詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    不登校経験のある方、教えてください

    お気に入り追加
    レス22
    (トピ主5
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    どんまい母さん
    子供
    初めてトピをたてます。
    どんまい母さんと申します。

    小学校3年生の娘が半年ほど学校に行っていません。
    はっきりした原因は分かりません。
    始めはあれやこれやと娘に聞いたり担任の先生と話し合ったり
    原因探しをしていましたが、今ではそれはどうでもよいことと
    止めました。
    学校でいじめはなかったようですし、娘に特別に劣等感を
    持つような要素も思いつきません。
    (体型は平均的、勉強は普通程度、運動神経良好、友達もいる)
    一人で留守番もできるので母子分離不安でもなさそうです。

    小学生の頃にこのような漠然とした理由の不登校を経験し
    克服された方に、何がきっかけで学校に行かれるようになったのか、
    経験談をお聞きしたいです。
    よろしくお願い致します。

    トピ内ID:4891785291

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数22

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    経験談ではないのですみません。

    しおりをつける
    blank
    フォト
    うちの近所の子も友達の子もこの半年不登校です。
    小学校2年と3年で主さんと同じく劣等感や友達、いじめ、先生との関係などどれも思い当たる節はなく突然というパターンも同じです。

    友達がいろいろ調べたところ、震災の影響ではないか。ということに行きつきました。震災当時ずっと流れていた映像や新聞などを長期間触れていたので(テレビを1日中つけっぱなしとはではなく普通に家でニュースを見る感覚です)感受性の強い子の場合すごく影響を受けるとのことでした。しかもなぜか震災直後ではなく数か月後にというパターンです。
    優しい穏やかで繊細なお子さんが影響を受けやすいと聞いています。

    何の解決にもなりませんが、こういうパターンの似たお子さんがごく身近に2人いたので気になって出てきました。
    経験談でもなんでもないですが。すみません。

    トピ内ID:0219750956

    閉じる× 閉じる×

    原因がないなら行かせては…

    しおりをつける
    blank
    匿名
    中学生で不登校でした。ただしこの時は明確な理由がありました。イジメですが。
    一方で小学生の時ですが、この時も先生は口煩いしあれこれ面倒な事は多いし行き帰りの歩きもタルいし、学校自体好きではなかったです。
    隙あれば風邪のフリをして休もうとしていました。

    本当に理由がない、場合は最低限の規則は守るという意味で厳しく言ってでも行かせた方がいいんじゃないでしょうか。サボリ癖がずっと沁み込んでしまう可能性もあるのではないでしょうか。

    トピ内ID:6627103014

    閉じる× 閉じる×

    中学生の時に不登校でした

    しおりをつける
    もも
    私の場合もいじめなど全くなく、一年間休みその後学校が大好きになりました。

    じいちゃんばあちゃんが学校いけいけ攻撃が辛かったですが、母親は少し休んでもいいんだよって言ってくれてとても安心したのを覚えています。

    私は中学生になり環境がかわって馴染めず不登校になりましたが、お子さんはクラス替えなどかわったことはありましたか??

    トピ内ID:0288438817

    閉じる× 閉じる×

    小4の頃 

    しおりをつける
    blank
    まい
    半年くらい不登校でした(内、3ヶ月くらいは保健室登校)。

    ちょうど“不登校”が話題になった頃で、いわばブームの最先端を行っていました(笑)
    私も、容姿は普通、特別いじめられたわけではなく、成績はむしろいい方でした。

    担任の先生に「何で学校来れないの!?」と詰問されても、自分でも何と答えていいか分からず、ポロポロ泣いてしまったのを覚えています。

    大人になって思うのは、

    ・かなりな喘息もちだったが、授業中に苦しくなっても先生に言えず我慢した結果、大発作になったことがあった
    ・もともと不安傾向が強かった(当時、飛行機が飛んでるのを見るだけで怖かった)
    ・自己主張ができない傾向が強かった
    ・↑の傾向を形作るような、「神経質で過干渉&過保護&そのわりに拒否」という複雑さをもつ母に育てられた

