詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    言わないようにしている言葉って何?

    お気に入り追加
    レス22
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ももんが
    ひと
    トピを開いていただきありがとうございます。


    タイトルの通りなのですが
    皆さんがいい人間関係を保つ上で、言わないように気を付けている言葉や態度は何ですか?


    わたしは母親から注意やアドバイスをもらった事がありません。

    悪い事をしても嫌味を言われるだけで、何が悪かったのかきちんと教えてもらった事がありませんでした。
    また嫌みや悪口が「躾、愛情」と言われてきたせいなのか、相手を不快にする言葉の区別がつきませんでした。


    今まで周りの大人や友だちとの関係で失敗を繰り返しながら、
    少しずつ何が悪いのか、どんな言葉で傷つけてしまうのか学び、今に至ります。

    特に今でも、嫌な事を言われた時にそれは嫌な事だとすぐに気付けないんです。
    また、相手に反対意見を言ったり断ったりするのは苦手です。思い切って反対したり、それは嫌ですと伝えると、言い方が悪く、人を傷つけしまう事があります。
    和ませるつもりで言った言葉で人を不快にさせた事もあります。
    まだまだ失敗の連続です。


    しかし年下でも年上でも素敵だなと思える人に出会えると、とても勉強になります。



    そこで皆さん、

    普段何気ない会話でこんな事を言われて傷ついた、または、傷つけないように気を付けた態度、言葉はなんですか?
    または人を不快にさせる態度や言葉ってどんなものでしたか?

    自分の意見を伝える時やお断りをする時に気を付けている態度、言葉は何ですか?


    漠然とした質問で申し訳ありませんが、皆さんのご意見、体験談をお聞かせください。

    トピ内ID:9805051668

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数22

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    「ウソッ!?」

    しおりをつける
    blank
    朝霧
    私が気をつけているのは
    相手の言う事を否定しないという事です。

    一番、気をつけているのは
    驚いたときに言う「ウソッ!?」です。

    なるべく「えっ、そうなの!?」を使うようにしています。

    トピ内ID:3347302253

    閉じる× 閉じる×

    人生に関わることなど

    しおりをつける
    blank
    sasa
    相手の人生や生活に関わることは言わないようにしています。
    相談されたり聞かれたら答えますが。
    仕事、恋人、結婚などのことです。

    ・そんな会社辞めた方がいい
    ・そんな恋人とは別れた方がいい
    ・結婚した方がいい
    ・子供作った方がいい

    こういうことを言う人っていませんか?
    もしその通りにして失敗したって、その人が責任取ってくれるわけじゃありません。
    大事なことは簡単に口出しすべきではないと思っています。

    あとは、恋人や配偶者のグチを聞いても、一緒になって悪く言いません。
    女友達が「彼氏がお金にだらしないんだよね~」と言っても、
    「え~!それって最悪だね!」と同調したりしません。
    「断れない性格なのかなぁ」とか「使える限度額を一緒に相談したら?」と言います。
    グチって、自分が言いたいだけで、相手に一緒になって言われるとなんかイヤなものなんです。
    恋人や配偶者は、その人が好きになって一緒にいるのですから、
    否定したら気分を害すると思います。

    トピ内ID:0003539608

    閉じる× 閉じる×

    気をつけています。

    しおりをつける
    blank
    ドラミ
    言わないように気をつけている言葉、あります。

    ・頑張れ!
    ・かわいそう~。
    ・汚い!
    ・私○○キライ~。

    など。
    実際、自分自身が言われてイラッとした言葉は、他人には言わないようになりました。

    トピ内ID:1005841296

    閉じる× 閉じる×

    私の場合は

    しおりをつける
    mix
    彼氏には(年下)「大人になってよ」
    友達を「○○は○○だよ」と断言口調で評価しない(○○だと思うよ、と言う)
    と言わないように気をつけています。
    上から目線だと思われないように。

    トピ内ID:9991025097

    閉じる× 閉じる×

    ネガティブな言葉

    しおりをつける
    blank
    プーさん
    「まずい」、「嫌い」、「気持ち悪い」のような、個人的な感覚で何かを全否定するような単語はなるべく使わないようにしています。

