詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    仕事人間だった父親を好きですか

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    梅雨空
    ひと
    皆さんは、家族団らんに参加しなかった
    企業戦士の父親が年老いた時、やさしくできますか?

    私は40代既婚の子持ち主婦です。
    両親は現在健康な60代で、父は転勤族の
    サラリーマンでした。
    父は、育児や子どもの教育は母親の仕事と
    自ら断言した人です。
    男尊女卑的で、私達姉妹はほとんど遊んでもらった
    記憶がなく私の子どもの頃は、休日にテレビの前で
    ごろ寝しているか、晩酌しながら野球観戦している姿
    しか記憶にありません。
    母は父を立てていましたので家長の尊厳はありました。
    父の人生は仕事(会社)一筋でした。
    父の働き、稼ぎのお陰で私は短大まで出してもらい
    ました。(私もお金の掛からない子供であるべく
    かなり気を使ってきました。)

    私は子煩悩の夫と結婚し、実父の過去の家庭内での
    存在に疑問を持ちました。自分で我が子に触れ合わず
    して、母に子の不出来をなじる父。昔も今も。
    経済成長を支えてきた父達なのだから、昔の男達は
    そういうものだったのだから仕方がないと、
    私も割り切るべきでしょうか。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    別に好きになる必要はないと思うけど

    しおりをつける
    blank
    砂糖は少なめに
    何が正しいとかは小さな問題ではないでしょうか?

    だってご主人と比較したところで、あなたのお父さんの代わりはいないのですから。
    どんなに家庭的なお父さんでも他人の子供の面倒は見てくれないのですから。

    >父は、育児や子どもの教育は母親の仕事と自ら断言した人です。

    >自分で我が子に触れ合わずして、母に子の不出来をなじる父

    それは「事実」であっても「真実」でしょうか?

    器用な人間もいれば不器用な人間もいます、お金を稼ぐ事でしか愛情表現できなかった人間かもしれません。
    それに本当に家族団らんに参加しなかったのでしょうか、家族の中で父親に対する不満ばかりがつのってたのではないでしょうか、そういう雰囲気はなかったのでしょうか。

    >父は転勤族のサラリーマンでした。

    単身赴任とかなく、家族一緒に動いていたのでしょうか?
    もしあなたが子供や夫と別れて家族の為、一人で生活する事になったらどうでしょうか。

    仕方がないかどうかはわかりませんが、いろんな視点で考えてみたらどうでしょうか

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    割り切るべき

    しおりをつける
    blank
    u
    時代も経済状態も違います。
    お父様を非難される前に、安定した家庭を提供して
    下さったことに感謝しましょう。

    ま、人間的に合う、合わないは、別ですけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    難しい

    しおりをつける
    blank
    長女
    私の父も同じです。仕事かゴルフでほとんど家にいませんでした。子供の頃に会話をほとんどしなかったので、今さら話す事はありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちも同じでした。

    しおりをつける
    blank
    桂子
    私の父も仕事人間で家庭を顧みない人でした。
    まぁたまの日曜はお弁当持って家族で公園や遊園地へ行ったようですがあまり記憶にないんですよね(笑)
    体を張って子供と遊ぶ事をしなかったので弟が2人いますが、私を含めてみんな母親っ子です。

    自分の進路を全て自分で決め「私は将来○○になりたいから大学へ行かせてほしい」って弟は父に頼んだんですが、その時の父の顔は今でも忘れられません。
    父は「俺どういう道に進もうか」とか「この道に行きたいんだけど」って言う相談をしてほしかったようです。大学に入学してから今の今まで「俺には何も言ってくれなかった」って言いますよ(笑)

    話がそれてすみません。そんな父ですが自分が働くよになってから父を尊敬するようになりましたね。感謝もしています。父は冷静沈着で頭がいい人なので不況で一番煽りをうけやすい仕事をしていますが(自営)赤字知らずらしいです。やっぱ仕事ができる人って言うのはカッコいいです。例えばもし母に先立たれ父がひとりになってしまった時は私が面倒を見るつもりです。もちろん主人の理解も必要ですけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと違うかもしれませんが。

    しおりをつける
    blank
    さくら
    私も、夕食にいつも父が居ないことに、疑問を感じていました。
    仕事が忙しく、帰りは9時、10時。休日が一緒になることなんて、ほとんどなかったです。父方の両親の葬式でさえも、遅れてくる始末。
    母が口にしたこともありますが、「家のことを犠牲にしてまで、働かないといけない仕事って、何なの!!」と。そのうえ、頑固で、だらしない。そう思って来ました。でも、働くようになって、こんなに大変なものかと、実感して、始めて父の偉大さがわかりました。未だに、家にいる父の姿しか知らないけど、父としての弱さを見せることなく、家族のために、頑張ってくれていると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の父親も

