詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 天国のペットを思い出す事ってありますか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    天国のペットを思い出す事ってありますか?

    お気に入り追加
    レス28
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ひまわり
    話題
    私は他界したペット達の事を思い出しては、悲しくなり涙が出る事が時々あります。
    2001年の春、愛ウサギを病気で亡くしました。
    時々病院でお世話になり、不正咬合、膿瘍、最期は急性腎不全で苦しんで天国へ逝きました。
    4年というとても短い命でした。
    今も、旅立った時の記憶が鮮明に浮かびます。
    そしてペットロス状態になり、通院していました。

    そして、2004年の秋、12年の愛犬を病気で亡くしました。
    いつも元気だったのに、急に膵炎を患い回復した後、今殆どないらしいジステンバーに感染してしまったのです。
    とても辛い闘病生活の後、息をひきとりました。
    愛犬を励ましながらも陰では毎日泣いていました。
    再びペットロス症候群でした。

    今、愛ウサギも愛犬も同じ共同墓地に眠っています。
    もちろん、時々出かけています。
    今、二匹とも天国で幸せに暮らしていると信じて居ます。
    何度か夢に現れて来てくれた事も有ります。
    でも、何年経っても悲しい記憶は浮かんだりするものでしょうか?
    わたしの場合、人よりもペットへの思いの方がとても強いようです。
    こんな経験のある方っておられますか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 2 びっくり
    • 20 涙ぽろり
    • 5 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数28

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  28
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    悲しかった

    しおりをつける
    blank
    わかば
    ひまわりさん、悲しかった(過去形で)ですね。

    ペットを「亡くした」という言葉は、「おかしい」とよく聞きますが、私も「亡くした」と使います。
    えさも、「やる」でなく「あげる」でしょう。
    だから、とてもあなたの気持ちがわかります。

    私は、15年間、毎日抱っこして寝ていました。
    お骨は、ずっと居間においてお参りもしていました。

    ところが、6年経ったとき、お寺さんが「どんなに可愛いくても、畜生です。 人間とは違います。 犬ちゃんをこの子の両親に返してあげましょう」と仰いました。

    7年忌として、お寺で読経していただきました。
    読経の最中は、雷と大雨でした。 お寺を出るとき、快晴になりました。 青い高い空でしたよ。

    娘と「○○ちゃんが、『ありがとう』って言ってくれたね」と話し合いました。 泣くのはおわり。

    だから、最初に悲しかった、と過去形にしました。
    あなたも、元気だして。 
    可愛がってくれて、感謝してるわよ、きっと! ね。
    写真は、いつも持ち歩いています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありますよ~

    しおりをつける
    blank
    ちょこ
    我が家は私の幼い頃から動、犬、猫、鳥などなど多くのペットと生活を共にしていました。もちろん共に暮らすということは、それぞれの命の終わりまで見届ける責任も持たなければならず、幼い頃からたくさんの小さな家族たちとの別れを経験しました。

    今でもたま~にですが、みんなのことをぼんやりと思い出して心で話し掛けたりすることがあります。数が多いので「○○ちゃんとみんな~」って感じですが・・・

    このごろは、星になった子たちは、飼い主さんが元気で笑っていて、たまに呼びかけてくれるのがうれしいんじゃないかな、と思うようになりました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    毎年法事してます

    しおりをつける
    blank
    さりー
    人間と同じように、彼等の命日にはお線香とキャットフードを添えて、毎年手を合わせています。一匹はもう14年も前、もう一匹は7年前なんですが、今でも思い出すと涙が出てきます。彼等が亡くなった時は、私も声を挙げて泣きました。親が死んでもたぶんあれほど涙は出てこないと思います。(両親様、ごめんなさい!)

    毎日泣かれると天国の彼等も困っちゃうと思うので、年に一度法事の時に思いっきり泣いて、悲しみや思い出に浸り、彼等を忍ぶのはとてもいい事だと思いますよ。現在居る12歳の猫ちゃんも、生きているうちに精一杯可愛がろうと、かなり甘やかして猫可愛がりしてます。いつか分かりませんが、自分が死ぬ時も、天国に可愛い彼等がいると思うと、ちょっと楽しみです。

    ね、そう思うと少し元気がでるでしょう?いつかまた逢えるから、それまで彼等のように精一杯生きて、彼等のように人生楽しく生きていこうよ!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も愛猫を失いました。

    しおりをつける
    blank
    さつき
    私も2年ほど前、5年間子猫の頃から飼っていた猫を白血病で亡くしています。とても可愛い大切な家族でした。今でも思い出す度に涙があふれます。

    猫が亡くなった後、とても不思議なことがあったのです。実は犬も飼っているのですが、その犬は今なお私に歯はむくし一緒にさえも寝ないし近づくと嫌な顔をする犬です。
    しかしその犬がある日急にキャンキャン泣き始め前片足を上げて歩き回っていました。
    目もキョロキョロしていました。

