詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    犬を日本からイギリスへ連れて行きます。

    お気に入り追加
    レス63
    (トピ主25
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    maki
    話題
    来年、主人の国へ移る事になり、14才の愛犬も一緒に連れて行こうと思っています。

    大体の手続き方法は掴めたのですが、どうやっていこうか考え中です。
    飛行機でペットも一緒に客室まで入れるのが一番ベストですが、
    貨物室のことも考えています。

    経験者の方がいらっしゃいましたら、経路と運賃を教えてください。
    それと、着いてからの検疫所では何日か預けないといけないのでしょうか?

    よろしくお願いします。

    トピ内ID:6879874553

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数63

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (25)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    あまり参考になりませんが

    しおりをつける
    🐱
    ranran
    アジア某国から猫を連れて今年帰国しました。
    日本入国時にはいろいろ手続きがありますし、マイクロチップ装着
    などなど、かなり面倒ではありますが、事前にFAXで書類の確認を
    してくれるので、まず入国時にトラブル発生は無いと思います。
    検疫所のスタッフは非常に親切で迅速、分からないことをあれこれ
    聞いて大変参考になりました。書類が全て揃っていて問題が
    なければ当日かんたんな健康チェックのみで入国できます。

    航空会社によってペットの運賃や機内持ち込みの可否は違います。
    これはご自身で航空会社に直接問い合わせるのが間違いないでしょう。
    ケージ込みで1kgいくらの場合もありますし1頭いくらもあります。
    機内持ち込みの際は基本的に座席の下に入るキャリーに入れるのが
    最低条件で、航空機会社によって重さ制限があることもあります。

    日本の検疫は厳しいので、マイクロチップを装着していなければ
    1年がかりとなります。ワンちゃん共々の無事の帰国をお祈りいたします。

    トピ内ID:6953134166

    閉じる× 閉じる×

    すみません

    しおりをつける
    🐱
    ranran
    投稿した後に逆パターンだと気づきました。
    日本を出国されるのですね、大変失礼いたしました。

    日系航空会社はペットのキャビン持ち込みを認めていません。
    サイズ上問題ないのでしたら、外国の航空会社を利用するしか
    無いと思います。

    本当に申し訳ありません、トピ汚し失礼いたしました。

    トピ内ID:6953134166

    閉じる× 閉じる×

    検疫6ヶ月

    しおりをつける
    🐶
    わんこ
    イギリスは検疫が半年ではないですか?私も事情があって、いろいろと調べたことがあります。航空会社も載せられる動物の年齢の基準も定めていたと思います。それにだいたい14歳の高齢の犬を検疫に6ヶ月も入れて大丈夫でしょうか??

    トピ内ID:9099466134

    閉じる× 閉じる×

    イギリスに住んでいました

    しおりをつける
    🐱
    桃猫
    私がイギリスに居た頃は犬の検疫期間は6ヶ月もあり、その間に寂しさで死んでしまうケースが多かったのですが、今は制度が見直され、数時間で引き取れるようになりました。しかし、その手続きをするには日本で数ヶ月間検疫を受ける必要がありますので、もう少しよくお調べになった方がよいかと思います。

    今すぐ手続きに入らないと来年に間に合わないかもしれませんよ。

    トピ内ID:8525164327

    閉じる× 閉じる×

    レス、ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    maki
    まとめてのお礼ですいません。

    貴重なお時間を頂いて、レスくださりありがとうございます
    トピ汚しだなんて。。。とんでもないです。 
    そうですね。航空会社によって全然違うようで、調べていると途方に暮れてしまうことが
    しばしばです。。。

    今は検疫は日本でも施設に入れる事はしないので、大丈夫です。
    ただ、サイトによっては、イギリス到着後すぐに出られると書いてある所と
    2、3日だけ拘留されると違う事が書いてあったので、そこが知りたいです。
    数時間で引き取られるのでしたら、安心です。

    飛行機はオランダ航空であれば、体重6キロまでなら客室まで一緒にいけるとのことですが
    そうでなければ貨物室になるようですね。 年齢制限があるとは知りませんでした。
    会社で条件が違うようですね。

    手続きはもう始めてます。来年といってもちょうど一年ありますので、
    大丈夫だと思います

    引き続き、日本からイギリスへ行かれた方がいらっしゃいましたら、
    経路とイギリスに着いてからの検疫について教えてください。

    トピ内ID:6879874553

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(25件)全て見る

    レスありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    maki
    ranran さん

    トピ汚しだなんて、とんでもない! レスありがとうございます。
    今の所、オランダ航空なら、重量6キロ以内であれば持ち込みできるようなのですが、
    他の会社も調べてみますね。

    わんこさん

    年齢制限があるのは初めて知りました。 会社によって全然違うんですね。
    検疫は今は施設に入れる事なく、日本で6ヶ月すごせば問題ありません。
    高齢な事考えて問題なのは、きっと長時間のフライトでしょうね。。。

    桃猫さん
    今は改正されて、自宅で6ヶ月待機で済みます。イギリスへ到着した後に
    すぐ出られるというのと、2、3日預けなければいけないというのと
    違う情報があったので、そこがよくわからなくて。
    手続きはもう初めてまして、来年といっても一年あるので、間に合うと思います。


    みなさんレスありがとうございました。
    引き続き、飛行機で移動した方、途中からフェリーを使った方など、
    いらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いします。

    トピ内ID:6879874553

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(25件)全て見る

    イギリス大使館

    しおりをつける
    🐴
    わぉ~ん
    ここで聞くより、イギリス大使館に連絡した方がいいですよ。ちゃんとした血液テストなどの書類を一つでもミスしたら、それだけワンちゃんが検疫所に長くいる羽目になるので。
    書類もちゃんとしたものをそろえないといけないし、血液検査もどこでもOKというわけではないので、どこでやったものならOKかなどの情報も教えてくれると思います。

    兎に角イギリス大使館へ電話してみましょう。

    あと、機内持ち込みももちろん飛行機会社に聞いてみましょう。私はアメリカでしたけど、UAとデルタはOKでした。
    あと夏場は動物が乗れないこともありますのでそこもちゃんと聞いてくださいね。(特に犬が貨物に入れられる場合)なぜなら待ち時間(離陸までの時間や、経由地での時間)で余りに暑くて死んでしまうケースが結構あるからだそうです。

    トピ内ID:4990022283

    閉じる× 閉じる×

    もう一つ

    しおりをつける
    🐴
    わぉ~ん
    飛行機に乗るときのポイント。TVでやってたんですけど、これ結構重要です。(笑)

    まず乗ったらFA捕まえて「パイロットにうちの犬が乗ったか確認してくれと聞いてくれ」と。
    そうするとパイロットも荷物の人たちと連絡とって確認してくれます。そうするとFAが知らせにきてくれるか、機内放送でパイロットが確認しましたといってくれます。
    そうすることによって、パイロットも貨物に生き物がいると分って、空気も送ってくれるしフライト中に暖房も入れてくれます。

