれば、勉強もはかどるかもしれません。

    トピ内ID:0092395609

    閉じる× 閉じる×

    もしや日本語教育の勉強ですか?

    しおりをつける
    blank
    あこ
    問題の内容から察するに、外国人向けの日本語の問題、または外国人への日本語教育を行う教師のための資格問題の類ではないでしょうか?
    こうした日本語教育のテキストや問題は、日本語を母語としない外国人のためのものですから、日本語を母語とする人にはかえって難しくて解けないものも多いです。
    また、こうしたテキストは標準語(強いていえば東京方言)を基準にしていますので、自分が普段使う言葉(方言)とはアクセントやイントネーションが異なることも多く、その場合は改めて標準語のアクセントを学習しないといけません。アクセントというのは意識しないとなかなか身につかないので、普段使っているアクセントと違う場合は、聞き分けるのも難しいのでは?

    もし、日本語教育を学習したいのではなく、いわゆる「美しい日本語」の能力を向上させたいのであれば、ちょっと見当違いのテキストを使っていたりはしないかしら?と思いました。
    日本語教育の勉強をすることで、母語話者だからこそ気づきにくいことにも気づけることがあるので、まったく無駄とはいいませんが……。

    トピ内ID:1980834975

    閉じる× 閉じる×

    一つ忘れていました

    しおりをつける
    blank
    野狐禅
    それは会話、人前での報告や演説の際、「語尾上げ」は原則としてしないほうがよいでしょう。最近、テレビでレポーター、コメンテーターが「語尾上げ」しているのを視聴し、思い出しました。聞き苦しいですね。

    原則あれば例外あり、ですが:

    「AさんはBさんになぐられました」 → 「イイエ、Bサン“が”Aサン“に”ナグ
    ラレタノデス」

    上記“”の中のひらがな、助詞は違いを強調し、相手方の理解を正したいので「語尾上げ」になっても許容範囲でしょう。

    トピ内ID:7740528581

    閉じる× 閉じる×

    慣れると簡単

    しおりをつける
    🐧
    nat
    もしトピ主さんが取り組んでいらっしゃるのが
    日本語教育能力試験の問題であれば、
    問題集を解き、何度もCDを聴いて、高低の感じを掴む。
    これしかないと思います。

    最初は2文字から始めて、間違えないようになったら次は3文字。
    3文字の「平坦」「ミミド」「ミドド」「ドミミ」
    「ドドミ」「ドミド」「ミドミ」のパターンを
    とにかく繰り返し聞いて理解して、耳に叩き込む。
    音感で音をとるのではなく、パターンを身につける感じです。
    繰り返し聞くうちに上がり目や下がり目がなんとなくわかるようになってきます。
    3文字になれたら5文字、そして文章・・とやっていけば
    自然と慣れていく事が出来るのではないでしょうか。

    おすすめの問題集は
    「日本語教育能力検定試験 音声パーフェクト対策」アルク
    「日本語教育能力検定試験 聴解・音声特訓プログラム」三修社
    です。
    (もしもう既にお持ちでしたらごめんなさい)

    トピ内ID:3079212155

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]