    しおりをつける
    blank
    mana
    多忙な仕事人間でした。私も40代で、父親はもう高齢になりましたが、都会の大学に行かせてくれて十分に結婚の仕度を整えてくれて、孫にはお祝い事を忘れずにいてくれる、そんな父親に感謝しています。

    若いころは子どもたちとはあまり触れ合う余裕も無く、教育にも口出ししなかったけれど、私はそのほうが良かったのです。
    触れ合いたい子どもには寂しい父親だったでしょうけれど。
    高度成長期を乗り切るためには大変な思いをしたと思いますよ、トピ主さんのお父様も。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    梅雨空
    ご返答有難うございます。

    確かに私には父の代わりなんていないのでしょうが、
    私の心の中には確かに「女より男が欲しかった父」が
    います。父にとって私は代えても良い子どもなのだと
    いうことです。

    父が帰ってくるから部屋を片付け、居間でごろ寝の
    父が休まらないから騒いではダメ。父は私に成績の
    良い友達が出来れば喜び、成績の良くない友達とは
    付き合うなと。
    そしてそれは全部母の口から私に伝えられます。
    (妹に対しての事を父が母に指示しているのを何度も
     見ましたから、父の指示を母が共感し子へ命じる
     図式です)

    単身赴任はありえなく、私は小学校で2回、高校で
    1回転校しました。母方の痴呆の祖母を家に引き取り、
    母1人では介護に無理があるので、私の方が仕事を
    辞めて父の転勤先についていきました。女の子は
    結婚まで親元に住まわせるというのが両親の望みでも
    ありました。

    母と私達姉妹の会話に父はよく「くだらない」と
    言いました。私自身、親になり子育てをしてきて、
    実親への感謝の念が深まるどころか疑問がどんどん
    湧いてきます。
    心から父の日に感謝できない自分が嫌なのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    尊敬…かな

    しおりをつける
    blank
    とんぼ
    生前の父は、仕事が大事で、妻子よりも、
    仕事仲間や友達を大事にする人でした。

    父が帰ってくるのは、月に1~2回で、
    いつもは、署の近くで一人で寝泊りしていました。
    消防官として働いていたんです。
    台風や阪神大震災の時にも、家に酔っ払いが押し込み
    包丁を持って暴れた時も、祖母が危篤の時も
    私が生まれる時も、父は家にはおりませんでした。

    でも、私は父を尊敬しています。
    正義感が人一倍強く、どんな危険の中にでも、
    一番に飛び込んで、人を助けるような人だったそうです。
    そんな話を聞くにつけ、私は父に心配かけてはいけない
    父には、いつでも消防官として、心置きなく
    現場で活躍して欲しいと思うようになりました。
    亡くなった今も、そんな生き方を誇らしく思います。
    ただし、それは父としてでなく…、一人の人間として。

    「お父さん」として…もう一度、父に会えるなら
    きっと「アッカンベー」ってしちゃうでしょうね…。
    アッカンベー!…寂しかったんだよ!!
    私だってお父さんが、欲しかったよ!!!
    って、きっと言うでしょうね。
    生きてる間は、言えなかったから。
    言えばよかったね。ごめんね。どっかで見てるかな?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は父が好きです。

    しおりをつける
    blank
    おじゃ
    仕事人間だった父、うちもそうです。
    でもトピ主さんと違い、私は父が大好きです。

    うちも単身赴任はしませんでした。
    親子で過ごせる時間は短いというのがその理由です。
    もちろん私もそう思い、
    私は小学校で2回、中学校で3回、高校で1回転校しました。
    強いて言うなら、「おじゃは明るいから、転校してもすぐに友達ができるなぁ」と言われるのが、プレッシャーではありましたね。簡単に言ってくれるな~って。

    仕事仕事で、遊んでもらった記憶もほんの少ししかありませんが、なんと言うか、あふれる愛情というのを感じていましたので、今でも父が大好きです。
    確かに、自分も親となった今、「愛し方」は下手くそだなと思います。普段の会話が少なすぎて、私という人間を理解しにくかったのでしょう。

    家を出るのは朝7時、帰るのは午前様が当たり前だったあの頃、頑張り続けて家族を支えてくれた父。
    確かに子どもの頃は理解しにくい存在でしたが。
    年を経て、会話も増え、不器用なだけだと理解しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんのレスを読んで

    しおりをつける
    blank
    砂糖は少なめに
    つまり私の父親はこんなにひどい人間なんです、

    こんなにひどい人間なんだから私は優しくしなくていいし、好きにならなくていいですよねと言ってほしいんではないでしょうか?

