詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    大学と高校の非常勤

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    まみ
    仕事
    初めまして。
    私は今32歳で、仕事は主に高校の非常勤講師です。
    本業は母校の大学の研究員なのですが、
    肩書きと机だけで、実際には無給・勤務らしい勤務もありません。
    博士号はまだ取っておらず、あと一年かかる見込みです。
    別の大学で1コマのみの非常勤を始めて3年経ちました。
    仕事・将来・年齢的に結婚・・・いろいろなことで焦るばかりです。

    専門は人文系のなかでも極めてマイナーなほうです。
    大学非常勤は、満期退学する際、指導教官の紹介でもらったものです。
    高校勤務も退学時に始めたもので、こちらは専門とは無関係ですが、
    やりがいがあって楽しく、収入もここから得ているのでやめられません。
    やっと社会貢献できているという気持ちもあって、
    完全に学生だったときよりも精神的に落ち着ける気がします。
    しかしなかなか本来の目的・研究が出来ず、悩みます。
    毎年、高校の上司に「来年は常勤で」と言われると、ありがたい反面、
    大学の一コマや研究の夢をどうしても捨てられなくて、断っています。

    長期留学で親には老後の蓄えだったはずのお金をかなり使わせました。
    少しでも稼いで返したいので、高校でたくさん働きたいのですが、
    出来るならちゃんと研究して自立し、夢を叶えて親を喜ばせたいです。
    焦ってしまって何を優先すべきか、時々分からなくなります。
    研究者の方や学生の方など、何か助言や意見を下さい。

    トピ内ID:5227735853

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    友人の事ですが・・・

    しおりをつける
    blank
    Len
    大学院卒業後高校の先生をしていました。研究は学校の理科室でコツコツ続け、論文かいて出版し、国際会議に招待されたそうです。それが某国政府の目に止まり、今はその国の研究所で働いています。

    経済的基盤は大切です。でも研究は高校の先生をしながらでもやる気があるのなら続けられます。

    トピ内ID:9232195140

    閉じる× 閉じる×

    モチベーションと研究環境の維持

    しおりをつける
    blank
    かけだし大学教員
    高校常勤で研究をやるのは理屈としては可能ですが、
    時間の確保とともにモチベーションや問題意識を保つのが結構難しそうです。

    日常的に大学等の研究者と交流する機会を設けることが重要ではないかと思います。
    高校と自宅と大学の位置関係とか、スケジュール的な問題とかを考慮する
    べきかも知れませんね。

    トピ内ID:5488450708

    閉じる× 閉じる×

    人文系なら教職と両立できませんか?

    しおりをつける
    blank
    今は会社員
    高校教諭であれば、教育と研究を両立している人はたくさんいます。

    私は理学部生物学科卒ですが、大学の同期には高校の教職について、研究(分類学)をしている人がいます。人文科学でも心理学等の実験系ではなければ両立は可能だと思います。

    大学で研究すること、大学で教えることに執着や目的があるなら仕方ありませんが、高校教師でも分野によっては研究は可能です。

    トピ内ID:1500081917

    閉じる× 閉じる×

    王道は

    しおりをつける
    blank
    わたりどり

    王道はやはり1日もはやく博士論文をすませ、ポストドクの職を見つけ、
    次に大学の常任講師のポスト。40代で准教授、50代で教授でしょうが
    ご存知のように今、大学は生半可な状態ではありません。

    指導教官、先輩などその分野での事情をよく知っている人にアドバイスを
    もらうのが良いと思います。

    トピ内ID:8706575522

    閉じる× 閉じる×

    かけもちで研究ができないのならやめたほうが

    しおりをつける
    blank
    ai
    常勤の高校教師になられてはいかがでしょうか。
    非常勤教師(=常勤ではない)なら時間はあるはずなのに
    それでも研究ができない、というのは研究者として甘いです。
    しかもまだ博士号を取っていないというのは、遅いのでは?
    今は博士号も出やすくなってます。本文から判断すると
    大学教員になるための実績はほとんどない方、に見えます。

    研究予算も自分で取ったりはされてないんですよね。
    今は実績よりも予算が取れる人がポストにつきます。
    人文系のアカポスが狭き門で、大変厳しい世界だというのは
    ご存じなはずです。

    高校教員としてはまだ若いから、常勤の話を
    持ってきてもらえるんですよ?このまま年を経ていけば
    高校教師の常勤の話もなかったことになるでしょう。

    40歳過ぎて定職につければ十分、とか、一生定職に就かずとも
    お小遣い稼ぎができればよい、という人ならば
    このまま学生気分をひきずって非常勤を続けられては。
    実際そうやって40過ぎてやっと大学教員になるような
    人も少なくないです。特に人文系では、それだけの経済的余裕が
    ある人がだけがなれるのが大学教員とも思います。