    あたりが根底にあり、基本的に安心感に乏しく、外の世界に出るのが怖かったのだと思っています。

    家では何の問題もなく過ごし、留守番もできたし、児童相談所のようなところでは担当の方に「しっかりしてるから大丈夫」と言われたそうです。

    続きます。

    トピ内ID:1498936812

    閉じる× 閉じる×

    小4の頃 つづき

    しおりをつける
    blank
    まい
    思えば、不登校の間、母は寝る前に読み聞かせをしてくれたり、一緒にお菓子作りをしてくれたり、母なりに私と“温かい時間”を過ごすことを工夫してくれていたようでした(迷惑かけたなあと思っています)。

    元々母は専業主婦だったので、それまで一緒に過ごす時間が物理的に足りなかった、ということはありません。ただ、おそらくそれまでの母子関係は、あまり私にとって保護されている、穏やかに愛されていると実感できるものではなかったのだと思います。

    その内、保健室登校を始めました。幸いとてもいい養護教諭の先生で、保健室で勉強したり、顔を出してくれる先生方と仲良くなったりしていました。勉強を見てくれたり、文化祭の作品を褒められて嬉しかったのを覚えています。学校側の作戦だったのだと思いますが、徐々にクラスメイトが顔を出してくれるようになり、緊張して純粋に嬉しいとは思えませんでしたが、それでも子供心に、「クラスメイトと話せた」と自信につながっていったと思います。

    冬休みに、自分から「3学期から普通に学校行く」と母に宣言し、本当に登校を再開しました。その後は普通~~に過ごして無事、成人しました。

    トピ内ID:1498936812

    閉じる× 閉じる×

    小4の頃 つづき2

    しおりをつける
    blank
    まい
    精神科医の山中康裕氏が、不登校を「繭の時期」(だったかな?)と比喩していますが、私はこの方の論説を読んで、自分の不登校の時期をそのまま表していると思いました。

    あの時不登校になって、良かったと思います。あの時期に無理をして“通学”にこだわっていたら、いずれもっと人生で不利になるような時期にダウンしていたと思います。あの頃、自分の中でエネルギーを貯めて、自分を取り戻し、自分で人生を歩んでいく力の基礎を作っていったと思っています。

    とても漠然とした感覚なのですが、それまでは頭にモヤがかかったような状態で、自分自身を押し殺して生きていたのが、不登校以降はそのモヤが晴れて、はっきりと「自分」で生きていけるようになった気がするんです。

    長々と自分語りをしてしまってすみません。お嬢さんも、きっと今、見えないところで戦っていると思います。親としてはとても辛いと思いますが、どうかそっと寄り添ってあげてほしいです。立ち止まっているように見えても、きっと内面では変化が起こっていると思います。

    不登校は、その子が生き続けるために、前向きに起こっている事象なのだと、私は感じます。

    トピ内ID:1498936812

    閉じる× 閉じる×

    小学3,4年は節目なのだそうです。

    しおりをつける
    blank
    愚かな母
    現在小5の娘は小4の5月から1学期間不登校でした。
    いじめもなく友達にも恵まれ、不登校の要素は思いあたりません。
    ただ、娘が小学3年生の時に妹が生まれたのでそれが原因なのかなとも思いました。

    始めはケンカの毎日でした。
    起きてこない娘に腹を立て手を上げたことも何度かあります。
    手を上げても何も得られないことはわかっていたんですが抑えられませんでした。
    本当に自分は愚かな人間です。
    これでは共倒れになると思い児童相談センターへ通いました。
    職員の方はいい方達ばかりでいろいろとなぐさめられました。

    平和だった夏休みも終わり、
    小学4年生の2学期になって、
    何もなかったように学校へ行き出しました。
    また不登校になるのではないかという
    不安が当分つきまとっていましたが、
    それ以降普通に登校しています。