    私は犬の仕事をしてたので飛行中に犬が死んでしまうケースを他の人からよく聞いてたんです。でもこのTVを見て「なるほど!」って思いました。
    なのでうちの犬が乗ったときは必ずパイロットに確認入れてます。

    トピ内ID:4990022283

    閉じる× 閉じる×

    わんこには厳しい環境

    しおりをつける
    🐱
    かおぽん
      こんにちは。数日前の、東尾理子さんのブログに、実際あったわんこの事が書いてありました。従妹が飛行機で帰郷する際(福岡まで)、わんこを貨物室に載せて飛行機に乗ったのですが、飛行機を降りてすぐに具合が悪くなり、急いで獣医さんに見てもらったのですが、そのまま死んでしまったそうです。脱水症状だったそうです。
    国内でもこのような事があるので、海外へ、というと心配ですよね。

    トピ内ID:2478092893

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    maki
    わぉーんさん

    手続きの方法はあちこち関係する機関に問い合わせてますし、書類も何がいるのかは
    わかっているので、後は手続きを進めて行かないとわからないことだけだと思います。

    航空会社に関しては、規定が変わる事もあるので、もう少し時期が近くなってから
    問い合わせます。

    飛行機に乗る際のポイントで、そんなことがあるんですね。
    メモ取らせて頂きます(笑)

    トピ内ID:6879874553

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(25件)全て見る

    ごめんなさい、アメリカの話です。

    しおりをつける
    blank
    mimi
    仕事柄日米を何度か往復します。JALとANAは機内持ち込みなしです。欧米便は融通が利くようですが、キャリーバッグを含めてのサイズに限度があります。もし、持込が(重量が原因で)不可能なら貨物扱いになりますが、そうなるとユナイテッドの場合は、暑い時期に
    運んでもらえない場合があります。いつからいつまでか分からないのですが制限を調べる事をお勧めします。マイクロチップを挿入されていないのなら今日すぐ挿入されても7ヶ月は待機になりますよ。急がれる事をお勧めします。私の周りで貨物扱いで太平洋を渡った犬で亡くなった子は聞いたことはないのですが、空港に到着した時点で現地の温度が異常に暑いのは
    犬の体に負担です。貨物扱いで犬を運ぶなら私は寒い季節を選びます。それから、トランキライザーをすすめる獣医さんもいると思いますが、アメリカ政府の獣医さんはそれに関しては反対だそうです。アメリカは犬の渡航に関して本当に規制がゆるいですが、日本に入る時に日本はとても厳しいルールを持っています。イギリスやハワイも同じだと聞いています。まずマイクロチップを挿入→狂犬病摂取(挿入後でないと意味がない)から始めては?

    トピ内ID:7404031815

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    maki
    かおぽんさん
    そうですね。特に老犬の場合は温度や湿度だけでなく、ものすごいストレスが
    原因で最悪の事態に陥る事も考えられるので、うちの子も心配ですが。。。
    今はどうすれば一番ベストな方法がとれるかを考え中です、

    mimiさん
    マイクロチップも、狂犬病ももう済ませています。
    血清を待って、6ヶ月待機の状態です。

    こちらでの意見を聞いて、渡航時期は6月にしようと思います。
    みなさんありがとうございました。

    ご意見を頂いておきながら、こんなことを言うのは大変失礼かと思いますが。。。
    トピにも書いてあるように、手続きのことはもう始めてますし
    わからないことは今の所ありませんので、できましたら
    イギリスへの具体的な経路を教えて頂ければと思います。
    飛行機にしろ、フェリーにしろ、日系の会社以外であれば必ず乗り換えが
    あります。 その場合、どこで乗り換えたのかなどを知りたいです。

    レスをくださったみなさんには、失礼なことを言っているかもしれませんが、
    お許しくださいませ。。。

    トピ内ID:6879874553

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(25件)全て見る

    DefraのHP読んで下さい。

    しおりをつける
    blank
    猫持ち
    動物検疫担当のイギリスの政府機関。PCの検索にDefraと入れればOK。詳しい検疫手続きがわかります。

    猫連れで何度か海外引っ越しを経験しましたが、検疫手続きは準備している間に変わる可能性があります。航空会社の規則は残念ながら厳しくなる一方です。イギリスの検疫制度は以前よりペットの負担は軽減の方向です。

    日本とイギリスの間で直行便があるのが現在でもBA、JAL、ANAだけならば、犬猫の機内持ち込み禁止です。念のため航空会社に問い合わせて確認して下さい。イギリスにペットを連れて行くのにどうしても機内持ち込みにしたい人は以前からドイツ経由(数年前まではルフトハンザは機内持ち込みOKでした)などにトライしていました。

    手続きでミスをしないことがペットの負担を軽くする唯一の方法です。自信が無ければ費用が発生しますが業者に手続きを依頼するのもアリです。

    引っ越しでペットの負担は大きいです。気をつけて上げて下さい。

    トピ内ID:3387633567

    閉じる× 閉じる×

    友人の場合

    しおりをつける
    blank
    なな
    数年前に日本→イギリスから犬を連れて渡航しました。

    が彼女の場合は手続きに不備があり2カ月の預かりが必要になりましたが問題なければそのまま入国できます。貨物室預かりで値段は不明です。お役に立てずすいません。

    またルフトハンザでしたらケージ含めて8kg以下でしたら機内持ち込みできます。それ以上でしたら貨物室となります。

    トピ内ID:4689021645

    閉じる× 閉じる×

    間違えました。

    しおりをつける
    blank
    猫持ち
    最初のレスで書いたドイツ経由が使えるのは今の制度ではトピ主さんと逆ルートです。

    来年イギリスの検疫制度が少し改正されるようです。

    私が住んでいる国(英連邦)とイギリスの制度とは出入国手続きに共通部分が多いのでレスした次第です。

    失礼いたしました。

    トピ内ID:3387633567

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      レスありがとうございます。

      しおりをつける
      blank
      あき
      猫持ちさん

      イギリスの検疫関係のホームページは探していた所でしたので
      大変助かりました。
      貨物のする場合は、必ず業者を通すと聞いたのですが、個人で手続きすることも
      可能なのでしょうか? 私はきっと業者を通した方が確実だと思うので
      そうする予定ですが、できるのであれば、ちょっと調べてみたいと思います。
      詳しい情報をありがとうございました。



      ななさん

      2ヶ月は長いですね。。。 どんな不備があったのでしょう??
      動物の入国は、ほんの些細な事でも通らないと聞いているので
      私もみなさんの仰る通り、気をつけないといけませんね。
      ドイツはイギリスから近いので、一番短い飛行時間で済むかもしれませんね。
      ルフトハンザも調べてみます。 ありがとうございました。

      14才と高齢の愛犬なので、本当に少しでも負担を軽くしたいと
      思います。
      インターネット上にある情報を自分で探すだけでは限界がありますし、
      実際の経験者のかたのお話は、小さな事でも参考になりますので
      引き続きご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

      トピ内ID:6879874553

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(25件)全て見る

      経験者です。(日本→英国 直行便)

      しおりをつける
      🐤
      robin
      タイムリーな話題!ご苦労お察しします。
      私で分かる事は何でもお伝えしたい気持ちです。

