詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 兄が癌になりました、できることを教えてください、お願いします
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    兄が癌になりました、できることを教えてください、お願いします

    お気に入り追加
    レス49
    (トピ主15
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    森魚
    ひと
    年の離れた兄(40代)が食道癌と診断を受けました。もともと胃が弱く逆流性食道炎の症状は10年ほど前からありました。仕事が忙しく、夕食が遅くなっていたのも原因の一つだと思います。

    我が家は父を早くに同じ病気で亡くしています、まだ30代でした。母は1人で幼児の私と中学生の兄を育ててくれました。母の苦労を見て育った兄は大学へ進学せず技術職の仕事につき独立しました。まじめな性格で仕事も増え、とても忙しかったと思います、帰りが深夜になることも度々でしたが、自分は頑張れる、母には少し楽をしてもらえたと喜んでいました。結婚もしましたが、結局離婚しました、理由はわかりません。子供はいませんが前の奥さんとは今でもおつきあいがあります。辛い事もたくさんあったと思いますが、いつもにこにこしていて愚痴は聞いた事がありません。

    そんな兄が昨日「癌になった」と突然電話してきました。まだ検査の結果はでていません、幸運なら手術が受けられる段階だそうです。もし転移していたら放射線治療と投薬しかないようです。聞けばもう殆ど食事ができないそうです、大きい癌がすでに食道にあるようで水を飲んでも吐いてしまうと言っていました。

    父が亡くなったのは私が赤ちゃんの頃ですのでどう対応したらいいなかわかりません。ネットで調べると手術ができない状態なら殆ど一年以内で死んでしまうと書いてあり真っ青になりました。兄は車で4時間ほどの距離に住んでいます、私は正社員で(独身です)母と同居しています、母には言わないでと口止めされましたがどうしていいかわかりません。考えれば考えるほど涙ばかり出てきます。

    体力が落ちてしまうと治療に支障がでると思うのではちみつやゼリーなど持っていこうと思います。他に何か食べやすい物があったら教えてください。落ち着かなくてはと思うのですが、母にも聞けず何をしたらいいのかわかりません。

    トピ内ID:1246654368

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 6 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数49

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (15)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    まず母親に知らせることに了解をもらうこと

    しおりをつける
    blank
    みっちゃん
    森魚さんはお母様と同居とのこと。まず第一に、”同居中なので隠し切れない。心配をかけると思わず、一緒にたたかう仲間を増やすという意味で、兄から母親に事実を伝えてもらえないか。その上で同居中の私が母を全力でフォローする”として、隠すことを止めることを了解させましょう。いくら隠そうとしても早晩ばれます。隠し事はそれがあるという事実だけでも心配させます。親に隠し事なんて無理です。配偶者に続き子供も、となると、むしろ告知直後のお母様が心配ですが、隠せばよけい悪くなりますよ。
    お兄さんに対しては、話相手になってあげてください。今は皆、いっぱいいっぱいですから、話をするだけでいいと思います。
    それと、民間療法を調べ始めていると思いますが、あくまで医療の補助と考え、病院での治療を止めない、止めさせないでください。また、民間療法は高価なことが多いですから、手を出す前にご自分のできる範囲をよくよく見極めてからにしてください。
    最後に、ご自分も、定期的に胃や食道の内視鏡検査を受けるようにしてください。

    トピ内ID:3340807256

    閉じる× 閉じる×

    兄が癌でした

    しおりをつける
    blank
    ぺこりん
    私の兄(独身)が40代で消化器癌になりました。心中、お察しします。

    消化器系の癌ですから、入院までは検査の連続で絶食をすることもあると思います。水さえ入らないとのことですので、食べ物は現地でお兄様のお顔を見てから、買いにいかれてはいかがでしょうか。(実なしのお味噌汁、ポタージュスープ、野菜ジュースなどは喉を通りやすいと思います。)

    お母様への告知はお兄様とよくお話になってください。検査の結果がわかれば、お母様にも告知が必要になってくると思います。手術をした後はかなり痩せますので、その状態でお母様と対面させるのはショックが大きいかもしれません。手術の前に一度親子でゆっくり過ごす時間をつくってあげてさしあげたらいかがでしょうか。

    私の母は告知でかなり動揺しました(睡眠薬を服用)が、入院の準備や看護に奔走することで兄の病気とうまく向き合えた、といっていました。最悪の事態に備えてホスピス病院探しなどもしましたが、「最後まで看取ってやる」とびっくりするくらい気丈でした。

    本当にお辛いときだと思います。何かあればまた、ここで質問してくださいね。

    トピ内ID:7974154989

    閉じる× 閉じる×

    名医を探す。

    しおりをつける
    😨
    なお
    お兄さんの闘病意欲にもよりますが、食道がんの専門医を探したほうがよいと思います。

    自分だったら・・・ですが、
    体力、経済力が許すのであれば、ひとつの病院でなく、セカンドオピニオンを利用して、納得した治療と、信用できる医師を選びます。
    ネットで探す、身近な医療者や友達に、情報など少し聞いてみる。
    いなかったら、がんセンターや病院内にある医療相談室に、相談する。患者家族の支援センターなどあるところもあるはずです。

    手術出来る病状を祈りますが、お兄さんを一人にしないようにしたいですね。

    悲観したり、周りも辛いと思います。
    自分も、父が食道がんで、手術しました。
    この辛さは、当事者しか、わかりませんよね。

    闘病生活を支えるのに、4時間の距離は大変ですね。
    お兄さんとよく話して、トピ主さんとお母さんの方にきてもらうことは可能ですか?

