詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    • ホーム
    • 話題
    • 図工で絵の授業、油性ペンを使うのはなぜ?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    図工で絵の授業、油性ペンを使うのはなぜ?

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    25年前は小学生
    話題
    子供が小学生です。
    図工で絵を書いてきますが、その絵の出来に疑問があります。
    下書きをした後、油性ペンで線をなぞり、それを絵具で塗っているのです。
    我が子の学校だけではなく、ほかの学校でも同じようです。

    私が子供のころは、鉛筆で下書きしたらそれをそのまま絵具で色づけしていました。
    油性ペンで線をなぞってから色づけするのは、なんだか塗り絵のようで不思議な感じです。
    黒く太い線があるせいか、ベタ塗りの絵が多いような気がします。
    (わが子の絵だけではなく、全体を見てみるとです。)
    この範囲は全部同じ色・・・という感じで。
    例えば空なら全部同じ水色なんです。空でも太陽に近いところは薄い色だったりすると思いますが、そのような色分けができていないような気がします。
    低学年ならともかく、6年生(わが子の学年)でもそうです。

    私は美術に詳しいわけではないので、その教え方が正しいとか間違っているとか言うつもりはありません。
    好みの問題で言うと好きではないとハッキリ言いはしますが。
    (子供には言いません、ここだけの話です。)
    いつからそのような教え方になったのでしょうか。
    油性ペンで線を書くメリットとはなんなのでしょうか。
    中学校や高校でも同じやりかたなのでしょうか。

    わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。

    トピ内ID:0307150315

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 16 面白い
    • 12 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 14 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    20年と少し前に小学生でしたが

    しおりをつける
    blank
    ポニー
    そういえば私が在校していた時は、6年生でもまだ輪郭をサインペンで描いていたような気がします。
    色の塗り方も、全員に指導されるのではなく個々人の工夫に任されていました。
    例外は抽象画の時だけだったような・・・。
    鉛筆の下書きから直接色を塗ること、一箇所の中で濃淡をつけることなどが評価対象の課題になったのは、中学美術からだったと思います。

    しかし、私が現在住んでいる地域の小学校では早くから色々なテクニックを教えているようですよ。
    歩道に面したフェンスに課題のヘチマの絵が多数飾ってあります。
    どれもサインペンは使っておらず、鉛筆の輪郭を隠すように色が塗られていて、グラデーションや滲み・ぼかしなど様々な工夫がされていてそれは見事です。
    ラベルを見たところ、4年生の作品のようでした(防犯意識の高まった昨今には珍しく名前まで出ています)。
    それを見て私は、いまどきの小学校は図工にこれだけ力を入れるようになったのかと感慨にふけっていたのですが、このトピを見るとそうでもないようですね(苦笑)。
    時代よりも各学校によって違うということでしょうか。

    トピ内ID:3998826709

    閉じる× 閉じる×

    そのようなやり方は

    しおりをつける
    🐱
    トマト
    私は見たことありませんが、時々展示されているのをみると低学年にペンで縁取りをしてある物を見かけます。
    学校名が同じなので(こんな書き方で教えているんだろうなあ…)と思いながら見てました。
    息子の学校は違う様ですが私も不思議に思っていました。
    イラストを書くときはペンでもいいと習いましたが、風景画等は縁取りはしない書き方を習ったので、なんだか違和感がありますね。

    トピ内ID:0435743776

    閉じる× 閉じる×

    ないです

    しおりをつける
    🐷
    まんまる
    うちの子ども達の学校では油性ペンを使って絵を描くことはないです。
    昔ながらの鉛筆に下書きに、絵の具ですね。

    周りでも油性ペンを使って、というのは聞かないです。

    地域によるんでしょうか?
    (関東です)


    私が小学校のときの担任の先生がちょっと変わっていて、割り箸を鉛筆のように削って、削った先に墨汁をつけさせ、それで風景画を描かせて、その上から水彩で着色するということをさせてました。
    下書きなしいきなり割り箸ペンで風景を書いていくので、描いてるうちにどんどんずれていくというのはありました。
    失敗を怖れずどんどん描いていく気持ちをやしないたいとか言ってらしたらしいですが、5年6年とほとんどその割り箸ペンでの写生ばかりで、他の図工をやらなかったような気がするんですよね。
    今から考えるとそれってどうだったの?と思いますね

