詳細検索

    美容・ファッションこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    高血圧と米

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    高血圧
    71歳男子です。
    長年高血圧170/100だったのですが、
    サイクリングでスピードと付けるために、三ヶ月間
    一日に一食(昼と夜を従来の半分)、米は食べない、
    ようにした所、体重は72キロから68キロになり、
    血圧は130/80前後になりました。
    血圧は夢のようです。
    一体、何が利いたのでしょうか?


    サイクリング中は50キロ毎に、おにぎり一個を食べます。
    試行錯誤から米が一番良いと分かったからですが。

    トピ内ID:5065559426

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    サイクリング

    しおりをつける
    🐧
    オバさん
    運動すると血圧は下がります。
    私の家族も体験しています。
    医者も運動を勧めます。

    トピ内ID:7192937492

    閉じる× 閉じる×

    男子って・・・

    しおりをつける
    blank
    60歳老女
    内容、全く意味が分かりません。

    一日一食?
    米ぬき?

    でもなさそうだし、

    ただ有酸素運動がよかったんじゃないでしょうか?

    全く意味不明な内容、
    ならばスルーすればよいところ、
    何故だかレスしちゃいました(笑)





    トピ内ID:2171320623

    閉じる× 閉じる×

    さぁ。

    しおりをつける
    blank
    ニトロ
    炭水化物だけ抜いて血圧ダウン?
    それは説明がつかんな・・・。

    トピ内ID:1001388985

    閉じる× 閉じる×

    体重が減ったからかも

    しおりをつける
    🙂
    チャッピ-
    私はゆるいダイエットで5kg体重を落としたら、最高血圧が150から100になりました。
    確かにお米の量も減らしましたが…。

    ネットで調べたら、減量でお腹の脂肪が落ちた結果、腹部の血管への圧迫が減り血圧も下がるという情報があり、なるほどと思いました。

    トピ内ID:1979946342

    閉じる× 閉じる×

    こういう

    しおりをつける
    🙂
    ササヨシ
    こういう事を言って良いのかわかりませんが、若輩者からすると、自己管理と運動のされ方が同年代の様で頭が下がります。

    主さんの体型が分からないので推測に過ぎませんが、高血圧の理由で多いのは、良く聞く塩分です、食事の変化でありえるとすれば、ご飯の分だけおかずも減った可能性が推測できます。
    厳密にご飯しか減らしてないのであれば、高血圧理由その2の糖分による内臓脂肪の増加とそれに合併した高血圧ですね。
    身長体重の関係が不明ですが、内臓脂肪の場合、見た目やせていても多い場合がありますので、そこが落ちたことで正常血圧となった、また食事量が程よい量(多からず少なからず)になった事で肝臓への負担が減り、血液の状態が良くなった事も関係あるかもしれません。(効率よくエネルギーを燃やせる体になってきたのでしょう)

    これからも元気に回して下さい。

    トピ内ID:3885370632

    閉じる× 閉じる×

    おめでとうございます

    しおりをつける
    🐱
    たろう
    すばらしいですね
    失礼ながら71歳でサイクリング50K以上は
    私には考えられないくらいすごいことです
    その努力に尊敬します。

    専門家ではありませんが
    食事の節制と運動の
    トータルで血圧を下げたと思います。

    トピ内ID:8887886955

    閉じる× 閉じる×

    高血圧と米

    しおりをつける
    blank
    高血圧
    不正確な内容でした。済みません。
    私は現役の技術者で、二ヶ月間に十日ほど一時帰国し、残りは台湾中部の田舎の工場に住んでいます。
    台湾では、朝はバナナと野菜、スイカやマンゴの皮(前夜食べた)を、フードプロセッサに掛けて、食べます。昼食は工場が出す弁当を半分食べ、残りは小魚、野菜、豚の血の豆腐状のもの、にんにくなどを入れて夕食にします。(弁当には米が入っているのですが)

    台湾のサイクリングでは一日最低100km、最高300km。出発時は何も食べないので、その一週間で溜まった養分を消費することになります。以後、50km毎におにぎりを食べる。帰宅後は、野菜を粉砕したものを食べる。(歯が無いので、食事は基本的にペースト状のもの)

    日本のサイクリングでは琵琶湖を一周します。京都市内から逢坂山を越えるので、220km/13時間です。ほとんど休み無し。

    血圧がバロメータになったので、体重管理が楽しみ。食塩に気を使う必要も無くなりました。大学時代は175cm64kgだったので、この線まで戻りたいです。私は戦中戦後に育ったので、粗食でないとダメなのでしょうね。

    トピ内ID:5065559426

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    高血圧と米

    しおりをつける
    blank
    高血圧
    トピ主です。
    タイトルは「高血圧と米」ですが、米の問題は政治問題に踏み込みそうなので、避けて来たのですが・・・。

    この十数年で、日本の仕事の中心はハイテクへ移行したため、
    筋肉労働から頭脳労働へ変化しました。
    頭脳労働で米を以前の通り食べると、有害でさえあります。
    米の消費が減ったのは、国民の自衛策です。
    肥満が大きな問題になり、政府指導の「メタボ」管理が登場しました。

    しかし、米作中心の政策は捨てず、補助金や減反政策が続いています。
    自給率は米100%以上、その他40%以下。
    この結果、野菜や果物は非常に高い。
    これは、矛盾ですが、タブーのようですね。

    トピ内ID:5065559426

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    維持・継続が大事

    しおりをつける
    🐤
    peachpie
    トピ主さん、かっこいいですね。
    台湾にお住いですか。うらやましいです。
    よく美味しいものの誘惑に負けないものだと感服します。

    血圧が下がってよかったですね。
    お米が、というより血糖値の急激な変化ななくなったので脂肪がしぼれてきたのではないでしょうか?結果血圧が下がったとか。

    体の隅々まで血をいきわたらせるために血圧が高くなったのですから、有酸素運動で血の巡りをよくなったこと、また余計な脂肪を落としたのでさらに心臓に負担がかからず血の体内の運搬ができるようになった、のであるなら血圧が下がったのも不思議ではないですよね。

    後はこの状態を維持・継続ですね。

    さらにお元気で、がんばってください。

    応援しています。

    トピ内ID:3892145022

    閉じる× 閉じる×

    高血圧と米

    しおりをつける
    blank
    高血圧
    トピ主です。レス有難うございました。

    確かに血の巡りが良くなったと自覚しています。
    サイクリング中、以前は上り坂は多少気後れがしたのですが、
    今は平気になりました。頭の回転も速くなったはずです。

    週末のサイクリングでは、何も食べなくても最初の50kmを走れるので、
    老廃物と共に栄養分が溜まっています。現役時代は、これを次の週、次の週に持ち越していたのです。恐ろしい。

    人類がご馳走を食べるようになったのは、ごく最近でしょう?
    三万年前の生活をすれば、健康になるのではないかと考えています。当時は、食うや食わずの生活ですね。だから現在、絶食健康法がある。そもそも、食べ過ぎですね。

    台湾のご馳走には興味ありませんが、果物は素晴らしい。1キロのマンゴが\100くらい。毎日食べています。空港では持込み禁止。

    トピ内ID:5065559426

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る