    やっぱり、どう治療するか、今後の事など、真剣に深く話し合った上で 
    出来ること やらなければいけないことをみんなで決めたほうが良いと思います。
    答えになっていなかったら、すみません。
     

    トピ内ID:4631372217

    閉じる× 閉じる×

    はじめまして

    しおりをつける
    blank
    イクメン
    トピ主さまの心境、お察しします。こんなことがアドバイスになるか分かりませんが、一助になればと思い書き込みました。 我が家の母も、今から20年近く前に食道癌を患いました。当時、あと数年医学の発達が遅れていたら命はなかったと言われたそうです。3年前に胃癌を患い、今は全摘した食道に1/3になった胃を引き伸ばして生活しています。その母の食生活からいうと、量は離乳食なみに少量ずつしか食べられません。クラッシュゼリーやヨーグルトなど、口当たりの良いものを何度にも分けて食べます。トピ主さんのお兄様も食べ物が受けつけないとのこと。一口食べたら30分空けてまた一口という方法はいかがでしょうか。胃にも負担が少なく、気分が悪くなることも減るようです。石川県だったと思うのですが、お米で作った水飴で、病人の栄養補給によいと聞いた水飴を母が食べていた記憶があります(元はお土産でいただいた物なので、ネット購入もあるかも)記憶が確かではなく申し訳ないのですが、少しでも口に運べる物があると良いですね。お兄様の状態が、少しでも良いものであることを願っています。

    トピ内ID:5611691952

    閉じる× 閉じる×

    最良の医療機関を検討する

    しおりをつける
    blank
    匿名希望
    ガンは医療機関により治療成績が大きく違うことが現実です。主要な医療機関については、種類ごとの患者数、治療成績が公表されていますので、調べられたらいかがでしょうか?いずれにせよ、今かかっている病院や大学系列にとらわれることなく、症例数が多く定評のあるところで治療を受けられると良いと思います。
    大変だと思いますが、急いで動く必要がありますので頑張ってください。

    トピ内ID:2188474302

    閉じる× 閉じる×

    心中をお察しします

    しおりをつける
    😀
    私も経験しました
    私は両親を見送くった後に、私自身も余命宣告を受け手術を受けました。
    その結果は幸運にも再発の兆候も見られず、現在幸せに生きています。

    経験をお話します。
    余命宣告を受けると、受け止められるまでに必ず混乱(怒り、嘆き、無気力等様々な負の感情)します。
    そして、それらを経なければ冷静でで平穏な精神状態に達しません。

    私が宣告された時は「人生に決着を着ける」が唯一の願いでした。
    でも残された時間も体力もなく、出来たことは人生を振り返り、両親や兄弟・友人などへの感謝、現在の心境を書き綴ることだけでした。
    しかし冷静に人生を見つめ直したせいか、もはや恐怖や悲しみなどの感情はありませんでした。

    もし時間が限られているのであれば、お兄さまにもお母様にも過ごしたい穏やかな時間があるはずです。1分も無駄にしたくないとお思いでしょう。
    どうぞ、その貴重な時間を作ってあげて下さい。

    そして、治療は全てを医者に任せるしかありません。病気との闘いはその後です。決戦に備え体力と気力を養って下さい。
    治療が成功し、お兄様が快癒されることをお祈りします。

    トピ内ID:8727760454

    閉じる× 閉じる×

    あなたの思いやりと愛情が ガンバルお兄さんの力になる

    しおりをつける
    blank
    たいせつなお兄さん
    あなたのご心痛に お慰めの言葉もありません

    半年前ごろには異変があったのでは
    遅くなってしまった
    水も飲めなくなる、が外見はまだごく普通

    そこまで大きくなってしまうと動いているのでは
    食道を切り取り縫合なされても

    お兄さんの最後を想定して 言葉をつづっているわけではないのですが
    この癌
    非常に恐ろしいのです
    最後まで正気ですから

    最近身近に二人もなりましたので
    でも
    もう終わりました
    子供が小さく暖かい家庭でした

    ここはお母さんにも あなたからでなく
    お兄さんから連絡されて
    闘病で 心をひとつにされることを

    奇跡もあるでしょうが
    趣味があればそれに没頭されて
    仕事もやめざるをえません

    3人で楽しい思い出をたくさん
    それこそ
    たくさん何十年分も想いでを作っていただきたい
    あなた 彼をつくりその話もされたら

    苦労されたお母さんの気持ちを想うと
    心がひきちぎれる
    あなたも健康に注意されないと

    でも
    おかあさんと人生をともにしないで
    あなたは
    愛する人と別の楽しい家庭をもたないと

    文中に不愉快な言葉ありましたらお許しください

    トピ内ID:2288805327

    閉じる× 閉じる×

    まずは落ち着いてください

    しおりをつける
    blank
    元癌患者
    食道癌ではないので、そちらのアドバイスはできませんが、以前血液の癌になった者です。

    まずは、トピ主さんが落ち着いてください。
    私の家族もトピ主さんのように落ち込んだり、取り乱したりしたので、患者の私が家族を励ましていました。
    心配してくれるのは嬉しいのですが、患者本人にも不安や葛藤があるので、これ以上心配事(家族が取り乱す)は増やして欲しくないという思いがあります。

    大事な人だし心配しているという気持ちは伝えても、「もう心配で、夜も眠れない。」とか「どうしていいか分からない。」とか、突然患者本人の目の前で泣いたり、溜息をついたりしないように気を付けて下さい。
    (恥ずかしながら、私の家族がそうだったので。)

    もし入院ということになれば、洗濯や着替えの補充等、定期的に家族が来てくれると患者は助かります。

    お兄様が手術できるという結果になるよう、お祈りしています。

    トピ内ID:0630403559

    閉じる× 閉じる×

    心中お察しします

    しおりをつける
    blank
    suzu
    20代から30代にかけて、同居家族を2人看取りました。
    病気だとわかったときの衝撃は本当に辛いものです。
    トピ主さんの心中お察しします。

    まずは検査結果を待ちましょう。
    現時点で腫瘍があることには違いないのでしょうが、
    余命を宣告されたわけではないはずです。
    起こりうることを想定して心構えをすることは大事なことですが、
    「かもしれない」空想の世界に浸ってしまってはいけません。
    気をしっかり持ちましょう。

    はちみつやゼリーなど、お兄さんを思う気持ちはよくわかりますが、
    素人判断は控えたほうがいいと思います。
    身内なのですから、「○○なら口にできそう?」「ほかにほしいものはない?」
    など、直接きいてみてはいかがでしょうか。

    お母様への口止めの件は、まずは「検査結果が出るまで」だと考えましょう。
    その後のことは臨機応変に…という感じで。
    身内に相談できる人がいないのは心細いと思いますが、
    一人で抱え込まないで、お友達や職場の同僚などにも相談してみては?
    もちろんここの掲示板もフルに活用してくださいね。
    大丈夫、トピ主さんは一人じゃないですよ。

    トピ内ID:4549365779

    閉じる× 閉じる×

    お気持ちお察しします。

    しおりをつける
    blank
    もも
    お兄さんの入院先がトピ主さん宅から4時間かかるのであれば
    看病するにもたいへんですね。
    最良策はお兄さんにトピ主さん宅近くの病院に入院をしてもらい、
    トピ主さんとお母さんとで交代で看病することです。

