詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    褒めて伸ばす?

    お気に入り追加
    レス108
    (トピ主14
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    whisk
    子供
    褒めて伸ばすって本当でしょうか?
    賛否両論があるのは勿論分かりますが。
    私自身、昔も今も競争・競争の中にいるので本当に褒めることが子供のために良いのか分かりかねます。これで競争意識が芽生えるのか??

    1つ例を挙げますと、うちの子供は少年野球でピッチャーをしています。大した球を投げるでもなく、勝敗責任を負おうと真剣に日々練習するわけでもなく、非常にもどかしく感じます。チームはやっぱり勝てません。

    妻はうちの子供だけの責任じゃない、貴方がいつもけなしてばかりだから伸びないと言い張りますが、勝負事に勝つ以外の意味を持たせてどうするのか?サッパリ分かりません。「勝つことを目的として努力することに意味がる」って考えてます。そうでなければ負けた時に何も残らんでしょう?

    仮に褒めることで向上心が芽生えたとして・・・相手はもっと上です。やる気が出たくらいで勝てるわけないじゃん?できの悪い子を褒めたって空しいだけ・・・って思う自分がいます。
    現実を見ろよ・・・って。まず客観視して、足りないところを補うために努力する・・・当たり前のプロセスじゃないか?しょっちゅう喧嘩です(笑)

    ちなみに私自身は絶対評価が嫌いです。我が子がかわいくないわけじゃないけど、その子なりに頑張ったという評価は極力したくありません。

    人と比べてばかりで・・・って言う人もいますが、社会はそういうもんじゃないですかね。欲しい椅子は大抵の場合限られてるんだから。

    「白黒付く場で、勝たなきゃ意味がない。」少し距離を持った他所の子には非常に有効で大概の場合発奮してくれるのは経験済みなのですが我が子はどうしてかな?と思います。

    よろしければアドバイスを頂戴できたらありがたいです。

    トピ内ID:2192158541

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数108

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (14)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 30  /  108
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    ん?

    しおりをつける
    blank
    奇想天外
    誉めて伸ばす

    伸ばす
    って、つまりは
    やる気にさせる
    ってことでしょう。

    すなわち
    誉めて
    やる気にさせることが
    伸ばす=成長させる一番のプロセス
    ってこと。

    やる気があればこそ、厳しい指導も活きてくる。
    そのやる気という前提がなければ
    糠に釘打ち続けるようなもんです。

    トピ内ID:2940200839

    閉じる× 閉じる×

    負けて学ぶことは多いですが・・・。

    しおりをつける
    パパうさぎ
    勝負事に勝敗を、これは至極当たり前のことです。

    妻さんが伝えたいのは現在の持っている能力の中で本人の長所を見つけて延ばしてあげたら!
    一つでも優れていると感じたところを「褒めて延ばしてあげたい!」という思いなのではないでしょうか?

    「ジョハリの窓」はご存知でしょうか?本人が理解している長所・短所、他の方が認識している長所・短所
    それぞれが認識していない長所・短所。
    この本人が認識していない長所で他の方が気づいている長所を本人に気づかせてあげることが重要という
    ことではないでしょうか?

    主様の「勝つことを意識して」という部分に関して大いに賛同します。
    勝つための努力をして結果として負けた場合、小学生ならずとも涙する場面を目にします。
    負けて泣いたら強くなる、子供のころに聞いたコーチの言葉です。

    大いに努力した自分、結果が出なかった悔しさから「泣く」ことができるそうです。

    褒めることは「潜在能力」を引き出すきっかけになるかもしれません。
    謙虚さを学ばせつつ、良いと思ったところは大いに褒めてあげた方がよいと思いますよ!

    トピ内ID:0754102200

    閉じる× 閉じる×

    世の中に出れば嫌でも比べられ、評価される

    しおりをつける
    blank
    ぐみきゃん
    だから親のあなたくらい「過程」を誉めてやってもいいのでは?