    娘は当時のことで、何であのとき学校に行けなかったのか
    わからないと言っています。

    原因探しなんてバカげていますよね。
    わたしが手を上げた回数分キズが残っています。
    優しくて繊細な娘さんを見守ってあげてくださいね。

    トピ内ID:2836912917

    閉じる× 閉じる×

    変化

    しおりをつける
    blank
    さき
    家庭に何か変化がありましたか
    あれば、その変化に慣れたら、安心感を取り戻し、行くようになるかも

    トピ内ID:8554859417

    閉じる× 閉じる×

    経験談 そのいち

    しおりをつける
    blank
    ほっとけーき
    只今中学三年です。
    友達は小5から不登校です。
    私は小5の一年間不登校でした。

    なんとなく学校に行きたくない。学校に行くのが辛い。
    友達がいないとか、授業が分からないとかはありませんでした。
    それでもなんとなく行きづらかったのを覚えています。
    一週間休むとまた今度教室に顔を出すのが辛い。
    だからまた休む・・・といった悪循環でした。

    理由も聞かれました。
    はっきりとは答えられませんでしたが。
    保健室登校をしたときは、何て過ごしやすい環境だろうと思いました。
    教室にいるよりも随分楽でした。
    でも私が思うのは、保健室登校に慣れてはいけません。

    最初に書きましたが、私の友達もずっと不登校です。
    保健室登校をたまにしています。
    不登校は悪い事ではないと思うし、むしろ自分が変われる機会が得られます。
    私も不登校の間の長い休みで自分の生き方や考え方がかなり変わりました。
    でも、絶対に不登校は長くて小学校卒業までです。

    続きます

    トピ内ID:1735817393

    閉じる× 閉じる×

    経験談 そのに

    しおりをつける
    blank
    ほっとけーき
    長引きすぎるとそれが普通になってしまいます。
    自分から逃げる人になってしまいます。
    友達を見ていて本当にそう思います。

    考えが前へと進んでいかないんです。
    いつまでも自分の周りをぐるぐると回って、終わらないんです。
    自分に自信が持てません。
    休んでしまう自分の事が嫌いになります。
    その事で母を苦しませている自分がいます。
    全てが嫌で辛かったです。。。


    きっかけですが、私は部活で、部活に行けるようになったのは母のおかげです。
    母は営業関係の仕事に就いていたので、たまに融通をきかせてくれて
    平日の昼間から新幹線に乗って遠くに連れて行ってくれました。
    みんなが学校に行っている間に出かけているという事実が嬉しかったです。
    学校関係のことはあまり触れられませんでした。

    自分の居場所というものを学校で上手く築けるようになったとき、辛いとは感じなくなりました。


    あれよこれよと手出しするのではなくて、そっと傍にいてくれるだけで十分楽になります。
    学校に楽しく通えるようになることを願っています。


    駄文失礼しました

    トピ内ID:1735817393

    閉じる× 閉じる×

    不登校でした

    しおりをつける
    blank
    らん
    小学校6年の頃不登校でした。私の場合は原因は友人でした。仲の良い友人がある日突然、離れて行き無視されました。
    もともと口数が少ないせいで友人が少なく、その子がいないと教室で孤立してしまい、居場所がなくなってしまったのです。
    中学にあがったのをきっかけに学校には通うようになりました。

    娘さんは友達はいるとのことですが、学校を休んでいる現在友達がたずねてきたり、電話など連絡はありますか?
    もしなければ友達との関係がこじれている可能性があるのでは・・?