    お兄さんの病状が最悪の場合を書きます。
    私なら自分が休職して残された時間を全てお兄さんのために
    看病します。それが3ヶ月ならたったの90日、2160時間です。
    1年ならその4倍。

    たったそれだけしかもう一緒に過ごせないのなら
    自分の全てをお兄さんのために使います。

    最悪の場合を書いてしまってごめんなさい。

    トピ内ID:8937471021

    閉じる× 閉じる×

    インチキ癌治療法に惑わされないで下さい

    しおりをつける
    🐧
    おもち
    変な民間療法だのインチキ薬に惑わされないようにして下さい。
    金と時間の無駄です。

    トピ内ID:5850888412

    閉じる× 閉じる×

    1 トピ主です 皆様ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    森魚
    早速、たくさんの方からお返事をいただき心より感謝しています。本当にありがとうございます。涙でしばらく画面が見えませんでした。
    私自身が慌ててこのトピックをしてしまい、お見苦しく申し訳ありません。いただいたアドバイスは全てその通りだと思います、すぐ実行します。

    兄に電話したのですが喉が痛くてあまり話せないので、メールでやりとりしています。メールではいつものような話し言葉が言葉が一つもなく、きちんとした文章を書いてくるので私もどう返信したらよいのか、今起こっていることのすべてに対して正しい答えが見つからない感じです。今まで通り明るく返信するようにします。

    週末会った時、母に伝える時期を相談します。

    兄は癌の専門病院にかかっています。私も他の病院や情報を検索します。民間療法はあくまで二次的なものとして考えます。みっちゃんさん、おもちさん、ありがとうございます。

    勤めている会社には週明けに話します。大きな企業なので休暇扱いにしてくれるかも知れません。難しければ退職しようと思います。

    続きます。

    トピ内ID:1246654368

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    今兄が肺がん末期です。

    しおりをつける
    blank
    みよ
    わかります。私もかけがえのない兄の癌宣告は耐え難かったです。今年の6月から治療開始して今にいたりますが、見ているのが辛いです。物凄く大変だったのが痛みのコントロールがキチンとできない時(せん妄状態中、癌患者が殆どなる厳格や欝状態が二週間くらい起きる状態)でした。  看護師さんの話では、その最中に自殺する人が多いらしくて、精神科の力ももらいながら何とか元の状態に戻りました.何よりも家族は奥さんひとりなので全部一人で背負い込んで、当の本人以上に心身が弱り果てて、見ているのも辛く、とにかく支える方法を考えるのに必死でした。今も放射線の副作用や、腫瘍のいたみに苦しんでいる状態です。妹の私は農家に嫁ぎ隣市なのでたまにしか顔を見にいけません。    すみません。自分事で。ただ、数ヶ月過ぎて言えるのは、嫁さんは特に、逞しくなったようにおもうのです。強くなった。初めの頃に比べると、見違えるようです。  そう考えると、後悔よりも、むしろ前向きな生き方をするように、与えられた試練のように思えています。痛いときは、メールで私にぶつけて気が済むようにさせたり、人間って誰かに話すだけで、すっきりしますからね。

    トピ内ID:0076055507

    閉じる× 閉じる×

    まだわからないよ

    しおりをつける
    blank
    ちょびこ
    お兄様まだ結果が出て無いんですよね?

    先ずは、検査結果が出るのを待つ事ですね

    私の父は胃癌で13年前に亡くなったんですが、その時は動揺して父に対してきちんと対応してあげられなかったのが未だに後悔しています

    父は地元の病院に入院しましたが、医師・看護師最悪でした

    亡くなった後に、私の後輩のお父様が同じ胃癌になって落ち込む後輩といろいろ話しました

    後輩はネットを駆使して、この病院!!と言うのを必死で探し出しお父様にお話したそうです

    父と同じ末期だったのですが、手術もその後の治療も良くてもうかなりたちますが元気です

    主さんも、お兄様が万が一にも転移していたとしても、諦めずに病院を探して見て下さい

    諦めたら全て終ってしまいますから…

    それから、お母様にもお話してはどうですか?

    主さん一人では抱え切れなくないですか?

    私も父の病状を聞いた時、会社に行っても泣いて父に会いに行けませんでした

    私も遠い空の下でお兄様が何でも無い事祈ってます

    トピ内ID:1426429162

    閉じる× 閉じる×

    2 トピ主です ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    森魚
    食事のことは何が食べられそうか聞いてみたところ「特上寿司」と書いてきました。冗談とは思うのですすが、今の自分には冗談なのか本当なのかわからなくなっています。

    今日、これから兄の所に行きます。きちんと話しをしたいです。

    戻りましたらご報告します、アドバイス頂かなければ自分では気がつかなかったことばかりです。本当にありがとうございます。

    トピ内ID:1246654368

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      今兄は肺がん  の続きです。

      しおりをつける
      blank
      みよ
      強くなって下さいね。希望を持たせ続けるんです。辛いと思います。私も6月から夏のあたりまで嫁ぎ先で農家手伝いをしていても、兄を思うと無力な自分が情けなくて、毎晩号泣して主人にたわいもないことで喧嘩から大喧嘩になったり、テレビの24時間チャリティーなんて今までのようには視れなくなりましたよ。でも、現実に立ち向かわなければならないのは兄で私までが落ち込んでいられません。元気な振りでもやっているうちに兄も前の笑顔を見せるようになってきました。笑いの力は凄いですよ。元気な顔を見ているだけで感謝が沸き起こります。    そうです。乗り越える力にもなります。毎日を迎えられることに感謝がしたくなります。金銭的に支えられれば良いんですが、貯えもないので、満面の笑顔とダジャレで元気をあたえています。     それでいいと思います。兄にできること。妹からできること。笑顔から湧き出る希望を持ち続けさせることにつきると思います。

      トピ内ID:0076055507

      閉じる× 閉じる×

      看護のための休業など制度を調べて

      しおりをつける
      blank
      みっちゃん
      大規模な勤め先ということであれば、親や子供の介護・看護を理由とした休業制度があると思われます。兄弟の病気看護はおそらく制度上明記されていることは無いと思われますが、拡大適用してくれることもあります。
      抜けている間の職場の仕事の割り振りの問題がありますからいちがいには申せませんが、部署異動、つまり一時的に人事部預かりにしてもらい、復帰後の部署はどこでもいいとするなど、少々大変ですがやり方はあるはずです。どの程度の期間抜けることになるかまだまだわかりませんので、まずは制度調査と、ちょくちょく抜けることについての上司の了解をもらっておくことが必要かと思います。退職は、現時点では勧めません。お兄さんもそう思っていると思います。