    お子さんが
    「どうせ勝てなきゃいくら努力したって無駄なんだ。
    だったら最初から努力なんてしたくない」

    と思う方がよっぽどモチベーションが上がらないと思いますよ。

    あと出来が悪いのは、遺伝か育て方が悪いかのどちらかなので、
    いずれにしてもお子さんに当たるのは筋違いです。

    トピ内ID:5881447818

    閉じる× 閉じる×

    何かに自信を持たせる

    しおりをつける
    blank
    mimi
    私も全く人を褒めない人でした。
    今、子供達は社会人ですが、実はかなり世間的には「優秀」です。
    でも、娘はコンプレックスの塊です。
    ずっと聞き分けの良いおとなしい子でしたが、ついに就職後に壊れてしまいました……

    彼女の口から出た言葉は
    「お母さんは、いつも私をバカにしている」
    「お母さんは私の事が嫌い」
    「おまえなんて何も出来ない、っていつも責められているみたいだった」
    私はそんな直接的なことを言った覚えはありませんが
    でも、トピ主さんと同じ事を「思って」いました。
    それを子供は敏感に感じ取っていたのです。
    娘は反抗期すらなくて楽な子でした。
    でも、今は引きこもりです。
    私が娘を追い詰めたのだと、今は後悔でいっぱいです。

    できないことを褒める必要はないかもしれません。
    でも「何か」一つでもできた時に褒めてやる事は必要でした。
    できなくても褒めると言うか「それでいいんだよ」と言ってあげれば良かったと思います。

    褒める事は自信につながり、そして自信がやる気を生むのだ、と
    私は人にはそう教えていながら、自分の娘を追い詰めてしまいました。
    10年早く気がつくべきだったと後悔しています。

    トピ内ID:9541846809

    閉じる× 閉じる×

    子供の性格によります。

    しおりをつける
    blank
    たわけもの
    貶されて発奮するタイプと、優しく導かれて成功に向かうタイプがいる事は確かです。(中間タイプもいますが)

    貶されて発奮するタイプは、褒められると満足してしまうので褒め方や褒めるタイミングが難しいです。
    優しく導かれて延びるタイプは、少しでも強く叱咤すると萎縮してしまい迂闊に叱れないですね。

    これは大人になっても変わらなくて、若い社員を指導する時にかなり気を使います。

    お子様がどちらのタイプかちゃんと見極めた上でご指導されるようにしてください。
    自分がこうだったから、と言って同じようにしてはいけませんよ。
    特にけなしたり、あからさまに失望したりすれば、子供の心は深く傷つきます。

    トピ文からは、どうも自分以外の考え方は邪道だとでも言いたいような雰囲気があります。自分の血を分けた子供と言えども、人間の性質は一通りではありません。あまり近視眼的にならずに、臨機応変で対応するのが良いと思いますよ。

    叱る時は叱る。激励する時は激励する。成功したらちゃんと褒める。これらを全てバランスよくやる事が「褒めてのばす」事だと思います。

    トピ内ID:2568224980

    閉じる× 閉じる×

    努力は認めてあげないと

    しおりをつける
    blank
    ゆいは
    やる気って出ないんじゃないかな?って思います。

    私も、何でもかんでも褒めろと言われたら、NOと言います。
    頑張ったら頑張っただけ、褒めてあげたい。
    そして、足りなかったところは注意してあげたいです。

    人と競争もいいですけど、
    競争しても無意味なものも、世の中にはあるんじゃないかなぁ?
    ”感性” なんかそうですよね。

    勝つということに関しても、人ばかりではなくて、
    「自分の怠けグセに負けるな!」 というのもありますしね。

    『一度決めたことなら、最後までやり遂げよ』 というのも、
    我が子には教えたいことの1つになりますね。

    トピ内ID:5605265093

    閉じる× 閉じる×

    父親の気持ちってそうなんですよね。

    しおりをつける
    blank
    TAK
    40代男性です。
    私の父がトピ主様と全く同じ考え方の持ち主でした。

    子供のうちは、発奮することが父の言いなりになっているように思えて、あらゆることに対して醒めた気持ちで接していました。
    10代の終り頃に親との距離をおけるようになってからですね、勝負に負けたくないとか、寝る間も惜しんで努力するという事を大切に思えるようになったのは。