    すると私のヒザに乗ってきたのです。ヒザに乗ってきた事はそれ以前も今現在1度もないので(乗せようとしても絶対乗らない)私は不思議な気持ちでした。甘える様子もなくどちらかというと、「何故俺はこいつのヒザに乗ってるのだろう」という感じでした。そしてしばらくして私から離れていきました。

    後から考えると、あの前片足を上げていたのはもしかしたら猫が点滴を受けていた足(点滴はしていました)だったのでは・・と思います。それを思うと死んでも私に甘えてきてくれたんだなと感じます。なので、可愛がっていたはずですから何度かあなたの前に現れて甘えていたこともあるかもしれませんよ。少なくとも私はそう思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    13年前に亡くなった愛猫

    しおりをつける
    blank
    あん
    ・・・をよく思い出します。

    思春期から大学時代と、自分自身が成長する過程を共有した大切な友でした。その後、私の留学中に老衰で亡くなり、母の手紙を受け取って号泣しました。

    現地人には「なんだ、猫か」と言われました。それからずっと海外暮らしなのですが、実家に帰る度に、愛猫が好きだった場所を見てはそこに居るような感覚にとらわれ、呼びかけてしまいそうになります。

    階段をとんとんと下りてくる足音さえ聞こえるようなのです。死に目に会っていないせいか、そういう時はきっと私に会いに戻ってきてくれるのだと思っていました。でも実家を建替えた時点で、それは終わりました。

    今は、愛猫の写真を在住国に持って来ています。いつか私自身の子供にもこんな友を飼ってあげたいと思っています。

    じんとするトピをありがとうございます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    30年くらい前のことですが

    しおりをつける
    blank
    む・む・む
    39才になりましたが、小2の時に飼ってたネコのことは いまでも思い出します。それより前にもあとにも家でネコを飼ってたのに、一番かわいがってたその子はたった1年で亡くなりました。悲しくて3日くらい ご飯もろくろく食べずに泣き続けました。今でも一番なつかしいネコです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    虹の橋

    しおりをつける
    blank
    とくめい
    http://www.geocities.jp/icke_jp/niji.html

    私が最愛の猫を亡くした時、この虹の橋のお話に大分助けられました。トピ主さんが既にご存知でしたらごめんなさい。

    ペットを亡くした悲しみは新しく迎えるペットが癒してくれるとも言います。私は偶然迎え入れた野良の子猫が家族の仲間入りしてから大分涙の量も減った気がします。

    トピ主さんの愛情を沢山受けて旅立ったうさちゃんとわんちゃんはいつまでもトピ主さんを見守ってくれてることと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    思い出しますとも!!

    しおりをつける
    blank
    クンクン
    もちろんです!
    事あるごとに思い出しては涙が出ます。

    私は10年前に10年間を共に過ごしてきた犬を亡くしました。
    私にとっては子供の頃から一緒に成長してきた親友です。
    犬も人間も同じくらい、亡くなると悲しいし涙が出ます。

    信じてもらえないのはわかってますが、亡くなってしばらくは庭に出ると気配を感じたり、姿が見えたこともあります。
    今はそんなことはなくなったので、きっと天国に行ったんだと思います。

    いづれ私が死ぬときは、この愛犬が迎えに来てくれるような気がします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありますよ。

    しおりをつける
    blank
    うーろんちゃ
    こんにちは。私も愛犬をなくして、たまに昔のことを思い出しながら涙が出たりします。
    写真もキッチンに小さく飾っていますよ。
    ペットは家族同然だと思っているので、そんな自分がへんかなあなんて思ったことなかった。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    悲しみは何故

    しおりをつける
    blank
    猫フェチ
    私は昨年5月に24歳の猫を亡くしました。

    火葬したお骨は、自宅に置いてあります。
    私自身の感覚では、猫は天国へ行ったのではなく私自身に同化して行ったと思っています。

    意識すると私の肩から胸にぴったりと寄り添っている彼女を感じることができます。
    そして、私が悲しいのは、思い出ではなく、もうこれから彼女との新しい思い出が増えないこと、これから彼女と共有する時間が失われてしまったことですね。

    それだけに、彼女がくれた思い出に対して自分はどれだけのことができたのだろうかと悔しい気持ちにはなります。

    トピ主さんは 人よりもペットに気持ちが深くなるのだろうか、ともしかしたら悩んでらっしゃるのかもしれませんが、祖父母、親、友人の喪失と比べればペットの喪失感はまた別な意味で大きいと思います。

    庇護される側と庇護する側の違いでしょうか。。。
    毎日、写真におはよう、といって水を替える、香を焚く、そのうちに彼女が生きていた時間も私の身体の中に解けてゆくのでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  28
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0