      トピ内ID:3340807256

      閉じる× 閉じる×

      3 トピ主です 兄に会いました

      しおりをつける
      blank
      森魚
      あたたかい書き込みを頂いて本当に感謝しています、何とお礼を言っていいかわかりません。

      週末、兄に会いました。すごく、、痩せていました。もともと体形は細身なのですがもっと痩せてしまって、髪もすごくのびていました。なぜかもう違い世界にいるみたいで、へんな言い方なのですがすごくハンサムに見えました。

      元癌患者様の言葉通り、泣くまいと決めていたのですがだめでした。声を出さないようにしたのですがバレバレでした、兄もはじめは心配しなくて大丈夫だよと言ってくれたのですが兄のことも泣かせてしまいました、本当にダメな妹です。

      食事は少しづつ食べていました、根野菜と鶏をまるごとスープにして、野菜はミキサーでどろどろにして、生クリームを入れました、塩、胡椒はしてません。ゼリーは自分で買っていました。温かいものが食べたいなと言われたのでsuzuさんのおっしゃていた通りにしてよかったです。

      トピ内ID:1246654368

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(15件)全て見る

      4 トピ主です 兄に会いました

      しおりをつける
      blank
      森魚
      母への連絡はもう少し待って欲しいと言われましたが、検査結果がでるまでと約束してもらいました。兄とは父にそっくりな自分を同じ病気で亡くすのはつらすぎるのでは、、でも完治する可能性がないときは言わなくていけないなあ、、と言っていました。母を心配する理由はあって、親戚と呼べる人が殆どいないのです。

      病気のこととは関係ありませんが少しここで母の話をします。

      母は両親の決めた人がいたらしいのですが、父と結婚したため親子の縁を切られてしまったそうです。父の両親はもういません。母の父、私の祖父母は生きているようですが会ったことはありません。母も連絡を取っている様子はないです、というのは、私が小学生の頃、不審者につけらたことがあり、学校側が捕まえてみると祖父の会社の人でした、私の写真を撮っていたようです。こういったことが度々ありましたので、直接の連絡はしていないのだと思います。

      トピ内ID:1246654368

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(15件)全て見る

      5 トピ主です 母のこと

      しおりをつける
      blank
      森魚
      兄のことがあるまで祖父母のことは忘れていました。会う機会もありませんし、何回か同じような人に後をつけられたので本当に怖いです、今は会いたいとも思っていません。でも兄のことがわかったら母のために必要なのかなとも考えてしまいます、、。

      兄が働くまで本当に貧しかったのですが、経済的に苦しい時も、父が亡くなってしまった時さえも助けを求めなかった母です、私からは何もしない方がいいのでしょうか、それとも私が動くべきなのでしょうか。

      トピ内ID:1246654368

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(15件)全て見る

      ダメな妹ではないですよ

      しおりをつける
      blank
      suzu
      たった一人で入院中のお兄さんに会いに行かれて、
      ずいぶんと心細かったことでしょう。
      そんな中、これまでとは違うお兄さんの様子を目の当たりにして
      気丈に振舞うのも至難の業だと思います。

      唐突ですが、病を患った祖父の言葉です。
      「まさかあの勝気な姉貴が俺のために泣いてくれるだなんてなぁ。
       散々喧嘩もしたけど、あそこまで親身になって俺のことを
       思ってくれてるんだと思うと、なんか…嬉しかったなぁ。」
      お見舞いに来てくれた祖父の姉が、
      本人を目の前にして泣き出してしまったのですが
      祖父にとっては心温まるエピソードだったようです。
      私たちにその話をする度に涙ぐんでいました。

      お兄さんの前で涙をみせまいとするトピ主さんの精一杯の心遣い、
      きっとお兄さんにも伝わったと思います。
      兄弟の絆も改めて感じられたのではないでしょうか。
      お兄さんの流した涙にも、祖父のような"温かい涙"が
      含まれていたのだと考えるようにしましょう。
      ただ、これが続くとお兄さんの負担にもなりかねないので…。
      大事なのはこれからですよ。

      トピ内ID:4549365779

      閉じる× 閉じる×

      祖父母様のこと

      しおりをつける
      blank
      suzu
      簡単に答えが出せない、難しい問題ですね。

      私は30代ですが、今も存命な祖父母(義祖父母)は
      一見元気そうに見えても認知症の初期症状があって
      介護認定を受けていたり、
      杖での歩行ですら困難になりつつあるため
      おむつをするようになっているような状況で、
      介護ヘルパーにもお世話になっているので
      家族のサポートは必須です。

      トピ主さんの祖父母様もきっとご高齢なのでしょうから
      関係修復は早いほうがいいです。

      結婚がきっかけで絶縁状態ことですが、
      トピ主さんの知らない原因がほかにあったり、
      どちらか一方がわだかまりを抱えたままだったりすると、
      古傷をえぐることにもなりかねません。
      これが単なる取り越し苦労であればいいのですが、
      塞翁が馬のように、禍も幸も表裏一体であることを考えると
      慎重に進めていったほうがいいと思います。

      もしトピ主さんが動くのであれば、
      双方に積極的に働きかけるのは時期尚早かもしれません。
      それとなく情報収集をしていく中で
      本当の意味でお母様のためになるのかどうかを
      慎重に見極めていったほうがいいようにも思います。

      トピ内ID:4549365779

      閉じる× 閉じる×

      病気は本人と医者

      しおりをつける
      blank
      leaf
      周りの人間にできることは、環境づくりです。
      今の医療を信じましょう。ものすごく、進んでいます。

      お母様がお幾つかわかりませんが、母は強いと思います。
      息子の為に、頑張ってくれるのではないかと思います。
      泣くのは最初だけ。家を掃除し、布団を干し、子供の好きなものを作るだkですが、これが一番効くと思います。

      辰巳良子さんの命のスープがあります。

      丁寧にスープを作り、少しずつでもいいんです。体力が付きます。すると気力もわきます。
      大丈夫です。母の愛を信じ、医者の技量を信じ、医療の、医薬の発展を信じましょう。