    今となってみれば、父の気持ちやトピ主様の気持ちもよくわかりますが、褒めるも叱るもほどほどにして、放っておけば、勝手に発奮するようになるとおもいますよ。

    トピ内ID:7301111505

    閉じる× 閉じる×

    個々の価値観もあるでしょうが、激しく同感です。

    しおりをつける
    💡
    どらやき31歳子持ち
    今のママ達の大半は、誉めるだけで
    嫌なら辞めさせる、こんな人ばかりですよ。

    2歳児までの育児法を子が何歳になっても
    同じ2歳児の教育方法でやってるわけです。
    貴方の奥様が珍しいわけじゃありません。
    徐々にステップアップ、が出来ていないのです。

    将来、誰しも必ず厳しい競争社会に
    出て行かなくてはならないのに、今努力が出来なくて
    一体いつ努力をする練習をするんでしょうかね。

    プロにならなくても、プロになるために
    ギリギリ限界まで頑張って、初めて努力できる根性と
    タフな精神力が身に付くのに
    「プロ目指すわけじゃないから…」と勝手に決め込んで
    子供が壁にぶつかった時に、逃がすわけです。

    壁にぶつかって、泣きながらでも精一杯向き合って
    子が折れそうになっても、もう少しよ頑張って、と
    励ましながら背を叩いて現実と向き合わせ、
    上手に出来たとき、初めて思いっきり誉めるんです。

    コレができない母親が多いんです。
    嫌なのに可哀想だ、親の価値観の押し付けだとか言って。
    そうではなくて、努力する精神を教えようよって思う。

    トピ内ID:5526929996

    閉じる× 閉じる×

    MAXであなたまでの才能DNAでは?

    しおりをつける
    blank
    水原勇気
    気持ちもお説もなるほど、ですが。

    ほめることでリラックスして持ってる力を
    発揮できて、それ以上調子にノレル子と
    厳しくガツーンと言うことで、反発心で
    がんばれる子とがいますよね。

    トピ主さんの子どもは前者なのでしょう。

    遺伝がすべてじゃないと思いますが、
    トピ主さんと奥様のこどもですから、
    親類まで見渡して、突然変異みたいな
    才能や努力がない限り、ああ、このあたりが
    上限だろうな、って見当つきませんか?

    トピ主さんだって、実はイチローだったりするわけじゃ
    ないですよね?(彼、こどもいないしね)
    まあ、何様だと思っているんだ?ってことです。

    ほめながらおだてながら、トピ主さんの好きな
    勝負なんだ、勝ってなんぼの世界なんだって
    ことを織り込んでいけばいいと思います。

    トピ主さんの怒号に萎縮して自分の力さえも
    出し切れなくて、嫌気もさしているんじゃ
    ありませんか?

    うちの子はおだてなきゃタイプのピッチャーです。
    コーチもうまいこと自尊心くすぐって、しめるところは
    ぴしっと言っています。
    緩急つけなきゃ、ですよ。

    トピ内ID:2463304478

    閉じる× 閉じる×

    コーチング

    しおりをつける
    🐤
    たぬき
    叱られて伸びる子と、
    ほめられて伸びる子がいます。

    トピ主さんのお子さんはどちらでしょう。
    やり方を間違えると、
    やる気を失せさせます。

    あと、タイミングも必要です。
    人前で怒られてやる気を出す子、
    周囲に誰もいない状態で
    1対1で、ぶつかる方が良い子。
    タイプに合わないことをすると、
    かえって逆効果です。

    大人だって、上司に同僚の前であれこれ言われる方が
    やる気がでて奮闘できる人もいれば、
    居酒屋で1杯やりながら言われる方がいい人、
    それぞれいますよね?

    ご自分のやり方が万人に通じるわけではありません。
    個々に合った方法を、
    大人の側もくんであげるべきだと思います。
    大人以上に子どもの心は繊細なんです。

    トピ内ID:7481324617

    閉じる× 閉じる×

    早速のレスありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    whisk
    レスありがとうございます。
    私の実の子ではありません。
    勿論、一生涯愛するつもりで結婚しましたが。
    子供と巡り合ったのは小学校に上がる前でしたが、自分の子になる頃には既に出来上がってました。

    生まれた時から育てていれば、もっとヤンチャに育てたのになあと思う日々です。どうしても育ててくれたのが義母や妻しかいないものですから、やさしい子になってしまうようです。