    トピ内ID:0279728185

    閉じる× 閉じる×

    昭和50年代にやってました

    しおりをつける
    blank
    くろ
    S43年生まれ、昭和50年代の小2~小4頃、そのやりかたでやってました。
    小1のときは別の小学校で、そこでは版画やら巨大紙墨汁書きやら色々凝ったことをやってて
    (美大出の母が「絵の専門の先生が見てくれてるのねえ」と感心してた)、
    油性ペン枠つけはやったことがありませんでした。

    が、小2で田舎の小学校に転校したら、絵の時は油性ペン必須!
    「絵の具で絵を描きます」と言われたら、絵の具よりも油性ペンを持ってかないと大変な事になってました。
    母は「そりゃその方が楽だろうけど、枠付け絶対っていうのはどうなの?」と不満げでした。

    小5になったら木工とか彫刻刀とか粘土とか紙細工とかの「工」ばっかりで、
    あんまり授業時間に絵を描かなくなり(その方が楽しかったんですが)、
    絵を描くのって写生大会と夏休みの宿題くらいになっちゃった。
    で、そうなったら好きに描いて良いのですが、
    まあ高学年だし、マジック枠はやめとくか…みたいに自主的に皆やめてました。
    中学ではあり得ませんでした。

    トピ内ID:6625976874

    閉じる× 閉じる×

    ほーー

    しおりをつける
    🙂
    通りすがり
    すみません。全然疑問に思わなかった。
    私は、25年前高学年なので、30年前から油性ペンを使って
    絵を描いている学校はありましたね。
    確かに絵具が重なり合うような微妙なタッチは描けないかも。
    だから私は絵が下手なのかぁ。。。

    トピ内ID:4593106325

    閉じる× 閉じる×

    関東在住です。

    しおりをつける
    🐧
    40代主婦

    小学生の娘がいます。

    図工の絵ですが、普段はほとんど油性ペンは使わない様ですよ。
    ポスターを描いた時は、使っていた気がします。風景画では使用してないですね。
    地域によって、そういう指導があるところもあるのでしょうか。

    トピ内ID:3663654281

    閉じる× 閉じる×

    線の考え方

    しおりをつける
    blank
    おえかき
    美術、図工教育に携わっているものです。
    美術教育には、いろいろな考え方があり、どれが正しいと言い切れないのですが。
    小学校で、消えない線材料を用いることはよくあることです。(油性ペンというわけではなく)
    それには理由があります。子供の発達段階を考えると、小学校では、線で物の形を描くということがとても大切になります。線描の時代と言えるかもしれません。
    中学生になると、輪郭線はだんだんとなくなっていきます。物の違いを線に頼らずに色の違いや、明暗の差で表すことができるようになってくるからです。中学校では、鉛筆だけの場合が多くなります。

    小学校で、ペンで鉛筆の線をなぞって、囲み線のようになっっているというのは、本来の意味からそれていると思います。そこにぬり絵のように色を塗るのでは、物の感じを考えて描いていることになりません。

    消えない線材料を用いる時は、下書きなどせず直接描いていくことで、子供たちは、線を大切にし、生き生きとした表現をしていきます。

    ゆっくりとした線で、大事に線を描いていくこと。子供たちは、そういう経験をして、絵を描く楽しさを知っていくのです。

    トピ内ID:8585931474

    閉じる× 閉じる×

    我が子がしています

    しおりをつける
    blank
    ケロ
    私自身はペンでふち取りをするように指導されたことは一度もないのですが、

    我が子が小学一年生の時に、地域のクラブ活動に参加しており、その時の絵画の先生(?)が
    「油性ペンでふち取りすると、絵がしまって良くなるよ」と教えていました。
    確かに、低学年だと水彩絵の具を上手く使いこなせない(濃く塗り過ぎちゃったり、境界が分からなくなったりする)のでそういう指導をするのかな、と思ってました。
    確かに低学年の絵画やポスターでは良いな~。と思いました。

    そういえば、授業参観では高学年の風景画でも輪郭をペン書きさせていました。
    パレットに同じ色をたくさん作って、べた塗りする子が多かったです。
    木の葉っぱなどは点描する子もいますが、そういう子でも色調はほとんど変えてなかったですね。
    高学年になったら、輪郭なしで、パレットに少しずつ絵の具を混ぜて、いろんな色調で描けるのではなかな、とは思いますが・・・

    今の小学校には水彩絵の具の使い方や絵の描き方をきちんと指導する時間がないのかな?
    結局のところ、担当の先生の力量次第っていうことかな、とも思います。

    トピ内ID:9918787367

    閉じる× 閉じる×

    地域性?