    たださあ、あんまり根つめて考えた所でいい方に転ぶとは考えられないんですけどね。

    突き詰めたら
    ・そんな人間、子供を持つ資格なんかない
    ・家族なんかもつ資格なんかない

    そうしてこんな父親なんかいらない子供なんて産まなくていい、そしてあなた自体も産まれる必要もないとなりますよ。

    もう40代で結婚されて子供さんもいらっしゃるのでしょうから、父親の教育方針に疑問があるのなら自分の家庭ですればいい事だし、一人の大人として父親にも接してあげたらどうですか?
    優しくするとかどうとかでなく

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は父が苦手です

    しおりをつける
    blank
    paeoniae
     私の父は50代ですが男尊女卑でステレオタイプ
    な男性です。小さな頃から弟には何でも許して
    いるのに私は「女だから」という理由で髪型から
    服装から勝手に決められて中学受験まで本人の知
    らない間に決まっていました。
    よくがんじがらめな生活で気が狂いそうになった
    のを覚えています。

     大学卒業したらすぐに結婚の話。
    勿論断りましたけど。
    留学すると言うと急須が飛んできて
    「もう28のお前の顔なんてしわしわだ!」
    と怒鳴られ母を責め、一緒に暮らしている
    祖母の元へ逃げる。この父親を見て私は
    反対に女尊男卑な考えを持つようになりました。
    父とは全く反対の男性と結婚しましたが、父は
    今でも私のことは一人の人間の意見として
    受け取ってくれません。それがちょっと悲しい
    ですね。

     もう少し父が大人になって落ち着いてきたら
    沢山話をして理解したいと思っています。
    そのとききっと優しくなれるんじゃないかなって。
    トピ主さんも頑張ってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    向き合ってもらいたかったんですよね

    しおりをつける
    blank
    烏丸
    「うちの父は・・・してくれなかった」と考えてしまうけど、実は「私は・・・してほしかった」ということなんじゃないでしょうか。子供を見ていると、昔自分が子供だった頃の感覚が蘇るって聞いたことあります。今きっと、表現してはいけなかった、本当は表現したかったことが外に出てきてるんだと思います。しばらく時間が経てば、また見えてくることがあったり、違う感覚が出てきたりするかもしれませんね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は母が嫌いです

    しおりをつける
    blank
    愚痴ばっか
    私の父も仕事人間でした。というよりも、
    一家を支え、親戚を支えていくために
    そうなるしかなかったと思います。朝から
    晩まで働き、子育てに参加する余裕なんて
    あるはずもなく。

    私は小さい頃から父が朝出社する姿しか
    見てきませんでした。でもそれでも、父
    は父の務めを立派に果たしたと思います。

    でも。私はそんな父を尊敬しない母が
    大嫌いでしたし、今も嫌いです。仕事で
    ほとんど家にいないため、自分がどこに
    も連れて行ってもらえなかったので「ママ
    はパパが定年退職したら離婚してやるん
    だからね」と小さい頃から言われて育ち
    ました。もちろん、離婚する勇気なんて
    あるはずないのですが。暇を持て余して
    文句ばかり言って。そんな母が大嫌い
    でした。

    主婦をやってらっしゃるようですが、
    家族を食わせるために外で働けば少し
    はお父様の気持ちもわかるかも。子供
    の出来がどうたらこうたらとお母様に
    文句を言うのはどうかと思いますが、
    現代の夫と昔の夫を比べるのは無意味
    だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    べつに…。生きてりゃいいですよ。

    しおりをつける
    blank
    たろう
    うちの父もトピ主さんとこの御父様そっくりですね。
    しょっちゅう転勤あったし…、所詮人事は「ひとごと」なのよねって私はよく言って殴られてましたよ。

    退職して家にいますが、

    祖母(父の母)と母がもめても、逃げるし…。

    平日は部屋に引きこもりでPC三昧…あんたねぇ…って
    かんじですよ。

    そんな父をみて育った私は、仕事ばっかりするようになりました。嫁にも行く気はないですね。男に食わしてもらうなんてまっぴらだから…転勤で、自分が勤めているわけでもない会社の都合で引きずり回されてたまるかって。