    プロセスを認めてやりたい気持ちもあるのですが、1つ1つのプロセスと言えども勝負です。1センチ先に届いたかor届かなかったか?時間を薄めることなく一瞬一瞬にシビアになれる子になって欲しいなと思っていました。

    というのも私自身がいわゆる「勝負勘」を得るのに大分苦労したからです。それなりのレールに乗りましたが、ここまで社会がシビアとは思いませんでした。競争・競争で目の前のポストを得るのに必死です・・・うちの子もいずれはそんな社会に出る日が来るでしょう。

    勉強ができるより1つのことに思い切り執着して、しぶとい人間になってほしいっていうのが願いです。




    トピ内ID:2192158541

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    野球の例なら

    しおりをつける
    blank
    たろ
    いい球を投げた時に褒める→イメージトレーニングして、いい球を投げた時を思い出して再度投げる→繰り返すことでいい球の率が上がる、とか、が「褒めて伸ばす」ということでは?

    人と比べて褒めるのではなく、その子の中にあるものを褒めて、そこを伸ばすのですよ。

    字を書き始めた子供に「それじゃ読めない」っていっちゃ~身も蓋もない。
    「上手だね、もうちょっとこうすると、もっと上手」
    自転車に乗る時も他者と比べたりしなかったはず。


    負けたこと、間違ったことで奮起する場合もありますが、よその子に有効なのはよそのお父さん(大人)だからでは?

    あなたとお子さんは「違う人格を持った別の人」です。あなたと同じように考えなくても不思議じゃない。

    いい球を投げると勝てる→ここで食いつけば→ゲームに勝つには戦略が必要→もっと興味が出る→さらなるトレーニングに繋がる、かも。
    悪くすれば、自分が頑張っているのに他者がエラーするから負けるという発想にもなりかねません。チームでプレーすることの意味も重要です。

    逆に、本人が頑張っても勝てないこともあるはず。

    トピ内ID:5380568501

    閉じる× 閉じる×

    少し反省した方がよいかもしれません

    しおりをつける
    blank
    whisk
    先ほど、mimi様のコメントを読ませて頂きました。
    私たち親子も将来はそうなるかもという可能性を強く感じました。
    おっしゃる通りです。私も他の子供や他人には褒める→自信→努力と説いてきました。

    私は入試や大学時代は多少苦労しましたが、一応世間ではステータスの高い仕事につけています。そこは学力以外のしぶとさが求められる世界でして・・・だから一般でいう学力を少し軽視しているところがあってそこから競争意識や勝負勘を子供に求めてしまうんだと思います。丸く育つよりヤンチャで強い子になってほしいって。反抗期は覚悟していましたが、就職後ですか・・・そこまで考えてはいませんでした。

    うちの子は他人との競争よりも、自分の内感を表現するような活動の方が向いているのだと思います。一人っ子なのですが、二人目として本当の自分の子ができた時に息子が疎外感を感じないか不安で、作れずにいます。

    今後の10年を見据えてもう少し考え直してみます。

    トピ内ID:2192158541

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    まず

    しおりをつける
    😨
    ご自分が父親として負け組なのを認めましょうよ。

    全然子育てが思うようにいかないんですよね?

    結果、出てないじゃないですか。

    トピ主さんのお好きな成果主義の世界では、効果の出ない方法にグダグダとこだわるのは負けの証では?

    トピ内ID:3731173059

    閉じる× 閉じる×

    結果を勘違いしている痛い親

    しおりをつける
    blank
    やっつん
    >勝負事に勝つ以外の意味を持たせてどうするのか?

    勝利を目指して向上するということと、勝利が得られないから捨てるということの差がわかるかな?

