詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    全身麻酔の事故について

    お気に入り追加
    レス24
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    anesthesia
    ヘルス
    "今現在は"いたって健康な者です。
    手術を受ける時とか(将来いつか必ず来るであろう)考えると怖いです。
    先週の健康診断でも異常なしオンパだった私が怖いだの心配だの言って
    今必死で病気と戦っている方へ失礼極まりないと思うのですが…ちょっと教えて下さい。

    全身麻酔の事故ってどう言う物ありますか?

    私は生まれてすぐ胃の手術を経験しており、その時全身麻酔でした。
    生後数週間でしたので当然記憶ありませんが、私が小学校へあがってからも母からは
    「あの時は大変だったのよー」等話をされる事が多く、トラウマになっているからかもしれません。
    全身麻酔をして目覚めなくなってしまった方。その後息を引き取った方。
    麻酔かけた直後心停止してしまった患者さんの事。
    難しい手術を無事終え、さあ!器官挿入していた管を抜くぞと、引っこ抜いた瞬間心停止になった方・・・・

    どうしてこんなになるのでしょう?

    怖いですよね、麻酔って。

    トピ内ID:5659334964

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 3 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数24

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    麻酔科医の存在

    しおりをつける
    🐧
    ai
    そのような事故が起こらない為に麻酔科医がいるのです。
    彼らは専門知識と沢山の経験を元に、患者さんと接しています。

    私は今年2月に全身麻酔+硬膜外麻酔で、手術を行いました。
    術前に病歴や家族の病歴、その他沢山の項目を麻酔担当医と確認し、麻酔時の危険についても説明されました。

    そしてその人にとって、最善の麻酔方法を考えてくれます。

    もちろん心配は拭えませんが、オペ中の事故は麻酔だけとは限らないのではないでしょうか?

    麻酔科医は全身管理を行う、とても大切な仕事です。
    トピ主さんが、全身麻酔を受ける機会があったら、オペに関わる全てのお医者様を信じるしかないですよね。

    心配し過ぎは体に良くありませんよ。

    トピ内ID:5006737844

    閉じる× 閉じる×

    いざというときには

    しおりをつける
    🐱
    はな
    いざ全身麻酔の必要が起きたら、もう腹をくくって先生におまかせするしかないと思っています。

    重病時の麻酔ではないですが、不妊治療で採卵の時全身麻酔しました。
    むちゃくちゃ恐怖でしたよ。
    直前血圧を測りましたが、とても上がっていました、
    口にあてるマスクがちかづいてくる~、123てかぞえてねと言われたので
    かぞえようとしたらすぐに記憶がなくなりました。

    気がついたら回復室。麻酔のキレが思いのほかよくてびっくりしました。
    あめをもらって帰りました。

    私は大腸の内視鏡検査のほうが苦手です。

    トピ内ID:4322413270

    閉じる× 閉じる×

    昔より安全

    しおりをつける
    keiko
    赤ん坊の頃の全身麻酔は、何年ほど昔のお話でしょうか? その頃より今は格段に安全になっています。
    第一に、麻酔科医が、全身麻酔が必要なほぼすべての手術に参加するようになったから。昔は麻酔の管理はベテラン看護師が外科医の指示に基づいてやっていました。それに比べると安全性は格段にあがりました。
    第二に、赤ん坊と成人では、やはり成人の方が安全です。

    お母様が「大変だった」とおっしゃるなら、何か事故があったのでしょうか?
    あったのなら、その時の麻酔剤の名前等はきいておくと良いです。
    今はあらかじめ何種類かの麻酔剤をテストして、本人にアレルギーなどを起こさない薬剤を用いますが、知っておくに越したことはないでしょう。

    ただたんに「赤ん坊に全身麻酔だなんて、大変だった」というお話なら、すでに麻酔で大丈夫だった体質だということですから、あなたは、手術の経験がない、麻酔でどうなるか分からない人より、むしろ安全です。