    もうひとつ、私の知人が「死」という言葉をものすごく気軽に使うのですが私はとても抵抗があります。
    例えば「(エアコンの効きが弱くて)暑い~死にそう~」「(お茶にむせて)あー死ぬかと思った」など。
    私の頭がカタイのかもしれないけど、それだけは面白可笑しく使う言葉ではないと思っています。

    トピ内ID:0810257445

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    ももんが
    早速のレスをありがとうございます。
    一つ一つのレス、とても勉強になります。


    朝霧様

    「ウソッ?!」はないのですが「ホントに?!」はよく言ってしまいます。話している人が「否定された」と思わないように聞き手は気をつけないといけないですね。


    昔のわたしは楽しくない話でも、一生懸命相手の気が済むまで我慢して聞いていました。
    友だちから「相手の話を否定しなきゃ嫌な思いをするよ」と言われ、そのさじ加減に悩んでいます。難しいです。



    sasa様

    >相手の人生や生活に関わることは言わないようにしています。

    こういう、相手を不快な気持ちにさせない心遣いっていいですね。


    愚痴を聞いている時も、(全くひどいと思わない時でも)一緒になって「ひどいね」って言っていました。これは止めなくては。


    ドラミ様

    わたしもとても落ち込んでいる時に、
    身近な人に何度も「かないそうね~。人生これで終わりじゃない?」と言われた事があり、なんて傷つく言葉なんだと気付きました。
    「かわいそう」は優しい言葉に聞こえますが、キツイ言葉ですよね。

    トピ内ID:9805051668

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    いろんな経験から

    しおりをつける
    🐱
    るる
    40代主婦です。
    いろいろな経験をし、失敗をして今、気をつけて言わないようにしている言葉。
    sasaさんとよく似ているのですが。

    相手の人生に大きな影響を与える出来事のアドバイスは控えます。
    例えば、別れ・離婚などの相談を受けた時は、気持ちには共感しても
    決定のアドバイスは避けます。
    相手の人生に責任は持てないから、無責任な事は言えない。
    結局、2人のことは2人にしかわからないですし。

    もう1つ、相手の言葉に激しく同調しないこと。
    以前、姑の相談を友人に相談した事があります。
    友人は「わぁ、なんてひどいお姑さん、私なら絶対、我慢できないわ。よく耐えてる」と・・・・
    ますます落ち込みましたね。
    「私はそんなひどい姑にあたってしまったの?離婚して縁を切った方がいいの?」と・・・。
    それ以降、相手が人間関係で悩んでいても、あおるような言葉は控えています。
    「それは、辛いね。でも、もしかしたら○○さんは、そんなつもりはなかったんじゃない?」と言うように。
    でも、これは人に寄るのかもしれません。

    人それぞれだから正解はないのかもしれませんね。

    トピ内ID:3614557974

    閉じる× 閉じる×

    大人の表現をめざそう と思って

    しおりをつける
    blank
    トット
    今はやりの【ぶつ切り言葉】 きもっ(気持ち悪い) の類は使わない。
    ぶっちゃけ もそう。10代のならいざ知らず 大人世代が使うと 薄っぺらに聞こえるから。

    あと、その言葉そのものには罪はないけど「すごい」も なるべく使わない。

    ~すごい暑い日で 高速がすごいし 遊園地もすごい人出で 行列がすごくて
    ジェットコースターがすごくて すごい楽しかった。~

    40近い知人がこう喋ってるのを聞いて「ん?ちょっと幼稚っぽい」と思いました。
    何を見ても「すごい」で片づけると 語彙が貧弱になるんですね。

    [とても ビックリするほど すさまじく とてつもなく 最大限に 非常に 極めて すこぶる・・・ ]
    など できる限り いろいろな表現にするようにしてます。

