詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫の保証人

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    kennkenn
    恋愛
    夫は事業をはじめるにあたり、改装費のローンの連帯保証人になってくれと言われました。

    私は、事前に何の報告もなくいきなり書類を書いてと言ってくる夫にも正直びっくりし、腹が立ちました。

    そして、もともと結婚前から保証人にはならないと言っていた私に対し、
    独立開業に関して『お前には迷惑をかけない』と言っていたのに、保証人になってくれと軽々しく言ってくるのです。

    夫は、協力してくれないのか?と言ってきますが、現時点で生活費は夫の負担を減らして私が多めに捻出しており、2人で積み立てしたお金の一部も購入資金のために貸しています。

    しかも、開業資金は借り入れできており、たとえ開業で必要なものを買ったとしても、資金が¥0となるわけではなく残る予定で、生活して行くための資産に余裕がまだあるのに対して、いきなり減らしたくないからという理由で2重でローンを組もうとしているのもどうかと思いました。(これは一応指摘はしましたが、結構先を読んで考えるタイプなので、とりあえずそれ以上の口を挟むのをやめたのですが、そしたら保証人の話になりました。)

    夫は、保証人を重く考えすぎと言ってきますが、
    私からしたら保証人を軽く考えすぎだと思います。
    (これはもう、どうどう巡りになってしまうので結論は出ませんが)

    それでも、冷たいと言われてしまうのは、私の心が狭いからでしょうか・・・?

    私は、どうすべきだったのでしょうか・・・?

    みなさんだったら、どのような選択をしますか・・・?

    トピ内ID:8976112124

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    今週の土曜日

    しおりをつける
    blank
    えりこ
    テレビドラマで宮部みゆきの「火車」がやるから夫婦でそれを見てから話し合ってみたらどうかな・・・

    トピ内ID:5076204190

    閉じる× 閉じる×

    だめだめ!

    しおりをつける
    blank
    アラカン暦
    絶対に連帯保証人になってはいけません
    この先離婚となっても、その保証人はそのまま続くんです。

    今時配偶者に保証をもとめるのですか?
    保証協会を使えないのでしょうか?また、その借り入れは金融機関からですか?

    会社として金融機関から借り入れする場合、
    代表取締役が連帯保証人とかなりますが
    まさかトピ主が代表者じゃないんでしょう?

    あなた、ここで譲歩すると今後ずっとあたりまえのように保証人を要求されますよ。

    トピ内ID:9088266123

    閉じる× 閉じる×

    保証人云々と言うよりも・・・

    しおりをつける
    blank
    JinRock
    独立開業に際して、いきなり借金で賄おうという発想に驚きます。

    改装費というのは、ある意味事業においては負の資産とも考えられます。勿論店のように見た目が大事だという考え方もありますが、即販売につながる商品の品揃えの為の資金に比べれば、キャッシュフローの点からも極論すれば「死に金」に近いものです。

    そうまでする必要性、そのローンの返済計画などはきちんとなされているのでしょうか。

    お金を借りるということは、事業が余程上手くいかなければ、ボディーブローのように後々効いてくるものです。

    返済計画と事業計画が上手くリンクして居るのならば、借金だろうと保証人だろうと問題は少ないと思います。

    でもいきなり「借金するから保証人」とか、トピ主自身が良く計画を説明されていないまま「協力してくれないのか?」なんて言うようでは、残念ながらきちんとして事業計画すらないのでは、と心配です。

    いずれにしても保証人というのはお金を直接貸すよりも問題がある場合があるので、たとえ夫婦間といえども慎重にするべき法律手続の1つです。

    トピ内ID:6122489875

    閉じる× 閉じる×

    友人の場合

    しおりをつける
    blank
    ぴあぴあ
    友人(女性)の両親の場合です。父親の連帯保証人に母親と長男(弟)がなってました。

    父親が病気で突然他界。母親と弟・当時大学生に借金の取り立て…。

    母親はショックで倒れ、返すアテも無く、弁護士を姉である友人が自分で稼いだお金で雇って、財産でお金に替えられるものは全て替えて、全て処理、生活の場だけ確保したら、最後は自己破産でした。

    連帯保証人、妻と言えど、何か有れば、主様が返済です。結婚前からの約束なら、夫とて例外、止めましょう。なじられるなら、離婚覚悟で。

    トピ内ID:2577868440

    閉じる× 閉じる×

    絶対だめです!!