      トピ内ID:5989753191

      閉じる× 閉じる×

      6 トピ主です 検査結果

      しおりをつける
      blank
      森魚
      検査の結果がでました。
      兄は余命宣告を受けました、手術はできないそうです。

      明日、手術とキモセラピーです。

      兄はもうセカンドオピニオンを取っても無意味だといいます。

      トピ内ID:1246654368

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(15件)全て見る

      お疲れになったでしょう

      しおりをつける
      blank
      ぺこりん
      もし、近隣に当該部位の腫瘍の実績のある病院があるなら、お兄様のためだけではなく、ご家族のためにもセカンドオピニオンをとられたらいかがでしょうか。ネットに情報があります。同じ部位のガンの方の闘病ブログ、国立がんセンターのリンクなどを参考にその分野の専門医を探してみて、その医師をターゲットにセカンドオピニオンをとってみるのも手です。(癌患者の家族はこの点、怖いものなしです)手術のほかにも放射線、抗がん剤など標準的な治療がまだ可能かもしれません。患者同席ではなくても、資料一式もっていけば相談に乗ってくれる施設もあります。まず、情報収集がスタートです。

      ご親戚の件が加わると、お母様にとって衝撃が大きいかもしれませんね。正解はないと思います。何より、お兄様、お母様を大切に。主さま自身の健康も大切になさってください。

      うちの兄も余命宣告されましたが、現在その2倍生きています。

      トピ内ID:7974154989

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        お察しします

        しおりをつける
        blank
        みっちゃん
        うちも父が余命宣告を受けてから(もう亡くなって11年ですが)おたおたしましたが、エリザベス キューブラー・ロス 死を受容するまでの五段階説というのが大変参考になりました。
        これは、200名を越える末期患者にインタビューを行い、死に行く過程を「否認」「怒り」「取引」「抑うつ」「受容」の5段階に分類したものです。
        セカンドオピニオン不要という言葉の裏には、あきらめを伴った抑うつ段階の可能性もあるように思われます。本件、さまざまな書籍やブログがありますので、お兄さんと接する際の参考になろうかと思います。
        で、それはそれとして、他の治療法の可能性を探すことを続けられますか。
        受容段階に移る前に、希望がまるっきりのゼロになったと自暴自棄になられるのが一番大変かと思います。まだ手があるんじゃないか、でももうだめかも を行ったりきたりするのがよくあるケースかと。本人があきらめてる瞬間に回りだけ張り切ってると、何してんの?といわれることもありますが、本人もいったりきたりしているはずです。裏で動きつつ、本人が前向きな瞬間をとらえてアクションできればいいですね。

        トピ内ID:3340807256

        閉じる× 閉じる×

        7 トピ主です 始めての治療のあと

        しおりをつける
        blank
        森魚
        こんにちは。
        みなさまに温かいお言葉をいただいて心から感謝しています。また何度もコメントをくださる方もいらして本当にありがたくお礼申しあげます。

        読み返してみても自分のことばかりで本当に情けなく思います。様々な経験をされている方のお話に胸が詰まります。辛いご経験をされたのに丁寧なご返信をいただいて何とお礼を言っていいかわかりません。

        兄はもう痛みが出ていて、特に胸が苦しいようです。鎮痛剤無しではもう眠れないようです。告知を受けてから数日しか経っていないのに、こんなに早く症状は進むものなのでしょうか、、。

        食事は胃にチューブで入れています。抗癌剤の投与も始めています。

        トピ内ID:1246654368

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        ぺこりんさんに同意

        しおりをつける
        blank
        ちょびこ
        結果出ましたか…

        でも、諦めないで欲しいです

        ぺこりんさんの言う様にセカンドオピニオンを受けて欲しいです

        前レスでも話した、後輩のお父様の事もあります

        そのお父様は助からないと余命宣告されてました

        それでも助かったんです

        抗がん剤や放射線で治療したり、何か方法があるかも知れません

        ほんとに悔しい…

        主さんもほんとに辛いし、お兄さんはもっと辛いですよね

        トピ見てる私も悔しくて涙が出て来るんですから…

        何も出来ない私が言ってはいけないかも知れないけれど、諦めないで欲しいです

        トピ内ID:1426429162

        閉じる× 閉じる×

        8 トピ主です セカンドオピニオンについて

        しおりをつける
        blank
        森魚
        兄が同行を拒否するので、私が1人で知人の紹介で消化器専門医に意見を聞きに行きました。その方の見解は悲しいことに兄の説明通りでしたが、かかっている病院と担当医は食道がんの治療では国内トップクラスであるのは間違いはないとのことでしたので、医療機関については安心をしました。現在行っている治療についても納得できたので行ってよかったです。

        ぺこりんさん、ちょぴこさん、なおさん、セカンドオピニオンをすすめてくださってありがとうございます。

        トピ内ID:1246654368

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        9 トピ主です 会社には休暇をもらいました

        しおりをつける
        blank
        森魚
        会社は有給扱いで、今は兄の病院にいます。上司に相談したところ、有給(1ヶ月程あります)まずそれを消化することにしました。その後は無給の休暇制度も適応してもらえるかも知れません、慌てて行動しないでよかったです。兄にも仕事に支障がないことを説明できました、兄の心の負担が少しでも減らせてよかったです。みっちゃんさん、ありがとうございます。

        抗癌剤の治療がとても辛そうで傍にいるのが苦しいです。

        トピ内ID:1246654368

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        介護休業法に基づき会社が定めた就業規則を確認して

        しおりをつける
        blank
        入院二回
        厚生労働省のページにある介護休業法のあらましをご覧下さい。
        http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/ryouritu/aramashi.html

        兄なら対象家族だし、入院しているなら要介護状態、になるかと思います。法律により、企業はのべ93日までは労働者に介護のための休業を認めなければいけません。労働者からの休業申請を企業が拒否する事、介護休業を取得した事を理由に解雇その他不利益な扱いはできません。法に従わない企業は過料を課せられ、企業名を公表されます。休業以外に勤務時間の短縮なども利用できます。

        あなたの会社も法に反しない就業規則がある筈で、93日より長く設定されている場合もあります。休業中は無給ですが、住所を管轄する公共職業安定所に、復職日から2ヶ月目の月末までに申請すれば雇用保険から最大93日間、賃金の約40%が支給されるそうです。入院するとお金がかかるでしょう。

