詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 料理を好きになる 影響を与える本ありませんか
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    料理を好きになる 影響を与える本ありませんか

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    バッカス
    話題
    美味しいものを食べる事が大好きです。
    しかし、料理はあまり好きじゃないのです。
    結婚したので、料理はするようになったのですが、
    面倒だなーと思う事もしばしばあります。

    食べる事は一生続くし、夫にも美味しいものを
    食べさせてあげたいので、料理教室に通うようになりました。
    料理教室でいろいろ習うので楽しいのですが、
    元来、怠け者、面倒くさがりな性格もあって
    家で料理をするのが億劫になることがあります。

    はじめは料理が苦手、嫌いだったけど、何かきっかけに
    なって変わったというかたいませんか?
    心がけ、取り組みなど、影響される本がないのかなーと探しています。

    おすすめの本はありませんか?

    トピ内ID:4580913503

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お料理の守護霊/竹田真理子著

    しおりをつける
    くらげ
    お料理の守護霊という初心者向けの漫画があります。
    原案が、調理以前の料理の常識という本を出されている渡辺香春子さんで、
    私も料理教室で習ってきたレシピ、結構日常ではめんどくさいなと思っていたのですが、この本は本当に基本的なレシピを取り上げています。
    料理がド下手なOLが、終の棲家として買ったおしゃれな一軒家にとりついた守護霊のおばあさん(←守護霊)が基本の基本から料理をたたきこむっていう内容です。絵での解説がわかりやすいし、私、この本でイカがさばけるようになりました(笑)

    トピ内ID:9983500647

    閉じる× 閉じる×

    男子ごはん

    しおりをつける
    blank
    タバスコス
    テレビでやっているTOKIOの国分太一さんとケンタロウさんの番組です

    とても簡単で凄く美味しいレシピがいっぱいです

    私も料理は得意ではなく面倒くさいと思ってしまうのですが、この番組を見て簡単で美味しい物が沢山あるので料理本も買いました

    良かったら一度見てみて下さい
    番組も面白いですよ

    トピ内ID:2007041949

    閉じる× 閉じる×

    辰巳芳子先生の著書

    しおりをつける
    🐤
    りるら
    私は元々料理が好きだったのですが、
    結婚を機にきちんと栄養のある料理を食卓に出せるようになりたいと思い、
    料理関係の本を読みました。

    その中でも、辰巳芳子先生の「いのちを支えるスープ」には感銘を受けました。
    子供が生まれて最初に口にするのはスープ、病床の人が口にするスープ。
    慈愛のこもったスープは何にも勝るごちそうです。

    また、鈴木登紀子先生の著書からは「丁寧に作る」事を学びました。
    鈴木先生は「登紀子ばあば」としても有名ですね。
    野菜の下ごしらえなど「ああ、これが手間暇かけるということなんだ」と
    学びました。

    「わ、こんなの食べたことない!」という嬉しい驚きの料理を作る先生方の著書も楽しいですが、
    このお二方の著書は「しっかり基礎を学んで、家族にきちんと栄養を取らせたい」と思わせてくれるものばかりでした。
    おすすめです。

    トピ内ID:4100694993

    閉じる× 閉じる×

    絵本ですが

    しおりをつける
    blank
    にゃん
    この絵本を薦めます。

    『ぐりとぐら』
    『しろくまちゃんのほっとけーき』

    描写、音、言葉は少ないけど、難しい事を考えずに、
    料理って楽しそう、と思える本だと思います。

    トピ内ID:8397678237

    閉じる× 閉じる×

    廃刊かもしれないけど。

    しおりをつける
    🐱
    ねむり猫
    もし、読書(文字を読むこと)がお好きであれば

    「ひとり暮らし料理の技術」 津村喬著 を
    オススメします。

    帯には「僕はこの本を喰った。だから食物が読めるようになった。台所があってこの本がないなんて。」と永六輔さんのオススメコメントがあります。

    古い書籍なので、文字ばかりです。わたしは、就職して京都出一人暮らしをすることになって、自炊しなくちゃと、この書籍を友人からプレゼントされました。

    読み進むうちに、なんだかやってみたい。と思うようになったのです。目次をざっと記載しますと。

    1 君も料理してみる?(都会のジャングルの中のきみに)
    2 ともかくはじめてみよう(火があって工夫があれば)
    と、こんな風に続いて、ご飯をたくこと、出汁をとる事と
    続いていきます。

    料理好きになるには、作ってみたい!気持ちが
    一番大事だとおもうので、他の方が推挙されている
    写真で目から入るのもアリだなぁと思いますヨ。

    気持ちが一番大切です。めんどいときは手抜きで
    おいしい出汁とご飯がたければ、お出しを冷やして、
    季節の冷やしお茶漬けもいいものですよ。
    料理しなくちゃ!って気張らないで気楽に気楽に。

    トピ内ID:9679985724

    閉じる× 閉じる×

    料理の四面体

    しおりをつける
    blank
    ゆりん
    ちょっと古い本なのですが「料理の四面体」(玉村豊男)が私は役に立ちました。
    具体的なレシピの本ではないのですが、料理を材料・調理法などからなる四面体に例えてそれをずらしていくことで一つの料理を別の料理にしてしまう。何かを作りたくて材料がないとき、ずらすことで別の料理が作れる、そんなシステマチックな発想を説明してくれた本でした。

    料理を始めたときは材料が足りないとそれだけでやる気がなくなってしまって、たとえば納豆に長葱がないとわざわざ買いに行くか(そして余らせてしまう)、ないのであきらめるか、になるところを青紫蘇を入れるとか玉ねぎを入れるとか何かほかの臭み消しで料理にするというような発想です。