    トピ内ID:9779183387

    閉じる× 閉じる×

    うちの場合

    しおりをつける
    blank
    キャンドル
    十代の子供が二人います。
    上の子は二回、下の子は四回の全身麻酔手術を経験してます。
    いずれも地元の大きな総合病院での手術でしたが、前日に麻酔科医の診察があり、麻酔についてのビデオを見て同意書にサインをします。
    その際、質問などがあれば丁寧に説明してくれますよ。
    うろ覚えで申し訳ないですが、手術におけるリスクを点数化したものがあり、うちの子供達はアレルギーがあるため、そこがマイナス1ポイントになるとの事でした。
    しかし、仮に術中にアレルギー反応が出た場合でも、速やかに対応するので、そんなに心配しなくても大丈夫との事でした(どんな手術でも100%の安全はないという程度に考えて下さいとの事)
    稀に悪性高熱症が数万人に1人発症するらしいのですが、現在では死亡率も下がってきているようです。
    手術はリスクがつきものですが、必要だから行うものです。
    信頼出来る病院・医師のもとで行えば、それほど怖がらなくても大丈夫だと思いますよ。

    トピ内ID:6161800977

    閉じる× 閉じる×

    在米中のことですが

    しおりをつける
    blank
    まぁく
    胃カメラをやるのに全身麻酔でした(冷汗)
    米国人は日本人のように胃がんが多くないので、胃カメラを扱う医者も少なく技術的にも下手です。考えてみれば、全身麻酔でこっちは判りませんでしたが、どんなことされたんでしょうか・・・。知らぬが仏かぁ~。

    それから麻酔が効く理由は完全に解明されていないと聞いたことがあります。
    しかし、マヤ文明ではコカの葉を麻酔代わりに脳外科の手術をしていたそうですし、経験的に効果があるという実績の蓄積があると思います。だからこそ麻酔科の医者もいるのでしょう。

    胃カメラ如きで全身麻酔なんてのは日本と較べれば問題外でしょうが、全身麻酔を使わざるを得ないケースであれば怖いことよりも生きたい気持ちが勝るんじゃないでしょうか?

    トピ内ID:2396727704

    閉じる× 閉じる×

    変わった方ですね

    しおりをつける
    blank
    まっつ
    なかなか変わった視点で驚きました。

    麻酔ではなく病気がこわいのが一般的だと思うのですが
    手術だ、抗がん剤だ等いろいろある中で
    トピ主さんは、ピンポイントに麻酔が怖いんですね。
    トピ主さんの経験も、胃の手術をしなければいけない病気に
    なったことが大変ではなく、麻酔が大変だったのでしょうか?


    それはそうとして、麻酔で心停止などの「麻酔事故」はもちろん
    あります。自発呼吸をとめている訳ですから、一定の割合で
    事故は起こるのでしょうね。
    他にというと、色々薬剤を使用するのでアナフィラキシー
    を起こしたりとかでしょうか。


    ただ人の死因で、例えば交通事故よりも圧倒的に稀である
    麻酔事故にこだわる理由に興味があります。

    トピ主さんの子供の頃の麻酔って、どんなだったんでしょう。

    トピ内ID:7066983015

    閉じる× 閉じる×

    昨年、全身麻酔手術受けました

    しおりをつける
    blank
    ふじわら
    ちょうど昨年の8月に全身麻酔による椎間板ヘルニアの手術を受けました。

    全身麻酔ということでトピ主さん同様にとても不安で、主治医にはいろ
    いろ質問しましたが、肥満、糖尿病、高血圧などの患者さんは麻酔事故
    の危険があるけど日頃健康な人はまず大丈夫だと言われました。

    いずれにせよ手術する場合は入院前に詳細な健康診断を受けますので、
    そこで何か引っかかれば手術自体受けられません。

    ちなみに僕の全身麻酔体験ですが

    手術室でホースみたいなものを鼻にあてられ、麻酔医から
    「酸素が出てますのでゆっくり息を吸ってくださ~い」みたいなことを
    言われ、その通りにしたら、ツンとする匂いがして、おちました…

