詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 普段使いできる美しい日本語をお教えください
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    普段使いできる美しい日本語をお教えください

    お気に入り追加
    レス24
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    塩分控えめ
    話題
    始めまして。37歳の子育て主婦です。
    さかのぼりますが「美しい日本語の単語を聞かせてください」というトピを楽しく拝見しました。
    すてきな日本語がたくさん紹介されていて夢中になって読みました。

    私が好きな日本語は、「お開き」と「証し」です。
    「お開き」は昔イベントの仕事をしていたときに、そろそろ終わりますと言った司会者に対し、現場スタッフの方が『終わりは忌み言葉だからこのような席では使用しないでね、「お開き」と言ってね』と訂正していました。
    意味は同じなのに、あえて開くという言葉を使うのは前向きでよい言葉だと感銘をうけた記憶があります。
    「証し」に関しては、確か三浦綾子さんの塩狩峠だったと思うのですが、悩める少女に「それは人間であることの証し」と慰めていた言葉が、響きが綺麗でかつ説得力のある日本語だなと思いました。
    「お開き」も「証し」も事あるごとに使用していたら、子供(6歳児)もまねていることが分かり嬉しく思いました。

    すてきな日本語をこれから次の世代にも伝えてゆけたらな、と思っています。
    皆さんの、好んで使っている美しい日本語、またあえて使用しないように気をつけている日本語などもあったら、ぜひお教えいただきたいです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    トピ内ID:1449296386

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 10 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 6 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数24

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    存じます

    しおりをつける
    💰
    林則徐
    一般的には「知ってます」と謂う謂い方が多いのですが小生は「存じております」と謂う様に「存じ・・」と謂うのが好きです。

    相手に問う場合も「知ってますか?」では無く「ご存じですか?」の方が物腰が柔らかくなります。

    逆に使いたくない言葉の筆頭は頭に「超」とか「凄く」とかを付けて話す事、実に品が悪いですね。それと、若い女の子がよく使う「うそ!」と謂う枕言葉、相手の話に対して返答する時、内容はどうであれ、先ず「うそ!」から始まる枕言葉の「うそ!」が大変嫌いです。これも品が悪い。

    折角、綺麗な日本語があるのですからその様な日本語で話す事の大事さを判って欲しいですね。

    トピ内ID:3884975264

    閉じる× 閉じる×

    謙譲語

    しおりをつける
    blank
    mine
    ふだんあまり使わないですが、もう少し年をとったら(笑)使いたい、
    「頂戴いたします」(これは敬語か?)とか、その他、謙譲語は美しいと思います。

    あと、「お疲れ様です」が好きです。
    年上の方には「お疲れが出ませんように」といういたわりの言葉がある、
    というのを本で知って、使いようにしています。
    使って優しい気持ちになれる言葉が好きです。

    トピ内ID:1697679058

    閉じる× 閉じる×

    敬語

    しおりをつける
    🐱
    にゃー
    敬語がさらっと使えると、上品だな、と思います。

    特に最近は、何でもかんでも「~(さ)せていただく」で済ませてしまうように思います。例えば「見させていただく」「聞かせていただく」など。でも、「拝見する」「うかがう・拝聴する」など、もっときれいな言い回しがあるのに、それを使わないで、「~(さ)せていただく」を乱用するのは、ちょっと安易と言うか乱暴に過ぎるのではないでしょうか。

    敬語も使いすぎるとくどくなるので、使い方のさじ加減が上手な方は、素敵だな、と思います。若い方なら神田さやかさんが敬語を上手に使っていらっしゃると思います。

    以前、こどもが芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を気に入って、寝る前に読んでやっていたのですが、敬語が美しいですよ。

    トピ内ID:4442894099

    閉じる× 閉じる×

    方言ですが

    しおりをつける
    blank
    あらご
    「よろしゅうおあがりやす」

    トピ内ID:9715780674

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    塩分控えめ
    みなさんありがとうございます。

    会社を辞めてから、身なりも言葉も体型もだらしなくなってしまいました。まず親である自分が、襟元を正すべきですね。

    ・「存じております」
    物腰が柔らかくて優しそうです。こんな言葉が似合う女性になりたいです。これを機にまた意識してたいと思います

    ・~させていただく、の乱用、については私も先日本で読んだこともあり、気になっていました。
    きちんと敬語を使い、状況に適した言葉を使えるようになりたいです。

    ・蜘蛛の糸、さっそく子供に読んであげました。
    「~でございましょう」「手にお取りになって」「お歩きになって」ときちんとした日本語でした。
    自分のためにも子供のためにも繰り返し読みたいと思います。

    ・「お疲れが出ませんように」さっそく使ってみました

    ・よろしゅうあがりやす、とはよろしくお願いいたします、のことですか?