        このような制度についてあらかじめ調べておいてください。お母さんの老後の事を考えると、今の仕事をすぐ辞めて世話を、というわけにいかないのが辛いですね。

        トピ内ID:6037012495

        閉じる× 閉じる×

        10 トピ主です ありがとうございます

        しおりをつける
        blank
        森魚
        入院二回様 
        介護休業法の情報をお送りくださいましてありがとうございます。
        人事担当にも相談し、これからのことを決めてきました。私の不在中の後任(パートタイムさん)も決まりました。

        兄は一回目の抗癌剤の投与が終了し自宅に戻りました。今は兄が食べられそうなメニューを考えて一日が過ぎていく感じです。

        兄は遺言状の作成を始めました。

        トピ内ID:4295956847

        閉じる× 閉じる×

        11 トピ主です 2回目の化学療法が終わりました

        しおりをつける
        blank
        森魚
        多くの方にご意見を頂いたことが心の支えになっています。心よりお礼申しあげます。

        兄は2回目の化学療法が終わりました。1回目は副作用がひどくだいぶ苦しみました、もともと痩せていたのですが15キロも体重が落ちました。その後、少し体調が良くなり、体重もやや戻りましたので先週2回目の抗癌剤投与がありました。

        食道に大きな腫瘍がいくつもあるので食事はほとんどできなくなってしまいました。食べ物は1cm以下に小さくしています、薬で気道を広げていますがなかなか胃まで到達しません。

        母は兄の病気を知らせた時は口もきけなくなっていましたが、今は私と3人で兄の家で暮らしています。兄の家は都心にありますので、田舎暮らしの長い母が高層ビルのベランダでただ涙を流しているのを見ると胸が詰まります。最初は元気に振舞おうとしていた兄も体力的に無理だとわかり、おとなしくしています。この二人は似ているところがあって何も語らずに会話しているところがあります。言葉にしてしまうと泣いてしまい話ができないのでしょう。

        トピ内ID:1246654368

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        あまり一人で抱え込まないでください

        しおりをつける
        blank
        ころすけ
        私は幼少期に母親を大腸癌で亡くしました。
        偶然にも命日の今日、このトピを目にしました。
        とても人事ではなく書き込ませていただきます。

        余命宣告を受けた方の癌治療中の姿は、そばにいてとても辛いものがあるかと思います。
        私の母親の記憶は、辛そうに苦しんでいる姿が多いです。

        もちろんお兄様本人が一番辛く、懸命に闘っている状況ですが私はあなたが心配です。


        きちんと眠れていますか?
        ご飯を食べていますか?
        誰か、話を聞いてくれる身近な方はいますか?


        闘病生活を支える家族の気持ちは、経験者じゃないと分かりません。


        もし身近に打ち明けられる人がいないのであれば、ここへぜひ辛い気持ちを書き込んでください。
        世の中には同じような状況で闘っている人がいます。

        私のようにこのトピを読んで、人事ではないと思う人も大勢います。


        どうかあなたまで倒れることがないよう。


        最後に。医学は日々進んでいます。
        最後の最後まであきらめないでください。

        お兄様の病状が少しでも良くなるよう、心からお祈り申し上げます。

        トピ内ID:0551435767

        閉じる× 閉じる×

        12 トピ主です ころすけ様

        しおりをつける
        blank
        森魚
        あたたかいメッセージをありがとうございます。
        兄のこと、また私の体調もご心配くださってありがとうございます。

        お母様の闘病生活を傍で見ているのはとても辛いことだったと思います。
        ころすけ様の傍にはどなたかがいらしてくださったのでしたら本当に良かったです。
        抗癌剤の副作用は私の想像を遥かに超えています。

        お察しの通り、私も体調を崩してしまいました、不眠や胃の不快感はまだ続いています。
        兄の前で食事ができなくなってしまい体重も落ちました。毎日食事が美味しくいただけることは
        本当に幸せなのだと感じます。

        先日、母が美容院に行きました。白髪になってしまったので兄に見つかる前に染めたのだと言っていました。
        あまり自分を主張する人ではないので、私が自己管理をもっとしっかりしたいです。

        知人にはあまり話してしません、重たい荷物を持たせてしまうことになるのではないのか、
        兄がそれを望むのだろうか、といろいろ考えてしまいます。

        この掲示板は私の大きな支えです、とりとめのない話に心をとめてくださって本当に感謝しています。

        トピ内ID:1246654368

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        おつかれさま

        しおりをつける
        blank
        何の力にもなれませんが・・・
        頼る先もない状態であなたは本当によく頑張ってますよ。
        在宅であなたとお母様と一緒とのこと、お兄様は心強いことと思います。

        在宅でいらっしゃるなら大丈夫と思いますが疼痛管理はかなりコントロールできます。
        もし痛むことがあるようなら我慢されることのないよう医師にはしっかり訴えてください。
        (うちは退院する時に病院の主治医から24時間対応の医師を紹介してもらい気になることがあれば電話して20分以内に来てもらえる状態でした。)

        ご自分が話を聞いてもらいたい、聞いてくれる方があればお話してもよいと思います。
        全部をお兄様に伝える必要はないのですから。
        とはいえおなじ家の中で長電話をするわけにもいかず私はブログに思いをつづっていました。
        心配してくれる友人2、3人だけが見るもので結果的には近況報告の役割を果たし、様子を見てポツポツとくれるメールがありがたかったです。(返信がなくても怒ったりしない友人です)

        どうか無理はなさらないように。
        寒さも厳しくなっていますから
        自分の事を大事にするのを忘れないように。

        トピ内ID:4281602725

        閉じる× 閉じる×

        命って・・・

        しおりをつける
        😢
        ピョン吉
        自分は、交通事故で死にかけました。そこに家内と2人
        の子ども、子犬を残していきそうになりました。
        今は、障害を負っても生きてます。

        もし、残された時間があるのだったら、家族で過ごすの
        が一番。元の奥様にはお知らせしましたか?