      経路は色々調べましたが結果、直行便にしました。
      (文字制限があるので一応調べた方法もあとで記載します。)

      我が家の場合、純粋な運賃は12万円でした。
      それに手続きもろもろで、合計30万弱の請求が来ました。
      (その他マイクロチップ、予防接種、抗体検査などあと+5万円程度かかるかと思います。)

      バリケンのMサイズ、小型犬(4キロ)ですが、クレートの大きさで運賃は変わります。

      私が利用したのは下記の業者です。

      田園調布にあるアーク動物病院
      http://home.f00.itscom.net/ark-vet/program/microchip.html

      三井倉庫エアカーゴ
      http://www.mitsui-soko-ac.co.jp/service/move/pet.html

      自分で手続きする事も可能なのかもしれませんが、
      猥雑な手続き、その上慣れない言語での手続きも含むので、私はこちらにお願いしました。
      大変親切で連絡も密、満足です。

      続きます。

      トピ内ID:2094349661

      閉じる× 閉じる×

      続きです。(日本→仏経由の場合)

      しおりをつける
      🐤
      robin
      これは先に英国に住んでいる我が家の場合の方法ですがご参考までに。

      1. 日本⇒フランス 空路で機内持込
      2. フランス(シャルルドゴール空港)⇒フランス カレー(Calais) 
      イギリスからシャルルドゴールまで車で行き、到着したらすぐにカレーへ向かう
      (パリからカレーまで約3時間)。
      事前に予約していたeuro tunnel le shuttle ( http://www.eurotunnel.com/uk/home/ )で車
      ごと電車にのってイギリスへ向かう。
      ここで問題となるのが、ダニ駆除の問題です。
      日本でダニ駆除を行い本来日本-イギリス直行便ですと、成田でチェックインする時間の24-48時間前に行う必要があります。
      ただし、一度フランスへ入って陸路の場合euro tunnelの予約した電車の出発時間に合わせて24-48時間前に駆除を行う必要があるとの事。

      続きます。

      トピ内ID:2094349661

      閉じる× 閉じる×

      その2(日本→仏経由の場合)

      しおりをつける
      🐤
      robin
      時差の問題もあります。
      例えば、11:00に成田発の場合、その前日14:00くらいに検査をダニ検査を受けたら、
      (成田からシャルルドゴールまで約12時間として)フランス時間13:00に到着。
      そこから車で向かって(調べたら約3時間との事)17:00~翌朝4:00までの間の電車を予約し、
      カレーのeuro tunnel le shuttle にそれまでにチェックインすればよいという事になります。

      英国の検疫所に電話しましたら、フランスからイギリスへ入るには、
      日本から英国へ入る書類でOKとの事。
      日本から仏へ入るにあたってはもっと緩く、ざっくり以下です。

      1. ISO11784か11785のマイクロチップが埋められている事。
      2. WHOにそった狂犬病に対しての注射がされてから120日から365日以内で血液検査をパスしているといった証明書。
      3. 入国から10日以内でダニ・条虫駆除処置がされている証明書
      4. 日本の保健所(?)が認可した検疫証明書を英語もしくはフランス語にて準備
      5. 上記をそろえて、空港のカスタムを過ぎたところに税関の赤い札(?)で、
      ペットと共に提出する。

      トピ内ID:2094349661

      閉じる× 閉じる×

      4投目。これで最後です。

      しおりをつける
      🐤
      robin
      日本から機内持ち込みをして、フランスを経由する方法はご自身でも調べて下さいね。
      この方法は結局使っていないので、どこに落とし穴があるかわからないので。

      我が家もまさにこれからですが、英国に到着後は3時間から4時間後程度で
      Animal Reception Centerで引渡しができる予定のようです。
      (半年の待機期間を日本で過ごした場合です。手続き開始~出国可能になるまで最短で7ヶ月かかります。)

      引っ越しに加えて犬の問題、本当に大変ですね。
      当初は何から手をつけたらいいのか、途方に暮れましたが、
      一つずつ時間をかければ解決出来ます。私でも何とかたどり着けました
      1人では無理でしたが、病院、エアー倉庫、検疫所、色々な方が助けてくれました。
      きっと大丈夫です。

      色んなサイトを漁っても、聞きかじりの情報も飛び交うので不安になると思いますが惑わされないで。
      手続きを踏んで準備すれば大丈夫です。

      そして、14歳のワンちゃんが無事に一緒の生活が出来ますよう。
      我が家ももうすぐ愛犬に会えます。
      この手に抱くまでは不安ですが、無事を祈るばかりです。

      トピ内ID:2094349661

      閉じる× 閉じる×

      高齢なのが気になる

      しおりをつける
      blank
      cherry
      14歳と高齢な犬なことが気になります。

      友人Aは12歳の犬を連れてアメリカに行きましたが、現地に着いたらケージの中で犬は亡くなっていたそうです。別の旅客も動物も運んでいてそちらは無事だったので、航空会社のミスはありませんでした。空港にいた獣医師によると、高齢のため長時間のフライトに耐えられなかったのだろうとのことだったそうです。

      友人Bは夫がアメリカに転勤になりましたが、8歳の大型犬を飼っていたので1年ちょっと日本に残っていました。いよいよ危ないとなって旦那さんが帰国して翌日に犬は亡くなったそうです。

      友人Aは今でもアメリカに連れて行ったことを悔やんでいます。友人Aの親も、連れていくと主張したAを説得できなかったことを悔やんでいます。

      友人Bは愛犬の最期を看取れたことで、新しい生活を心おきなくスタートしました。

      事情もあるでしょうが、犬への負担を考えて決断なさることを希望します。

      トピ内ID:3348198738

      閉じる× 閉じる×

      イギリスの検疫制度改正

      しおりをつける
      blank
      猫持ち
      DefraのHPのトップ左端、Travelling with Petsをクリックして下さい。来年1月入国から6か月待機と狂犬病抗体検査がはずれるみたいです。

      抗体検査まだなら確認して下さい。

      トピ内ID:3387633567

      閉じる× 閉じる×

      到着しました!

      しおりをつける
      🐤
      robin
      無事愛犬が英国に着きました。既往症のある繊細な犬ですがとっても元気でした!

      到着後は数キロ離れた場所にあるアニマルレセプションセンターに連れて行かれます。
      着陸時間より+3時間半で受け取れました。

      着陸後に散歩、餌も貰ったそうです。(私のヒアリング怪しいのですが、多分。)
      敷いてあった毛布も汚物などは付着していませんでした。

      フライト前後の動きは下記の通り。
      フライト前日午前中にダニの駆除などを獣医師で行う。
      昼に成田で審査。問題なければすぐ帰宅。
      (このまま成田に預けて1泊(8000円弱程度だった筈)する事も可能)

      当日は再度成田へ。8時に待ち合わせし業者へ預ける。11時45分発。
      英国には16時到着、19時半受け取り。
      フライト12時間+手続き約4時間×2=トータル20時間弱の長旅でした。

      因みに三井倉庫は羽田での検疫は不慣れなので成田でお願いしますとの事で成田で行いました。
      暑いの大好きな犬種なので待ち時間はエアコンの無い木陰に置いて下さったそうです。

      高齢の件は飼い主が誰よりもわかってる事と思うので経緯だけ書かせて頂きました。
      良い方法が見つかりますよう祈ってます!