    たくさんありがとうございます。引き続き、お付き合いいただけると嬉しいです。また、読書も好きなので、お勧めの本などもありましたら、お教えください。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    トピ内ID:1449296386

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    日本語の持つ美しさ

    しおりをつける
    blank
    こんにちは。
    素敵なトピありがとうございます。

    私の好きな日本語で、「暇乞い」という言葉があります。「お暇します」は子供の頃からよく使っています。

    「さようなら」もごく当たり前の挨拶の言葉ですが、最近、「じゃあね」「バイバイ!」や「失礼します」と言う方が増えている中、、
    私は敢えて「さようなら」と言うことにしています。響きに余韻があって好きなんです。

    便(よすが)と言う響きにも惹かれます。辰巳芳子さんの文章の中でよく見かけますね。言葉の意味と響きがとても合っているような気がします。

    「お体をおいとい下さい」 こちらも良く使う挨拶の言葉ですが、「お大事に」や「ご自愛ください」より柔らかい印象があります。

    子供の頃祖母と一緒に外に食事に出かけると、祖母がお店の方に、「大変美味しうございました」と言っていたものです。
    これをさらっと言えるようになりたいなと常々思っていますが、まだまだ・・・。
    美しい日本語を使いこなせるようになりたいですね。

    トピ内ID:3224084805

    閉じる× 閉じる×

    私の場合

    しおりをつける
    🎁
    うさぎ
    好んで使っている美しい日本語、

    美しいかどうか分かりませんが、気がついたら使っていた言葉です。
    「お足もとの悪い中を」「お手を煩わせて」「お手間かけましたねぇ」「遠慮なく頂戴します」「お疲れさまです」「お色目」「お切れ地」「文様」

    「(食器を)こちら、おさげします」(これは夫に対し食事の時に使います)
    「いってらっしゃいませ」(これも夫に対して)
    「お帰りなさいませ」(夫の帰宅時)
    「お楽になさってくださいませ」(お客様に対して)
    「お力落としのありませんように」
    「お疲れが出ませんように」(特にお相手が喪中の時)
    などです。

    私は華道や茶道の中で長年生きてきたので、お稽古をしていない方に比べたら「ご年配の方が使う言葉使い」かもしれませんが、華道や茶道の言葉使いは、一にも二にも、丁寧に、へりくだり、お相手をたててが基本です。

    「使用しないように気をつけている日本語」

    はやり言葉とでもいいましょうか、タレントさんが面白がって使っている言葉で辞書にも無いような、お言葉です。「美味しいですね」と言う所「まいう」とかって表現してないでしょうか?
    私のうろ覚えかもしれませんが。

    トピ内ID:8987778770

    閉じる× 閉じる×

    二度目です

    しおりをつける
    🐱
    にゃー
    具体的な単語が書いてあるわけではないですが、言葉遣いの心構えのようなことが書いてある本で、

    『わが子に伝える「絶対語感」』(外山滋比古・著)

    という本があります。読んでみると参考になるかもしれません。文庫でも出ていたと思いますが、出版社を失念してしまいました。

    内容も言葉遣いも、とても分かりやすく丁寧に書いてある本ですよ。

    トピ内ID:4442894099

    閉じる× 閉じる×

    ためになります。いいトピだわ~。

    しおりをつける
    🙂
    ふ~
    「お開き」「証し」、
    ステキですね。

    尊敬する姑が言う言葉ですが、
    「お運びくださって・・」
    「ご遠慮申し上げて・・」
    「○○へ赴いて・・」
    などと言います。
    とても好きです。

    「{ふ~}さん、いつもありがとう」
    と、
    優しい声で言われるたびに、
    うっとりする変な嫁です。

    「花」様が仰った、
    「おからだをおいといくださいませ・・」
    なんて、ステキな言葉でしょう。
    あ~うっとり。

    言葉が大好きだ~。

    トピ内ID:9530535501

    閉じる× 閉じる×

    お目にかかる  花を買いたい気分

    しおりをつける
    🎁
    remi
    40代女性です。
    丁寧な話し方の人と話すときは、相手に合わせるためか自然にきれいに話しすように思います。昨日、近所の人と世間話中に「○さん・・、ごぞんじかしら?」と聞かれて「いえ、お目にかかったことはないです。」と答えた私にびっくり。

    日本語って美しいし面白いですね。

    以前、友人らが勉強したり頑張ってる様子を聞いた日、家に帰って高校生の息子に「みんなえらいよ。帰りに花を買いそうになったよ。今晩お父さんと一緒に見ようかなって。」と話すと、「そんで二人でじっと手を見たりして?」と笑われました。
    特に啄木は好きではありませんが、なかなか上手い切り替えしに、感心しました。
    それ以来ウチでは、他人と比べて落ち込みそうという時には「花を買いたい気分」と言い換えて使っています。