    ネガティブ言葉も。 嫌い→苦手  まずい→口に合わない くさい→異臭
    などと言い換えるようにしています。

    トピ内ID:4989441446

    閉じる× 閉じる×

    普通

    しおりをつける
    blank
    ひかり
    結婚したばかりのころにとにかく何かにつけて大揉めしていました。

    その時にわかったことですが、育ち方によって「普通」が大きく違うようです。

    祖父祖母両親兄弟と育った私→家族でご飯、しつけに厳しい、家族で居間でみんなで過ごす。

    仕事優先の家庭で育った夫→ご飯はそれぞれ、しつけはなってない、家族で過ごさずそれぞれ個室で過ごす。

    そりゃあ、「普通!!」って言いあっても揉めるはずです。

    それから友人関係でも「普通」は使わなくなりました。
    気をつけていると、友人でも「普通」と思っていることがずいぶん違うことに気が付きました。

    そしてその「普通」が近い人が結局は楽だってことにも。

    そしてこの歳になると(アラフォー)「親に甘えるのが普通」と言っていた友人はトラブルが多いです。

    トピ内ID:6004669008

    閉じる× 閉じる×

    頑張って

    しおりをつける
    🐤
    アイム
    私が言われたくないので、私も言わないようにしています。

    出産の時も、主人に「頑張れだけは言わないで」とお願いしました。

    頑張ってる人に、「更に頑張れ」はあんまりな言葉でしょう?

    なので、私は子供たちにも「頑張って」ではなくて、「頑張ったね」と言ってます。

    トピ内ID:5233695088

    閉じる× 閉じる×

    人の好きなものをけなさない

    しおりをつける
    blank
    yuki


    自分の意見を言うのは、良いのですが、人が好きって言ってるものをわざわざ
    けなさなくても・・・って!
    若い頃の話しですが、私が大好きって言ってた野球選手を10歳も上の男性に
    ひどくけなされ、その人と口をきかなくなったことがあります。
    それ以来、「人の好きなものは、けなさない」と心に決めました
    人との会話って難しいですよねぇ、、、 一緒に長くいればいるほど人を傷つけて
    しまう可能性があると思います。お友達なら離れずくっつきすぎず、うまく距離を
    保てると良いですね

    トピ内ID:6906419131

    閉じる× 閉じる×

    あなたカウンセラーに向いているのでは

    しおりをつける
    blank
    私は援助職なんですがつい我慢できず自分の意見を言いたくなってまうんですよねーあなたは自然に傾聴できてすごいと思います
    カウンセラーの勉強をすると、基礎で相手との距離の取り方やNGワードなども学べますよ。

    相手に寄り添いすぎないコツは「あなたは辛かったんだね」「私はこう思うよ」と主語を言うようにすること。
    相手を不快にさせないためには意見はなるべく否定する言葉は使わないで表現する練習をすること。
    友達同士だと使えないこともあるけど参考には
    わからない→わかりかねる、わからないけど教えて
    しないで→すると私は困るな
    など

    基本普段の人間関係では批判しないことを心がけています
    「あなたって○○」と決めつけるのではなくじゃなく「あなたに○○されて私はこう思った」と主語を自分にして変換して伝える。
    あと個人的に私が夫に言われたのは
    「は?」「あ?」と返事しない「え?」「ん?」にする。
    「知らない」「別に」では会話終了「へーそうなの?」と興味を持つ

    頑張ってー

    トピ内ID:7396439886

    閉じる× 閉じる×

    忙しい

    しおりをつける
    blank
    赤いハンカチ
    私の場合、仕事を通して学んだ経験から「忙しい」「わかりません」は言わないようにしています。

    特に「忙しい」と言ってしまうと、「あなたよりも優先事項があるので時間は取れません」と解釈でき、相手に不快感を与えます。優先事項があれば、それを考慮して「今は時間が取れませんが、○○時/日過ぎでよろしければ、お会いできます」などの期限をお知らせするようにしています。

    わからない事を聞かれたら、「お調べして、後ほど連絡しますね」「○○に詳しい人をご紹介します」などのフォローをし、「知りません」と切り捨てないように心がけています。

    「忙しい、忙しい」を連発する人ほど、時間を有効に使っていないような気がします。

    トピ内ID:0981614809

    閉じる× 閉じる×

    相手の話を遮らない。

    しおりをつける
    blank
    200204
    こんにちは。

    タイトル通りなんですけど、相手の話を途中で遮らないように気を付けています。

    あとは、自分の嫌いな人(芸能人等)が会話の中で話題になっても『その人嫌い』と言わないようにしてます。

    『嫌い』って言葉だけで雰囲気が悪くなるような気がするので。。。
    (もちろん、時と場合によりますが)