      トピ内ID:2094349661

      閉じる× 閉じる×

      別の国ですが

      しおりをつける
      😭
      ななこ
      ドイツに14歳のラブラドールを連れて行った方が
      Blogを書いています。
      我が家は猫ですが、高齢だったので参考に読んでいました。
      ただ、アドレスを失念してしまって

      確か4月になってから料金の改正があり
      日系の料金が大変安くなったと書いてありました。
      ただ、トピ主さんのわんちゃんが小型犬だったら逆に高いのかもしれませんが
      日系で直通があるようでしたら視野に入れてみてはいかがでしょう?
      その方も相当悩んでの決断だったようで半年以上かけて準備なさったようすよ。

      トピ内ID:6084460420

      閉じる× 閉じる×

      レスありがとうございます

      しおりをつける
      blank
      maki
      robinさん

      家を空けていたので、お礼が遅くなりまして申し訳ありません。
      取り急ぎ、お礼だけさせてくださいね。
      経験者の方のお話が聞けて大変嬉しく思います。
      細かい説明や、注意が必要な事も教えて頂いて、ありがとうございます。
      教えて頂いた事は、全てノートに取らせて頂きます。

      本当に。。。 高齢な愛犬を真日眺めては連れて行く事が
      本当に最善の道なのか自問自答の毎日で、そんな中でも
      ちゃくちゃくと手続きは進んで行きます。。。

      robinさんは、もうワンちゃんに会えたでしょうか?
      無事に再会できていることを願っています。
      本当にありがとうございました!

      トピ内ID:6879874553

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(25件)全て見る

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        みなさん、ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        あき
        cherry さん
        レスありがとうございます。
        高齢な程注意の必要ですし、大事なペットだからこそ、置いて行く事も考えないといけないことは、わかっています。
        ですが、連れて行って死期を早めてしまったとしても、置いていって罪悪感に
        ないなまれることも、どちらも私にとっては重いです。
        今の私に出来る事は、一番負担のかからない方法を探し出すことだと思っています。

        猫街さん
        ありがとうございます!
        さっそく主人に言って、チェックしてもらっています。
        私の英語では間違ったら大変ですので

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        あき
        robin さん
        良かったですね! 本当に良かったです!
        私も嬉しく思います。
        わんちゃんと無事に会えた嬉しさは、言葉では言い表せないでしょうね。。。
        昨日から、教えて頂いた事をふまえて色々調べているのですが。
        三井さんは本当に評判良いみたいで、他にもお礼のメールをしたほど
        対応が良かったと仰る方がいました。

        うちは今の所、機内持ち込みでパリへ渡り、そこからカレへ電車で移動して
        ドーバーをフェリーで渡ろうと思っています。
        長旅にはなりますが、万が一の場合はフランスでもう一度ノミダニ駆除をしてからでも
        行けるかなと。。。
        レスありがとうございました!

        ななこさん
        レスありがとうございます。
        料金の改正があったんですか。 知りませんでした!
        直行が一番時間もかからず、手続きも業者さんにおまかせできるので
        考えていたのですが、貨物扱いはどうしてもうちの犬には厳しい条件ばかりで。。。
        日系はカーゴでしか無理ですので、機内持ち込みできるところを探している所です。
        とはいえ、重量のも名題があったりと一筋縄ではいきそうにありませんが。。。
        ブログ、ありがとうございます! 調べてみますね

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        もう解決されましたか?

        しおりをつける
        blank
        パピー
        飛行機は、客室と貨物室の温度は同じに保たれているはずですので、心配ないですよ。

        トピ内ID:1936184802

        閉じる× 閉じる×

        報告させて頂きます。

        しおりをつける
        blank
        maki
        たくさんのご意見、体験談をありがとうございました。
        こんなにたくさん頂けるとは思っていなかったので、嬉しく思います。
        ここ数日、インターネットで色々と調べています。
        各航空会社の持ち込み可否、またゲージのサイズ、
        パリ行きの飛行機、フランス、イギリスの検疫。

        6ヶ月待機がなくなったことと、ノミダニ駆除から48時間以内にという
        時間の制限がなくなったことなどで、愛犬にとっては少しは余裕がでてくると
        思います。 また、イギリスへの入国方法も幅が少し広がりました。

        今の段階で、飛行機でパリまで飛び、そこから3時間程電車でカレまで移動し
        カレに一泊してから、フェリーでドーバーを超えようと思っています。
        そこからロンドンで数泊してまた電車でリバプールへ。

        お金も時間も倍以上かかりそうですが、貨物に預ける事はどうしても避けたいと
        言う事、何か異変があればすぐにわかるよう一緒にいたいことを考えると
        こうなりました。この経路で注意点などありましたら教えてください。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        レスありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        あき
        動物を預けるには3通りの方法があるようで、
        機内持ち込み、手荷物預け入れ、貨物カーゴのどれかになるようです。
        手荷物預け入れであれば、空調もあると思うのですが
        日系はカーゴのみらしく、その場合、空調などが整っているということは
        まだ聞いた事がないんです。この辺はまだ調べている途中なのですが。。。

        手荷物と同じように預けたとしても
        客室ではしない気流音もすごいらしく、うちの愛犬には
        何よりも、一人で見知らぬ所で長時間すごすことが耐えられないと
        思うんです。 

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        犬、猫を連れて飛行機に乗りました。

        しおりをつける
        🐱
        たんたんたん
        在仏です。その昔,猫を機内持ち込みにして日本とパリを往復した事が2回、犬を連れて欧州間を移動した事が一度あります。エールフランスで機内持ち込みができるのでしたら、パリ経由にするのは良いアイディアだと思います。高齢なわんちゃんなんですものね。心配ですよね,貨物室だと。。。

        ただエコノミーシートはとても狭いので、ケージを足下に置くと自分の足をおく場所がなくなります。その上のグレードの席を購入した方が良いです。あとご存知だとは思いますが、動物はフライト中、ケージの中から出せません。そのためにも規則以内で、大きめのケージにしてあげる方が良いです。できれば犬が立ち上がれる高さにしてあげてください。そうすれば少し動き回れますから。私の犬(大型犬)は,乗り継ぎ便の飛行機が小型だったため、小さいケージにせざるを得ず、中腰状態になってしまい可哀想でした。

        こちらに着いてからは,カレーではなく、パリで一泊する方が良いと思います。トピ主さんもわんちゃんも長いフライトでお疲れだと思うので、一度ケージから出してお散歩させてあげてください。パリ(フランス)は犬に優しいです。レストランにも連れて行けます。

        トピ内ID:9830214925

        閉じる× 閉じる×

        たんたんたんさん

        しおりをつける
        blank
        あき
        レスありがとうございます!