    トピ内ID:5299509597

    閉じる× 閉じる×

    高校常勤取った方がいいですよ

    しおりをつける
    🙂
    akaoni
    人文系(女性、既婚・学振PD)研究者タマゴです。
    主様は学振PDや奨学金に応募されたことがありますか?
    あと論文(査読あり)や国際学会はいくつ発表されてますか?
    大学の常勤になりたいなら、博士論文を書き上げ、J-RECINのチェックをマメにしつつ、学会や勉強会に参加して顔を売り(幹事をやるように心がける)、学振PDや奨学金に応募し、キャリアを積むことに貪欲になるべきです。
    きつい言い方ですが、主様の文章からは「研究にいそしむぞ!」という気概が感じられません。
    大学予算削減から非常勤の雇い止めが増えていますし、現段階で学振PDや奨学金獲得が難しい程度のキャリアなら、高校で常勤取った方がいいです。
    高校で常勤をつとめつつ、研究日を一日設けて貰い、その日は大学の非常勤+博士論文執筆に専念しましょう。
    主様の状況を考えると、その方が、キャリアはとぎれませんし、将来の大学常勤への道が開けるかもしれません。

    私は去年PDを獲得&結婚し、博論も来年度までに出す予定ですが、大学常勤公募も落ちまくってますし、出産リミット考えると悩みます。
    高校常勤の話があるなんて、羨ましいですよ。

    トピ内ID:2710048101

    閉じる× 閉じる×

    常勤とは

    しおりをつける
    🐧
    じょじょ
    「常勤」とは、教諭のことですか、それとも常勤講師ですか?
    公立ですか、私立ですか?

    公立の常勤講師だったらやめた方がよいです。
    採用試験を受けなければ教諭になれません。
    学問も教員生活もそして給料も中途半端になります。

    私立の場合の常勤講師は、事実上の仮採用ということもあります。
    やはり待遇面をよく見なくてはいけません。
    研究もできる教諭のいる私立の学校は多くないです。
    名門進学校、上位一貫校で、後は研究どころか、教材研究の時間もないようです。
    研究ができる学校は男子校が多いです。

    海外留学の時にどうして学位をとらなかったかというツッコミはおいといて、今の環境で一刻も早く博士を取ることだと思いますよ。

    他にもツッコミどころ満載ですが、このご時世ですので、すぐに論文が出せなくて、教諭の話だったら、高校教員の方が無難ですね。

    トピ内ID:6954661295

    閉じる× 閉じる×

    トピを立てた者です

    しおりをつける
    🙂
    まみ
    皆様レスありがとうございます。
    高校は公立で、常勤=大学非常勤をやめることになります。
    どちらにせよこのまま35になったら、
    採用試験を受けて教員を目指したいと思います。

    指導教官の一人は時々、このまま頑張れば、と言われたり、
    別の時にもうこのまま高校教員になったら?と。
    もう一人は「いつかは大学に勤められるから、
    コツコツやることをやりなさい」と言われます。
    私が年齢のわりに業績が足りなかったり、
    博論を出していなかったりで、
    現時点では見込み薄だからなのだと思います。

    留学中も金銭的・能力的な理由で博論まで達せず、
    リサーチ・マスターをもらって帰国しました。
    自分の能力の限界を、その留学で身にしみて知りました。
    論文や学会発表は遅れながら去年から増やしています。
    最後のチャンスだと思うので、来年は学振応募してみます。

    先週、高校の上司がまた来年のことを聞いてきたので、
    心が揺れたのですが、少なくとも博論まではこのまま、
    非常勤でいきたいと思います。
    いろいろなご意見、とても参考になりました。
    ありがとうございました!

    トピ内ID:5227735853

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    語学教材の選び方と面接について

    しおりをつける
    🙂
    まみ
    こんにちは。
    閉じさせていただいたつもりでしたが、
    また読んでくださる人がいらっしゃったらと思い、
    質問します。

    先月、何件か語学系の公募に出し、
    一件、面接に行くことになりました。
    科目はいわゆる1・2年向け教養の英語で、
    コマ数はかなり多いです。
    面接までに少しでも、自分がやろうと思っている授業を
    頭の中でイメージしてから行きたいのですが・・・
    教材(主教材)をどのように先生方は選んでいるのか
    分からないので、経験者の方にお伺いしたく思います。

    普通のリーディングやコミュニケーションや資格対策向けです。
    高校だと、業者から教材のリストやサンプルがあって、
    それから選ぶといった形なのですけど。

    副教材として使いたいものはいろいろと浮かぶのですが・・・
    普通、面接までに「自分だったらこの教材を使う」なども
    決まっているべきなのでしょうか。
    あと面接のアドバイスなどあったら教えてください。

    トピ内ID:5227735853

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]