詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • 結婚後の銀行口座の管理、どうしてますか?
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    結婚後の銀行口座の管理、どうしてますか?

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    まゆこ
    恋愛
    ともに20代、結婚後半年の夫婦です。

    これまで私(派遣社員)の給与はほぼ全額貯金し、
    夫の(正社員)の収入を生活費としていました。
    夫が毎月給料日に現金で1か月分の生活費を私に渡すという形でした。

    しかし、この度、夫がお金の管理ができておらず、
    全く貯金ができていないことと、
    結婚前のローンの支払いがあることが発覚し、
    夫の給与振込口座を私が管理することになりました。

    その方法のことで質問させてください。

    夫の会社では、1つの口座に給与の全額を振り込むそうなので、
    その口座の通帳とカードを私が持ち、
    毎月彼のお小遣い分を現金で渡す、
    または夫の他の口座に振り込む、という方法を考えています。

    他に、違う方法をとっている方、いらっしゃいますか?
    この方法がベストなのでしょうか。

    トピ内ID:0254562732

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ダンナの貯金通帳

    しおりをつける
    🙂
    結婚12年目
    会社が2口座振込みOKとしてくれています。
    第一口座に、定額夫の小遣い、第二口座に残り全額を、生活費に。

    夫は、妻から現金で、小遣いを貰わなくて良いので、卑屈にならなくても済む。
    ダンナ独自の口座なので、せっせと貯金して趣味のものを買っている。

    小遣いに、タバコ代が含まれていたのですが、貯金を増やそうと必死で禁煙した。(禁煙成功)
    パチンコ代も小遣いですが、貯金する為、パチンコを止めた。

    女房から現金で受け取っていたら、これだけのメリットが生まれたかどうか分かりません。

    トピ内ID:8599882937

    閉じる× 閉じる×

    お金を管理するとは

    しおりをつける
    🐤
    WOW
    夫の給料と生活費がいくらなのか書かないと適切なアドバイスを得難いと思います。

    お金の管理ができていないのと、貯金がないのは、基本的には別の問題です。

    「お金の管理ができている」とは、収入がいくらあって、なににいくら使っているか、各口座の残高がどうなっているかをきちんと把握している状態のことです。

    収入が少ないと、お金の管理はできているが貯金はないという状況もあり得ます。逆に、収入が多い&あまり使わない性質だと、お金の管理はできていないけど貯金はあるという状況も生じます。

    20代の給料だと2人分の家賃と生活費を払って更にローンの支払いもあったらほとんど残らないんじゃないかと。生活の質を落とすべきなのかも知れません。

    浪費癖があるならそれは治した方がいいですが、単に現金を渡さないという方法だとどこかでお金を借りたりするかも知れません。

    できれば、彼自身にお金の管理ができるようになってもらった方がいいです。その上で、浪費があるならそれをどうするか二人で話しあえばよい。

    ローンは貯金を崩して払ってしまった方がいいです。利子を払い続けるのがもったいない。

    トピ内ID:2784383581

    閉じる× 閉じる×

    結婚12年目さま。

    しおりをつける
    まゆこ
    トピ主のまゆこです。

    レス、どうもありがとうございました。

    そうなのです。
    「現金」で渡すという状況が、しっくりこなくてトピを立てさせてもらいました。
    夫の会社は、1つの口座にしか給与を振り込まないそうです。
    2口座振り込みOKだったならばよかったのですが・・・。

    妻が、現金で「はい、今月のお小遣い」と夫に渡すというのは・・・
    夫も気持ちのいいものではないと思いますし、
    夫が一生懸命働いた対価なのに、私も気持ちのいいものではありません。