    トピ内ID:6310826756

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です 1

    しおりをつける
    🐱
    どんまい母さん
    皆様レスありがとうございます。
    特にご自身の経験を書いて下さった方々本当にありがとうございます。
    まいさんの文を読んでいて、娘と共通するところがかなりあると思いました。
    (不安傾向が強い、自己主張できない、外ではしっかり者の評価)

    娘の小学校は2年ごとのクラス替えで、今年始めてクラス替えを
    経験しました。クラスが変わって突然とういうよりは、1、2年の頃から
    行き渋りはありましたので、生活の変化から来るものではなく、
    蓄積されたもやもやに押しつぶされたという感じがしています。

    自治体の教育相談には行っていますが、娘が行きたがらないので、私一人が
    カウンセリングを受ける状態で、何も進展していません。
    業を煮やして不登校問題に詳しい方のカウンセリングを受けました。
    そこで言われたことは以下のようなことです。

    「母親から情緒の安定を学ぶ乳幼児期に、母親が心あらずで育児をしていなかったか?」

    続きます

    トピ内ID:4891785291

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    とぴ主です 2

    しおりをつける
    🐱
    どんまい母さん
    思い当たることといえば、娘が生まれた時上の子が幼稚園に入園したばかりで、
    私の意識は赤ん坊の世話よりも、初めての子供の幼稚園生活のほうに行っていました。
    幼稚園を卒園したら小学校生活。常に上の子の生活に下の子を合わせていました。
    子供を二人以上育てていれば自然の成り行きです。

    上の子の幼稚園、小学校低学年時代は下の子が乳幼児でしたので、あまり私の手が行き届かず、
    周りのママさん達にとても助けられました。(夫婦共々実家が遠方なので日常生活での
    祖父母の助けはほぼゼロです。)
    そこで娘が幼稚園に入園したら、息子の時にはできなかった役員をやったり、
    色々と手をかけることができました。
    それが過干渉だったのだろうか・・・と思います。
    しかし手をかけてもかけても娘は満足しないという感じで、いつになったら自立した子
    になるのだろうとやきもきしていました。

    私は過干渉、過保護とは正反対と思っていましたが、娘には早く自分で自分のことが
    できるようになって欲しくて、結構細かく指示していたような気がします。

    続きます。

    トピ内ID:4891785291

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    トピ主です 3

    しおりをつける
    🐱
    どんまい母さん
    まいさんのお母さんの「拒否」とありましたが、もしかしら・・・と思うところがあります。

    娘のことを拒否しているつもりはありません。
    しかし娘がここまでやったら褒めようと私が心づもりしていると、大概裏切られます。
    食事だったり、勉強だったり、習い事だったり。
    私が設定したハードルはかなり低いのですが、それでも達成しません。
    それで私は毎日ダメ出しをし、しかめっ面をしていたと思います。

    娘はきっと私に認めて欲しいんですね。
    ダメな部分もひっくるめて認めてほしいんですね。
    私は娘のことを認めています。すばらしいところもたくさんあります。
    それを伝えるようにしていますが、まだ実感出来ないでいるようです。

    私の娘もまいさんのようにモヤモヤが晴れて、自分に自信を持って
    楽しく暮らせるようになってほしいと心から願っています。

    ほかにも不登校経験者ご本人の経験談をお聞かせいただけたら幸いです。
    (辛い思い出でしたら無理することはないのですが。)
    不登校のお子さんをお持ちの保護者の方、先生方の助けになると思います。

    トピ内ID:4891785291

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    私は小2から不登校

    しおりをつける
    😨
    元不登校
    小2~小3まで不登校でした!←現在五歳男子持ち母

    理由は色々ありました

    1、今でいう学級崩壊。男子の半分クラスにいませんでした(新卒女性の担任のため、なめられていた感じでした)

    2、私自身、塾(公文)ですでに授業よりかなり進んで学習していて学校が馬鹿馬鹿しく感じていた。(進みは四学年上ほどだったと思います)

    3、田舎なので閉鎖的な雰囲気だった。←○○んとこの子、○○の孫など呼ばれる。仲間はずれが存在する空間が嫌だった

    トピ内ID:5986569048

    閉じる× 閉じる×

    失われた自信を取り戻すには時間がかかる

    しおりをつける
    blank
    これから不登校?
    ようは娘さん、期待に応えられなく、自信がない状態なんだと思いますよ。ある程度根気よく自信を植え付けなくては、学校という社会に出られない状況なんじゃないかな…と思ってみたり…トピ主さんの最新レス見てたらちょっと最近の息子のことを思い出しました。

