詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    洗脳から抜け出さない母

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    もちもち
    ひと
    私(30才・女)はDV家庭で育ちました。
    父に殴られ、蹴られ、罵倒され。母も父が怖くて見てみぬフリ。

    そんな父も3年前に死にましたが、いまだに母が父を大切にするのが許せません。

    毎月墓参りに行き、お盆・お彼岸もしっかり行う。命日には「好物だったから」と赤飯を炊く。仏壇にはいつもキレイな花とお供物がいっぱい。

    本当は結婚したくなかったが、押し切られてしまった。どこまでも追いかけて復讐されそうで離婚できなかった。反対を押し切って結婚したので(父はバツイチ)自分の親に迷惑はかけられなかった。私だってつらかったのよ。

    …と母は言い訳します。

    優しい所もあったし、嫁として仏壇を守るのが私の務め、などと言いますが、これって完全に洗脳されてますよね。

    もう死んだんだから…と母は言いますが、では死んだら今までの暴行は許されるのでしょうか。
    私はいまだに過去の呪縛から抜け出せず苦しめられているというのに。

    同じような経験された方いらっしゃいますか?もうどうしたらいいか分かりません…

    トピ内ID:3178715215

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    あなたとお母様は別

    しおりをつける
    blank
    心理カウンセラー
    もちもちさまの経験はとてもお辛かったことと思います。
    いろいろと大変な中をよく生き抜いてこられたと思います。

    お母様もお辛い目に合われたと思いますが、それでも離婚なさらなかったのは
    事情があったにせよお母様からお父様に対する愛情が消えなかったことと推察します。
    それはお父様が亡くなった後も消えないでしょう。むしろ美化されるかもしれません。
    それでもお母様はそうして生きていく道を選んだのです。

    もちもちさまにとってお母様と辛い気持ちを分かち合えたらとても癒されるとは
    思いますが、残念ながらお母様とは難しいかもしれません。同じ体験をしている親子でも
    感じ方は人それぞれなのです。

    もちもちさまはお母様とは別の人生を歩まれるべきです。
    もちもちさまの怒りと悲しみはそこはかとないと思いますが、
    ふたをして日常を過ごしていったり、たまにはまったりしながら
    過ごされていかれてはいかがでしょうか。

    吐き出す場所(ただ聞いてもらう)として心理カウンセリングや
    DV電話相談等を利用するのもいいかもしれません。

    あなたの人生を大切に!

    トピ内ID:9362612392

    閉じる× 閉じる×

    子供には言えない甘い夫婦の時間もある

    しおりをつける
    小梅
    子供にしてみれば怖いだけの父親も
    妻から見れば心を通わせた人。
    子供相手には本心は語れないけれど、愛した時間はちゃんとあったはずです。

    洗脳なんて言葉は使わないほうがいいですよ。
    あえて洗脳というならば、「私は結婚したくなかった」とおっしゃった
    お母様の言葉にあなたが洗脳されているのでは?
    はじめは望まない結婚であったとしても、両親はちゃんと愛し合っていた…とすれば
    そんな言葉にがんじがらめになっていたのはあなたです。

    あなたはあなたの心を癒す努力をすべきで
    お母様は現在、それで穏やかでいられるのなら放っておいてあげるべきですよ。

    私も暴力を受けて育ち、父は数年前に他界しました。
    父は私が18で家を出てから、結局一度も私に会いには来てくれませんでした。
    それを今、母に言うと、父に成り代わって言い訳をします。
    本人だって散々暴力を振るわれたというのに。
    時々、腹は立ちます。でも、今の私は自分の家庭を築いた大人なので
    過去に囚われず現在を大事にしていきたいと心に決めています。
    時々フラッシュバックしますけどね。
    でも、大切なのは「今」です。

    トピ内ID:7419776863

    閉じる× 閉じる×

    経験はありませんが

    しおりをつける
    団員A
    妻の立場と子の立場とでは、考えが違って当然だと思います。

    死んだからといって生前の罪が許されるわけではありませんが、かといってそれを償わせる方法もありません。

    したがって、あなた自身が自分で自分と折り合いを付けられるかどうかが問題なのだと思います。

    母上が言い訳をする、といいますが、母上も被害者だったのでしょう?
    責めるのは筋が違うのではありませんか?