        在仏なんですね。 パリは一度しか行った事がなく、フランス語はまったくわからないので大変でした

        エールフランスは私のお気に入りの航空会社で、ペットも6キロ以内なら持ち込みできるのでエールフランスで渡航する予定です。
        ケージはギリギリ規定のサイズで、高さは27センチでした。車高の低い小さめのダックスなのでなんとかいけるといいのですが。。。

        パリで一泊ですか。 そうですね。移動続きも小さなペットには辛いかもしれませんね。
        万が一、イギリスの規定が変わった場合は、パリでノミダニ駆除をもう一度しないといけなくなる可能性もあるのですが、パリの動物病院でも飛び込みでしてもらえそうですか?

        また、もしよろしければCDG空港とカレーに行く事を考えて、どこか泊まるのにオススメの地区がありましたら、教えてください。
        質問ばかりですみませんが、お時間のある時にでもよろしくお願いします。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        フランス経由Defraに確認してOKもらって下さい。

        しおりをつける
        blank
        猫持ち
        猫連れで4カ国に引っ越して当事国以外の国の移動と飛行機の乗り換えを経験しました。空港を出ずに飛行機を変えるだけで入国並みの手続きを要求する国があるのでレスしなければと思いました。ペットのトランジットに各国共通のルールはありません。

        私は毎回しつこいくらい渡航先の検疫機関にメールで問い合わせしていました。つたない英語でも何とか返信もらえました。トピ主はご主人に頼めるので大丈夫だと思います。

        空港を出ると原則ペットの入国手続きが必要になります。そこで確認したいことが出て来ます。

        1.フランスで飛行機を下りてすぐにイギリスに移動するのが可能かどうか。必要な条件と手続きをDefraに確認。

        2.フランス入国手続き(ペットの輸入許可)が必要かどうかフランスの検疫機関に確認。→空港を出てフェリーにペットを乗せるのに検疫所職員の同伴を課す国がある。

        日本からフランスへの入国手続きとフランスからイギリスへの入国手続きをするとしても6カ月待機が無ければ実現可能かと思います。

        トピ内ID:3387633567

        閉じる× 閉じる×

        補足です。

        しおりをつける
        blank
        猫持ち
        DefraのHPにApproved Routeの一覧表がありますが、見ましたか?

        空港ごとにエアラインとルートが決められています。例えば羽田発だとBAカーゴのみです。ハワイも検疫は厳しいですがコマーシャルフライトで直行便なら良いようです。

        そもそもイギリスに飛行機でペットを持ち込む場合、貨物室以外は認められていません。制度改正後「変更の可能性はある」とは書いてありますが、Approved Routeは存続するようです。

        そこで第三国経由(EUルート)で手続きを進める時にはDefraに問い合わせてOKをもらうか、費用がかかっても業者に確認してもらってからにして下さい。

        トピ内ID:3387633567

        閉じる× 閉じる×

        ちょっと調べてみました。

        しおりをつける
        blank
        たんたんたん
        凱旋門からちょっと歩いたところに、英語の通じるとても評判の良い獣医さんがいます。
        その近くにホテルがあるので、その辺りに一泊するのが良いと思います。
        カレー行きの電車はおそらく北駅から出ていると思うのですが、
        あの辺りは治安があまりよろしくないのでお勧めしません。
        ホテルからはタクシーで来た駅まで移動できますし。

        それから猫待ちさんが書いておられましたが、フランスの入国条件も調べてみた方が良いです。
        私も少しDouaneのサイトを見てみましたが、動物がEU内を移動するのには、パスポートが必要です(うちの動物達も持っています)。
        これは獣医さんですぐに作ってもらえるのですが、そこに予防接種の情報などを記載しないといけないので、
        フランス経由でイギリスに行く場合は、どちらにしても獣医さんにいかなければ駄目なようですね。
        あらかじめ予約を取って、事情を話しておけば大丈夫だとは思いますが。

        トピ内ID:9830214925

        閉じる× 閉じる×

        フランス

        しおりをつける
        blank
        maki
        フランスは飛行機で降りた場合、検疫がないようです。
        なにもチェックされることなく通過するとありました。でも、いつ変更されるか
        わからないので、これもチェックしておかないとですね。

        ペット連れでフェリーも、検疫を委託されている会社を使えば、
        乗る前に書類などのチェックで、後はイギリスについてからは何もないようです。

        本当にイギリスに加えてフランスのことも調べないといけませんね。
        国によって、そんなに違うなんて。。。

        何度もお時間さいてレス頂きまして、ありがとうございました。
        また何かお気づきの事がありましたら、ぜひよろしくお願い致します。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        たんたんたんさん

        しおりをつける
        blank
        maki
        さっそくのお返事ありがとうございます。

        凱旋門の近くですね。 インターネットで調べてみます。
        今知ったのですが、動物パスポートとペットスキームは別のものなんですね。
        これは検疫所に連絡して聞いてみないといけませんね。

        中々仕事で時間がつくれず、肝心の検疫所には連絡ができないでいたので
        みなさんからの情報は本当に助かりました。
        お陰さまで、どこに連絡をして何を聞けばいいのかはっきりしたと思います。

        あと9ヶ月ありますが。。。きっとあっという間なんでしょうね。
        愛犬と無事に渡英できるように頑張ります。
        渡航前まで、この掲示板は見ていますので、フランス、イギリスでの手続き
        の注意点などまだご存知の方いらっしゃいましたら、
        情報交換させて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        獣医さん

        しおりをつける
        blank
        たんたんたん
        凱旋門近くの獣医さんは、Pierre METIVET という方で、住所は3, rue Monceauです。
        平日は毎日クリニックを開けているそうです。

        近所にイギリス人の友達が住んでいて、良く犬を連れて実家に帰っているのですが、何か他にお知りになりたい事がありますか? 
        もしあったら、聞いてみますが。

        イギリスに入国できるだけの検査、予防接種と書類を用意しておけば,フランスに入国するのには、特に問題は無いと思いますよ。
        イギリスと北欧が一番動物の入国にはうるさいので。
        私もこの夏,うちの犬を北欧に連れて行く予定なので,そろそろ準備を始めないといけません。
        色々面倒くさいですねー。

        お仕事が忙しい中,渡航の準備で大変ですね。
        がんばってください。

        トピ内ID:9830214925

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        maki
        返信遅くなってすいません。
        私もインターネットで獣医師さんを調べていたのですが
        凱旋門周辺に何件かあって迷っていたので、教えて頂いて大変助かりました。
        ありがとうございます。
        お友達の事まで本当にありがとうございます。

        今なんだか頭が混乱してしまっています。

        イギリスへ渡るには

        マイクロチップ
        狂犬病予防注射 2回
        21日待機
        ノミダニ駆除
        各書類作成

        フランスへ渡るには

        マイクロチップ
        狂犬病予防注射2回
        ノミダニ駆除
        各書類作成

        これで間違いないでしょうか。。。

        そして、出てきた質問は
        フランス入国の書類と、イギリス入国の書類は別々に準備するのでしょうか?
        ペットのパスポートというのはフランスの獣医師さんに作ってもらうのでしょうか?

