詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    祖父の葬儀後の親戚づきあい

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    えみっきー
    ひと
    トピを開いていただき、ありがとうございます。
    私は20代女性の会社員です。
    今年、母方の祖父が亡くなり葬儀に出席しました。親族の葬儀の準備に関わり、出席するのは初めてですので、
    もし私の感覚がずれていましたらご指摘頂きたいと思い相談します。

    祖母は健在で、私の母には兄が1人(Tとします)。Tは奥様と共に、祖父と祖母の共同所有である家に同居しています(T家の子供はすでに独立)。
    祖父が亡くなった日の昼に、Tから母あてに連絡があり、翌日早朝にT家に向かいましたが、
    到着すると、冷たくなった祖父の首にかじりついて泣き続けるTの姿が。
    奥様によると、昨日からずっとこの調子だそうで、そのせいか、我が家以外の親族には連絡が行き渡っておりませんでした。
    私が親族への連絡係、母は葬儀場との窓口、父と妹は親族の送迎係といった感じで、
    主に私の家族が動いたのですが、Tと奥様は放心状態なのかひたすら涙していました。
    この時点で、Tに対して「頼りないなぁ。この人に弔辞読ませて大丈夫かな?」という不安がありましたが、この状況で、ましてや私なんかが言えるはずもなく。
    とにかく、葬儀ってこんなにやらなきゃいけない事があるのかと思うくらい目まぐるしくて、落ち着いたのはお通夜のあとでした。
    何時間かぶりに座ってお茶を飲んだら、思わず「はぁ~」とため息が出ました。
    すると、たまたまそばにいたTの奥様に「おじいちゃんが亡くなったのにため息だけ?涙ひとつ流さず、えみっきーちゃんは強いわね。私は、あなたの一家より長い時間おじいちゃんと一緒だったせいか、辛くて悲しくて涙が止まらない。」と言われました。
    この言葉は、疲労もあったせいかかなり不快に感じました。
    そもそも、葬儀の手配はT家も一緒にすべきではありませんか?

    長くなるので続きます。

    トピ内ID:6403122998

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お悔やみもうしあげます。

    しおりをつける
    😢
    たま
    えみっきーさん、亡祖父様のご冥福お祈り申し上げます。
    私は、主人の両親と同居しておりましたが、昨年姑舅が相次いで病気で亡くなりました。
    主人には姉がいますので、相談することはありましたが、主人が中心になって動いておりました。親戚の送迎などは私が運転しました。

    本当に葬式を出すことは大変なことです。親戚やご友人も弔問に来てくださるし、泣いている暇はありませんでした。夜、布団の中で、生前の姿を思い出し、泣いておりましたが。。。

    本来なら、同居されているTと奥さまが仕切るべきだと思います。
    しかも、Tさんには独立しているお子様がいるなら、若いご夫婦ではないでしょう。それなのに、トピ主家族に任せておいて、その発言はおかしいですね。お疲れになったでしょう。
    人が亡くなるとまだすることがたくさんあります。
    皆様体調崩されませんように。

    トピ内ID:6683777956

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    えみっきー
    たまさん、早速の温かいお心遣いを感じるレスありがとうございます。
    もしかしたら、Tの奥様は悪気があって言ったわけではないのかも知れません。
    今までの親戚づきあいでも、空気を読まないというか、
    思ったことをすぐ言葉にしてしまうようです。
    もちろん、祖父が亡くなって私も悲しいです。
    しかし、T同様、実子である私の母は私以上に悲しみも深く、思うところが様々あるかと思います。
    なので、つい「葬儀の準備にも参加せずにのんきなことをおっしゃるなぁ」
    と気になってしまったのです。
    でも、やっぱり親族どうし、お互い葬儀の準備をするのではと
    たまさんもお考えと分かり、ほっとしました。

    ところが、続きでは、それ以上に信じられないような発言がありました。
    それについても、なんだかT家に違和感を感じずにはいられなかったので、
    改めて続きを投稿させていただきますね。

