詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    癌の母が周りにして欲しい事

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    めぐ
    ひと
    母の癌が再発しました。転移が広範囲で手術はもうできません。
    母が抗がん剤を拒否したため、今は痛みを取るための処置のみを受けています。

    今は薬を飲みながら普通に生活して買い物に行ったりもできますが、癌は確実に進行しており
    少しずつ弱ってきています。
    残された時間私なりにできる事をしてあげたいのですが、母の気持ちが理解できずにいます。
    母の望みを聞き、頑張って叶えてもその途端に全否定される事ばかり続き疲弊しています。

    旅行に行きたいと言うので母の希望の場所へ旅行の手配をすると、行き先を変更しろと言われ、
    行き先を変えたら今度は「土日の混んだ時なんかに連れていくつもりなのか?」と怒られ、
    平日に休みを取り手配したら旅行当日「そもそも旅行なんか行きたくなかった。自己満足
    押しつけられて迷惑だった。」とドタキャンされました。

    家事をしていると「まだ何でもできるのに病人扱いして馬鹿にしてるのか!」と怒り
    母に任せていると「病人に家事押し付けて早く死ねばいいと思っているんだろう。」と泣きます。

    お金が必要だというので渡すと「金さえ出せばいいと思っているのか?」と突き返され
    渡さないでいると「病院に行くお金も出してくれない」と叔母に泣きつき叔母から怒られました。

    健康な時から意地悪をされる事はありましたが、ここまでひどくはありませんでした。
    病気の母の願いに私が気付かず、屈折した不満をぶつけているのか分かりません。
    たまに「会社を辞めて側にいてくれ」とか「孫の顔が見たい」(私はバツイチで子供は産めませんでした。)
    とか到底叶えらない望みを分かっていて口にします。
    それは無理というと「こんな家族ならいらなかった。」とただ悲観的な事ばかり言われ無力感で
    おかしくなりそうです。

    トピ内ID:1708817602

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    病気が言わせてるんです

    しおりをつける
    🐱
    灰色世界
    お母様が言っているのではないのです。きっと。病気が、死への恐怖が言わせているのです。今の調子で良いんだと思いますよ。精一杯叶えようとしてあげる姿勢はとっても偉いと思います。凄くしんどいと思います。看病してる方が精神的に疲弊してしまうと思います。でも、お母様が居なくなってしまった後、後悔せず「やるだけやった」と胸を張って生きていけるから、今を頑張って欲しい。

    私の提案ですが、手紙を書いてみてはどうでしょう?お母さんに感謝してる事、もっと一緒に楽しく生きていたかった事、楽しかった思い出、大好きだって事を照れずに書いてあげて欲しいです。北風のように無理やり色々するのではなく、太陽のように暖かく照らしてあげてください。

    大切な身内が癌患者の私からのお願いです。

    トピ内ID:5763884400

    閉じる× 閉じる×

    お大事に

    しおりをつける
    blank
    我慢させられっこ
    お母様、癌の末期なのでしょうか、残り少ない時間を娘として、精一杯につくしてあげたいのだと思います。お優しいですね。

    あなたに、わがままを言っているのは、体の痛みのほかに、不安を自分でコントロールできないのですね。死を受け入れるのにも、希望と、絶望を行ったり来たりするようです。あまり詳しくは分かりませんが、、、

    病気だから、わけのわからないことを口に出してしまうのだと思います。

    介護(まではいかないのでしょうか?)は、それだけになってしまうと、息ができなくなってしまいます。身近に、助けてくれる人はいませんか?1日だけでも、自分だけの時間を作ってみましょう。

    意味の分からない言葉も、病気が言わせているのですよ、、、きっと

    酷なようですが、この状態が、果てしなく続くと言う事も無いのです。

    終わりがあるのです。

    トピ内ID:4923434617

    閉じる× 閉じる×

    お辛いですね

    しおりをつける
    blank
    らんらん
    私の両親も癌で、父は他界いたしました。母は手術をして今は元気にしていますが、まだ再発の危険はあります。

    とび主のお母様ですが、もともとわがままな性格なのではないでしょうか。
    私の両親は、全く泣き言もわがままも言いませんでした。

    とび主が色々されているのに、これじゃ気持ちが続きませんね。
    しばらく言われた事だけしていたらどうでしょうか。
    それでも色々言われると思いますけど。