    この前、5歳児の運動会行ってきたのですけど…とあることがあって、彼は競技のダンスを踊らず、突っ立っておりました。けどね、先生からは「踊らなかったけど、あの場に出てきたことだけは誉めてあげてね」と言われました。よーく考えてみれば、昔の彼なら「もう帰る」でフリーズして終了だったなあと…それを考えたら成長したのになあ、もう少し誉めてやればよかったかなと、ちょっと(?)怒ってしまったことを反省しました。

    何がいいたいかと言うと、ここまでやったら誉めようなんていう心づもりなんてしてはいけないのだと思うのです。ここまで成長したんだから、ある程度はまあいっかって思えないとだめなのかあと思ってみたり…難しいですけどね。

    失われた自信をとりもどすにはそれなりの時間がかかるそうです。お互い精進いたしましょう。

    トピ内ID:4822484528

    閉じる× 閉じる×

    小3の頃、不登校でした

    しおりをつける
    blank
    ケロ
    小3の一時期、2週間ほどですが学校に行きませんでした。
    担任に「なんで学校行きたくないの?」と聞かれてもうまく答えられなかったので、
    これといって大きな事件があったわけではなかったように思います。
    お友達もいて、いじめられていたわけではなく、勉強も普通よりはできていたと思います。
    でも、もともと学校の先生や集団生活が好きではなく、学校の先生にかわいがられるタイプではありませんでした。
    当時を知る友人らに聞くと、当時の担任はあからさまな「えこひいき」をしていたそうで、そういうクラスの雰囲気も嫌だったのかもしれません。

    我が家は両親が共働きだったので朝学校に行かなければ日中は一人で留守番という家庭でしたので、その点を担任が心配したのか、やがて担任が毎日迎えに来てくれるようになり、しぶしぶ登校。担任と一緒に登校するのも嫌だったので(苦笑)、その後、学校に行くようになりました。

    一人の時間が長くなると、そこに安住してしまう可能性もあると思います。

    私の場合には、当時、少々無理矢理にでも学校に行かされて良かったと思っています。

    トピ内ID:0061800280

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫 1

    しおりをつける
    blank
    まい
    二度目です。

    娘さんと私と、共通点があると仰っていましたが、私もトピ主様のレスを読んで、自分の子どもの頃の状況と似てるかもなあと感じました。

    私には2つ下の妹がいるのですが、妹は生まれてすぐに当時難病とされていた病気にかかり、2歳の私は祖父母宅に預けられ、母親はほとんど妹にかかりきりだったらしいです。幼少期に上のお子さんに重きをおかれた状態の娘さんと、心境的には似ていたかもしれません。

    また、私も不登校になる前から学校に行きたくないと思い続けていたので、行き渋りが続いていた娘さんと同じです。

    さらに、私の母は勉強に関しては何も言わない人でしたが、習い事や生活上のこまごましたことについて「チャレンジする」「努力する」姿勢を見せないと認めない(ダメな子扱いする)傾向がありました。そうした点も、もしかしたら似ているのかもしれません。

    娘さんは、十分自分自身を受け止められている実感がないまま、「もっとしっかりした子に」「早く自立を」とせかされて、要求についていけなかったり、甘えたい気持ちが満たされていなかったりしているのかもしれません。

    続きます。

    トピ内ID:3527414473

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫 2

    しおりをつける
    blank
    まい
    でも、トピ主様のレスを読んで、きっと大丈夫だと思いました。
    母親であるトピ主様が、自分自身をよくよく振り返り、冷静になろうとされているのが伝わってきたので。

    不登校になった娘さんに対する子育てをじっくり振り返り、現状を受け止める作業は、きっと辛い気持ちやもどかしい思いが伴うものだったと思います(原因探しをやめるというのも、難しいことですよね)。でも、それができるトピ主様のようなお母さんの元でなら、きっと娘さんも徐々にいい方向に向かっていけると感じました。