    なんだか相手の事ばかり気を回し過ぎていて、ご自身が我慢されてる感じを受けました。
    一生懸命勉強しようという考え方は素晴らしいと思います。
    ですが、ご自身の事も考えてあげてくださいね。
    我慢されてばかりの主様が逆に心配になりました。

    トピ内ID:5382607975

    閉じる× 閉じる×

    「死ね」です

    しおりをつける
    blank
    二重丸
    もう大きくなった我が子たちですが、小さいころから躾けていく際に口うるさく言っていたことは
    「『死ね』は冗談でも口にしてはいけない言葉だ」ということでした。

    今の子供たち(若い人もそうでない人も)って結構気軽なジョークのつもりで言うんですよね、死ねって。
    気に入らない先生や先輩、上司のことを噂する時、ジョークとして「死ねばいいのに」と言う人いませんか?

    人の死を冗談でも望む言葉を口にすることは絶対にあってはならないと思っています。
    それが自分に向けられた言葉だと知ったらどう感じるでしょう。たとえジョークだとしても。

    トピ主さんの求めていることとは違うレスだと思いますが、
    日ごろから気になっていたのでスペースお借りしました。

    トピ内ID:1512014176

    閉じる× 閉じる×

    私は・・

    しおりをつける
    ニャンコ先生
    1友人に対して・・・容姿、学歴、結婚、子供 については自分からは触れないようにします。

    2夫に対して・・・・相手の家族の悪口は、例え夫が言っていたとしても同調しないし、自分からは決して言いません。

    3全ての方に対して・・ネガティブな言葉、汚い言葉は控えます。

    お腹の中では、毒を吐いたとしても、言葉には出さない。これが私のポリシーで誰も知らない私の秘密です。

    これで大抵の人からは嫌われず、信用され、生きやすくなります。

    トピ内ID:3519127557

    閉じる× 閉じる×

    ~してあげた、~するべきだ

    しおりをつける
    🎶
    美奈
    (私は)~してあげた
    (あなたは)~するべきだ

    親にも夫にも、友人・知人、会社の同僚・上司にも、たとえどんなにムカッとする様なことを最初に言われたとしても、私が相手に言わないようにしている言葉です。
    この二つの言葉は、「何様か」って思わせる言葉だからです。


    夫も親達も私と同様、彼らからこの二つの言葉を聞いたことがほとんどありません。
    とはいえ、テキトーに口喧嘩はしてますけどね(苦笑)。
    お互い後まで残らないのは、こういう上からの物言いをしないことかな~

    トピ内ID:1284865826

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんの謙虚さ 素敵です

    しおりをつける
    blank
    苺箱
    人は人、自分は自分。

    よく私も使う表現ですが、人によりその使い方(解釈の仕方)に疑問を感じることがありました。自分を省みるより、自分とそりの合わない人を単に排除する時の方便にするのはいかがなものかと。

    ところがトピ主さんは、もう一歩ご自分の心に踏み込まれて
    他人の言動から学んだり、素直に聞こうと努力されているようにお見受けできます。それはとても謙虚で、素晴らしい!!!
    素直で素敵な方ですね。

    正直 私自身も失敗から多くを学んできたと思う者です。理性や、理屈では解ったつもりでも、感情を揺さぶられることや、全く警戒心無しでいた場合に想定外の事態になり痛い思いをすることも多々ありました。
    人間関係に「完璧な答え」は無いので、これは私にとって一生の宿題なのかと思います。

    さて、私が気をつけている事の一つに「愚痴と相談の線引き」があります。
    私自身が言う場合も、人の話を聞く場合でも、それらが曖昧な場合には誤解と不愉快が生じやすいからです。

    経験上 意外に混同する人がいるように感じるので
    誤解の種は蒔かない、芽吹かせないように出来る限り努力しています。

    トピ内ID:8468194522

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    ももんが
    皆さま、たくさんのレスをありがとうございます。


    また前回のお返事で
    「かわいそう」を「かないそうね~」と書き間違えてしまいました。言葉を話題にしているのに、お恥ずかしいです。


    mix様

    断言口調・・
    数年前に、親しい人から「ももんがは一旦怒ると人に逃げる道を与えない言い方になる」と言われた事がありました。知らないうちに断言口調になっていたのかもしれません。気をつけます。