    してあげたい事は沢山あると思いますが、お母様は苛立っているようですし
    良かれと思った事が裏目に出ているのかもしれません。
    私は、死を前にした時に、辛くてもそれを乗り越えて死を迎える準備を
    しないといけないと思います。
    今は、その最中でしょうか?
    何のアドバイスにもなりませんでしたが、頑張ってくださいね。

    トピ内ID:3663722371

    閉じる× 閉じる×

    生と死の葛藤

    しおりをつける
    blank
    AI
    初めまして。癌のお母様と向き合っているとの内容に共感し、コメントさせて頂きました。
    私事ですが、同じ経験者として書かせて頂きました事お許しください。
    私も約3年前母を肺癌で亡くしました。当時17歳でしたので、癌という疾患について無知であったと今でも後悔しています。年齢が若い方程、癌の進行が早い事を知っていたら、少しでも長く母のそばにいて、たくさん会話したかったと。学生時代の私は、親不孝娘であったと反省せざる得ない行動や言動をとり最低な人間でした。反抗心が強く酷く悩ませていたこともあり、親元を離れ単身高校へ通学していました。私が高1の冬、母は肺癌(末期)の宣告を受け、私にも知らせが届きました。ですが、末期であった事は母が亡くなった日の晩に父から聞かされました。後悔の念に苛まれ、正直なところ今でも母の死を前向きにとらえられず常に頭の中にある状態です。看護学校へ進みましたが、私の心の弱さと甘えからか、他者の死さえ拒絶してしまうようになり、看護への道を諦めました。成人式を終えたばかりの未熟者の言う事なので説得力に欠けますが、ただただコミュニケーションを図る時間を増やしてあげてください。

    トピ内ID:1302977789

    閉じる× 閉じる×

    そっとしておけば?

    しおりをつける
    blank
    義母が癌です
    同居の義母も癌です。
    同じく再発で、抗がん剤拒否、痛み止めだけの服用です。

    私も同じように言われますよ。
    他人(嫁)なので、容赦ないです。

    私も「もう長くないのだから」と精いっぱいやりましたが、
    何をやっても、やらなくても気に入らない。

    だったらいっそほかっておけば?
    という結論になりました。

    今は何を言われても「そうですね~」でおしまい。
    義母は私の態度に余計イライラしていますが、そんなことお構いないです。
    私の人生をこんなことでめちゃくちゃにされたら、たまりませんから。

    トピ主さんもあまり気がまえずに、できることだけやっていればいいのじゃないですか?

    トピ内ID:7610771683

    閉じる× 閉じる×

    お気持ちお察しします。

    しおりをつける
    blank
    mikan
    私も母を肺がんで亡くしました。
    癌性のうつ病というのでしょうか。数ヶ月に渡って1日中「死にたくない」と泣かれて心底疲弊しました。
    カーテンを閉め切ってテレビもラジオも聞きたくないという。ちょっと席をはずしてトイレに行くと大声を上げて呼びつける。夜は横に寝ている人を一晩中20分おきに起こして「助けてくれ」と泣く。空中を手でつかんでは「黒いものが飛んでいる」とさわぐ。1日中足や腰をもまなくてはならない。ホスピスに入ってからは、朝4時に電話で呼びつけられる。別人でした。

    正直、家族に無断で本人に「末期癌だ」と告知をした医師を今でも許せません。
    癌という死刑宣告を受け止められる人と、受け止められずに精神を病んでしまう人とがいると思います。
    主さまのお母様も、おそらく自分が死んでゆくことを受け止められずに、精神が病んできているのでしょう。
    そういう人を何ヶ月も面倒をみる家族は、心が壊れそうになります。体も疲弊します。

    仕事もやめ介護しましたが、今でもまだ足りなかったのではないかと自分を責めます。死んでくれてほっとした自分をせめ続けているのです。体をお大事に。

    トピ内ID:4771218419

    閉じる× 閉じる×

    それでも、いつかは終わるのです

    しおりをつける
    blank
    mikan
    先ほどのつづきです。

    介護の最中は、こちらも本当に苦しみました。
    助けてくれと泣かれて、なにもできない無力感、別人のように毛の抜け落ちた、わけのわからないことばかりいう母に、涙がとまりませんでした。