    しおりをつける
    😨
    さくら
    万一ご主人が不慮の事故で亡くなったとき、その借金をすべて法律上払う義務が発生するんですよ?

    ちなみに私の父は、友人の借金の連帯保証人になり、友人に逃げられ、肩代わりし、前妻と離婚することになりました。(私は後妻の子供です)

    また、私自身、主人が不慮の事故でなくなり、彼の法律上の相続人であり、かつ放棄しなかったために、彼の残した住宅ローン、車のローンなどを含むすべての負債をおいました。まあ、たいした金額ではなかったんですが。

    保証人は簡単ではないです。軽々しく受けては絶対だめです。
    私は父と母にこれだけはずいぶん小さいころから教育されてきました。

    夫婦間でも間違いなくトラブルになります!!

    トピ内ID:8716205295

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    kennkenn
    みなさん早速の返信ありがとうございました。

    夫に関しては、自己資金はしっかりあり(現時点で、夫婦(子なし)共働きです。)、自己資本で開業準備をしつつ、国からもお金を借りた次第です。 ただ、私はその借りたお金から改装費・必要な道具・備品を買うと思っていたので、別でローンを組むのかと思いまして・・・。(独立開業の仕組みはよくわからないのですが、こういった人は結構いるのでしょうか・・・?)


    今回、一瞬自分が駄目な妻なのかと凹みかけましたが、少し安心しました。
    また何か言われてもここは確固たる態度で断りたいと思います。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:8976112124

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    賢明です

    しおりをつける
    😢
    さつき
    トピ主さん、拒否されたんですよね。それは本当に賢明なご判断です。

    私の夫も自営業です。私は連帯保証人になってしまいました。そして、今それをとても後悔しています。
    夫の事業は一時、途方もないところまで落ち込み、今は回復の兆しがありますが・・・これはたまたまラッキーだっただけだと思っています。
    本当にどうしようもなくなったら、もう一家崩壊ですよ。

    もし今後何か援助を求められても一切答えるつもりはありません。

    失敗があったときに自分が困るから・・・は当然なのですが、何より
    自営業という普通の人以上に自分の能力・努力が必要な仕事を自分で選んでおきながら、人に頼るということに今は嫌悪感があります。
    じゃぁ、もし私と結婚していなかったら、どうしていたの?と思ってしまうのです。

    夫の「夫婦なら協力してほしい」という言葉。
    連帯保証人になった時の私は、夫のため・・・と思っていましたが、結局は夫の為にはなっていなかったと思っています。

    トピ主さんは冷たいのではないんです。ご主人が甘えすぎ。
    ご主人が理解してくれるのは難しいかもしれませんが、負けないで。

    トピ内ID:8357369330

    閉じる× 閉じる×

    事前に十分な話し合いは?

    しおりをつける
    blank
    個人家業
    多くの方が厳しい意見で驚いています。
    しかし、今回のケースでは事前の十分な話し合いが行われたいなかった様な気がします。今回のご主人の場合、開業以前の問題として、「商売」を甘く見ている様な気がします。
    一般的に個人が家業する場合、家族の全面協力がなければ上手く行くとは思います。開業に際して家族で徹底的に話し合い、みんなが納得しなければ開業することは辞めるべきです。また、融資する金融機関にとっても、家族が保証人を拒否する様な人に融資することはあり得ません。

    トピ内ID:9578487242

    閉じる× 閉じる×

    女房に信頼されない

    しおりをつける
    🐴
    おやじっち
    独立開業するに、女房にさえ信用されないんだったら、その事業の先は見えてるんではないですか。
    もしくは女房すら説得できない、それがいまの夫の実力ですね。
    起業するにはあまりにふさわしくない女性を妻にしたのが失敗なのか。
    いずれにせよ、夫には独立開業などあきらめ、人に使われる人生しかないと説得なさいな。