        よく自分達の障害(高次脳機能障害)を負った人達で話
        会うのは、「生きててなんぼ」って云います。

        それすら無いのも理不尽。
        残された時間で、なんぼ!
        余命何日と云われても・・・1年も2年も生きた人もいる
        きっと、余命も十人十色!!(笑・涙)

        静かに家族(お母さん、妹さん)とすごさらたら良いと思
        います。お兄さんは、あなたみたい妹を持て、幸せです。

        お母さんもお兄さんを持てて幸せ。お兄さんもお母さん
        と出会って幸せ。

        幸せと云う字がいっぱい。きっと良い道へ行きますよ。
        ご自愛ください。

        トピ内ID:4711636851

        閉じる× 閉じる×

        お仕事復帰されてはどうでしょうか

        しおりをつける
        blank
        あちゃ
        お兄様のご病気、お見舞い申し上げます。
        大変仲の良い妹をお持ちで、お兄様は幸せですね。

        お母様、森魚様の体調はどうですか?
        私は病人の立場だったので、森魚様の辛さは理解できません。酷な事を書いているかもしれませんが、看病される側として一言お伝えしたい事があります。

        タイトル通り、仕事に復帰されてはどうでしょうか?
        今はお母様がいらしているのでしたら、日中の看病はお母様に任せる事もできますよね?病人側としては、自分の看病のために看護者の「普通の生活」を奪う事はとても苦しい事なんです。助けてもらって、とても有難いと思う反面、ものすごく重荷に感じたりもします。迷惑というのではなく、看病のその後の事を考えるからです。森魚様がお兄様を大切に思われる気持もわかる(ような気がする)のですが、看護される側の気持ちに立った行動をしてあげる事はできないでしょうか?お兄様は森魚様自身の生活を優先してほしいと仰ったわけですよね。治療も軌道に乗り出したわけですし、ここは有給を使いきる前に仕事復帰を考えられてはどうでしょうか?その方がお兄様も安心すると思います。

        介護される側からのお願いです。

        トピ内ID:0984582740

        閉じる× 閉じる×

        仕事復帰されては、の続き・・・

        しおりをつける
        blank
        あちゃ
        送信してしまってから、仕事復帰されると森魚様はもっと疲れるのだな、という事に思いいたりました。きっと、夜間の看病はお母様と交代なさろうとするでしょうし。。。本当に難しいですね。

        ただ、森魚様が後悔無いように行動する事が、お兄様にとってはどうなのか、という事を思いめぐらして頂けると看病される側としてはありがたいな、と思ったのですが、それすらも看病される側が望む事はわがままなのかもしれないな、と思いいたりました。

        とにかく、森魚様が「仕事を失ったり」「健康を損ねたり」する事は、失礼ながらお兄様には負担になると思いますので、お兄様が大切ならば、上記2点だけは回避して欲しいなとのお願いです。

        私のコメントのせいでかえって森魚様の負担が増えてしまったようにも思います。ただ、本当に看病は適当にして、たまには、息抜きもして欲しいと思っております。

        それから、私は看病される立場に数年いた者で、癌患者ではありません。もしや勘違いさせてはと思いまして追記いたします。

        本当にご自愛ください。

        トピ内ID:0984582740

        閉じる× 閉じる×

        13 トピ主です 兄の入院と兄の(元)妻

        しおりをつける
        blank
        森魚
        兄は体調が急に悪化し、緊急入院になりました。
        2回目の抗癌剤治療は体力の落ちていた体に負担が大きく、まったく食事ができなくなってしまいました、副作用もひどいです。
        これからしばらくは病院での看護になると思います。

        兄は余命宣告されてから、お付き合いのある方達に、自分から連絡を取るようになっていました。その中に前の奥様もいます。彼女も兄と同じ業界で仕事をしていますので都心に住んでいます、最近は連絡をくれるようになっていてたまにお見舞いにも来てくれています。兄は彼女に対してはちょっとわがままです(笑)意外な一面でした。離婚してからお互い再婚はしていません。

        こんな状況でも「幸せ」は確かに存在しています。

        ピョン吉様、幸せって自分で見つけるものですね。

        トピ内ID:1246654368

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        後悔のないように・・・

        しおりをつける
        blank
        ぽたろう
        心が痛い日々をお過ごしの事と思います。

        1ヶ月ほど前、父をガンで亡くしました。
        自宅に戻ってからは、出来ることはなんでもしました。

        介護保険の使用メニュー増加・訪問医・訪問看護師・ヘルパー・食事宅配の手配など。家族の負担を減らす為でもありました。

        介護用パジャマはここのものが、ズボンも全てマジックテープになっており、
        寝たきりになっても、介護しやすかったです。
        サンキの『着せ替えらくらく【紳士】介護用パジャマ マジックテープ付』
        検索してみて下さい。
        (在庫が無い場合は取り寄せしてくれます)

        とにかく、少しでも父が楽に、痛くないように手をつくしました。

        友達にはなかなか言えませんでした。
        言葉にすることで、返って辛くなったり。。。
        それでも、ただ静かに聞いてくれる友達には、たまに吐き出していました。

        弱っていく姿を見るのは辛いです。それでも傍に居てあげて下さい。
        父は手を握ったり、足をさすったりされると「安心する」と言っていました。
        耳はずっと聞こえるので、好きな音楽をかけたりもしました。

        ご参考になれば幸いです。

        トピ内ID:5159971723

        閉じる× 閉じる×

        先日テレビで

        しおりをつける
        🐶
        佳代子
        免疫細胞治療がん治療という特集をしていました。
        簡単に説明すると、体内にはがんを退治する細胞があるらしいです。
        がんに侵されると、細胞が減って、退治できなくなるそうです。(ちょっとこのあたり、説明が違うかもしれませんが)

        なので、体内からがんを退治する細胞を取り出して人工的に数をふやして、点滴によて、増えた細胞を体内に戻すそうです。
        戻した後の画像を実際に見たんですが、あれよあれよと言う間に、その細胞ががんを退治して、がんがまったくゼロになりました。

        ちなみにその治療を受けた方は、末期がんの一歩手前だったそうですが、治療後、8年たっても再発はしないままだとか。
        治療も、自分の細胞を使って行うので副作用もないそうです。

        但し保険が利かないので高額かもしれません。
        検索してみてください。

        トピ内ID:9177014810

        閉じる× 閉じる×

        続きです

        しおりをつける
        🐶
        佳代子
        治療費はローンが効くそうです。
        1度、免疫細胞治療がん治療を行っている病院が、近くにないか調べた方がいいですよ。