    トピ内ID:2278038489

    閉じる× 閉じる×

    せっかくたくさん美しい言葉が挙がっているのに

    しおりをつける
    blank
    Papillon
    「普段使い」は美しくないと思います。
    そもそも言葉について言うものではなく、生活道具(食器など?)のうち
    「とっておき」でないものを指すのだと思いますが、雑誌か何かの造語
    でしょうか。

    ものでも言葉でも、「普段使いできる」ではなく「日常的に使える」で
    いいと思うのです。
    雑誌なら文字数を減らすという意味があるのかもしれませんが、せっかく
    普段から美しい言葉を使おうと意識するなら、小さなところで省力化を
    はからなくてもいいと思います。

    トピ内ID:8191453837

    閉じる× 閉じる×

    ごめんください

    しおりをつける
    🎂
    ホットケーキ
    主に電話を切る時に使っています。他家を訪問した時等にも使います。

    ・ごめんなさい。ありがとうございます。
    どのような場面でも「すみません」で済ませる方が多いのですが
    私は敢えてこの言葉を選び、使い分けています。
    歩いていて人にぶつかったら「ごめんなさい」
    前を歩く人がドアを開けて待っていてくれたら「ありがとうございます」

    難しく考えず、こうした単純な言葉を丁寧に使うことが、美しい日本語に
    つながる気がします。

    トピ内ID:5614558668

    閉じる× 閉じる×

    外国人に教えられた美しい日本語

    しおりをつける
    blank
    歌姫
    以前は
    「元気?」「うん元気」
    っていう感じでしゃべっていました。

    ある時知り合いの外国人に、
    「元気?」
    って尋ねたら
    「はい、おかげさまで」

    なんだか目から鱗、でした。
    そういう言い方は知っているけど、耳にしたことがなかったもので。

    彼女は東欧の大学で日本語を専攻したので、きっと古典的な日本語を習ったのだと思います。

    それ以来、私も
    「おかげさまで」
    というようになりました。

    トピ内ID:2728740834

    閉じる× 閉じる×

    とんでもないことです

    しおりをつける
    🐱
    シリアル
    「とんでもございません」は間違いです。
    かといって「とんでもないことでございます」は大袈裟な感じ。
    なので「とんでもないことです」と言うようにしています。

    「○○さん、先日はありがとう」
    「いいえ~、とんでもないことです」みたいな。

    トピ内ID:6052313319

    閉じる× 閉じる×

    左様でございますか?

    しおりをつける
    雨の日は雨を楽しもう
    こんにちは。

    興味深く読ませて頂きました。

    どうも、誤用らしいのですが、オトナになったら(もういい年ですが)、
    「左様でございますか?」を使ってみたいです。

    固い感じもしますが、相手の言を肯定、否定するにも、強過ぎない感じがして、オ・ト・ナって感じです。


    他の皆様のレスが、超(これは、まずいのね、常用してました)楽しみです。

    トピ内ID:9624505047

    閉じる× 閉じる×

    横ですが、Papillonさんに賛同します

    しおりをつける
    blank
    藤紫
    トピックのタイトルを見たとき、何だかとてもちぐはぐに感じました。
    物にたとえると、「普段使い」といえば、消耗品として擦り切れるまで毎日使い、最後は惜しげもなく捨てるものというイメージがありますので。
    それに対して言葉は、手入れしながら使い込んでいくほどに艶の出るなめし皮や、何世代にもわたって家屋を支え続ける民家の大黒柱のようなものだと思います。

    また、言葉は心あってこそ。
    美しい日本語を知ることの第一歩は、それらしい語彙をかき集めることよりも、全ての言葉について適切で丁寧な用い方を心がけることではないかと思います。
    その上で、より細やかな表現のできる語彙を覚えたい、色々な方の言葉遣いを参考にしたいというのは良いことだと思いますが。

    私自身の言葉遣いが乱雑なのに、偉そうなことを言って申し訳ありません。
    自戒の意味を込めて投稿させていただきます。

    お目汚し失礼いたしました。

    トピ内ID:7467055319

    閉じる× 閉じる×

    まだまだ修行中

    しおりをつける
    blank
    たあちゃん
    ありがとう ごめんなさい 失礼します もしもし(呼びかけ) お邪魔します ・・・・。

    最近、どんな場面でも「済みません、すいません」で済ませてしまいがち。
    便利と言えば便利ですが、できるだけその場に合った言葉を探して使うようにしていきたい。

