詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    今が私の踏ん張り時なのでしょうか

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ゆず茶
    恋愛
    30代前半の兼業主婦です。

    現在無職の夫の事が不安で夜も眠れません。夫は理系の研究者を目指しております。結婚した当初はポスドクをしており生活には困りませんでしたが期限が切れた今、全くお金を引っ張ってくることが出来ません。それでも毎日職場?(お世話になっている大学)に出かけ、食事の支度を済ませた頃に帰ってきています。

    家事の大半を負担してくれますからその点は助かってますが最近私も疲労が激しく、一体いつまでこの状態が続くのかと思うとやりきれません。研究者の妻なら当分はこの状態で支えていかなくてはならないと頭では分かっているのですが、バイトも何もしない夫に時々苛立ちを覚えてしまいます。業績も論文も多いようですからいつかは、と信じてます。

    同じような立場の方、おられましたらこのような状態の時どのような気持ちで乗り切られましたか?また辛口でも結構ですのでご意見頂けると有難いです。宜しくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  15
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    つらいですよね。

    しおりをつける
    blank
    mai
    うちの夫も無職です。会社を辞めるときに、その会社の請負業務をすることになるから・・と言っていたのですが、結局その話は進まず。
    楽器が弾けるので、教えに行って少しばかりの謝礼をもらってきますが、収入と言えるほどのものもなく。「人脈を広げるため」と出掛けていっては少ない稼ぎを使ってしまっているような状態です。
    家事については、食事の用意と、5ヶ月になる娘の世話はやってくれますが、片付けや掃除は全然できません。
    婿養子のため、私の実家からいろいろ言われる時には、私が間に立って庇っています。(退職する理由は十分同情できるものだったため、仕方ないと思ってます。)でも、私の両親も定年が近付き、数年後には私が、実家含めて7人を養っていかなくては・・と思うと、気が滅入ります。時々、将来が不安で辛くなります。
    すいません。自分のことばかりで、全然お役に立てません。私も、今が踏ん張り時と思って、頑張ってみようと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    ゆず茶
    maiさん有難うございます。暫くどなたからもレスが無かったので「甘えてるんじゃないよ~」と思われてるのかなぁと反省したりしてましたが同じような状況の方からお返事頂けて嬉しく思います。
    maiさんは私よりも大変だろうと思います。7人も抱えていらっしゃるのですもの。私はまだ夫婦二人ですからまだまだ甘いですよね。でも、35までに子供も欲しいと思ってましたが生活費の事を考えると無理なようです。そちらもイライラの原因なのですよね。
    夫は仕事の事意外は本当に出来た人間なんです(身びいきですみません)だからこそイライラする自分が嫌になります。その度に反省して、またイライラして・・・いつもその繰り返しです。
    もう腹を括って今年いっぱいは頑張ります。お互い頑張りましょうね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    まともな仕事に就くように

    しおりをつける
    blank
    青年中年
    ポスドクをやって、その後が続かないというのは問題です。
    しかも、業績が多いのに無職になってしまうというのは、根本的に何かが欠けています。

    つまり、ポスドクをやる理由として、
    ・常勤職に就くために業績が足りないので下積みをする
    ・その機関ではポスドク経験者の中から常勤採用を選ぶ
    ・どこかの機関で自分を採用してくれる見込みや約束がある場合に、そこで欠員枠等ができるまで待つ
    このいずれかが未来につながるものと言えます。

    すでに30代に入られていることと思いますが、上記のいずれにも当てはまらない場合は別の道を探した方が良いと思います。

    しかも、旦那さんは業績が多いとのことですので、普通は贅沢を言わなければどこかの機関で研究職として雇ってくれます。
    少なくとも、ポスドクをはしごするくらいはできるはずです。

    しかし、それがないどころか無職になってしまうというのは、世話をしてくれる人物がいないか、よっぽどニーズのない研究をされているか、または協調性に欠けるか、そんな理由だと思われます。

    一度アカポスのことを忘れて、営業でもSEでもやってみるべきだと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    同じような者です

    しおりをつける
    blank
    抹茶好き
    うちは無職ではないのですが、収入が低いんですよ。

    その上結婚前のバブル期に主人が行った不動産投資の借金があります。なんとか今はまわしていますが、私が働けなくなったら終わりだと思います。子供はあきらめてます。(35歳です)収入の低さに加えてほとんど日雇い労働のような条件の職場で保障も退職金もありません。

    将来が心配なので老後の資金ためてます。とは言っても日々の生活がやっとですけどね。にもかかわらず主人は転職するにも会社勤めの出来るタイプじゃないし、このご時世ですからね。かなり悩んだ時期もありましたけど、それ以外ではとても良い夫なんですよ。

    両親も兄弟もとても大切にしてくれてますし、何より私のことを大事にしてくれてます。私が一番なので姑の苦労もないです。主人がいなくてもどのみち私(人間)は働かなきゃ食べていけない。だから私は二人で一人前で頑張って働いて二人で生きていこうと思ってます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    同じような者です 2

    しおりをつける
    blank
    抹茶好き
    贅沢は出来ないですが、家庭を顧みない夫はいらないし、小町特有の結婚の苦労がないので、いいかって。良いとこだけみて暮らしてますよ。