    >勝つことを目的として努力することに意味がる

    はい、で、勝てないからほめないわけですな。面白い論理思考です。
    勝利と頑張ることと褒めること、これが一直線に繋がらないから褒めない..面白い思考です。

    >ちなみに私自身は絶対評価が嫌いです

    つまり握力とか身長とか体重といった評価が嫌いなわけですね。

    >白黒付く場で、勝たなきゃ意味がない。

    そのために伸びる要因を減らすという愚かさが凄いと思いました。
    結果至上主義、まぁ、それはわかります。
    結果だけのために、能力の拡大向上は意味がなという帰結が、痛くて面白い論理でした。

    トピ内ID:6684601761

    閉じる× 閉じる×

    このトピを立てた理由は

    しおりをつける
    blank
    whisk
    みなさん、たくさんのレスありがとうございます。
    このトピには子育て以外の理由があります。話が少しそれますが、息子が所属している野球チームについてのことです。

    上手くなりたい、野球が好きな子が集まっている(うちの子も野球が大好きですよ!)にも関わらず”その気にならない”子がたくさんです。不良のいないスクールウォーズです(笑)

    指導者からも色々相談されましたが、うちの子たちがカギを握っているのは間違いありません。チーム事情から中心になるべきポジションにいます。気持ちを出してくれないとチームメイトや下級生に示しがつかず、結果として厭戦気分に繋がっているとにらんでいます。

    適性があるとは全く思いませんが、息子にはせっかくピッチャーをやらしてもらっているのだから、責任感を持ってやってもらいたいのです。だから勝ってこいと言い続けてきました。勝たなきゃ何の意味もないって・・・それでつぶれるのならそれはそれで仕方がないと思います。

    トピ内ID:2192158541

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    我が家では、こう考えています。

    しおりをつける
    🎶
    ママ歴2年半
    私もまだ子供が小さいので何が正しいのかわかりませんが…
    親が的確な場面で褒めてやらないと、子供の自己肯定欲って、どうやって満たされるのだろうと思います。

    ウチは女の子なので、夫と役割を決めています。
    厳しい母に優しい父、と言うものです。
    夫は目の前で危険なことをした時以外は娘を叱りません。
    躾、勉強、指導係は私でかなり厳しく行なっています。
    けど、きつく締めたあとは必ず抱き締めるようにしています。
    言葉で、如何に娘を愛しているかを日々伝えています。
    注意したことができるようになったら過剰なほど褒めています。

    私が主さんの立場なら…暇さえあればプロ野球の観戦に連れ出すでしょう。
    近くに本拠地がなきゃ高校野球でもいい。テレビじゃ味わえない臨場感やスタンドの野次が目当てです。
    選手一人一人に課せられた責任を客観的に感じてもらおうとするかな。
    自分で自分を客観視なんて大人でも簡単にできませんし、
    勝たなきゃ意味がない、椅子が限られている、ということ等を男同士で一緒に考える良い場だとも思いますが。

    トピ内ID:7743438730

    閉じる× 閉じる×

    飴とムチ

    しおりをつける
    blank
    応対中
    在米で7歳の娘を音楽学校に行かせています。
    先生は中国人。学校に入るためには入学試験があり
    入学後まず副の先生からレッスンを受けます。
    まずほめられることはないです。
    けなされまくりで娘も毎回レッスン後は大泣きです。
    それでも辞めるとは言いません。
    練習してもしても中々OKは出ませんが
    OKが出た時はすごくうれしそうです。

    次のレベルまで行くのはアジア系もしくはロシア系が
    ほとんどです。米系の子供達はほとんどが脱落していきます。

    家でも学校でもほめられることしか知らないので
    厳しいレッスンについていけないし
    親もほめてくれない先生に疑問を抱くようです。

    この学校の本科の生徒のほとんどはコンクールで入賞を
    果たします。
    前回の州のコンクール入賞者全員がこの学校の生徒でした。

    褒めてばかりでは結果は出ないんだなと娘のレッスンを
    見ていて思いますし先生はけなしてはいるのですが
    娘の状態をよく見てます。子供にがんばろうとさせる
    言葉の選び方がとても上手です。
    そして、娘が本当に音楽が好きでもっと上手になりたいと
    いう気持ちが強いと言うのも関係していると思います。

