詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    本のタイトルが知りたいです。

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    びびあん
    話題
    はっきりとは覚えていないのですが、

    たしか、妻に怒ったご主人が、
    妻が寝ている間に妻の手足をとってしまい、
    目が冷めて驚く妻に
    まるで芋虫のようだとあざ笑うような内容の小説なんですが、
    どなたかご存知の方いらっしゃいますか?

    結末を忘れてしまって、読み返したいのですが
    タイトルがどうしてもわかりません。
    よろしくお願いします。

    トピ内ID:6223304906

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    何となく覚えてるのは

    しおりをつける
    blank
    あらら
    性的不能になって戦争から帰ってきたら妻は弟?と関係を持ち、そのため
    離れだか倉だかの2階で妻は手足を切り取られ
    芋虫みたいだと嘲笑われる内容だったような気がします。

    タイトルが思い出せなくてごめんなさい。


    飴村行の粘膜蜥蜴とかそんな感じの本だったような気もするのですが多分違うかな。

    トピ内ID:7750211173

    閉じる× 閉じる×

    海野十三?

    しおりをつける
    blank
    ももの木
    夫が醜いマッドサイエンティストで、「人間に手足は不要」との持論から浮気性の妻の手足を奪い、
    妻の愛人の鼻と唇を妻の顔に移植する短編でしょうか?
    タイトルが思い出せません、ごめんなさい

    トピ内ID:4763146248

    閉じる× 閉じる×

    芋虫

    しおりをつける
    blank
    どじこ
    似た話を読んだことがあります。お探しのとは違うと思いますが、江戸川乱歩の短編「芋虫」が似てます。

    戦争で両手両足、味覚、聴覚をなくした夫を、芋虫の様だと苛める妻。そして、行為はエスカレートしていく。。虐待は許せませんが、結末は結構深かったです。

    トピ内ID:5165441854

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    びびあん
    わかりにくい内容なのに、レスありがとうございます。
    (トピに誤字もあり、お見苦しくてすみません)

    >あららさま
    ありがとうございます。
    話の前後がうろ覚えなので、妻の苦悩のところしか思い出せなくて・・
    そこから、ももの木さまの話につながっているようでしたら、たぶんそれだと思います。

    >ももの木さま
    ありがとうございます。
    たぶん、その話だと思います。

    愛人の鼻とかが植えられたというところが、なんとなく思い出されてきました。
    書き出して見ると、すごい話だなぁ・・といまさらながらに思います。

    海野十三なんでしょうか・・タイトル一覧を見てもぴんとくるものがみつからなくて・・ちょっと地道にこれらも読んでみます。

    >どじこさま
    ありがとうございます。
    私も懲りずに芋虫やら、だるま女などで何度も検索したので、
    よくこれにひっかかる乱歩の話も読んでみました。

    これはこれで面白いのですが、私の探している話は、
    もっとおどろおどろしていたように思うのです。

    いったい、なんていうタイトルだったんでしょう・・
    ひきつづき情報をお待ちしております。

    トピ内ID:6223304906

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    海野十三?2

    しおりをつける
    blank
    ももの木
    私も調べてみたのですが、わかりませんでした
    90年代に、文庫で読んだ気がするのですが…。
    もしかしたら、海野十三単独の短編集じゃなくて戦前のSF・探偵小説・「新青年」あたりのアンソロジーかもしれません。

    最後に名探偵・帆村荘六が登場したような…
    でも見当違いな推理を展開したような…

    トピ内ID:4763146248

    閉じる× 閉じる×

    たぶん

    しおりをつける
    🐱
    迷い猫
    海野十三の「俘囚」だと思います。

    トピ内ID:4737017861

    閉じる× 閉じる×

    とぴ主です。

    しおりをつける
    😀
    びびあん
    ありがとうございます。

    >ももの木さま
    何度も本当にありがとうございます。
    迷い猫さんのおっしゃっている「俘囚」でした。

    まさにこの話でした。

    おどろおどろしいところしか覚えていなかったので、
    猟奇的に終わりかとおもっていましたら違ってたようで、
    帆村探偵がでてきてからの展開に意外性を感じました。


    >迷い猫さま
    ありがとうございます。

    おかげで長年ひっかかっていたつかえがとれまして、
    なんかとてもすっきりしました。

    この内容だと、
    わたしの検索ワードでは、でないはずですね。笑

    すっかり内容を忘れていましたので、
    あらためて新鮮な気持ちで面白く読めました。
    ほんとうにありがとうございました。

    海野さんの独特な雰囲気が、涼しく感じる気もするので
    この夏は他のも読んで見たいと思います。

    皆様本当にありがとうございました。

    トピ内ID:6223304906

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]