    主人も私じゃなくてもっとお金持ちのお嬢さんと結婚してたら苦労しなかったかもしれないしね。大きなことは言えません。

    ゆず茶さんも頑張ってくださいね。いつかご主人の功績が認められるよう陰ながら応援しています。お互い頑張っていきましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    信じよう

    しおりをつける
    blank
    はな
    ゆず茶さんの不安なお気持ち、よく分かります。
    私も理系研究者の妻、30代です。夫はポスドクです。
    将来の見通しがないと、どうしても不安な気持ちになりますよね。私もずいぶん泣きましたよ。不安になってしまう自分が情けなくて泣き、夫の努力がなかなか形にならないことが悔しくて泣きました。でも「続けていれば必ず形になっていくから、今は大変だけど乗り切って!」と同じ研究者妻の先輩たちに言われてきました。私はその言葉にすごく支えられた気がしているので、同じ言葉をゆず茶さんにプレゼントします。研究者って本当に大変、ポスドク制度も理不尽なこともありますよね。でも、屈しないで続けているのは意味があるはず。ゆず茶さんのダンナ様は業績も論文もあるということですから研究者として認められている証拠です。今は大変でも、ダンナ様が就職できたら大いに甘えちゃえ!
    ちなみに、私の夫も昨年までは無給に近い状態でした。本当に辛そうでした。私も辛かったです。でも今は、自分の信念を貫き通した夫をちょっと尊敬しています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ゆず茶
    青年中年さん、抹茶好きさん有難うございました。
    青年中年さんの「ニーズのない研究」という発言にはにドキッとしました。実は常々そうなのではないか、と考えていたからです。夫にも「何でこの研究にしちゃったの?もっと違う分野もあったでしょうに」などと私のように全くの素人が口を挟むと険悪ムードになってしまうため黙ってはいますが・・・
    去年は公募に応募して面接にまでこぎつけた大学が2つありましたが最終的には落とされました。大学教員の道は本当に狭き門なのですね。
    他の職業をと考えても果たして社会経験のない夫に勤まるのか?とそちらの方が心配なのです。
    どちらにしても今年は私の扶養に入って貰いましたし、私も今年1年だけという約束で頑張ろうと思ってますので静かに見守りたいと思います。皆さん本当に有難うございました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    つくづく思います

    しおりをつける
    blank
    外野ですが
    非常勤講師をしていらっしゃる方々と仕事でおつきあいがあります。みなさん、大なり小なり(過去もしくは現在も)ご苦労なさっています。

    わたしの勤務先と仕事の縁がある、ということは、本業以外にそれなりの額の副収入があるわけですが、それでもそうなんです。これで副収入がなかったら、と想像するとおそろしいものがあります。ひどい使われ方だと思います。
    その本業の収入がない状態なんですか……。

    論文・執筆等ですばらしい業績をあげていらっしゃるのに専任校がない方はよくいらっしゃいます。人脈の問題らしいです。運悪く論文の指導教授が政治力のない方だったとか(業績と政治力はしばしば一致しません)。

    副業はなさったほうがいいと思います。学会で顔つなぎして関連業界にコネをつくられるとか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    はなさん、有難うございます

    しおりをつける
    blank
    ゆず茶
    ほっとしました。はなさんのように同業者の妻という立場の方からの励ましのお言葉を頂けてとっても嬉しく思います。
    そうですね、信じていくのが一番ですね。時々不安になったりしますがやっぱり夫を信じていくしかないですね。去年は面接までいった大学もあって正直、「やっとゆっくりできる~」と安心したのですが結局不採用でその分落ち込みました。夫も泣いていました。それを見た時に「この人を支えていくのは自分しかいない」と決心したのですが日々の生活に追われていくうちに八つ当たりしてしまったことが多々ありました。夫を自分の扶養に入れる手続きでも職場の総務からの配慮無い言葉に傷つきどうしてこんな目に遭わないといけないのかな・・・とまた落ち込んでました。でも気を強く持って夫には研究に専念して貰いたいです。はなさんのような方からのレスを本当は心待ちにしていました。辛抱して夫を支えていける強さを貰いたかったのです。自分の気持ちは決まっていたのですが、誰かに励まされたらもっと強くなれるなんて、甘ったれもいいとこですがやはり嬉しかったです。また頑張っていこうと思います。はなさん、有難うございました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そういえば、そうだった

    しおりをつける
    blank
    我が家もそうでしたよ~。私が世帯主でした。お互い収入が途絶えて、1ヶ月パン耳と醤油とノリだけの事もありましたねぇ…(笑)でも主人のことが大好きだったので、そんなに苦ではありませんでした。生活が楽になっても、主人以外の人は考えられなかったのです。
    トピ主さんは会社勤めですか?だとしたら、周りと比べていませんか?なんでうちはこうなんだろう。同僚の旦那さんはもっとしっかりしているのに…って。私はそう考えてしまう時期があって、その頃は将来真っ暗に見えましたねぇ。このままではいけないと思って、会社を辞めて主人の分野に近い仕事に転職しました。主人の研究の必要性、将来性、夢がよく見えてきて、二人で頑張ろうという気になれたのです。転職後、給料が入るまで上記のように極貧だったけど、楽しかったなぁ。
    今は主人は助教授になり、子供にも恵まれだいぶ落ち着いてきました。この先もどうなるか分からないですけど。ご主人とよく話し合いをされて(うちもよく話し合いしました)この危機を乗り越えて下さいね。頑張って!

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  15
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0