    色々生意気なことを書きましたが、本当に応援しています。

    トピ内ID:3527414473

    閉じる× 閉じる×

    変化1

    しおりをつける
    🐱
    どんまい母さん
    トピ主です。
    娘に徐々に変化が見られるようになりました。
    私は秋には登校できるかな?と思って内心焦っていました。
    カウンセラーの方に「まだ無理でしょう。」と言われ、年内は家でゆっくりした方がよいと
    アドバイスを受けました。
    そうなんだと思い、年内はゆっくりしようと私の心が決まり、またこちらで不登校経験の
    話を読んで、私が娘の気持ちに寄り添えるようになったからでしょうか?
    娘にちょっとずつ積極性が出てきました。

    ・自分の部屋で一人で寝ると言い出しました。
    今までは自分の部屋があっても一人では寝られず、私と夫の間で川の字。
    しかも寝かしつけが必要でした。一昨日から寝かしつけもなく一人で寝ています。

    ・勉強中に間違いを指摘してもめげなくなった。
    前は間違ってるところを直すととたんに不機嫌になっていました。

    ・○○しようか?と提案すると必ず「嫌だ!」と即否定していたのが、
    無くなってきた。
    昨日は楽しくクッキーを焼きました。
    今まではそういうことをやろうとしても娘が「え~嫌だ~。やりたくない~。」
    と言って出来ませんでした。

    トピ内ID:4891785291

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    変化2

    しおりをつける
    🐱
    どんまい母さん
    全体的に否定的だったのが、角がとれて丸くなってきました。
    会話も普通にできるようになってきました。
    以前は娘が「かゆい」とか「痛い」とか「お腹空いた」と訴えるばかりで、
    会話らしい会話が成立していませんでした。嬉しい変化です。

    昨日娘の勉強を見ていてハッとすることがありました。
    算数で新しい単元に入ったのですが、ちょっとやってやめようとする娘に
    「ここのページまで頑張ろうよ。」
    と言っている自分に気がついたのです。
    常に努力を強いるまいさんのお母さんと同じですね。

    上の子や他の子と「比較しない」子育てをしてきたつもりですが、
    上の子は割とこちらの期待通りかそれ以上のことをする子なので、
    娘には「どうして出来ないんだろう?」という思いが常にありました。
    その思いを口に出して言ったことはありませんが、娘は感じ取って
    劣等感を持ってしまったのかもしれません。

    失った自信を取り戻すのには時間がかかりますね。
    肝に銘じます。

    レスを下さった皆様、ありがとうございます。
    特にまいさんの体験談が私と娘とよく似ていて、大丈夫なんだと希望を持つことが
    出来ました。ありがとうございます。

    トピ内ID:4891785291

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    小5・小6と不登校でした。

    しおりをつける
    blank
    はる
    あとから気づいたことですが、私の場合は「頑張り疲れ」だったと思います。

    女の子の人間関係は複雑で、順位付けやかるい仲間はずれは当たり前にでてきます。
    友達から嫌われないように、演じ、考えて行動していました。

    また、姉ができる子でしたから、私も必死で頑張りました。
    お手伝い、勉強、人間付き合い。

    成績もよく近所の大人受けもよかったため、不登校になった当時は皆が必死で原因を探しました。

    当時は自分でもなぜ学校にいけないのかわからず
    また、それまで努力でさまざまなものを勝ち取れてきただけに
    自分に自信をなくしました。
    親も、随分悩んでいました。


    私が立ち直れたのは
    (これも後から気づいたことですが)
    「何もできなくなった私でも、親はちゃんと愛してくれた」ことが大きかったように思います。
    もちろんはじめは違いました。
    怒られましたし、なじられました。
    でも、親なりに必死に私と向き合おうとし、親が変わっていったのです。
    これは本当に良い経験でした。

    娘さんに明るい兆しが見えているようでなによりです。
    よい方向に進みますように。

    トピ内ID:1275893108

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]