    朝一の手術だったのですが、手術室から出たことも、手術後付き添いの
    家族と談笑した(らしい)ことも全く記憶がなく… ちょと怖いです。

    夜になってからのことは覚えています。

    完全に麻酔が切れたせいか、傷口がメッチャ痛かったです。

    ちなみに僕の腰痛は今はほぼ回復しました。

    健康が一番です。

    トピ内ID:9470144969

    閉じる× 閉じる×

    分かります。

    しおりをつける
    🐤
    ラビ子
    私も随分前ですが、本で、麻酔から目覚めなかった内容の本を読んで怖いなぁと思いました。
    そういう私は、2回全身麻酔で手術しました。
    1回目は、局所麻酔から全身麻酔になり、2回目は初めから全身麻酔でした。私の命に関わる緊急手術だった為、その時、渡辺淳一さんの本を思いだしましたが、万が一、麻酔から覚めなくても致し方ないと腹くくりました。2回目の手術は出産後数時間経ってからの手術だったので無事に終わります様にと祈りましたが。
    怖い事ですが、仕方ない事の様に思います。
    人生何があるか分からないからです。

    トピ内ID:5071640391

    閉じる× 閉じる×

    そうですね…でもね…

    しおりをつける
    💤
    信頼
    たしかに麻酔は怖いですね

    あらかじめ熱心に本当に丁寧に
    危険性や副作用などの確率的な説明を受けると
    なおさら身体に変な力が入り震えるほど
    不安にも心配にもなります

    そして事前に入念な検査も受けます

    でも…その恐怖心を乗り越えてでも
    本来の病気を治してほしいと…
    切実に願うのです

    手術をすれば治る可能性があるのに
    麻酔が怖いから…という理由で諦めてしまう
    その選択肢が持てないのです

    そして怖いからといって麻酔をしてもらわずに
    手術をしてもらいたい…なんて思考もなく
    耐えられるわけもない現実

    手術に関わって下さる医師や看護師たちとの
    信頼関係を必死に築いていく

    そんな環境づくりをしてくれて
    自分自身も、それに応えて…

    万全な状態を整えて頂いた上で
    麻酔を含めた手術というのは行われます

    出頭医の腕を信じて託すのは勿論

    手術室に入ってから色々な器具を全身に装着
    いざ麻酔がかけられ意識がなくなるまでの時間

    患者にとっては
    かなりの時間を要しているように感じられます

    その間じゅう、ずっと声をかけながら
    『一緒に頑張りましょうね』…と
    励まし続けてくれるのが麻酔医です

    トピ内ID:2414261150

    閉じる× 閉じる×

    いや、こわいすよ

    しおりをつける
    🐶
    風車
    母が胆嚢摘出で手術する際 同意のため説明を受けましたが
    術後の「もしも」と同じくらい怖かったです。

    トピ内ID:1004905752

    閉じる× 閉じる×

    事前説明うけました

    しおりをつける
    🐤
    ありらん
    麻酔科医の先生に挨拶したときは手術中の死亡事件みたいなことにはならないだろうな、ともちらっと頭がよぎりましたが、私自身は普通におわりましたよ。大丈夫医療は進歩しています。

    親御さんになにが具体的に大変だったのかきけるとよいんですけどね。薬アレルギーかな。

    トピ内ID:9515878086

    閉じる× 閉じる×

    遙か昔に聴いた事例を思い出しました。

    しおりをつける
    blank
    Joy
    「本人への癌告知」が全く行われていなくて、ただひたすら「隠す」時代の話です。

    とある患者さんの開腹手術が、全身麻酔で行われました。
    普通なら、腰椎麻酔でも充分な手術でしたが、主治医には思う所があったようです。

    そして開腹して数分後には、「こんな所まで」「もう無理だな」という溜息。
    隣接する臓器どころか、離れた臓器にまで癌転移が見つかったのです。
    「これ以上の侵襲を加える方が、患者さんの負担になる」という判断から、
    すぐに切開部分を縫合してしまいました。

    しかし…いつまで経っても、麻酔科医が麻酔を止めようとしないので、
    若い研修医が何事なのか訊くと、
    「この程度の手術が何時間掛かるかは、患者さんの方が良く知ってるんだ。
    だから、ここで時間潰しをして、あたかも手術をしたかのように振る舞うんだよ」と。

