詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    配偶者が死ぬという事

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    あぴあぴ
    ヘルス
    主人の友人が27歳という若さで亡くなりました。
    体調不良で入院して半年でした。癌でしたが、全く自覚症状がなく、入院した時には手遅れだったそうです。
    夫婦でデザイナーをやっており、いいマンションに住んでいて、美男美女で本当にカッコいい夫婦でした。(7年前に1度会っただけで、私は付き合いはありませんでしたが、旦那がよく話していたので知っています。)

    私はこのことがショックで1日のほとんど、この事ばかり考えています。
    「彼はこの若さで無念だっただろうな」とか「奥さんは日に日に弱っていく彼を見ていて辛かっただろうな」とか、そんな事ばかり考えては泣いています。
    手術できるかもしれないと色々な病院を回ったり、「立てなくなった」「食べれなくなった」という報告、「奥さんは彼の前では明るく振舞っている」と聞いたりしたことを思い出しては辛い気持ちになります。
    今までも親戚が亡くなったりと、人の死は初めてではないのですが、今回のことはいつもと違って凄く辛いのです。自分の事のように思ってしまい、なかなか立ち直れそうにありません・・・。
    時間が解決してくれるでしょうか・・・。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  17
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    分かります (その1)

    しおりをつける
    blank
    シリコンバレー
    私にも経験が有ります。ある日会社から帰宅すると、目を真っ赤に泣きはらしたワイフが手紙を差し出したのです。それは日本に帰っていたカナダで大変親しかった我々の友人の奥さんからのもので、その友人が胆蔵ガンでなくなったの言うのです。その時、10年ほど経った今でも超える物は無い程の衝撃を受けました。手紙によると、その半年前に発覚し、本人には病名を伏せたままでの闘病生活の末、結局亡くなった、と有りました。この後2-3週間ほどは、一人になったり、通勤中のドライブで、私より数年以上若かった、彼の小学生の娘や奥さんを残して死んでいった無念さを思うと涙が止めどもなく出てしまい困りました。彼は陽気の様に見えて、他人に良く気が回り、皆から愛される良すぎるヤツだったのです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    分かります (その2)

    しおりをつける
    blank
    シリコンバレー
    宗教は信じませんが、この時「彼は天国に行ったのだ」と信じられたら、どんなに楽か良くわかりました。(書いていて又涙が出てきてしまいました。)この件はかなり長い間尾を引きましたが、やはり時間が結局は解決してくれます。人生は不公平です。これは受け入れるほかはありません。彼の事は今でも時々思い出しますが、私も続けていかなければならない人生があります。「あぴあぴ」さんもあなたの人生を大切に生きてください。

    そい言えば彼もデザイナーでしたね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    わかります

    しおりをつける
    blank
    せいてん
    私は17の時に父親を突然亡くしました。脳卒中でした。電話で知らせを聞いた時は、頭をガーンと殴られたような衝撃を受け「お父さんが死んだって」と言葉だけが渦巻いていました。

    ショックでした。人ってこんなにも突然に死んでしまうものなんだと思い、それからは、次は誰が死ぬのかと常に不安でした。次に誰が死んでもこんなにショックを受けないように心の準備をしようと思いました。

    母にとっては夫ですから、夫の突然死の後は大変なものがあるのだなと実感しました。

    時は多少そのショックを柔らげてくれますが、いつも不安がつきまとっています。夫のことも心配ですが、夫はいつも大丈夫だよとは言ってくれますが、不安が払拭されることはないです。

    19の時、ある年配の人が周りの友人知人が高齢で亡くなっていくのを見て「死ぬことなんて考えたことないでしょ、若いから」と私に言いました。私はこの人は今まで死を考えることなくその年までやってきた、幸せな人だと思い、黙っていました。

    人には必ず死が訪れます。同じように時間を過ごすなら不安に捕われるより、毎日を充実させ、笑って楽しく過ごして行く方がいいと思い、そうしています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    大変です

    しおりをつける
    blank
    りんな
    私の父は私が10歳のとき、突然死しました。

    自営業の我が家は、朝家族で朝食を食べ、いつもの朝を過ごしていました。
    学校に行き、しばらくすると、先生が慌てて帰宅するように言いました。
    「お父さんが倒れたそうだけど、心配ないよ。でも一応帰宅してね。」と先生は言いましたが、すでに亡くなった知らせだったそうです。自宅前には救急車が音もなく止まっていて、家に入る前に嫌な予感がしました。その予感は当たって、父はもうすでに息をしていませんでした。
    さっきまで笑って会話していた父の死をすぐに受け入れることはできず、しばらくは悲しいのか寂しいのか何なのか全然わからず月日が流れました。