    「恐れ入ります」の言葉の響き 素敵ですね。 これから取り入れていきたいな とこのトピを読んで思いました。

    トピ内ID:6115886457

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    塩分控えめ
    ありがとうございます。

    すてきな言葉をたくさん教えていただき、改めて日本語の美しさというものを感じています。

    特に年配の方の使う言葉や、茶道や華道をされてる方の言葉は、綺麗で丁寧ですね。ため息がでるほどです。
    ご主人さまに対してもきちんとした言葉を使っているかたもいて、すばらしいことだと思います。
    私も見習いたいところですが、まずは間違った日本語を使用しないところから始めたいと思います。
    トピックに「普段使い」という表現をしましたが、不適切だったということも分かりました。「日常的」という言葉を教えてくださりありがとうございます。

    みなさんからのレスをもとに本も予約しました。
    ・石川啄木 一握りの砂、悲しき玩具
    ・外山滋比古 わが子に伝える「絶対語感」-頭の良い子に育てる日本語の話し方-
    ・外山滋比古 わが子に伝える「絶対語感」練習帳
    ・辰巳浜子 まごころの人

    手元に届くのが楽しみです。

    まだまだお付き合いいただけると嬉しいです。
    どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

    トピ内ID:1449296386

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    「すばらしい」

    しおりをつける
    blank
    赤き潮
    私の母は「恐れ入ります」を使いますね。
    母はミーハーできゃぴきゃぴしているおばさんなのですが、このときばかりは上品なおばさまに見えます。

    とても良いものを見たときに、「すごい」や「すてき」を多く耳にしますが、、私は「素晴らしい」を使います。「晴」という字が入っているからか、首もとを風が吹き抜けていくような涼しさを覚えてなにか爽やかな心持ちがしてきます。

    それから
    「気持ち」→「心持ち」(全てを心持ちに変換するわけではありませんが)
    「~するわけにはいきません」→「~するわけにはまいりません」
    「知ってます」→「存じてます」

    実をいうと「存じている」は、友達との会話で「いや、存じないね」と使うと文豪のようで面白いから使い始めたのですけれど。

    きれいな言葉遣いを身につけるためには、昭和発行の本を読むことにしています。
    図書館の、背表紙が白くなってページが茶色くなったものなどはまさしく「素晴らしい」です。
    海外の児童文学を読むことが多いのですが、やはり昭和に翻訳されたものは言葉づかいが丁寧で気持ちがいいものです。

    トピ内ID:2492616194

    閉じる× 閉じる×

    難しいですね。

    しおりをつける
    😀
    有為子
    とてもいいトピですね。
    皆様のレスを読むのが楽しみです。
    すぐに使える言葉がたくさん詰まっていますね。
    参考にします!

    私は人が来たときに使う『おみえになった』という言葉が好きで
    仕事中でもよく使うのですが
    何かの本で、どなたかが『人が来たことをそういう風に言うのって
    気持ちが悪い』と書いてらしたのが引っかかってしまいました
    (でも使ってますけどね)。

    すみません、にゃー様へ
    ご自身のお子様に『蜘蛛の糸を読んでやった』というくだり、
    最近では珍しい、美しい言葉だと思いました。
    人さまの子供に対しては、『~してあげた』というべきでしょうが
    自分の子供にそう言えるにゃー様、素晴らしいと思いましたよ。

    トピ内ID:6424428081

    閉じる× 閉じる×

    かしこまりました。うけたまわります。

    しおりをつける
    🐱
    しまねこ
    これは、ビジネスシーンで「!」となることがあります。

    「かしこまりました」

    「うけたまわりました」

    これがサラっと使いこなせるのは、教養+品格を感じさせます。

    トピ内ID:9037435706

    閉じる× 閉じる×

    散れる言の葉

    しおりをつける
    blank
    完熟卵
    「遠路のお出まし…」「お世話様でした。」「よしなに…」「ふつつかがある」
    「遅れ馳せ」「お呼び立てして…」「あしからず…」「どうかご容赦下さい/お見逃し下さい」
    「つつがなきを期して…」「すでにお聞き及びのことと…」「御の字です」
    「偽らざる気持ちです。」「おぐしが乱れて…」「よしみを結べましたこと、喜ばしく…」
    「一思いに…」「ご覧に入れましょう」「ひととなり」「申し訳程度の…」「左様なら」

    普段使うような言葉かは疑問ですが、
    秋風にたなびく雲のたえまよりもれいづる月の影のさやけさ
    「さやけし」

    トピ内ID:2375288043

    閉じる× 閉じる×

    だからー

    しおりをつける
    blank
    おはなし
    何か説明をする時に、「だから」ではなく「ですから」とすると、柔らかい印象に…と
    TVで聞いてから、なるほど納得、使うようにしてます。

    トピ内ID:7173673553

    閉じる× 閉じる×

    敬語

    しおりをつける
    blank
    あずき
    今まできちんと敬語を使えていなかった35歳です。お恥ずかしいですが今ようやく勉強中です。敬語は教養のバロメーターとも言われます。私もすみませんばかりつかっていました。恐れ入ります。ぐらいはさっとつぁいたいです。

    トピ内ID:7715931735

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]