    トピ内ID:3308666950

    閉じる× 閉じる×

    愛情の問題

    しおりをつける
    blank
    葉月
    努力をしない人間が褒められるのはいささか疑問ですが、努力をしている人間をさらに追い詰めるような言葉を吐かれるのだとしたら、私個人としたら耐え難いです。
    私の母は、「褒めないけど、貶す」人でした。口癖は「結果が全て」で、どんなに努力しようとも認めてくれず、全国での結果を出しても過程と言われ続けました。お陰で、自己評価は低く他人に自分の評価を求めてしまうような人間になりました。
    人のせいにするなと言われるかもしれませんが、それほどまでに親の愛情や環境というのは大きいのです。
    生まれついての性格は勿論関係はしてきますが…。幸い、友人には恵まれたので何とか生きております。
    他人から貶されても、誰か理解者が居れば頑張れます。他人から貶されて身内にも貶されたら、幼い子は自分でラベリングをし始めます。
    そのような子に育て上げたいのですか?
    奥様が甘いのであればバランスは取れるかもしれませんが、社会に出て耐えられるのは、しっかり愛情を受けてきた方です。ご自分の幼少期を思い出していただきたいものです。
    愛情があるのでしたら、きっと正当な評価と甘いのではなく優しい言葉をかけることが出来るのではないですか?

    トピ内ID:3198649802

    閉じる× 閉じる×

    人間小さい小さい!

    しおりをつける
    blank
    なおみ
    井の中の蛙って言葉知ってます?世の中には上には上があります。
    余り勝敗にこだわっていたら子はどんな人間に育つか、良い方向に行けば
    宜しいが心配になりますね。勝負に参加していたら勝ちたいと思う事は
    当然ですが。特に団体戦では一人だけが頑張っても勝てませんね。
    我が息子も野球に入ってました。身長は有る。が、目立つ程うまくは無い。世に出て行く子供は中学でもう光ってます。ド根性は、無い。我が息子はスポーツで将来飯は食えないと判断、高校入学後
    甲子園に行くレベルの野球部で誘われたが、私の一存でお断り。
    家の子に限っては無いと、世の中のたった一握りに夢は持たないと判断しました。常に人と競争する事を強いていたら人生苦しい生き方に成ります。
    あまり期待しない事。だってあなたの子だよ。息子には小さい頃から褒めて褒めて育てました。勉強は伸びました。娘は怒って怒鳴って育てました。中学迄
    全然伸びず苦労しました。高校に入って全て諦めたら伸び始めました。
    性格も褒めて育てた息子は温厚ですが、怒って怒鳴って育てた娘は気が短く
    優しく育ちませんでした。可愛いわが子です、よく考えて下さい。

    トピ内ID:3529180648

    閉じる× 閉じる×

    成長過程と大人の世界は違う

    しおりをつける
    blank
    なな
    プロじゃあるまいし少年野球で大した球を投げないのなんて、当たり前じゃないでしょうか。
    まず、お子さんは「勝敗責任を負おうと真剣に日々練習する」ほど野球に夢中なんですか?
    子供のうちは勝敗に固執するより、夢中になる楽しさを教えてあげたほうがいいと思いますよ。

    負けたときも、頭ごなしに貶しても意味がないように思います。
    どうすると勝てるようになるかなど一緒に話をしたらどうでしょう。
    もちろん「お前がピッチャーなんだからお前が全部抑えれば勝てる」など小さな事ではなく、チーム全体をどういう方向に持っていけばいいかなど、大きな目線で野球を語り合うのです。

    そうすれば、あなたとの絆も深まるし、息子さんのコミュニケーション能力も上がるでしょう。

    大人になれば否が応にも成果のみで評価されますが、
    子供のうちは様々な過程を経験することが大事です。
    その結果として成果が付いてくれば、更に成果を得ることの喜びを知るでしょう。

    もっと視野を広げて、余分と思われるような、沢山のことも経験させてあげ、あなたもそれに関心を持ってあげてください。

    トピ内ID:6551795612

    閉じる× 閉じる×

    私自身の経験ですが。

    しおりをつける
    🐷
    まあた
    私は散々両親から貶されて育ちました。

    母親からは
    「気の利かない、使えない娘」
    「お前は要らない」
    と言われ、出て行かれました。

    途中から父子家庭でしたが、父親からは絶対に認めて貰えず、ずっと見下されたまま今に至ります。

    弟にまで、馬鹿にされてます(笑)

    そんな私は、かなりヒネクレて育ったのだと思うし、「どう頑張っても認めて貰えない」と言う考えが「洗脳」のように頭に染み込んで離れず、何をやっても「どうせ私は…」と、途中で投げ出したり、怖くなって逃げたり。

