詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お茶汲みは女の仕事?

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    みう
    仕事
    総務・人事部で働くみうと申します。
    ご相談させて頂きます。私の部署は4人いて、1人は上司(男性、年上)、2人は同期(男性、年上1人と同じ歳1人)です。
    同じフロアには経理部(男性3人と、私より後に入社した1歳年上の女性1人)がいます。
    この構成で、来客が来たときに毎回私がお茶を持って行く事に納得できません。
    ・そもそもお茶汲みは総務の仕事なのか?
    →だとしたらうちの部署の男性が行っても良いのでは?
    ・一番社歴が浅い人が行くべき?
    →それなら経理部に私より後輩(年上だけど)がいる。
    ・一番若い人が行くべき?
    →となると私も該当するが、そもそもうちは、年齢よりも社歴が長い方が立場が上(年下でも先輩社員には敬語)という考え。
    総合的に見て私が行くのが妥当かと思われますが、毎回毎回「○○(私)、お茶3つ」と言われると腹が立ちます。
    私の考えは間違ってますか?

    トピ内ID:7982623263

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    いろいろあるけれども

    しおりをつける
    blank
    みゅー
    ・一番下っ端がやる
    ・一番給料が安い人がやる
    ・一番社歴が浅い人がやる

    イロイロ基準は有りますけども。
    そんなことはどうでも良いんです。

    どのような基準であろうとも。
    「トピ主さんがやることになっている」ならば、責任持ってやりましょう。


    > 私の考えは間違ってますか?

    間違っています。

    『毎回毎回「もうコピー用紙無いから発注しといてね」と言われると腹が立ちます』なんて言わないでしょう?

    お茶汲みも『本来すべき仕事』としてしっかりやればいいのです。

    トピ主さんがすべき仕事ならば責任持ってやりましょう。
    トピ主さんがすべきではないならば、手を出してはいけません。

    『自分がすべき仕事』を全力でやりましょう。
    「してもしなくても良い仕事」は「すべき仕事」が全て片付いた後にするものです。
    優先順位を間違えてはいけません。

    トピ内ID:8691776507

    閉じる× 閉じる×

    柔軟性のある会社かどうかによります

    しおりをつける
    🐧
    ぺんたん
    毎回はつらいですね。
    せめて上司以外の同期と話し合って当番制でお茶汲みすればよいのではないでしょうか。
    そういう会社もありますよ。

    女性でないと、云々カンヌンという上司ならば、もうひとりの女性と交代性にするとか。

    毎回だと業務に支障でるので、とか上司に相談した後に当番制にしてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:4210476806

    閉じる× 閉じる×

    もしも

    しおりをつける
    🐤
    もっち
    私が、お客様の立場だったら、立ち居振る舞いのきれいな、笑顔で感じの良い人にお茶を出してもらったら、その会社への好感度アップです。
    来客へのお茶汲みだって大切な仕事の一つ。誰がやっても同じではないでしょう。不潔な感じの人や愛想わるい人は会社のイメージダウンですよ。
    トピ主様なら、安心して任せられると思われているんじゃないですか。

    トピ内ID:3635479948

    閉じる× 閉じる×

    お客様へのお茶だし

    しおりをつける
    🐱
    Nyan
    課員だったら、自分で入れろや当番制もありですが、来社されたお客様に出すのは業務の一環です。上司からあなたが指示されたのなら、あなたの仕事です。年齢や社歴は関係ないです。あなたが不満に思うのは、お客様へのお茶だしが業務だと認識していないためと思います。差別意識は捨てて、業務を遂行しましょう。

    トピ内ID:6436650521

    閉じる× 閉じる×

    間違っていません。

    しおりをつける
    blank
    i.t.p
    若い時には特に高学歴の女性はそう思うそうです。(私は40代女性です)

    「女性はお茶くみ要員か?」といったことを
    高校生の頃だったか深夜放送のラジオで話していました。
    勉強しながら聞いていたのですが
    パーソナリティの一人が(有名なミュージシャン)
    「同じお茶を淹れて出してくれるなら女性の方が美味しそうに感じるし、嬉しいな」
    と言っていました。
    まだ社会人経験がなかった私は「へ~」と思ってました。

    月日がたって社会人になって20年を過ぎるとその意味がよくわかってきました。
    お客様にお茶を出すのは「接遇+お茶」なのです。
    初めて来社する方ならなおさらトピ主さんの立ち居振る舞いと出すお茶が
    社運を背負っていると思ってもいいかもしれません。
    来客に一番良い印象を持ってもらえるチャンスでもあります。