        必要な書類もゴチャゴチャになってしまって、何がいるのか、どのタイミングで
        準備するのか、わからなくなってしまいました。。。
        ノートに全部書いてあるんですけど、慌てて書きすぎて何を書いているのか
        わからないなんて箇所もあり。。。自分にガッカリしてしまいました。。。
        書類は近くの検疫所に電話で聞いたら教えてもらえますよね?

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        DefraのHPについて

        しおりをつける
        🐱
        猫持ち
        Defra HP、 Wild life and Petsクリック Travelling with Petsクリック Bringing pet into the UK after 1 January 2012 ダウンロードして4ページすべてプリントアウト。全部読む。

        特に重要な箇所。1ページ下の方、Non EUのListed Countryからペットを運ぶ場合のイギリス政府が指定する出発空港ごとのエアラインのリストのアドレスが書いてあります。Defra HPトップのSearchにnon eu routes air and seaと入力、Pet travel routes をクリックも可。 リストの該当箇所を読む。 

        申し上げにくいのですがこれまで周囲で日本と香港発で指定ルート(貨物のみ)以外でイギリスにペットを持ちこんだ人はいません。指定ルート以外を希望する人はContuct usと書いてあるので前回の書き込みをしました。

        改正後は日本もフランスも狂犬病予防注射1本21日待機?→確認して下さい。

        混乱していらっしゃるのでびっくりして出てきてしまいました。

        トピ内ID:3387633567

        閉じる× 閉じる×

        猫待ちさん

        しおりをつける
        blank
        maki
        丁寧に行き先を教えてくださって、ありがとうございます。

        日本から私が考えているルートで行かれた方がいらっしゃいます。
        その方はもともとオランダ経由で行くつもりだったようですが、フライトキャンセルで
        急遽パリ経由になったようです。

        イギリスに飛行機で行くには、貨物のみになるのですが、フェリーも委託されている会社が数件あります。私はそのうちのP&O というところがいいかなと思っていますが、こちらも
        動物がいる場合は、予約の時は直接連絡を取り合うようにとなっていますね。

        混乱してしまって、すいません。
        仕事が鬼のように忙しい時期に入り、帰宅が毎日深夜でして。。。
        主人はまだ早いとのんきな事を言っていてアテにはならず。
        心配性な私は、愛犬のこと、家の事、ビザのこと。 慣れない英文を
        読むのも、私の英語力ではスラスラとはいかず、くじけそうになっちゃいます。。。

        それでも、みなさんが手助けしてくださってありがたく思います。
        愚痴も入ってしまいましたが。。。いつもありがとうございます。
        私も時間を作って、もう少し整理して、必要な所に問い合わせしますね。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        聞いてみました。

        しおりをつける
        🐱
        たんたんたん
        イギリス人の友人に聞いてみました。
        ついでにDefraも読んでみました(私もイギリスに旅行するかもしれないので)。

        フランス経由でもイギリスに入国できます。そのためには獣医師さんに行ってパスポートを作ってもらい、
        (今の時点では)虫駆除のトリートメントをしてもらうことが必須なのですが、フランスからフェリーや列車で入国する場合は、「車」が必要なのです。

        犬はケージに入れて、フェリーに乗ったら車から出ることは禁止だそうです。
        つまり、これで貨物扱いになっている動物と同様のコンディションになる訳です。

        というわけで、トピ主さんがフランスでレンタカーをしてフェリーに乗る以外は、わんちゃんをフランス経由では連れて行けません。。。

        どちらにしても、フランス経由で行くとかなりややこしいので、貨物扱いにしてもらう方が犬には楽かもしれませんよ?
        必要な種類もそういった会社に頼めば不備がおこることはほとんどありませんし。

        トピ内ID:9830214925

        閉じる× 閉じる×

        いつもありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        maki
        http://www.pettravel.com/cruiseship_ferry/PO-Ferries.cfm

        利用しようと思っているフェリー会社のリンクですが、ここにペットは下甲板での
        乗船でも大丈夫なら一緒に渡れるとあります。
        フェリー会社によっては、車で待機じゃないとダメなようですが、数カ所は車がなくても
        大丈夫なようです。

        日本から直行で行くのが一番楽だし、早いのはわかるのですが、
        うちの犬には、ものすごい負担だと思うんです。
        動物病院の先生からも、貨物扱いではなく、一緒に渡れるルートと
        検疫ですぐに出れるかどうかを確認する事など、手続きに入る前に確認してくれと
        言われているんです。
        それこそ、最悪のケースになりかねないので、どうしても渡れないということであれば、
        私の実家に置いて行くしかないと思います。

        フェリー会社には先ほどメールで質問したのですが、
        来週やっと休みが取れそうなので、検疫所にも電話して聞いてみます。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        指定ルート外でのイギリス入国

        しおりをつける
        🐱
        猫持ち
        トップSearchにEarly Releaseと入力して下さい。

        許可が出ても係留されるようですね。要連絡で連絡先が書いてあるので知りたいことがあればご自分で確認して手続きを進めて下さい。

        確かに私の周囲でこの手段を使ってイギリスに入国したケースはありません。

        トピ内ID:3387633567

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さーん。

        しおりをつける
        blank
        たんたんたん
        ごめんなさい、いじわるで言ってるのではないんですよー。
        トピ主さんがのせているリンクは、イギリスからフランスに行くケースを説明したもので、
        フランスからイギリスではないんです。
        PO Ferryのフランス語サイトを読めば以下のように書いてあるんですが。。。
        les animaux doivent rester en permanence dans le vehicule pendant la traversee.
        Les pietons et les passagers en autocar ne peuvent pas emmener d’animaux

        つまり、ドーヴァーからカレーには、動物を下のデッキに入れて連れて行けますが、
        カレーからドーヴァーには、車の中に動物を入れて到着するまで出さないという方法しかないんです。

        どうしてもフランス経由で行きたい場合の最終手段は、先に書いたように、カレーでレンタカーをして、
        ドーヴァーに着いたら犬を置いてまたカレーに車を戻しに戻ってくるか、カレーで車で来ている人に頼み込んで、犬をのせてもらうかしか方法がないです。


        トピ内ID:9830214925

        閉じる× 閉じる×

        応援してます!!

        しおりをつける
        🐤
        robin
        ありがとうございます!無事にこちらに着きましたよー!
        トピ主さん、今は大変な時期ですね。
        2カ国経由するとなると更に猥雑ですが、でも連れて行こうという強い気持ちさえあれば必ず出口が見えると思います。

        ややこしいから、と諦める時期ではまだまだないと思うので、(一理あるとは思いますが)
        今は前向きに可能性を追求する時期だと思います。

        振り返ってみると、
        大変!不安!という想いが大きい時期もありましたが
        今は不慣れな土地で、変わらず傍に居てくれる犬の存在は大きいです
        連れていれば色々な方が声をかけてくれるので、それも楽しいですよ。
        考えても居ませんでしたが、犬を通じた知り合いも増えつつあります。

        そして色々調べ尽くしたら最終的な方法が自分の思う最初の最善と違ったとしても、
        それはそれがベストと思い切る事も大事かなと思います。

        心配耐えず、ゴールが見えない気持ちに私もなって夜も眠れぬ気持ちになりましたので
        お気持ち良くわかります。
        何はともあれ、まだまだお時間あるので、きっと大丈夫、何とか犬の為に頑張って欲しいなと思います。
        (21日待機になりますね。犬達にとっては良いですね!)