    トピ内ID:6403122998

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    続きです

    しおりをつける
    blank
    えみっきー
    お通夜のあとの続きです。

    T奥様の発言を聞き流し、その夜はT夫婦、母、私の4人で葬儀場に宿泊しました。
    (私は遠慮しましたが、母が「少しでも祖父のそばにいたい」ということでしたので、都合の悪かった父に代わり私が宿泊しました)
    夕食の際、祖父との思い出話をしましたが、
    そこでも奥様は「えみっきーちゃんは涙も流さずえらい」と発言。
    するとTが「うちの子達より社会人経験も長いし、外孫だからあまり実感もないかな」と言ったのです。
    私は耳を疑いました。
    同居していないと悲しむことなど無いとでも言いたかったのか…
    とにかく、返す言葉もなくまたもや聞き流しました。

    翌日、さらなる衝撃が私を襲いました。
    なんとTは、弔辞でも同じような内容を話しました。
    直接的にではありませんが、
    自分達は同居なので懸命に介護した(祖父は肺ガンで、晩年は入退院を繰り返していました)ですとか、
    内孫である我が子らも、何度もお見舞いして祖父を励ましたですとか。
    なんだか、私たちの存在が無視されたように感じてしまいました。
    ところが極めつけは、火葬場へ移動する際でした。

    続きます。

    トピ内ID:6403122998

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    続きです2

    しおりをつける
    blank
    えみっきー
    うまくトピをまとめられず、長文になってしまい申し訳ありませんが、もう少しお付き合いいただけると幸いです。

    火葬場へ移動する際、T息子のお嫁さんが遺影を動かそうとしていたので、
    母に持たせようと思った私が近づいたところ
    Tに「触らないでくれ!」と怒鳴られてしまいました。
    遺影は結局、お嫁さんが持つことに。
    誰が持つかにこだわる私も頑固かも知れませんが、
    他人である彼女より、実の娘である母が持つのが自然かと思いました。

    この後も、
    葬儀にかかる費用を全額祖母が出したことに対して、
    我が家とT家も負担しようと父が提案したら、T家に拒否されたそうです。
    今後も四十九日や一周忌で顔を合わせますし、
    いとこ(T息子)のお嫁さんとは、結婚が決まる前からよくしていただいていたので、
    なんだか親戚づきあいがぎくしゃくしてしまいそうで心配です。
    何より、私自身がT家に対して嫌なイメージを抱いており、
    母も不愉快な思いをしていることが引っかかります。

    T家の問題発言が気になるのは私達だけ?
    今後、T家とはなるべく会いたくありませんが、付き合いがある場合はどのような心構えで接したらよいでしょうか?

    トピ内ID:6403122998

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    お悔やみ申し上げます

    しおりをつける
    blank
    ばたこ
    嫁いだ娘といっても42歳ですが。実家の葬儀を3度経験した者に言わせたら

    一緒に生活をしていない者の存在は

    そんなもんですよ。

    手配をしなかったTさんはどうかと思いますが

    その後の事は珍しい事ではないと思います。

    初めての身近での出来事との事、想像していた事と違ったのかもしれませんが

    そんなもんです。腹を立てるほどの事じゃありません。お祖父さま、悲しみますよ。

    一つ、よろしいでしょうか
    トピ主さんのお宅とお祖父様のお宅はどれだけの距離なのですか?

    昼に連絡を受けて、伺ったのが翌早朝という点が気になったので。

    トピ内ID:4566638144

    閉じる× 閉じる×

    そんなものかも知れませんね。

    しおりをつける
    blank
    えみっきー
    ばたこさん、レスありがとうございます。

    確かに、同居していれば、
    別居している者には分からない悩みやストレスを抱えてしまうかも。
    こちらがどんなに、感謝の意をあらわそうと、それを形にしようと金銭的なお手伝いをしても、
    T家にしてみたら
    「結局やるのはうちなんだから」
    という思いを抱くのが当たり前なのかも知れませんね。

    実は祖父の生前から、T家の発言に「?」と感じることはありました。
    そんな偏見というか先入観のような考え方を持っていた私のほうが、
    自ら嫌なイメージを抱えて気もいたします。
    今後は、今回のことにこだわらず親戚づきあいをしていかなければ、と思いました。

    距離についてですが、
    私は都内、私の家族は群馬、T家(祖父)は島根に住んでいます。

    トピ内ID:6403122998

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]