    トピ内ID:2820433157

    閉じる× 閉じる×

    ギャンブルですね

    しおりをつける
    😠
    OP
    離婚しない限り 同一家計なのですから
    経済的には 保証人になってもならなくても
    同じだとは思うのですが・・・・


    それと小町で保証人のことを尋ねても
    あまり意味がありませんよ。

    だって自分で起業した人なんか事実上いないのですからね。

    「保証人」は悪という固定概念にかたまっている
    給与所得者の発想しかないのですから


    商売している人にとっては保証人やお金の融通は避けて通れない
    道ですよ。

    特に夫婦での保証人ですが
    私が独立して最初のローン審査やリース審査の時
    保証人を妻に頼みました。

    それから無事10年が過ぎました
    彼女は現在名刺役員(月1回の出社)で30万の役員報酬を
    受取っています。

    毎月海外旅行に行ってます。
    週に2回はお芝居を見に行ってます。

    もし創業時に保証人を拒否していたら
    そのような待遇はありえなかったでしょう。


    ギャンブルですよ。(笑)

    トピ内ID:3812479044

    閉じる× 閉じる×

    お金を貸す立場から考えてみませんか?

    しおりをつける
    blank
    私は夫の連帯保証人
    お金を貸す立場からみると妻が事業主である夫の連帯保証人であることはごくごく自然なことです。
    たとえば、夫か債務不履行(つまり借金の支払いが滞ること)になりそうになった時、妻名義の財産が残っていたとします。財産があるにもかかわらず返済を妻が拒否したら、あなたが貸主だったらどう思うでしょう?

    妻が連帯保証人でなければ妻名義の財産から返済の必要はないですよね。


    個人で起業するとき、信用を担保するために妻が連帯保証人になるのはごくごく普通に行われていることと思います。


    妻が起業に反対なら、もちろん保証人になるのを断ればいいだけのことでしょうけど。

    トピ内ID:2526682705

    閉じる× 閉じる×

    慎重に

    しおりをつける
    🐧
    アーモンド
    そんな急に保証人になってくれ、って言われても
    ビックリしますよね~協力してくれないのか? 冷たい....って主さんの感情に訴えてるのが
    ちょっと卑怯だな、と思ってしまいました。

    わたしも主人から以前、わたしの所有するマンションを担保にして1000万借りたい、と
    土下座されましたがバッサリ断りました。お店を始めたい、ということでしたが
    自己資金もなく、わたしに借金返済中、経営者としての器はない、考えが甘い…
    というのが理由。やはり主人も妻は協力するもんだ、と思ってましたね。あきらめてもらいました。

    いまは、あるフランチャイズを始めようとしています。
    主人に向いてるかも...とわたしが最初に興味を持ったのがきっかけなので、
    一緒に説明会に行き、事業内容、開業資金の詳細、キャッシュフローも把握しています。
    主人の貯金は微々たるものなので、開業資金はわたし個人の貯蓄と融資、わたしが保証人になる予定で
    何かあっても無理せずにきちんと返していける範囲の額。わたしも仕事をしていますが、将来のことを
    考えて自発的に協力しようと思える事業です。

    ご主人と色々話し合って納得できないことはNoですね。

    トピ内ID:3045440958

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    kennkenn
    個人事業主の方からもご意見をいただきまして、ありがとうございました。

    確かに、同一家計なので、片方が苦しくなれば結果的に両方が苦しくなるのはその通りです。

    ただ、どうしても独立開業については、リスクを先に考えてしまうのもしょうがないと思うんです。
    (起こす方は、上手くいかないことを考えて開業するわけではないと思いますが、そのときは上手くいくと思っていても、会社員・自営に関わらず、平穏無事に進める保障はないので。)
    本人に関しても、既にお金を借りられて支払える額なのに、2重にローンを組もうとするのも気がかりの1つです。

    地道に行ければ良いと思っている私と、自分で大きくしたいと思っている夫では、なかなか歩み寄れないと思いますが、今後は頭ごなしに拒否をするのではなく、どのような内容で、どのように返済していくかの説明をキチンとしてもらおうと思います。

    トピ内ID:8976112124

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]