    やはり、もうひとつ夫名義の口座を作り、
    少々手間でも、毎月お小遣い分を振り込む方が、まだマシでしょうか。

    トピ内ID:0254562732

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    WOWさま

    しおりをつける
    まゆこ
    トピ主のまゆこです。
    レス、どうもありがとうございました。

    貯金と管理が別物だということ、確かにそのとおりだと目から鱗でした。
    夫の収入は、手取りで約25万円。
    そのうち10万円を生活費として渡してくれていました。
    私がそのうち2万円を貯金し、実質は8万円で生活をしていました。
    それでも全て使いきることはなく、残りは貯金にまわしていました。

    ただし、家賃や光熱費、保険料などは夫の給与口座から自動引き落としとなっていて、
    それでも夫の手元には、月3万円ほどのお金が残っていると思っていました。
    しかし、実際は結婚前のローン返済1万5千円の引き落としがかかっていて、
    夫が自由に使えるお金は1万5千円程度となっていた次第です。

    夫は、一時的に口座に入れていた結婚のご祝儀を切り崩していました。

    「どうにかなると思っていた」
    「なかなか言い出せなかった」
    「何に使ったのかは分からない、いつの間にかこうなっていた」
    と言った夫に対し、もうお金の管理は任せられないと思い、
    生活水準を下げたうえで、私が口座の管理をしようと思った次第です。

    続きます。

    トピ内ID:0254562732

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    つづきです。

    しおりをつける
    まゆこ
    これを浪費癖というのか分りませんが、話を聞いてる限り、
    独身の時と同じ感覚でお金を使っていたようです。

    たとえば、「今日はおごるよ」と言われても、
    「いいよいいよ、悪いから、ワリカンにしよう」と言って、
    端数が出た場合は、自分が多く払ってしまう。そんな性格です。

    加えて、私が話を聞いている限り、
    どうにかなるだろう、と思っているうちに、お金がなくなっていく・・・
    そんな印象を受けました。

    私としては、お金って「どうにかなる」ものではないと思うのです。
    シビアに考えないといけない。結婚したのだから、自分だけへの影響では済まないと。

    いずれ別口座に移すつもりだったので、
    ご祝儀だけは間違って引き落とさないよう気をつけてね、と言っていたのに。


    ローン返済については、残額がいくらなのか早急に調べてもらうようお願いしました。
    現実的な金額であれば、貯金を切り崩して払うつもりです。

    トピ内ID:0254562732

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    うちの夫tみたい

    しおりをつける
    blank
    kira
    我が家では夫があればあるだけ使い貯金できないという自覚があるので、通帳、銀行カード、クレジットカード全て妻が管理しています。
    夫にはお小遣いの現金以外は渡してません。その代わり管理を公平に行っている証拠を毎月見せています。

    我が家の方法。(夫婦とも手取り月/20万円)
    1.収入は全て妻が受取る
    2.お互い15万円を生活費として出す(合計30万円)
    3.残金5万円は各自の通帳に残す
    4.30万円から全ての支払いと貯金
    5.生活費30万円からの貯金は2枚の通帳(夫名義・妻名義)に半額づつになるように毎月積立

    5、はどちらかの名義の通帳1枚にしたら万が一の時(突然死とか)に面倒かな?と思って2枚に分けました。
    家電などまとまった夫婦共同出費はここから半額づつ出します。
    お互いが自由に使えるのは3.の残金の貯金です。5、の生活費からの貯金は2人のものです。ボーナスは基本的に5の2人の通帳に入れます。老後資金や住居費用などに使う予定です。

    お小遣いは生活費30万円から現金で渡すので、3.の5万円はお小遣いではありません。車、冠婚葬祭など高額・突発出費用です。

    トピ内ID:3974851753

    閉じる× 閉じる×

    旦那様がかわいそう

    しおりをつける
    blank
    もくようび
    生活費は旦那様持ち、トピ主さんの収入は貯金という時点で旦那様が大きく譲っていると思います。
    光熱費や家賃のぞいて生活費10万のというのも相場以上です。

    その上、3万くらい余るだろうって予想されて合っていなかったら口座まで管理されるのですか?
    一方的ですね。
    逆に夫が家計を管理するならどう思います?

