詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母と自分の人生

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐧
    さちこ
    ひと
    私の考えが親不幸なのかどうか客観的な意見が聞きたくてトピ立てました。

    30代後半 独身 一人娘です。父は小学生の頃病気で他界。
    母は認知症で2年前に施設入所し、現在一人暮らしです。

    父が生存中は経済的にも安定し一人娘として大事にされました。
    ですが父はアルコール依存気味で、呑むと荒れて夫婦喧嘩も絶えず
    子供ながらに毎日がとても辛かったです。
    (怒鳴ったり物を投げたりはありましたが暴力はありませんでした)

    そんな父が亡くなり経済的に苦しくなり母子家庭という事で子供なりに考え
    出来るだけ母に負担をかけないようふるまってきました。
    進学も就職も恋愛もずっと母の側で面倒を見ていく事を基準に決めてきました。
    内心では窮屈に思いつつ苦労をかけた母を見ていくのは義務だと思ってました。

    やがて母は定年後私への依存がどんどん加速し、5年前から認知症になりました。
    約3年単身で介護した末に私自身が介護うつになり母は施設へ。

    初めて母から距離をあけて、鬱の治療を受けるうちに
    今迄の母との関係に向き合い、母子間の共依存やアダルトチルドレンについて知りました。
    少しづつ回復していく過程で今まで全てが母基準で生きてきた自分だけど
    本当は私にも「私の人生」を過ごしていいのかな?と思いはじめました。

    子供の頃から夢もしたい事もなく母を見る事だけが目的でしたが
    ここへきて母の為ではない自分の毎日を過ごしたい願望が生まれました。
    今はまだ 何をどうしたいかも思い浮かびませんが
    母の介護をしつつも、自分の為に生きてみたいのです。
    今の当面の希望は、働いて自分で選んだ食事を作って見たいテレビをみて
    母への言い訳や罪悪感を感じずに友達とお茶したりしたい、位の願望ですが、
    本当にそれでいいのか..施設にいる母への親不幸なのか?
    悩んでいます。

    トピ内ID:8352198781

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    大空見上げるだけ 飛べるんですよあなたの翼で

    しおりをつける
    blank
    なんで
    >私の考えが親不幸なのかどうか
    どこが
    これって子不幸の物語では

    あなたは母子家庭の娘を
    ほぼ 理想どおりされたのでは
    コレは お母さんから見て

    お母さんは今 してやったりと
    想っているのでは
    老後のための子供をつくっておいて
    喧騒からはなれて今は生きるのみ

    あなたは時には 家庭の経済を想い
    背伸びして お母さんと話し
    大きくなったら わたし働くからね

    お母さんの顔色を窺い 顔色よみ
    心を痛めたりした
    心寄せるひとにも 彼がわたしのところに来ないと

    お母さんの人生 お母さんのほうから見ると
    不満の残るものでもない
    でも
    あなたの事を想う心が
    もっともっと欲しかった
    あなたを家から 追い出していただきかった

    若い花には似合う場所がある
    きれいな花を見てくれる人がいる
    花の命は無限ではないし

    >母への言い訳や罪悪感を感じずに友達とお茶したりしたい、位の願望ですが
    洗脳
    お母さんの洗脳とはないのかな

    巣立つた 鳥でよいのでは
    高くも
    遠くも
    そよ風のなか
    けむる雨の中
    好きに飛んでいただきたい

    トピ内ID:9062898124

    ...本文を表示

    自分の為に生きましょう

    しおりをつける
    ストロベリー
    私も母子家庭で育ちました。
    兄と母の仲がよくなく仲裁したりトラブルを産む兄を見ながら私は母に迷惑をかけられないと思い育ち、トピ主様と同じように母のことを基準に進学して結婚しました。
    結婚した相手は母が勧めた人です。
    でも母親と離れて暮らし気づいたのです
    私は自分の人生を歩んでいないと・・・。
    夫と母が仲たがいしたため子供の頃のように最初は仲裁をしていましたがある日疲れて、母親と絶縁しました。
    私は自分の人生を今後歩むために一切の助言を母から聞かないためにです。
    トピ主様は施設にいるお母さんと離れてやっと気づいただけなのですよ
    自分がどれだけ親に支配されていたかを
    気づいたときに自分を変えていったほうがいいですよ
    親不孝という言葉は親が本当に子供の幸せを願って生きている人だけに通用するものです。
    トピ主様は介護うつにまでなったのですよね?
    充分もう親孝行しています。
    どうか自分の人生を歩んでください
    そのまま自分の人生を歩まずに死んでいけば最後に残るのは親に対する恨みだけですよ
    親の面倒を見るために私は産まれたんではないと私はよく思います。
    トピ主様も自分の人生を歩んでほしいです

    トピ内ID:8625434728

    ...本文を表示

    あなたが選ぶ人生

    しおりをつける
    marina
    私は母子家庭ではないですが、似た気持ちを味わってきました。
    やはり親を精神的に切り離すのはつらかったし、痛くて泣きました。
    でもね、きっとね、親の理想通りな自分でも、親が本当に子供の幸せを望むなら、やはりそれで苦しいと感じる状態は、親は本当には望んでいないということになるよ。
    親から離れて本当に自由に幸せを感じられるなら
    それを親は望んでくれるはずだよ。
    もし子供の幸せを望まない親なら、そもそも子供が犠牲になる必要もなし。
    詭弁だけど、どっちにしても、あなたは自由になっていいんだよ。

    だから勇気を出して飛び立とう?
    せっかくのあなたの人生だもの。

    トピ内ID:6162667428

    ...本文を表示

    一緒に 自由になりましょう

    しおりをつける
    blank
    きみこ
    さちこさんの文章を読んで、

    ものすごく がんばられたのだなぁと
    感動しました。
    十分 お母さんのために 尽くされて
    もうこれ以上、いいでしょう・・
    私は そう思いました。

    私も 一人娘で、小さい頃から 親夫婦の仲裁に
    入ってきました。
    今は結婚して、家を出て、一人娘がいますが、

    常に母が心の中にいるのです、そして
    自分自身を親不孝だと そんな声が聴こえるような気がして
    ときどき苦しくなります。

    さちこさんの気持ち、なんとなくですが
    理解できます、
    母を大事にしても、まだ足りないような
    罪悪感のようなものが あるのではないですか?

    私、カウンセラーの方に 二つの言葉を
    自分自身に言うように アドバイスされました。

    「わたしは なにも悪くない」
    「わたしは じゅうぶん がんばった」

    さみしくなったとき、くるしくなったとき
    この言葉を 言ってみて下さい
    わたしは ずいぶん 楽になりました。

    さちこさんは 十分 親に対して愛情を注いできたんですよ
    これからは 自分自身を大切にして いっぱい楽しんで下さい。

    トピ内ID:6874842555

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0