詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    漿液性のう腫からチョコレートのう腫へ

    お気に入り追加
    レス0
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    hatsukoma
    ヘルス
    現在50歳です。3年前に、評判も良くわりと大きな病院で受けた検診で、卵巣のう腫(6.5センチ)があると言われ、エコー、血液検査、MRIを受けた結果、
    「さらさらした水のようなもの」、「これを悪性という医者はいない」、「このままでずっと手術しなくてすむかも」、「3-4ヶ月に1度の経過観察」と言われました。
    そのとおりに病院に行き、サイズも最初に言われた6.5センチというのが、エコーの誤差範囲なのでしょうけど、5.5センチ、4.5センチなどと言われており、大きくなったことはなかったのでこのままでいてくれればと思っていました。(1度、腫瘍マーカーの1つの値(何だか忘れました)がリミットの2倍になり、あせりましたが、次の検査では正常でした。)

    そして2年半ほど経ったとき、その医師が辞めたため、担当医師が変わることになりました。
    ここから問題なのですが、新しい担当医師が言うには、私ののう腫は「チョコレートのう腫」だと言うのです。
    新しい担当医師一人の意見ではなく、婦人科医局長(?)さんとも意見交換したそうです。
    チョコの場合、子宮内膜症が原因なのですよね。今まで2年半、「子宮」がどうのこうのという話は1度もありませんでしたので、びっくりしました。
    そして、発見されてから2年半ですが、いつできたかわからないのう腫だし、歳もいってるからとがん化リスク回避のため手術をすすめられています。
    腹腔鏡手術で1週間ほどの入院というので、手術してしまえばすっきりするとも思ったのですが、なんだか納得できません。
    そもそも、ずっと「水まんじゅう」のようだと言われていたのう腫が、実はチョコだったというのは、元の担当医師の見立てが間違っていたということなのでしょうか?そんなことあるのでしょうか?
    こういう経験をした方、その他なんでもいいので教えてください。

    トピ内ID:4233104441

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数0

    レスする
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    このトピにはまだレスがありません。

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0