    車椅子に酸素ボンベと母をのせて桜吹雪の下を歩きました。あれほど花の好きだった母が、まったく興味も示さない中、それでも桜をみせました。

    すこしでも喉を通るようにおもいつく限りの食べ物を作ってホスピスに通いました。母の治療や対応をめぐって家族で怒鳴りあいのケンカもしました。癌とは、本当に無残な過酷な病です。しかし、日本人の3分の1が癌で亡くなるのです。

    自分が死んでゆくことを知って苦しんでいる人間をどのように支えることができるのか。つきつけられた4ヶ月でした。頑張っているつもりでしたが、「お前には死んでゆくお母さんの気持ちはわからない」と何度も言われ、大変に悲しかったです。

    私は母ひとりがいなくなってこんなに寂しいのに彼女の世界からは家族皆がいなくなる、そのことが怖くてしかたがなかったのだとは、数年立ってからやっと気がついたことです・・・。

    トピ内ID:4771218419

    閉じる× 閉じる×

    愛の確認

    しおりをつける
    blank
    ぴこ
    お母様も、死に直面して怖いのではないでしょうか。

    無理や矛盾を言っているのは、お母様も分かっているのではないでしょうか。

    そんな無理難題を言っても娘が付きあってくれる(「どうせ、旅行の手配しても最後にドタキャンするんでしょ」とか言って相手にしないのではなく)ということで、愛を確認しているんだと思います。

    「ああ、私は大事にされているんだ、娘は私のことを思ってくれるんだ」って。

    人生の最後に「私は愛されている」と思えるのって、とても大事なんだそうです。なので、大変でしょうけど、もう少し踏ん張って見てください。

    トピ内ID:7068023235

    閉じる× 閉じる×

    そばにいて本音を語り合う時間

    しおりをつける
    blank
    yuu
    わたしも灰色世界さんの言ったとおり、
    暖かく見守ってあげてはいかがでしょうか?

    あなたにとっては、まだまだ親でしょうが、お母様も一人の人間です。
    か弱い女性です。
    一人、死に立ち向かわねばならない恐怖と不安というのは
    計り知れないものがあります。
    誰だって死にたくはない。でも、それと向き合わなきゃならない。
    その葛藤に押しつぶされそうになる人もいます。
    そんな時、家族の支えがものすごくありがたいし、同時にとても甘えたくなるんじゃないでしょうか?
    別に何もお母様は特別なことを望んでらっしゃらないんだと思いますよ。
    ただ、わがままを言ってあなたにそばにいてほしい、
    八つ当たりしてこの苦しみをわかってほしい、それだけだと思います。
    つらいときはそっと抱いて一緒に泣いて上げればいいと思います。
    あなたのつらい心のうちをお母様に見せてあげてもいいと思います。
    そうして、日々、穏やかな時間を最後まで一緒に過ごすことが
    何よりの幸せだとわたしは思います。
    旅行より何より家族がそばにいて自分を慰めてくれることこそ、
    人生において最もすばらしい時間はありませんから。

    トピ内ID:4730202175

    閉じる× 閉じる×

    たぶん

    しおりをつける
    blank
    紅葉
    脳に転移して来ている為だと思います。
    まるで、別人のように、人格が変わってしまって…と戸惑うご家族をフォローしてきました。

    担当医師や訪問看護師等に相談されてはいかがでしょうか。

    お母様は勿論、貴女のメンタル面もフォローが必要だと思いますので…

    トピ内ID:0896770389

    閉じる× 閉じる×

    お母様自身が混乱しているから

    しおりをつける
    kaorinn
    癌が再発、手術不可、これだけでもパニックになると思いますが、癌が進行していて少しずつ弱っているのがわかる状態だと、昨日は出来ると思ったことが、翌日には出来ない(と思える)のではないでしょうか。
    時間単位、分単位で、ものすごく具合が悪いときがあり、精神的にも不安定だと思います。「望みを聞く」のはいいと思うのですが、頑張って叶えるより話を聞き続けたり、頻繁に様子を見に行ったりする方が(ご家族としては非常に疲れるとは思いますが)いいかもしれません。

    基本的に、治る見込みがない病気が進行していくことを、受け容れられないことからくる言動だと思います。痛みを取るための処置の主治医に、精神的なケアについて相談してみるのも一手です。

    トピ内ID:2107128861

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]