    しおりをつける
    🐤
    ひよこ
    地域性があるんじゃないでしょうか?県によって指導内容が違うとか。
    私(30代)の子供の頃も、私の子供も油性ペンで輪郭を描くことなんてしたことがないです。
    低学年ならわかりますが、高学年でそれでは、絵が上達しませんね。

    私が高学年の頃には、「黄色」と「青」を混ぜて「緑」を作る…とか、グラデーションを使って描いたり結構高度なことしてました。
    先生にもよるのかな.
    最近の教育は勉強だけじゃなくて、図工の授業まで簡単にしてしまってるんですね~

    トピ内ID:6154046513

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    25年前は小学生
    レスをくださった皆様ありがとうございます。
    年代が近い皆様のようで、トピとは関係なくちょっとうれしかったです(笑)

    でもペンを使うのは最近始まったことでもなく、全国的にそうだというわけでもないのですね。
    私の住むところは東北です。
    市内の展示会でも同じ書き方の絵ばかりだったので、全国的にそのような教えかと思っていました。

    トマトさんのレスにありましたが
    >イラストを書くときはペンでもいいと習いましたが、風景画等は縁取りはしない書き方を習ったので、なんだか違和感がありますね。

    私もそう思うんです。
    でも5年生の時に「窓から見た風景」というテーマで絵を書いてあったのですが、
    窓枠やベランダの細かいところまでしっかりとペン入れがされていて、
    構図がうまいとかいう前に線が目立ってしまっていてもったいない仕上がりに思えました。

    まだみなさんのところの図工事情がありましたら教えてください。
    できるものならば、教師の立場の方から油性ペンを使う善し悪しが聞いてみたいです。

    トピ内ID:0307150315

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    40年以上前のことです

    しおりをつける
    blank
    45年前は小学生
    教科担任制の小学校で、1~2年生の時の担任が図工の先生でした。
    当時は、4つ切りの画用紙に絵を描く機会は多く、その先生の指導では、画用紙にいきなり極太の油性マーカーで描き始めるというものでした。間違えたと思った時にはどうしてたんでしょうねぇ? (笑)
    3年生になる時にその先生は異動になり、以後私は図工嫌いになったので、以後の記憶がありません。

    我が子たちは平成の小学生でしたが、学校で画用紙に「絵画」を描いてきたことは一度もありませんでした。図工と言えば、リサイクルと称して、ペットボトルを切り刻んでワケわからんモノを作ったり、牛乳パックをいくつもくっつけて意味ないものを作ったり・・。
    作品も、持って帰る頃には原形を留めておらず何も残ってはいません。
    何時間もかけてじっくりと絵を描く指導をするのは、もう難しくなってきたのだろうなと憂いておりました。

    トピ内ID:1271838695

    閉じる× 閉じる×

    私も違和感あります

    しおりをつける
    blank
    なつかしい
    漫画とかポスターの影響ですかね?

    指導要綱等に書いてあるのかもしれません、小学校では、美術大卒の先生というわけでないですからね・・・

    私は、特に水彩画は、鉛筆の下書きは見えないくらいに薄く書く物だと思っていたので、すごく違和感があります。

    エッチングの色付け、とは違いますから。

    小学校低学年から、水彩で木の絵を描く、などというときには、葉はどれも同じ色じゃないでしょ、よく見て、とか指導されました。(理科系の先生だったこともあるかもしれないですけど、美的にもそうですよね?)

    結局、どの子もそれらしい絵をかけるように、ということですかね。

    トピ内ID:7054885290

    閉じる× 閉じる×

    学校では習ってませんが

    しおりをつける
    blank
    アドベ
    息子の学校では指導はありません…


    絵を書くのが苦手な息子…最後まで今年も残りました。

    夏休みの宿題の絵に、下書きの後油性ペンでなぞらせていろ塗りをさせてみました。

    我が子曰わく、今まで書いた絵で一番はっきり見えてわかりやすくきれいに書けた!し色も塗れたと満足げでした(笑)

    いつも自信なさげに書く息子が楽しんで書いてました!