    何においても中途半端→父親に馬鹿にされる→「どうせ私は」と自虐的になる→何においても中途半端→父親に…

    悪循環です。

    …私は、ダメな人間ですよ。
    親のせいだけではありませんけどね(私自身にも問題がある)。

    息子さんを、私のようなヒネクレていてネガティブな性格の人間には育てないでください。

    頑張った時には、
    褒めてあげてくださいね。
    お願いします。

    トピ内ID:0174203204

    閉じる× 閉じる×

    あの…

    しおりをつける
    blank
    ジュニス
    >「白黒付く場で、勝たなきゃ意味がない。」少し距離を持った他所の子には非常に有効で大概の場合発奮してくれるのは経験済みなのですが我が子はどうしてかな?と思います。

    もしかして、少年野球の素人コーチしてます?もしくは他のスポーツかスポーツじゃなくても何らかの子供のコーチっぽいかとしてます?
    いずれにしても職業としてのプロではないでしょう。

    加えて、息子さんはピッチャー。できの悪い子がピッチャー?チームが負けるのは自分の息子のせい?

    少なくとも野球に関してはプロではないと思われますし、プロならあまりできのいいプロの指導者ではないのでは?

    素人でたいして野球知りませんが、チームプレイのなかでも特に野球は一人で勝てるスポーツではないと思いますが…

    私は子供の頃バレーボールしてましたが、あまり自分に向いてなかった事自覚してます。どうも個人競技に向いていたみたいです。大人になってからそこそこ結果残してます。

    人生は結果的には競争になるのかもしれませんが、子供ころからあからさまに闘争心むき出しにしてる人間が本当に戦いに強いとは言えません。

    トピ内ID:2181604929

    閉じる× 閉じる×

    主さん自身が頑張る姿勢を見せれば子供もやる気が出てきます。

    しおりをつける
    blank
    みーこ
    もともと学問だって、人との競争と言うより、自分との競争から始まるものではないでしょうか?競争心を植えつけさせようと思っても、ある程度自分に対して自信がなければ、スタート地点に立てません。その自信を持たせるのに、褒めて・・・というより、息子さんを受け入れて、一緒に方向性を確信させるわけです。もちろん、何も無いところを褒めるのではなく、今日は負けて残念だったね、今度は○○に向かって頑張ろうとか、次回はこういう風にしたら勝てるかもしれないとか、息子さんと隣り合わせになって、同じ目標を見つめているだけで、息子さんはやる気が出てくるんです。

    息子さんは、もともと野球に興味がないんじゃないでしょうか。もしかしたら、他のスポーツのほうが向いているのかも。やる気がないのに、息子さん自身野球を続けたいんですか?それとも主さんが続けさせたいんですか?どちらにしても、主さんが頑張ってやる気を出させるように、一緒に練習するとか、もっと隣り合わせでもいいんじゃないか、と思います。目線がいつも上から目線だと、あったやる気もなくなります。主さん自身ドライな対応を変えてもっと燃えて熱く指導したらどうですか。

    トピ内ID:9636997310

    閉じる× 閉じる×

    松岡修造さんは、

    しおりをつける
    blank
    ジャンヌ
    プロテニスプレーヤーの錦織圭さんを誉めて伸ばしたそうです。

    修造塾に来た頃の10代の錦織選手は、とっても内気な子だったそうで、この子は頭ごなしに叱ったりしたらまずいと思ったと、彼自身の著書に書いています。要はその子の性格によるってことじゃないでしょうか。

    でも、トピ文を読むだけだと、息子さんは叱った方がよさそうかな~(笑)
    私も会社で新入社員を相手にしたことがありますが、誉めて伸びそうな人って、基本的な実力はあるのに自信がないというタイプだと思います。責任感も人一倍強く、失敗するとかなり落ち込むタイプです。

    お父さんが厳しい反面、母親が息子さんの良い面を見ているなら、良いバランスが取れていると思いますけどね。両親共に同じ姿勢でなくてもいいと思いますけど。

    トピ内ID:7906175172

    閉じる× 閉じる×

    相対と絶対が

    しおりをつける
    blank
    イチノ
    逆転してませんかね?