    大袈裟なようですが、私はそのような気持ちでいます。
    モチベーションを上手く上げるのも仕事をする上で大事ですしね。

    トピ内ID:6001838909

    閉じる× 閉じる×

    総務の仕事だと思ってました

    しおりをつける
    blank
    なおりん
    そもそも、お茶出しの頻度が、分からないのですが・・・
    週に数回なら、「そんなに目くじら、立てなくても」と思いますし。

    まぁ、それは置いておいて。
    来客が「経理部」にきたのなら経理部員が出すべきでしょうが、「(特に担当の部がなく)社に来た」とのニュアンスの訪問なら、総務が対応すべきことだと思っていました。

    もし、トピ主さんの業務が、他の総務部員と「全く同じ」なら、「全員平等に」とか「お茶出しで、業務が中断されるのが負担なので、それについては考慮してほしい」などの改善を訴えてもいいでしょう。

    しかし、「お茶出し分、他の業務が軽減されている」なら、お茶出しは、割り切ってこなした方がいいと思います。

    トピ内ID:4715794027

    閉じる× 閉じる×

    女の仕事だと思いますよ。

    しおりをつける
    🐧
    二児の父
    例えば、旅館の女将さんや仲居さんに男性がいない理由と同じですよ。

    男女同権とはいっても、お客様の立場に立った場合、男性にして欲しいこと、女性にして欲しいことは違うものです。

    トピ内ID:6517902644

    閉じる× 閉じる×

    間違ってませんよ

    しおりをつける
    blank
    とせ
    間違ってませんよ。
    でもそれを口に出せる職場でもないんでしょうね。

    それぞれが任された仕事を頑張るのは当たり前で
    それが自分のやりたい事でもない
    というのは当然です。
    やりたい事=できる事とは違うし。

    ただ、どう理由をつけても
    女性が会社で男性と同じように働くという歴史は短く、
    雑用が女性の仕事とされていたのは間違いないでしょう。

    それがあるから、
    「お茶を出すだけに見えても、お客様の好みを覚えたり、
    いろんたな工夫の仕方があって…」みたないな言い方があるけど、
    こじつけてるとしか思えない。

    ウエイターはいるんだから
    男性がお茶を出すのが不快という事もない。

    お客様が全員男性なら
    「女性の方がいい」と思うんですかね。

    今でも「女がやって当然」と若い男性社員が思ってるとしたら
    勘違いだと思いますが、まあ、勘違いな人はどにもいるし。
    不公平はどこにもあります。残念ながら男女も。

    実は、
    少し肩の力を抜いて
    お茶を出すくらいはいいじゃないか
    とも思うんです。

    でも、疑問をもっても当然だとは思います。

    トピ内ID:8367720988

    閉じる× 閉じる×

    納得できないのは当然

    しおりをつける
    blank
    がくせい
    だと思います。

    同期の方と職種等が同じなのであれば。トピ主さんが事務職(一般職)で
    同期の男子が総合職というならば、話は別ですが。

    ただ、「茶だしは女がするもの」的な考えが日本企業には残っているので、なかなか変えるのは難しいかも。(職位等に差がないなら、男女が同じように雑務を担当するのが筋ですね。逆に言えば、主さんの会社で同期の男性だけがやる雑務があるなら、主さんもやるべきですけど)
    (ちなみに、外資の話を聞いたことあるんですが、お客を担当する人が自分でコーヒーを出していた、というのとコーヒーを外注していた、との二つの習慣?があるようです)

    どうしても納得がいかなければ、上司にそれとなく言ってみるのも手ですが、こればっかりは社風によりますね・・・

    トピ内ID:1875771876

    閉じる× 閉じる×

    お茶汲みとお茶出しは違いますよ

    しおりをつける
    blank
    総務の局
    「お茶出し」=お客様にお茶を出すのは、立派な「仕事」であり、業務の一環です。
    総務は会社の「顔」であり、お客様に最初に接するの部署ですので、お茶を出すのも「総務の仕事」になります。
    大体は、新人女性が担当しますし、新人研修でも一番にやります。
    お客様に失礼のないよう、常に身だしなみも言われるし、電話応対、接客態度、いろいろ厳しく指導されます。
    女性である必要は特にはないと思いますが、女性のほうがふさわしい、と私は思います。
    なぜなら、「お客様からみて、好印象を与える確率が高い」から。
    お茶出しって、結構大事な仕事なんですヨ。

    ちなみに、「お茶汲み」は、お昼休みや休憩に社員が飲むお茶を、女性社員が汲んでいた昭和の悪しき習慣のこと。
    これこそは、男女平等で誰がやってもいいし、当番制にしてるところもあるでしょうし、今は給茶機・自販機を導入して各自自分で用意する会社が主流になりつつあります。
    こちらは仕事ではありませんので、断ってもいいと思いますよ。

    トピ内ID:7221402570

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]