    いつも単色でパーと塗る息子が空の色は…とか屋根の色は…と色を混ぜたりしてました。

    苦手な子にはいいのかな?と思いました。

    ポスターとかにはいいけど風景画にはどうなんでしょうかね?詳しいわかりませんが…

    トピ内ID:4752270802

    閉じる× 閉じる×

    線画のメリットデメリット

    しおりをつける
    blank
    絵画講師
     義務教育機関での教員経験があります。
     マジック画は指導要領には、無いと思いますよ。

     マジック画に限らず、ペン画アニメ画
     永沢まこと先生が提唱する線画などの
     「線で囲って中を塗る方式」のメリットは、

      あまり技術が要らない(描く方も教える方も)

     という事で、失敗が少なく苦手意識がつきにくい
     ことではないでしょうか。
     とりかかりには、とてもいい。

     そしてデメリットは当然、技術の積み重ねが
     でき難い為(従来の絵画表現に比べ)
     皆似たような表現になります。

     上記よりももっと深刻な点が
     実はあります。教育機関では
     年間計画というものを、4月にたてるのですが
     従来の絵画描法よりも先に、線画
     やデザイン(平塗り)を教えると
     絵画描法の飲み込みが、すこぶる悪い。
     
     線画の安易な表現から、複雑な描法への
     切り替えが、脳の中で出来難くなるのです。
     
     上記の逆は、問題ありません。
     要は順番が大切。
     マジック画に親しんだ小学期を長く
     過ごすと中学に行ってから、大変かも。

    トピ内ID:5452372345

    閉じる× 閉じる×

    2度目です。

    しおりをつける
    blank
    おえかき
    図工教育に興味を持っていただけるのはうれしいことです。
    指導要領は、全国共通です。

    ただ、図工は、子供たちの実態に応じて、指導の工夫が求められていますので、指導者の子供を見る目、指導力でかなり差があります。
    美術教育を受けた専科制を置く地域以外は、担任の指導ですので、準備、計画の必要な図工科はとても大変です。

    レスで拝見した油性ペンでなぞっている事例は残念ながら、意図を忘れて形だけまねている指導でしょう。
    以前のレスで書いた意図に加え、道具は「出会い」も大切です。

    子供たちは、自由に描いてよいというと、鉛筆を選ぶことでしょう。慣れているし、消せるし、安心です。しかし、普段使わない「消せない道具」で描く事で、子供たちに緊張感や、自分の線を大事にする気持ちを持って絵を描く経験をさせることができるのです。

    線が、絵具の表現を妨げるものではありません。
    子供たちは、絵具初心者ですので、もちろん線が助けになってくれます。
    線の中を塗るのではなく、物の感じが出るように、「色で描いていく」ということをしていきます。

    子供たちの絵は、本当に素敵ですよ。

    トピ内ID:8585931474

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      すごいですね!

      しおりをつける
      🙂
      meme
      小学校の図画工作は専門の教師が行ってる訳ではないんです。
      それなので、誰にでも指導できるマニュアルが必要なのでしょう。
      中学、高校は専門の教諭ですので、そんなことはありません。

      トピ内ID:6216811358

      閉じる× 閉じる×

      だいぶ理解できてきました

      しおりをつける
      💡
      25年前は小学生
      2度目のレスをくださった方、新たにレスをくださった方、本当にありがとうございます。

      かなり大雑把にまとめると、

      メリット→教えやすい(理解しやすい)→苦手意識が減らせる
      デメリット→ステップアップしにくい

      こんな感じでしょうか。
      私の子供は絵を書くのが好きだからそう思うのかもしれませんが、できるものならばペン書きはやめさせたいですね。
      私に知識があれば学校では学校のやり方、自宅ではペン書きをしないやり方で教えれば解決できるのでしょうが、
      残念ながら絵心の無い私(および主人)では無理そうです。
      絵画教室に通わせる余裕もありませんしね。

      とりあえずデメリットばかりではないとわかり良かったです。
      中学からの授業で上達してくれることを願います。
      絵画教師さんのレスにあった「深刻な点」が心配ですが、本人が絵に本当に興味があれば克服してくれるでしょう。
      ・・・してくれるかな(苦笑)

      トピ内ID:0307150315

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(2件)全て見る
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (2)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0