        トピ内ID:2094349661

        閉じる× 閉じる×

        猫待ちさん

        しおりをつける
        blank
        maki
        いつもありがとうございます。

        ええ?? 本当ですか。
        Early Release も検索してみましたけれど、係留に関することは出てきませんでした。
        フランス経由で渡英された方も、フランス カレで書類などのチェックを事務所でして、
        ドーバーに着いた後は何もなかったとありましたが。。。
        第三国を経由して入国する事は可能です。
        飛行機だけではなく、船と電車でも委託されている会社での渡英であれば
        飛行機での渡英と変わらず入国は可能のようですよ。

        とりあえず、Defra に問い合わせのメールを送っているので返信を待ちたいと
        思います。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        robin さん

        しおりをつける
        blank
        maki
        レスありがとうございます。

        もう落ち着いて生活されているようですね。
        フランス経由でも、決められた手順を踏めば、そんなに大変なことでもないと
        思います。
        ただ、今はそれを調べるのが大変でして(汗)
        日本出国に関しては、もう整理が着いたので後はフランス入国、フランスからイギリス入国に
        関する事をそれぞれ調べています。

        フランスは狂犬病とノミダニさえしていれば、空港で出発前にもらう輸出検疫証明書以外は
        特別用意する書類はないようなのですんなり行きそうです。

        後は、フランスからイギリスですが、今の所はフランスでペットパスポートを作り
        ノミダニ駆除をすればいい以外の書類関係ですかね。

        本当に引っ越しって、大変ですね。
        でもこれだけ英文を読む事もきっと勉強になっていると思うので(笑)
        焦らず頑張ろうと思います

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        手荷物、貨物

        しおりをつける
        🐶
        こんにちは。もうトピ主さんは機内持ち込みで考えていらっしゃるのかな?
        手荷物と貨物の扱いについて航空機内での扱いの違いなんですが、基本同じです。

        預ける前、引き取り後の事は詳しくはわからないんですが、機内では同じ扱いになりますよ。
        なので貨物でも手荷物でも空調等は一緒です。
        ただ客室よりは音はうるさいと思います。貨物室に快適性はいらないので・・・

        私が見た限りでは見るからに具合の悪そうなわんちゃんは居ませんでしたが、
        わんちゃんの年齢等もあると思いますので、色々考えてみてくださいね。

        トピ内ID:3088509232

        閉じる× 閉じる×

        見つけました。

        しおりをつける
        🐱
        猫持ち
        日本発イギリス入国でEU経由を認められたケースがあるのですね。たぶんほとんどの人はDefraのHPのリストを読んで指定ルートで入国すると思います。

        たんたんたんさんのレス読みました。イギリスとイギリスの検疫制度をそのまま使っている旧植民地、狂犬病未発生の島国は飼い主の手でペットを運ばせないためにしばりをかけているように思えます。

        Defraとのやりとりをメールにして文書を残せば間違いを防げると思います。

        トピ内ID:9141068115

        閉じる× 閉じる×

        湊さん

        しおりをつける
        blank
        maki
        レスありがとうございます。

        貨物室というのは、業者に預ける貨物のことですか?
        それとも、空港カウンターで手荷物預かりと同じに扱う分でしょうか?

        できれば、機内持ち込みのほうが負担はかからないので。と
        考えていますが。
        業者さんにお願いして、万が一の事があった時の事を
        考えると、どうしても踏み込めないんです。
        もう少し考えてみますね。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        たんたんたんさん

        しおりをつける
        blank
        maki
        レスありがとうございます。

        なんだか、掲示板にも時差があるようで(笑)
        あやうく見逃してしまう所でした。 いつもありがとうございます。
        いじわるだなんて思ってないですよ! 細かい事まで一緒に調べて頂いて
        ありがたく思います。

        カレーからドーヴァーまでは車がないと行けないなんて。
        困りました。 私も車で来ている人に頼み込もうかと思いましたが
        心よく快諾してくれる人がいるとも限りませんし(涙)
        私の運転じゃ、一家で違う世に行ってしまうかもしれませんので(汗)

        道が3つになりました。

        業者さんに頼んで飛行機で直行か
        日本に置いて行くか
        日本からフランスまでは機内持ち込みにし、フランスから業者さんに頼んで貨物にするか。

        なぜイギリスはこんなに厳しいんでしょう。
        置いて行く決心も、業者さんに頼む決心もすぐにはつきそうにありません。
        フランスから貨物に乗せるくらいなら数時間で済むのでまだ安心ですが
        その手続きはきっとフランス語がわからないと困難ですよね。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        貨物室

        しおりをつける
        🐶
        わかりづらくてすいません。
        貨物室というのは、航空機内の貨物室です。
        手荷物で預けても、貨物で預けても載せるところは同じところです。

        貨物で預けた場合は飛行機が出発するまで空港内で体調管理等をしながら(獣医師等はいないので、完全ではないですが・・・)出発時間前に航空機に載せられます。
        手荷物でもほぼ同じ行程です。

        飛んでいるときは確認できないので、心配ならばやはり機内持ち込みが一番でしょうね。

        トピ内ID:3088509232

        閉じる× 閉じる×

        湊さん

        しおりをつける
        blank
        maki
        お返事ありがとうございます。

        湊さんの投稿を拝見してから、カーゴ扱いのことも
        調べていたのですが、イギリスまでは11時間くらいの飛行時間。
        それに加えて、出発の2時間前?には業者さんへ預けるとあって
        着いてからの検疫などいれると合計で15時間、もしかした20時間は
        一人にさせることになりそうです。
        空調などは、客室と一緒なんですね。ただ明かりがかなり暗いということでした。

        調べていて、最悪のケースが起こるのは暑さによる衰弱、熱中症が一番大きいのかなと
        思いました。 ストレスだけであれば、精神的には参るかもしれませんが、大丈夫かな。。。

        うちの子は、かなりの恐がりで臆病、寂しがりです。
        健康面は、14才といえども散歩では走りますし、食欲も旺盛、白内障も
        まだそこまではありません。
        腎臓の機能が少し落ちていますが、治療が必要なほどではありません。
        そんな我が子が20時間も耐えられるのか、考えています。。。

        20時間、耐えさせて直行で行くか

        何日もかけて乗り継ぎで行くか。。。

        みなさんなら、どうされますか? 参考までにお聞かせください。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        もうひとつの手段

        しおりをつける
        blank
        たんたんたん


        他にドーヴァーをわたる手段はないか調べてみたんですが。電車でユーロトンネルを渡っても車を積んでいかないといけないんです。

        最後の手段は、KLM航空で機内持ち込みにして、オランダで獣医師に行き、パスポートを作ってもらう。
        そのあとStenalineの船上ケンネルを予約してHookからHarwichまで行く。
        http://www.stenaline.co.uk/ferry/routes/harwich-holland/planning-your-trip/travelling-with-a-pet

        KLMは機内持ち込みが出来ますし、オランダ人は英語が上手なので獣医師さんに行っても英語は通じる筈です。

        がんばってください。

        トピ内ID:9830214925

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        maki
        DEFRA のホームページでも確認しました。
        ケンネルも船にあるのなら、また買う必要もないですし、
        オランダ経由、船の旅で渡英しようと思います!