    ざまーみろです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    恵まれているという気持ちで

    しおりをつける
    blank
    いちょう
    何不自由なく今まで生きてこられたことを考えれば、自分は恵まれていたと思えるときがくると思います。
    ドラマでやっているような親子関係でなくてもいいじゃないですか。
    家族のあり方はそれぞれ。
    いいご主人のようだし、自分の望む家族は自分で作れるんじやないですか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      トピ主です(1)

      しおりをつける
      blank
      梅雨空
      ご返答有難うございます。
      忙しくても時代が違っても、家族に愛情や尊敬を
      感じさせることのできるお父様も沢山いらっしゃる。
      羨ましく思いました。

      自分の望む家庭は自分で作っていけばいいんですよね。
      ただ、同居の義母からは亡き義父が仕事も家族も大切に
      した人だったと何度も聞かされ、実家は車で10分の
      距離なので、自然に祖父母と孫の関わりや付き合いが
      生まれ、会えば色々干渉されるのが辛いところです。
      自分の娘とはキャッチボール1つしようとしなかった
      のに、孫の教育やスポーツに対して私達の方針を
      批判する実父。

      父のことを好きにならなくても良いと言って貰えるなら
      私は安心できます。父が母に先立たれたとしたら、
      父が心配だからではなく、子どもとしての義務感だけで
      付き合っていくのだと思います。薄情な私です。
      本当にこんな私なんか生まれてこなければ良かったと
      よく思います。でも子持ちの今は無責任な事は
      できないのでこんな気持ちは全部隠したままです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です(2)

      しおりをつける
      blank
      梅雨空
      子供の頃、家族で外出すると妹は母と一緒に歩きます。
      私も母と歩きたい。でもそうすると父がひとりぼっちに
      なるので私は父の側で歩きます。何か話さなくちゃと
      思いながら。妹も母も、私と父の方には来てくれない。
      疑問を持ち始めた今、私は父に優しいふりをするのが
      嫌になったのかも。
      でも、私は大人で母親なのですから常識的な敬老心とか
      家族付き合いを子ども達に教えなければなりません。
      父を早くに亡くした夫に、父の悪口は言えません。

      個人的な単なる愚痴になってしまいました。
      現実の世界で誰にも言えない感情を吐き出して
      ガス抜きをする事ができました。お返事を下さった方、
      アドバイスして下さった方、有難うございました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      またまた、トピ主さんのレスを読んで

      しおりをつける
      blank
      砂糖は少なめに
      一言で言えば「他人の芝は青く見える」話ですね。
      悪いけどもっとひどい環境でも親に感謝し、頑張ってる方はいくらでもおられます、まあこれはおいておいて、
      あんまり難しく考えなくていいのではないでしょうか。

      だって

      >自分の娘とはキャッチボール1つしようとしなかったのに、孫の教育やスポーツに対して私達の方針を
      批判する

      子供(自分)と孫への教育方針が全然違う(全般的に優しいとか関心をもつ)、おまえいつからそんなになったんだ! という話はいくらでも転がってますし

      >同居の義母からは亡き義父が仕事も家族も大切に
      した人だったと

      家族っている時は悪い所ばかり見え、死んだらいい所ばかり思い出すもんでしょ。

      >父を早くに亡くした夫に、父の悪口は言えません。

      ご主人が子煩悩なのはそこにもあるのでは?
      父親のいない寂しさや母親が苦労した姿を見たからでは?
      大人同士なんだからもっと突っ込んで話したら?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      とんぼです。 気にしないで…

      しおりをつける
      blank
      とんぼ
      私も、ホントに尊敬できるようになったのは
      父が亡くなってから…だったように思います。

      お父さんのこと、無理に好きにならなくってもいいと思いますよ。

      私はただ、亡くなったから、可哀相なことしたかなって
      思えてるだけ、私ね、まともに「おとうさん」って
      呼んだこともなかったんです。
      父親って呼べるようなこと、何もしてもらってない!
      って、思っていましたから。

      学校の授業料なども、祖父が経営してた店から出してもらって、
      父が家に入れるお金は微々たる物…。だから、
      幼い頃から、祖父母に気を使い、すごく肩身が狭かった。
      祖父母から父の悪口を聞かされ、「お父さんがごめんなさい」って、
      まるで自分の罪の様に思っていました。
      帰って来もしない父なのに。
      第一、同じ消防官でも父みたいな人はいませんでした。

      だから、父が生きてるうちは、尊敬してるって思い込むことでなんとか、自分のバランス…とってたんですね。

      でも、今でも「お父さん好き」とは、言えない自分がいます。
      もう…笑って許して貰うしかない。これでいいと思っています…。
      トピ主さんも、元気出して!!

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

        注目トピはありません。

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0