        初期なら必要ないかもしれませんが、そうでないなら試す価値あります。

        トピ内ID:9177014810

        閉じる× 閉じる×

        13 トピ主です あちゃ様へ 仕事について 

        しおりをつける
        blank
        森魚
        看護される側からのご意見を頂きましてありがとうございます。

        仰る通り、家族のがんばりは少なくとも兄の心の負担になっていると思います。自分に置き換えて考えても(本人がそう感じていなくとも)自分を犠牲にしないで欲しいとお願いするでしょう。

        兄は余命半年、長くて1年と言われました。有給が消化された後、無給での休暇が8ヶ月まで適応されますので、患者の気持ちを熟慮することなく現在の生活を始めてしまいました。兄のためと言いながら、結局自分のことばかり考えていたのだと思い至りました。ご指摘くださってありがとうございます。

        私の仕事は秘書的な部分が多く、勤務は社内に限られてしまいます、会社は兄の家から車で4時間掛かりますので通勤は難しいのですが、兄の体調が落ち着いたら復帰も考えます。このことは家族にも相談していきたいと思います。

        明日の午後は洋服を買いに行きます、母と外食もしてきます。
        ありがとうございます。

        トピ内ID:1246654368

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        日々を大切に‥

        しおりをつける
        ざくろびじん
        私の兄も歳が離れていて、突然、35の時、病に倒れました‥。小腸がんでした。同じ様に、大きくなった癌のせいで腸を塞ぎ、食べ物や飲み物を戻していました。それから、三度手術をしましたが、二年後に他界致しました。後悔することは、もっとなんでもしてあげれば良かった…と思う事です。激しい痛みのせいで、背中が硬直していたので、指圧などしてあげると、にっこり喜んでくれました。少しの時間でも傍にいたり励ましてあげて下さい!同じ空気を吸えるだけで、幸せな時間ですから。

        トピ内ID:5922036677

        閉じる× 閉じる×

        14 トピ主です 退院しました

        しおりをつける
        blank
        森魚
        兄は副作用の症状も落ち着いたので、仕事をしないという条件付で退院できました。

        幸い進行中の仕事は社内で引継ぎが行われ、業務に支障がないように
        現在はプロジェクトリーダーの方が全て取りまとめてくださっています。
        おそらくこの方が中心になって事務所を引き継がれると思います。

        私は兄の会社でパートとして働くことにしました。このことに何故
        今まで気づかなったのかと自分に呆れてしまいました、、。

        兄は少しづつ、いいろいろな事を整理しています、譲渡できるものはお譲りしています。
        生活に必要なものは取っておき、後の処分は弁護士の方にお任せするようです。

        抗癌剤投与の後、CT検査をしたところ腫瘍が小さくなっていました。順調に行けば
        放射能治療にも進めるかも知れません。今は喉の痛みもなく、
        食事も少しづつできるようになりました。なんだか怖いくらいです。

        トピ内ID:6961614069

        閉じる× 閉じる×

        15 トピ主です お礼と3度目の抗癌剤治療

        しおりをつける
        blank
        森魚
        新しい治療や各種の保険、また使い易い商品などを教えてくださって
        ありがとうございます。
        自分ひとりでは調べられる情報に限りがあり、また情報の多さに
        混乱してしまい判断もつきません。

        新しい治療法に関しては、全部で4回予定されている抗癌剤治療の後,
        担当医と検討していくことにしました。

        兄はやっと退院できたのですが、3度目の抗癌剤治療の副作用が
        前回にも増してひどく再入院になってしまいました。
        泣いている兄を見たのは始めてです、、。

        CTの結果、癌は食道だけでなく喉やリンパ線、顔にも転移があることが
        わかりました。まだ放射能治療はできないそうです。
        様々な副作用が出ていますが、なぜか喉の痛みだけはずっと楽になったようです。

        母は近くの自治体で行っている生け花のクラスを取ることにしました。
        家にも病室にも飾れますし、気分転換もできて良かったと思います。
        最近は見たこともない新種(?)の花を見つけては買って来ています。
        花に混ぜてネギ(!)を活けていたのには驚きました、兄も爆笑でした。

        トピ内ID:6961614069

        閉じる× 閉じる×

        16 トピ主です 祖父からの接触

        しおりをつける
        blank
        森魚
        以前、母が実家との繋がりがないことを書きました。
        兄が病気になってから、頼る人のない母が気になり始め、会ったことのない
        祖父母への連絡を私からするべきか悩んでいました。

        母からこの話題を出したことがないので、聞きづらかったのですが、
        兄の病気のことを知らせなくてもよいのかと尋ねました。

        母は少し驚いて「お母さんはお父さん(私の祖父)を裏切ってしまって、
        もう会うことはないと思っているの、大丈夫よ、心配かけてごめんね」
        私は言いたいことは沢山あったのですが「お母さんを助けてくれる人が
        いたらいいなと思っている」ようなことを言いました。

        母は「ごめんね」といいながら、次のようなことを話してくれました。

        親同士が決めた結婚話があったが、父のことを好きになり縁談を断ってしまった
        そのせいで祖父は立場が悪くなってしまった
        怒った祖父は、社内にいた父の親戚を解雇してしまった
        とりなしてくれた祖母を殴り入院させた
        母の持ち物を全て破壊し、燃やした
        どんなに説明しても聞き入れてもらえず、まわりの人への被害も大きかったので
        祖父の言葉通り家を出ていった

        トピ内ID:1246654368

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        17 トピ主です 

        しおりをつける
        blank
        森魚
        ずいぶんと長く話をしていたのですが大体こんなことでした。
        とにかく祖父という人の話は恐ろしく、こんな人が現実にいるのかという感じです。

        その話を聞いて何日か経った時、突然、兄の病室に(担当ではない)お医者さんと
        祖父の会社の人が来ました。もう心臓がとまりそうでした。。
        (幸い兄は検査中でしたので病室にはいませんでした)

        そのお医者さんは他の診療科の先生でしたが、「自分も経過の報告は受けていますので、
        最善の治療ができるように手配致します」と仰ってくださいました。
        会社の人(50代かと思われましたが)は、私と母に「お兄様が入院されているのは、
        ○○(祖父)もご存知です、こちらでもできることは致します、何事もご心配のないよう」と
        言われました。

        母は「ありがとうございます」と言っただけでした。

        二人が退室した後に花と封筒が届けられました、封筒にはお金が入っていました。

        母は、うつむいてぎゅっと口を結んでいました。

        目に浮かべた涙は、悔し涙なのだと思います。

        トピ内ID:1246654368

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (15)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0