    プーさん様

    ネガティブな言葉はわたしも苦手です。他人から言われると返答に困ります。ただ笑顔で「そうね」と言ってしまう自分も嫌になるんですよね。楽しくない会話ですよね。


    るる様


    気持ちは共感する。けれど激しく同調しない。
    このさじ加減が難しいです。

    友人の発言後のるるさんのお気持ちは、とても共感できます。わたしも同じように傷つき、また人を傷つけていたと思います。
    相手を不安にさせるような事を言わない。無責任な発言は避ける。気をつけます。

    トピ内ID:9805051668

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    ありがとうございます。トピ主です3

    しおりをつける
    🙂
    ももんが
    トット様

    言葉遣いは相手に不快感を与えてしまいますね。

    わたしはかつて、いきなり自分の話題に入ることが苦手で、「なんか」と無意味に言ってしまう癖がありました。「言葉を丁寧に使うと生き方も丁寧になる」と聞き、少しずつ直しています。
    「ら抜き言葉」や、してない、ではなく「していない」などは気を付けて話していました。でも「すごい」も多く使っています。気をつけなければ。


    ひかり様

    「普通」
    親しい人に自分の意見を言いたい時など、よく使っています。自分が正しいと信じて・・。

    説明が苦手で、その場に合った表現ができない分、「普通は○○だよ」という便利な言葉に逃げていたのかもしれません。それこそ、自分の「普通」の感覚を、断言して押し付けていますね・・。反省です・・。


    アイム様

    わたしは、頑張ってという言葉はそんなに気にならないのですが、

    「頑張って」ではなく「頑張ったね」
    なるほど、と思いました。
    たしかに「頑張ったね」と言うには、相手の事をしっかり見ていないと言えないですね。

    トピ内ID:9805051668

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    ありがとうございます。トピ主です4

    しおりをつける
    🙂
    ももんが
    yuki様

    人に不快な気持ちにさせないように、傷つけないようにするのは本当に難しいです。

    子供の頃から「好きなものをけなされる」行動は当たり前で、けなされない物だけに興味持つようになっていました。大人になって、人の好みは、他人がとやかく言う事ではないし、ましてや決めつける事ではない、と気づく事ができました。

    「人の好きなものは、けなさない」
    今ではとても敏感に反応してしまいますし、相手にも言わないように気を付けています。


    u様

    理解力に乏しく、他人に同調する事で衝突を避ける癖がついているだけかもしれません。偽善者のようで、時々とても自分が嫌になります。

    u様の言葉、参考になります。
    一時期、苦しくていろいろな本を読み、主語を自分にして変換して伝える事を知った時、雷が落ちたようでした。
    頭では何となくわかっているのですが、具体的に使いこなすのは難しいですね。

    トピ内ID:9805051668

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    出産したとき

    しおりをつける
    きょん
    もう15年も前のことですが、次女を産んだ病院に友人・知人が大勢お見舞い(お祝い)に来てくれました。
    私自身は女の子2人姉妹が欲しかったので(私は弟が一人の2人きょうだい)、とても幸せな気分でした。
    そしたら私の叔母が、来るなり突然「次は男の子ね!」って・・・。

    二人目とはいえ、辛い痛みの出産直後にもう次のお産のことを言われたのと、「次は男の子」という言葉に、顔がひきつってしまったのを今でも覚えています。
    どこかに(長男の嫁なんだし、男の子を産まなきゃ)っていう負い目が少しあったのかもしれません。今考えるとものすごい時代錯誤ですが・・・。

    その叔母は私の母のきょうだいです。よかれと思って言ったのでしょうが、未だに心の傷です。生まれたばかりの次女の存在を一言で否定されたようで、すごく悲しい気分でした。(逆に夫の側の親戚は皆、「女の子同士の姉妹でよかったねえ」と言ってくれました。私を気遣ってのことでしょうが、ありがたかったです。)

    こんな言葉を言う人は、もう今時いないでしょうが、「次は男の子(女の子)」は、辛い出産を終えた女性にとって絶対禁句だと思います。

    トピ内ID:2057815964

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]