    「A君の100%を出し切っての70点」よりも「B君の80%を出しての100点」の
    方が評価に値するとお考えですよね。相対的にどう頑張ったかではなく
    絶対的な点数を重視なさると読めましたが。

    こちらの読み違いなら申し訳ありません。

    トピ内ID:0936300692

    閉じる× 閉じる×

    虐待かも

    しおりをつける
    blank
    浮生
    あなたの思いはよく判りますが、子供の思いは判りません。あなたは、自分の人生観を子供に押しつけていませんか?

    素朴な疑問があります。あなたが子供に少年野球をさせたいという気持ちはよく判ります。しかし、あなたの子供は果たして野球をしたいのでしょうか。子供に、それをしたいという気持ちが無ければ、親にやらされているという感が強くなり、勝ちたい気持ちが生まることなど無いでしょう。子供にとっては最悪で、やる気など出るわけがないでしょう。

    先ずは、子供の気持ちと向き合ってみたらいかが?

    トピ内ID:7447191413

    閉じる× 閉じる×

    熱く語っていいですか(笑)?

    しおりをつける
    🐶
    子供限定だけど…
    元塾講師です。
    褒めて伸ばす=自発的に自分を過酷な環境下に置けるだけの精神を鍛える
    ことだと思っています。

    今の子は
    与えられたことはこなすけど、それ以外はあまりしません。

    だから大人があえて子供のキャパを少し超えるような過酷な環境をつくり
    大人がたまに手助けしながら結果に繋げる。
    そして「出来た」を経験させ、感動を共感し
    また「出来た!を味わいたい」と思わせ…
    子供が自発的に努力するよう道筋を立ててあげる。
    私はこの方法で、半年後には
    生徒は勝手に勉強してくれるようになっていました。


    社会人になると、自分で短期~長期的に仕事の計画を立てて
    実践していかないといけないですよね。
    その計画が自分にとって甘いと、椅子には座れません。
    その計画が自分にとって厳しいもので、かつ
    それを必死でこなしていくと、運よく椅子に座れるかもしれません。
    椅子に座るために必要なのが、
    やっぱり「出来た」という自己満足や気持ちよさですよね。
    それを味わう癖をつける方法が「褒められること」だと思います。
    これだと、座れなかった人も希望は持てますしね。

    トピ内ID:3845166118

    閉じる× 閉じる×

    スポーツで勝つことは、目標であって目的ではない

    しおりをつける
    😨
    科学者Y
    確かに、人生においては、勝つことを目的としなければならないことも多いでしょうが、子供がやるスポーツについては、その予行演習みたいなものですので、勝つことだけに意味を持たせるのはどうかと思います

    昔、表題のような言葉を聞いてすごく共感しました
    すなわち、勝とうとすることは大事だけど、勝ち負けのみにこだわってはいけない、ということです

    トピ内ID:0917101887

    閉じる× 閉じる×

    悔しさを覚える

    しおりをつける
    blank
    カンフ
    目標があればやる気になりますよね。
    憧れになりそうな投手(今は誰だろう)の試合をスタジアムで見せれば、奮起するのでは?
    その投手が期待通りの試合をしてくれるかは分かりませんが。

    >勝つことを目的として努力することに意味がある
    同意です。
    「努力をしたからOK」ってのは、その子の「勝つ」という目標への努力を見た上での激励であって、努力をした当人はそんな励ましは屁でもないわけで、悔しさをバネにまた更なる向上を目指すんだと思います。

    私事ですが、中学時代は英語はずっと5でテストも95点以上ばかりでしたが、英語を得意とする高校に進学したら初めてのテストで38点を取ってしまい大変ショックでした。
    「点数の低い」クラスに振り分けられ、悔しくて悔しくて、しかしそれをバネに1年で学年No.2の点数を取り、先生方も驚いていました。1年間、誰にも褒められていません。まして「点数低くても頑張ったんだから…」なんて。
    今の実力を自覚し、目標を持つのが、成長への道かと思います。
    自覚させるのは当人の問題なので難しいですがね。

    トピ内ID:1621293719

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 30  /  108
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (14)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]