    自分のことは、自分で解決するしかないのです。

    トピ内ID:7064774464

    閉じる× 閉じる×

    それは洗脳ではなくて

    しおりをつける
    blank
    Q子
    お父さんのことを否定すると、お母さん自身の人生を否定することになるから、認めないんですよ。
    結局、そんな夫と別れて、自分の人生を生きる決断をできなかった己を認めたくないんです。

    うちも似たような感じです。
    父は今でいうモラハラでした。
    母は父には面とむかわず、子供に父の悪口、泣きごとを言って暮らしてました。
    なおかつ、私には、対決せずに事を荒立てずうまいこと動けと繰り返し言ってきてました。
    母はすべてを父のせいにして生きています。
    死んだあとでもそうです。
    言い訳は「私が別れても、他の女性が私と同じ目にあうかと思ったら別れらるわけにはいかなかった」。
    悲劇のヒロインぶってますが、己の弱さを自分で認めたくないだけ。

    トピ主さんは別の人生です。
    お母さんにとらわれず、自分の人生を歩んでいけばいいと思います。

    といいつつも私もなかなか割り切れないのですが。

    トピ内ID:1411672271

    閉じる× 閉じる×

    捨てなさい!

    しおりをつける
    💋
    ももいろりんご
    母を捨てなさい!
    そして、父も捨てなさい!
    あなたに必要なことは、一人で生きて行く強さを持つことです。
    もしあなたがいつの日か、本当に自立して一人で生きて行く強さを持つことができたならば、
    母も父も許すことができる日が来ます。
    その日は何年、何十年先かわかりませんが、絶対に来ます。
    今のまま、父にとらわれ母にとらわれているようでは、ご両親を生涯恨むことになると私は
    思いますよ。

    トピ内ID:5834881760

    閉じる× 閉じる×

    家も・・

    しおりをつける
    😨

    うちも、似たような感じです。両親は、まだ健在ですが

    わがまま、自己中、昔は、飲んだら、母に暴力をふるい
    大変でした。そんな事をされて、今でも、ガンになって
    母は、涙ながら、もし、万が一の事になったら?とか
    私に、泣きすがったり、ガンが、回復すれば、今まで以上に
    大事にするのです。何されても、従うし、わけわかりません。
    頭が、おかしいのかとも、思います。

    トピ内ID:7076987177

    閉じる× 閉じる×

    逃避してる

    しおりをつける
    blank
    敬子
    配偶者や両親など身近な人がダメ人間である場合、それを徹底的に忌み嫌って抵抗する人と、驚くほど寛容に赦してしまう人がいます。

    後者の場合、寛容なわけでも我慢強いわけでもなく、逃避だと思います。

    自分の選んだ人、または自分の実の両親などが人として最低最悪のヤツなんだ、ということを認めたくないんです。

    そしてその人達に虐げられている自分の状況・人生が不幸で惨めでどうしようもないものであることからも目を逸らすんでしょうね。

    そんなに悪い人じゃない。あたしはこんなことくらい辛くない。

    そうやって逃げることで心を護るんだと思います。

    お母様が今も暴力の被害に遭われているなら目を醒ましてあげたいですが、もうそれはないのですからそっと見守ってあげては?

    お父様のダメさ、お母様の結婚生活が酷いものであった現実を直視しろ、恨め、苦しめ、後悔しろ、と言っているようなものです。

    無論、主様はそのせいでとても辛い思いをされてきたのだから、複雑でしょう。

    でも主様はお母様とは違う本当に幸せな人生のためだけに前を向いて暮らしていかれれば良いと思います。

    トピ内ID:4888618252

    閉じる× 閉じる×

    どうしなくてもいいです。

    しおりをつける
    せんぷうき
    もちもち様
    つらい経験をされましたね。
    本来なら全ての子供が両親の愛情に育まれて育って欲しいのに、暴力など、、、。
    悲しかったでしょう。いまも悔しく恨んでおられるでしょう。

    でも他のトピのご意見にもありますが、夫婦のことは夫婦にしか解りません。
    いえ、大きくいうと自分以外の人間の心の中は誰にも解らないのかもしれません。

    お母様がご供養などをきっちりなさるのはあなたにはさぞ不快で許せないでしょう。
    でも、なぜそうなさるか、子供のあなたには解らないし、解らなくてもいいんだと思います。

    仏壇をキレイにするお母様はあなたにもそれを強要しますか?
    もししないのならほっておいては?
    万が一、その仏壇をあなたが管理する時は粗大ゴミに捨てればいいんじゃないですか。
    したくなければ、お父様の供養も一切しなければいいでしょう、そう今は思っておけば
    気が楽になりませんか?