    結局、主治医や家族が「手術は成功した」と言った言葉を信じたのか、
    その患者さんは「余命半年」を超えて、二度目の春に亡くなられたそうです。

    確かに、腰椎麻酔では、そんな演技は無理ですからねぇ。
    「QOL」について考える時、いつも思い出します。

    トピ内ID:5015376903

    閉じる× 閉じる×

    直近の記憶が出来なくなった

    しおりをつける
    💢
    ラベラー
    私の母が高齢で大腸がんの手術を全身麻酔で行いました。
    麻酔から醒めてから、直近の記憶がない認知症になりました。あれから十年近く経ちましたが、今もって壊れたレコードのごとく同じ質問や話を繰り返しています。
    手術の時にそれなりの危険性について説明があったのだろうと思いますが、その時は手術自体のことに注意が行っていて、何を説明されたのか全く覚えていません。

    母にとって、結果として手術したのが良かったのかはたまた悪かったのか。
    なんともやるせない気持ちのこの頃です。

    トピ内ID:2204209731

    閉じる× 閉じる×

    知人の話

    しおりをつける
    blank
    リコ
    呼吸用の器官チューブで歯を折られてしまった、とはよく聞きます。口腔外科のない病院だと、その後の治療が実費って・・ひどい話だな~と思いました。私の知る限りではこのくらいです。

    トピ内ID:5896183978

    閉じる× 閉じる×

    4回全身麻酔しました

    しおりをつける
    😀
    ゆか
    重病ではないですが、私も不妊治療の採卵の時に全身麻酔してます。
    これで4回目。
    始めは怖かったけど最近では慣れちゃって、「おやすみー」「昼ごはん何にしよう」って思ってる間に意識が落ちる感じです。

    夫も不妊治療で麻酔の手術をしてますが、手術が終わった後に死にそうな寒さに襲われたそう。
    唇が青いしガタガタ震えてるしで、もう本気で死ぬかと思ったみたいですが、毛布で体を温めたら大丈夫でしたよ。

    事故は怖いけれど、やるしかないのだから、お医者さんを信頼して任せて、
    まな板の鯉状態で治療をお願いするしかないって思います。

    トピ内ID:3162037803

    閉じる× 閉じる×

    怖いよねー

    しおりをつける
    blank
    ちゃっと
    子宮筋腫の手術で、全身麻酔をしました。
    術前に麻酔の危険性について説明をうけ、サインしました。
    たしかに@%かの確率で事故はある。当院では、今までに1件もありませんとか。
    事故が起きたら、私が1号ね~ みたいな

    幸い、無事に手術は済みました。

    にしても、面白いなと思うのは、
    今、健康なトピ主さんにとって、麻酔手術の怖さより
    道を歩いていて車に跳ねられる怖さのほうがリアルじゃありませんか?
    なんで、麻酔が怖いんでしょうね。

    ちなみに私は盲腸が怖いです。
    右腹が痛むたびに「盲腸だったら、どうしよう~」と思います(笑)

    トピ内ID:1469876035

    閉じる× 閉じる×

    死ぬほどの事故なんて

    しおりをつける
    🐱
    喉頭鏡
    昔の「こんな事故が!」的な事故は減っていると思います。そもそも、危険だと認識されていないのに重大な事故が起きたから語り継がれているわけで、ふつうに危険度の高い手術をして亡くなった人の話は仕方ないということになるんですよね。

    生後数週間で胃の手術をしたということは、食道閉鎖か何かでしょうか?麻酔が大変なのではなく、生後数週間の子供だから大変なのではないでしょうか。そりゃ、母親からすれば麻酔から醒めて泣くかどうかが心配だったかもしれませんが、生後たった数週間で手術をしなければいけない状態だったことは麻酔事故と同じくらいレアだと思います。

    麻酔から覚醒せずそのまま…ということは、あったでしょう。でも、

    >麻酔かけた直後心停止してしまった

    麻酔をかけた「直後」に心停止は難しいですよ。

    >難しい手術を無事終え、さあ!器官挿入していた管を抜くぞと、引っこ抜いた瞬間心停止

    「気管」ですが…挿入していた管を引っこ抜いただけで心停止はないでしょ。たまたまタイミングが重なっただけでは?