    ごめんなさい、最近読み返していないので具体的な内容は忘れてしまったので、これはうちの義母がやることです。
    うちの義母は農家の主婦で忙しい&畑にある野菜で料理を作らねばならないので、サラリーマン家庭の専業主婦だった実母に比べてかなりアバウトな料理をしていましたが、材料に縛られて作らないよりあるもので料理するというのが私には目からうろこで料理好きになれました。

    トピ内ID:0208205892

    閉じる× 閉じる×

    料理嫌いを解消してくれるかどうか微妙ですが。

    しおりをつける
    🙂
    まーまれーど
    まだ実家にパラサイトしてたころ読んだ本で、群ようこさんの「トラブル・クッキング」というエッセイがあります。
    あまりお料理は得意じゃない、好きじゃないという著者が、それでもなんとかエッセイのために(?)毎月何かをとりあえず作ってみるというものなんですが、面白いくらい成功しないんですよ。お料理できる人からしたら、「どうしてそういう失敗するかな?」みたいなのが多いんでしょうけど、お料理できない派からすると「わかる、わかる~!」というネタが多い、爆笑本です。

    で、私はその本に親近感を覚えたわけですが、同時に「そんな肩に力入れて、まともなものを作ろうって力まなくてもいいんだ。まずは手をつけてみることが大事なんだ。」という域に達しました。達観っていうのかな?笑

    で、開き直ってしまえばあとは楽。あれをやってみよう、これを試してみようと思う気持ちが、このエッセイに助けられ、「失敗しても、群さんの料理よりはまし(失礼!)」と思えば落ち込まずに済む…と。

    難しい事を考えずに読める本です。レシピとしては役立たないけど、気持ち的に楽になれる本です。

    トピ内ID:2402205023

    閉じる× 閉じる×

    クッキングパパ

    しおりをつける
    🎶
    サラスバーティ
    漫画だし、鉄板ですけど(笑)

    食べるっていいなぁ、料理って楽しくて幸せだなぁと
    素直に思える漫画だと思います。
    レシピも手軽で楽しいものが多いですよ。

    トピ内ID:8983053486

    閉じる× 閉じる×

    まずは簡単なものを

    しおりをつける
    blank
    ムーミンママ
    これでもか!という位、簡単な料理をどんどん作ってみたらどうでしょう

    あと、手をかけるのが面倒なら、良い食材と良い調味料を使う事です。

    …ということで、お薦めは「わ かんたん」川津幸子「ケンタロウの和食 ムズカシイことぬき!」
    「ケンタロウの魚!ムズカシイことぬき!」

    あとマンガですが
    「きのう何食べた?」
    よしながふみ
    も、作りたくなる本です!

    トピ内ID:7571056101

    閉じる× 閉じる×

    これかな。

    しおりをつける
    blank
    ななな。
    『ぐりとぐら』は確かにそうですね。
    私(40歳男子)が小さい頃から料理好きなのはこの本のお陰かもしれません。

    『きのう何食べた?』はいかがでしょうか?
    マンガですが料理好きの主人公が家計の工夫をしながらテキパキと愛する人に料理を作ります。

    レシピ本としては、オレンジページブックスの『男子厨房に入るシリーズ』がお勧めです。
    料理の写真が美しいので、「これは作ってみたい!」と思わせるものが多いです。
    実際、どの料理も美味しく作って楽しくなります。

    トピ内ID:1316064985

    閉じる× 閉じる×

    NHKの・・・

    しおりをつける
    blank
    なつ
    ビギナーズがお奨めです。500円とは思えない充実ぶりです。

    今度何を作ろうかなぁと楽しくなります。

    この本をマスターすれば、料理上手になるだろうなと思います。

    料理教室に通ったことがあったけど、家に帰ってまで作らないんですよね。

    私はこの本を購入して料理上手を目指します

    トピ内ID:3882577614

    閉じる× 閉じる×

    有川 浩  植物図鑑

    しおりをつける
    blank
    小池さん
    図書館戦争を書かれた有川 浩さんの植物図鑑をおすすめします。

    内容は恋愛小説なのですが、主人公の女の子が彼と作って食べる食事のおいしそうなこと・・・

    私の大好きな小説です!!

    トピ内ID:8243199314

    閉じる× 閉じる×

    おすすめです

    しおりをつける
    🐱
    くろねこあら
    ずっと実家暮らしでしたので料理は母まかせでした。
    夫と暮らし始める前はカレーライス位しか作れませんでした。
    ただ、トピ主さんと同じく食べることは好きでした。

    そんな時に出会ったのが、料理研究家・高山なおみさんの「日々ごはん」という日記です。

    この本を読んでから、肩の力が抜けて、料理をすることが楽になりました。
    料理する事の楽しさ、生活することの楽しさを教えてくれる本です。

    トピ内ID:9021742317

    閉じる× 閉じる×

    漫画もあなどれない

    しおりをつける
    blank
    こたつ猫妻
    お勧めは「クッキング・パパ」!
    あれを読むと、簡単にできそうに思えるんですよね。
    ちゃんと作者が試食した料理が図解入りレシピとともに載っています。
    私も何回か作った事あり。
    漫画を読むだけでも楽しいし、気楽に手に取れるのではないでしょうか?

    トピ内ID:8643882175

    閉じる× 閉じる×

    漫画ですが

    しおりをつける
    blank
    30代主婦
    CLAMPのHOLiCという漫画はいかがですか?
    料理の漫画ではないのですが、随所に和食を丁寧に作っているシーンがあります。
    料理を丁寧に作ることは、生活を丁寧にすることなんだな~としみじみ思います。
    おさんどんのかっこ悪いイメージが払拭されて、料理ができるってかっこいいな~と思いました。
    私はこの漫画のおかげで、凝った和食や和菓子を作ることにハマりました。

    トピ内ID:4801856902

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]