    それより、フラッシュバックに苦しみつつも、今を自立して生きる事が大事ですよね。

    私の父も最低ですが、きっと母はきちんと葬式をあげるでしょう、法要もきちんとしそう。仲があんなに悪いのに不思議です。年代的なものですかね。

    トピ内ID:9150354575

    閉じる× 閉じる×

    DV経験者です

    しおりをつける
    🎁
    でぶでぶん
    父と母方の祖父に虐待されて育ちました。

    父は離婚して、再婚、近所ですが、離婚してからは自分の意思で会いにさえきません。
    慰謝料、養育費も払いません。

    祖父は、脳梗塞で入院、2年ねたきりで死にました。

    祖父は、母のいない場所、時間に殴っていたので、母は直接現場を見ていません。
    というか、母は私の虐待を、あまり覚えていません。
    私がストーブ投げ込まれた事や、階段から何度も落とされ肺がつぶれた事すらも

    勿論、母も祖父に頭蓋骨に穴があくほど、殴られてます。

    私は専門家ではないですが、これは「正当化」ではないでしょうか?

    もちもちさんのお母さんは
    「離婚しなかった自分」「娘を助けなかった自分」を正当化して
    精神のバランスを保っているのでは?
    マイ母は、「忘れる」で保つと、、

    でも、私は無理でした。30年以上会っていない父が「保護司」として、
    職場の近くに来た時に、店のハサミで刺そうと思いました。
    ただ、下向いて怒っていたら、鼻血が出て、同僚が大騒ぎしたので未遂です(笑)

    子供は、忘れられません。忘れたくてもね、、違うんですよ

    トピ内ID:9310415573

    閉じる× 閉じる×

    そりゃ・・

    しおりをつける
    blank
    まどか
    男と女ですもの、向こうは。

    トピ主さんができるような行為にだって何回も及んでいる二人ですよ。

    トピ主さんが持つ感情とは全然違うものがありますよ。

    私の意見としては、正直お母様は一人の女として生きてこられたんだと思いますね。夫に殴られる娘がいるの見て見ぬふり。
    娘の親というより、その男の妻である人生だったんでしょう。

    なのでトピ主さんも「年上の女」だと思って接すればいいんだと思いますよ。実際向こうの扱いだってそうなんだから。

    年上の知り合いの女性で、子供が殴られてても見ぬふり、自分の男が大事、という人がいたらどう思いますか?「仲良くはなれないなあ」と思いませんか?

    「理解しあえない他人程度の女性」だと思えば気も楽になりますよ。

    ちなみに宣言してしまえばもっと楽になります

    トピ内ID:4336783769

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です【お礼と続き】

    しおりをつける
    😨
    もちもち
    レスを下さった皆様、ありがとうございます。
    ひとつひとつ大切に拝見しました。

    愚痴ばかりで申し訳ないのですが
    私は男性恐怖症で恋愛ができません。

    その理由は父の暴力もありますが、
    昔弟から性的いたずらを受けたことも大きいです。

    いたずらされてから私は徹底的に弟を避けていたのですが
    ある日それを不審に思った母から問いただされました。

    理由を話すと、母は私のむなぐらをつかみ
    「弟に対する態度を改めろ。弟が可哀相だろ」と言いました。

    数年後、あの時なぜそんな事を言ったのか聞くと
    「家の中で波風立てたくなかったから。
    お父さんに言ったらどうなってたと思う?言えるわけないでしょ」と。

    結局、母は男に逆らえないただのオンナだ、
    娘より自分の男をとったのだ、と呆れ果てました。

    いい大人の女性なら、恋愛をし、パートナーを見つけ
    そちらに甘えたりするのでしょうが、私の中では
    「男=暴力と性欲の塊」でしかありません。

    恨み切れない辛さを、長々と失礼しました…

    トピ内ID:3178715215

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]