        先日、DEFRA から船での渡英に関する返信が届いていたのですが、
        そこでも、甲板に置いておけば可能とあって、DEFRA の正規ルートを確認しても
        foot passenger 可能ってなっていたんですよね。
        もしかしたら、カレーからP&O フェリーでも可能かもしれません。

        でも、私はたんたんたんさんの教えて頂いたフェリーの方がペットの状態も
        自分でチェックできるということもあるので、こちらを使おうと思います。
        今度はオランダのことを調べないとですね。

        お陰さまで、やっと安心できる経路が見つかりました。
        みなさんのお陰です。 直接お礼できず、とても残念です。
        親身になって、沢山のアドバイスをくださって本当にありがとうございました。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        良いご旅行を。

        しおりをつける
        😀
        たんたんたん
        安心できるルートが見つかってよかったです。
        何事も真剣に探せば道は見つかるものなんだなあ、と感動?しました。

        新しい土地での生活も、わんちゃんと一緒なら、楽しく始められそうですね。
        犬を連れていることで、広がるおつきあいもありますし。

        トピ主さんの渡英がスムーズに行きますように。

        トピ内ID:9830214925

        閉じる× 閉じる×

        嬉しいニュースがあります!

        しおりをつける
        blank
        eriko
        defraから嬉しいニュースが発表されています。
        2012年1月から随分緩和されます。参照してください↓
        http://www.defra.gov.uk/news/2011/06/30/new-rules-pet-passports/
        狂犬病30日後に血液検査三ヶ月待機、ダニノミトリートメントがなくなり、
        その代わりにサナダムシ検査が追加されました。
        あまり細かい詳細が出ていないので確認していかなければなりませんね。

        (KLMオランダ航空
        2011年4月1日をもちまして、長距離国際線のビジネスクラスにケージのお持ち込みはできなくなりますのでご注意ください。)
        ビジネスクラスには乗せれないとの事でエコノミーは大丈夫か確認しなくてはいけませんね!

        頑張りましょう!!

        トピ内ID:9605001364

        閉じる× 閉じる×

        ルート決めました!

        しおりをつける
        blank
        eriko
        何度もすみません。

        前に書かせてもらったのですが
        UKのペット持ち込みに関して2012年1月1日から緩和される事が分かり
        私と愛犬の移動手段を決定しました!!

        エアーフランス、KLMオランダ航空、ルフトハンザが
        機内持ち込みOKとの事が分かり、各航空会社へ問い合わせました。

        ルフトハンザ、ドイツ経由でUK(ヒースロー入り)をする
        決意をしました。
        成田→ドイツ着→数日滞在(※愛犬の疲れを取る事、念のため獣医師に行く事、
        観光でもしてリラックスする事です)
        →UK(ヒースロー入り)
        をします!

        ドイツ経由を選んだポイントとして
        1;ドイツに犬を持ち込むが容易な事(UKなんかと比べ物になりません)
        2;ルフトハンザ航空へ問い合わせたところ丁寧に教えてくれました。
         ドイツからヒースローまで機内持ち込み可という点 ※フライトが短いです。
        3;ドイツ人の気質
         病院など細かくチェックしてくれます
        4;犬と泊れるホテルが多い事
        5;フランス フェリーも考えましたが移動が多い

        です!
        一緒に乗り切りましょう!!!!

        トピ内ID:9605001364

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        maki
        たんたんたんさん。

        本当に色々と調べて頂いたり、アドバイスくださったり
        感謝してもしきれません。 
        私一人では、ここまで詳しく調べる事はできなかったかもしれません。

        本当にありがとうございました。
        たんたんたんさんも、これからもお身体に気をつけて毎日
        お過ごしくださいね。
        遠い日本から、たんたんたんさんのご健康と幸せを願っています。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        erikoさん

        しおりをつける
        blank
        maki
        レスありがとうございます。

        日本は listed non EU county ですよね?
        なので、3ヶ月待機ではなく、21日待機ではないですか?
        血液検査もなくなっていると思うのですが。
        もしかしたら、erikoさんは unlisted の方を見ているのかも?

        イギリスへの入国なんですけど、必ず貨物で業者を通さないといけず、
        その場合は決められたエアラインになると思っていたのですが。
        ブログで見た方も、ドイツから airpets さんに依頼してましたが
        大丈夫ですか?

        もし、数時間でそれも機内持ち込みでイギリスへ入国できるのであれば
        一番良いかもしれませんね。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る

        イギリスより

        しおりをつける
        🐶
        shin
        初めてレスします、ずっと気になって見ていました。

        makiさんのワンちゃん幸せですね、こんなにも自分の為に飼い主さんが調べてくれる。
        erikoさんやたんたんたんさんが色々トピ主さんの為に調べて下さったことにも
        感動しておりました。

        イギリスは犬天国です。
        犬好きの人が多いし、犬に限らず、動物愛護が素晴らしいです。
        公園もいたるところにありますし、ワンちゃんはノ―リード。
        出会うワンちゃん達もしつけられていて、皆本当にお利口さんに見えます。
        エリザベス女王のワンちゃん達との写真が以前、新聞に載っていましたが
        犬達のとても幸せそうな表情、
        女王のみならず、お散歩で出会う方のワンちゃん達も幸せそうですよ。

        イギリスに住み真に文化的、精神的ゆとりということの素晴らしさを感じる場面が多くあります。
        人との関わりも今の日本よりももっと暖かい感があります。


        どうぞワンちゃん達との渡英お気をつけて


        たんたんたんさんのような方が存在する、日本人も素敵だなあと再認識させてもらいました。
        ありがとう、たんたんたんさん!

        トピ内ID:9157117112

        閉じる× 閉じる×

        shin さん

        しおりをつける
        blank
        maki
        レスありがとうございます。

        そうですね。
        私は本当に出会い運には恵まれてまして、ここでも色々な方が
        親身になって真剣にレスくださり、本当にありがたいと思っています。
        レスはなくとも、経過を観てくれている方がいらっしゃると思うと
        掲示板に残している事も、無駄ではないような気がして嬉しく思います。

        私は、今の愛犬の前に飼ったダックスがたったの3ヶ月で先天性の病気で
        天国へいってしまった事に、今でも罪悪感が残っています。
        「やれることはやったんだ」と思っていても、残念でなりません。

        なので、今の愛犬にはその子の分も幸せになって欲しいと思います。
        一緒に渡英することが、愛犬の幸せなのか悩みましたが
        そうだと信じて一緒に渡英することに決めました。

        暖かいお言葉、ありがとうございました!
        いつか、私もレスくださったみなさんのように、誰の手助けができるといいなと思います。

        トピ内ID:6879874553

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(25件)全て見る
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (25)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0