詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    児童書を探しています

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    タキシード
    話題
    子どもの頃に読んだ児童書を2冊、探しています。
    1974年生まれです

    1冊目

    亡くなったおじいさんが建てたからくり屋敷に、おばあさんと猫が住んでいて、小学生の女の子が遊びに来ている。
    猫はきゅうりが好きで、「猫なのにね」と二人でよく笑っていた。
    ある日おばあさんが亡くなって、女の子にからくり屋敷の相続の話がもちあがる。
    候補者は女の子の他にも二人いて、猫が懐いた人に相続の権利が与えられることに決まった。
    大人がまたたびを使ってズルする中、女の子はきゅうりを猫にあげて、相続を認められることになる。
    からくり屋敷は、児童館として使われることに決まった。

    という内容の話です。
    児童書というより、絵本に近かったかもしれません。


    2冊目
    こちらは、かなりうろ覚えです。
    戦前から戦後、長崎の五島列島に住む女の子のお話。
    玉子かけご飯を食べるシーンからスタート。
    隣には幼なじみの男の子が住んでいる。
    戦前に満州に渡って、戦後引き上げ船の中で男の子の具合が悪くなり、医務室に移される。
    医務室では真っ白のおかゆが食べられると聞いていたため、女の子も仮病を使って医務室へ。
    出された食事は真っ白なおもゆ。
    男の子が回復することは泣く、日本に帰ってくる前に亡くなってしまう。

    満州でのエピソードだったかもしれませんが、女の子が道端で何かを売って家計の足しにしていた時、ロシア人(うろ覚えです)が通りかかって、多額の赤い紙のお金で支払っていく。
    突然の多額の収入に喜んだのもつかの間、次の日にはそのお金には価値が無くなり、ただの紙切れになってしまった。
    だが数日後、そのお金の価値が戻り、飴か何かちょっと贅沢なものを買ったような…?

    2冊目はご覧の通りかなりうろ覚えで、数冊の本が混じっているかもしれません。
    何か思い当たることがありましたら、情報をいただけると嬉しいです。

    トピ内ID:3921637395

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ネコのもらったふしぎな家

    しおりをつける
    blank
    いるか
    一つ目は1978年の岩崎幼年文庫 10
    手島悠介「ネコのもらったふしぎな家」
    では?

    復刊希望サイトでの登録もあって、きっと印象に残る本なのでしょうね。

    トピ内ID:1107545193

    閉じる× 閉じる×

    いるかさん、ありがとうございます

    しおりをつける
    🐱
    タキシード(トピ主)
    これです!

    かぎばあさんの作者の作品だったんですね。
    かぎばあさんのお話も大好きでした。
    大人になって思い返すと、子どもに対する愛情いっぱいの物語だったなあと思います。

    小学2年生の時、叔父から猫を譲り受けて以来、猫が大好きになって、図書館で本を選ぶときもタイトルに「ねこ」が入ってたら必ず借りていました。
    ドンピシャリのタイトルに、わくわくと手を伸ばした自分が想像できます。

    楽天で取り寄せができそうなので、購入します。
    ずっと気になっていた本なので、嬉しいです。
    ありがとうございました。

    トピ内ID:4198153299

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]