    私も派遣のような立場で共働きですが、トピ主さんの生活費にあたる部分は私が負担しています。食費雑費で5万程度しか使いません。

    トピ内ID:0093933177

    閉じる× 閉じる×

    足りなくなっても言い出せないのが問題

    しおりをつける
    🐤
    WOW
    自由になるお金が1万5千円しかないなら、現時点では浪費は関係ないです。その額では足りなくなっても不思議じゃない。

    > 「どうにかなると思っていた」
    > 「何に使ったのかは分からない、いつの間にかこうなっていた」

    これはお金の管理ができていないということで問題ですが、

    > 「なかなか言い出せなかった」

    こっちの方がはるかに大きな問題です。

    ところで、なぜトピ主さんの収入を生活費にあてないのでしょうか? 夫の収入のみで生活しなくてはならない理由がわかりません。

    トピ主さんの妊娠・出産や派遣契約の終了で、トピ主さんの収入がなくなる可能性がある(トピ主さんに継続的に収入がある前提で予算を組んでいるとマズイ)からでしょうか?

    夫の収入だけで余裕で暮らしていけるならその選択もありだと思いますが現状そうではないのだから、共働きなら二人の収入を合算して管理・予算編成した方がいいように思います。

    あと、貯金に励んでおられるようですが、闇雲に貯めればいいというものでもないです。ちゃんと将来の出費を予測して、必要な額を貯めることを意識すべき。今の生活を楽しむことも重要です。

    トピ内ID:2784383581

    閉じる× 閉じる×

    1万5千円では無理でしょう。

    しおりをつける
    blank
    さはら
    別にトピ主さんが口座の管理をしなくても、ご祝儀を別口座に移して、
    ローンを支払ってしまうか、ローンの支払いがあっても手元に3万円は残るようにすればいいだけではないですか。

    もしくは、別の口座を作り、全ての引き落としをそちらにかえて、
    お小遣い分以外のお金をそちらの口座に移せばどうでしょう。

    今まで使ってた口座の通帳やカードをトピ主さんが管理するとなるとご主人は不自由でしょう。
    多分一番利便のよい銀行に口座を作ってるでしょうから、その口座はご主人の個人使用のものとしてはどうですか。

    毎月のお小遣いのみ残すようにすればそれ以上は使えませんから、現金で渡すのと変わりません。

    使い勝手のよいカードや口座を取り上げられたら(自分が悪いとはいえ)不快でしょう。

    それとせっかく共働きなのに、あまり息苦しい生活もどうかと思います。
    貯蓄も大切ですが、生活を楽しむことも大切です。

    トピ内ID:9536634499

    閉じる× 閉じる×

    銀行口座は危ない!!

    しおりをつける
    台風こわい
    うちは、妻が家計管理をしています。

    夫のお給料の口座(1つ)から、返済や支払いを除いた金額を下ろしてきて、やりくり費や貯金へと別の口座へ入金します。
    夫のお小遣いは、現金で渡しています。
    「1ヶ月、お疲れ様」と、必ず一声かけます。
    また、残業代が別につくので、金額が多い月は、ほんの気持ちだけですが、お小遣いとは別に、渡します(夫と相談の上です)。
    最初は、封筒に入れて渡していましたが、主人が面倒といやがるので、専用の財布を用意して、そこに入れてます。使い勝手のいいように千円札で用意しておくと、主人はそこから数枚ずつ財布に移しています。

    トピ主様宅の家計の場合、ご主人にお小遣い用の口座を作るのは、反対です。
    最近は、銀行口座1つに対して、クレジットカード・カードローンが組めることが多いです。(ATMを利用するたびに勧誘されて、いやな気持ちになります)
    使える現金がなければ借りる、と考える人には危険です。

    なんとか現金支払いの方法を考えたほうが、無難だと思います。

    トピ内ID:4187478530

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]