    なんでもかんでも「麻酔」のせいにするのはどうかと思います。


    トピ内ID:3255164232

    閉じる× 閉じる×

    将来するかも

    しおりをつける
    🙂
    還暦過ぎた
    どうかわからないのに悩んじゃって お暇ですね 今の時代いえいえこれからの時代もっと進歩するでしょう 事故があっても何万人に一人あるかないか ああもっと心配してね  こんな人いるんだ 私も 全身麻酔 何回か経験あり

    トピ内ID:3009703265

    閉じる× 閉じる×

    深く考えたことが無かった

    しおりをつける
    blank
    紫苑
    私は局部麻酔だと吐き気が凄いんです。
    お願いだから全身麻酔にしてと哀願して、手術の途中で局部麻酔から全身麻酔にしてもらったことがあります。

    寝てる間に終わるから、断然良い!と思っていました。。。

    トピ内ID:1958642800

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    anesthesia
    Joyさん
    >この程度の手術が何時間掛かるかは、患者さんの方が良く知ってるんだ。


    このお話って、もしや「白い巨塔」の教授の話では?

    トピ内ID:5659334964

    閉じる× 閉じる×

    持病による

    しおりをつける
    blank
    ミント
    健康な人の全身麻酔は比較的安全に行われていると聞きますが、持病の有無によって危険なレベルがそれぞれあると思いますよ。
    私は呼吸器疾患の持病があるので全身麻酔を行う時のリスクの大きさを主治医から聞かされています。持病の既往歴や重症度によってもリスクが変わってきます。
    もしも突然の事故で意識不明で運ばれた時に、様々な科の専門医で且つ既往歴、病状を知る医師がいないまま全身麻酔をかけられてしまうと命に関わるので少し大変です。

    トピ内ID:5622311367

    閉じる× 閉じる×

    麻酔が何故効くのかしってますか?

    しおりをつける
    🐧
    さっき。
    私は本が好きであらゆる本を読むのが趣味です。
    その中に麻酔の話しが載ってる本を昔読み驚いた事がありました。

    その本には麻酔は何故効くのか本当の本当の所は解明されてなくて、

    今までの統計でこの量ならこの年齢の人でこの体重で何分効くとかって統計でやってると書いてました。

    驚きましたね。何故痛くなくなるのか解明されてないのが。

    でも、人体実験して事故してより安全に蘇生できる方法を統計で導き出してるのが今の麻酔です。

    私も3回全身麻酔しました。
    でも大丈夫でした。


    もう病気になれば医師にまかせるしかできませんし、なるようになるしかないですから考えるだけ無駄ですよ。

    私も目覚めない事故が日本にも過去にあるのは本で知ってましたしその上で全身麻酔しました。

    仕方ないです。
    良くなるためにオペするしかないのですから。


    だから考えてもどうにもならない事ですから、
    考え過ぎないようにした方がいいと思います。

    トピ内ID:9339384193

    閉じる× 閉じる×

    みなさん前向きですね

    しおりをつける
    blank
    スタバ大好き
    私は、主さんと同じで、全身麻酔にかなり抵抗あります。というのも、日帰りの

    手術で、全身麻酔で手術したのですが、さめたとたん、ものすごいめまいと吐き気で
    その日から入院になりました。丸1日水分もとれずに点滴でした。

    むしろ、手術より、この麻酔のほうにトラウマです。もちろん、事前の診断もしました。ひそかに量を間違えられたのではと思い医者にもいいましたが、否定されました。
    もう、麻酔はこりごりです。

    トピ内ID:7828838439

    閉じる× 閉じる×

    複数の麻酔科医

    しおりをつける
    🐶
    ahirunoko
    手術の時に、複数の麻酔科医が居る病院が良いですね。
    上手い麻酔科医だと、スコンと落ちて、パッと目が覚めます。時間だけが抜け落ちています。

    麻酔で死ぬ確率は自動車事故程度かな?
    患者にしてみると、命は一つしか無いのに、確率で物を言うな!と思った。
    最後は、病気で死ぬよりは、麻酔で意識が無い時に死んだ方が楽だぞ、と自分に言い聞かせました。

    トピ内ID:4745207717

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]