    それ以前、以後は私の人生でもはっきりと区別されています。母も自営業を1人で切り盛りして、私と兄を育て、大学まで出し、嫁入りごしらえもしてくれました。
    涙一つ見せず、愚痴も言わず、母親と父親役の両方をこなし、たくさんの苦労をしながら、人生を教えてくれました。

    父の死は悲しい出来事でしたが、母がそれを人生の最大の教訓に変えてくれました。
    私も人並みの人生を送れることに感謝し、日々家族のありがたみを感じて生きています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    悲しいでしょうね

    しおりをつける
    blank
    あだむ
    おととし、実の母が心筋梗塞で突然帰らぬ人になりました。今でも母の死が理解できません。
    死とはなんなのか、今でも考えます
    毎日、毎日殺人事件とかいろんな事件を見ながら、死ぬってどんなんだろう?って思ってます
    ひとつだけ、わかったものは、人の死は、周りの人(特に親しくしていた人)を成長させます。
    私も母の死でかなり成長できたと思います
    人間、必ず残されるものがいます、残される者は苦しいでしょうが、それが試練です
    人の死を無駄にしてはいけません。絶対に。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私の夫

    しおりをつける
    blank
    みっちゃん
    前妻を亡くしています。ガンでした。数年がたち、私と知合い、彼は人生をやり直すことを決めたそうです。それまでは毎日自殺することか、もしくは同じガンになって1年と立たず死んで前妻と同じ世界で再会することだけを考えていたそうです。私もいろいろと悩み、人生で最大の決心をして結婚しました。彼との生活は順調そのものです。2人でのお墓参りもかかしません。彼のやさしさや強さは前妻の存在なしにはありえませんから心の中で大変感謝しています。彼と出会って「死」を考えるにつれ「生」を強く願うようになりました。明日私は死ぬかもしれませんが、その瞬間まで夫を愛して、家族、親戚、友達を愛して生きたいと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    父が

    しおりをつける
    blank
    げん
     私も一ヶ月前、父を亡くしました。病気のことがわかって手術して一年後でしたね。男同士、気を使い、あまり励ましらしいことも言えなかった。
     父の前で常に明るく振舞う母、直接関係のない明るい話題を提供し続けた妹、そして姉などは「まさか、このままもうだめだと思っているんじゃないでしょうね」と強気で説教。
     自分が一番何もしてやれなかったと痛感しています。けれども母からの電話で父が苦しんでいたり、どこが痛くなったなどの度につらい思いをしていたので父本人はもう決して苦しい思いはしないで済んでいることと思っています。
     あとは残された者がその悲しみにどこまで耐えるかです。この辛さや悲しみをいつまでも父のせいにはしたくありません。責任を父に押し付けていることになりますから。
     母のことを今まで以上に大切にしなければと思う今日この頃です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    わかります

    しおりをつける
    blank
    夜更し
    トピ主さんの気持わかります・・・。

    私は結婚していて、夫と毎日仲良く楽しく過ごしています。大好きな夫が死んでしまった時のことを考えると涙がポロポロ止まらなくなります。本当に死んでしまったら涙が止まらないどころか、何も手につかず何も考えられずの状態になってしまうと思います。きっと自ら命を絶ってしまうような気がします。
    大切な人の死って本当に辛いですよね。
    私は死ぬ時は絶対に夫と一緒がいいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    同じように。

    しおりをつける
    blank
    みむ
    トピ主さんと同じような体験があります。
    私は当時23歳、勤務先の方が突然亡くなりました。
    まだ彼は31歳、奥さんは27歳、お子さんは2歳…。

    過労による心臓への負担がかかりすぎ、とのことでしたが
    あまりに突然で悲しい報せに、言葉もありませんでした。

    家族を残して死ぬということの恐ろしさ。
    残された者の悲しさ。全てが自分の感情と入り交じり、
    涙が止まらない夜もありました。

    あれから約10年。私も家族を持ち、今また改めて
    彼とその家族を想うとやるせない気持ちでいっぱいです。

    それでも、人は乗り越えられます。トピ主さんが
    生きている限り、トピ主さんの思い出の中でその人は
    形を失うことはありません。

    今はつらいかもしれませんが、今の自分を大事にして
    前に進んでいくしかないのだと覚悟しましょう。

    生きていること、それだけで大切なことですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    本当に不公平

    しおりをつける
    blank
    配偶者
    私の配偶者も私に幼い子供を遺し、逝ってしまいました。
    子供の世話をし、仕事し、食事し、眠り、友人と会話し、
    時には笑顔を見せられるようになっても、
    普通の毎日をどんなに積み重ねても、もう以前の
    私には戻ることがないような気がします。
    どのようにこの出来事を意味付け、気持ちを前向きに
    持っていこうとしても、いつも失敗し、そして今の現状
    に必死に我慢しています。
    配偶者の人生が終わっても、私と子供の人生は続いて
    いるんだとかみ締めて日々を過ごしています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  17
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0