詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    他界した父を未だに許せない

    お気に入り追加
    レス29
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ミナミ
    ひと
    トピを開いてくださりありがとうございます。20代後半の主婦です。

    7年前に他界した父が許せず葛藤しています。
    父は仕事が続かず毎日酒を飲み、祖母も父を咎めず母が家庭を支えていました。高校は学費免除でどうにか卒業できました。
    外面は良く友人が多かったらしく、在りし日の父の友人は父をベタ誉め。それも癪に障ります。
    死者に鞭打つ発言なんて酷い、とお思いの方もいらっしゃると思います。
    これしきの事で父が許せない私は狭量でしょうか。
    また、どのようにしたら父を尊敬の対象にできるのでしょうか。

    トピ内ID:9231940643

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 1 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 14 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数29

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  29
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    無理に尊敬する必要もありません

    しおりをつける
    blank
    男はつらいよ
    家族にしかわからない、その人の内面というものがあります。
    狡猾な人間ほど、外と内を使い分けます。

    貴女がどうしても亡父を許せないのなら、それでいいのです。
    第三者の評価はいたし方ありません。もう放置すればいい。

    私も到底尊敬しがたい親がいました。
    特に母親は毎日酒に溺れ、警察沙汰になりかけたことも数え切れないくらいあり、父親も仕事をそんなに熱心にする人間ではなく、酒代のせいで食べるものも満足にない幼少期でした。

    私が9歳の時に母が、15歳の時に父が亡くなり、どこか「解放された」という気持ちがあったのを覚えています。

    尊敬できなくても仕方ないです。
    貴女が自分らしく生きていく、それだけでいいと思います。

    トピ内ID:7236742792

    ...本文を表示

    仏壇の前で

    しおりをつける
    🐱
    知蘭
    他界しているのですから、仏壇の前で、思いの丈、ぶつけたらどうでしょう?それも大きな声で、怒鳴り散らしたりして、または手紙に書いて仏壇の引き出しにいれておく。

    つまり自分の気持ちをすべて吐きだすことです。頭の中であれやこれやと考えていると、これから先もずっと葛藤続きますよ。声にだす・紙に書く、自分の気持ちを知ることです。

    トピ内ID:5312622035

    ...本文を表示

    許す必要はありません

    しおりをつける
    🐧
    1月の星
    実父親の影響による心の傷を無理に許すことはありません。
    時の経過と共に許せる状況になれば、許せばいいのですよ。

    >どのようにしたら父を尊敬の対象にできるのでしょうか。

    無くなって7年、今からは無理でしょうね。
    生前に尊敬に値する数々の行いがあればいいのですが、悪い記憶が残っているようでは無理です。

    今の生活に充実感をもって進んで下さい。

    トピ内ID:3662380241

    ...本文を表示

    許さなくていいし、尊敬もしなくていい

    しおりをつける
    😉
    口出し番長
    むしろ外面が良くて良かったじゃありませんか。
    少なくとも他人には迷惑を掛けてないのでしょうから。

    いずれにしても、亡くなった方のことをアレコレ考えても仕方ないですよ。
    もうご結婚もされているようですから、これからはご自分の家庭のことだけを考えて下さい。

    トピ内ID:3686635547

    ...本文を表示

    全然!

    しおりをつける
    😀
    麻衣
     生きていた時に尊敬できないのに、亡くなってから尊敬できるわけないじゃないですか。

     この国の考え方なんでしょうか。死んだ人の悪口は言わない、とか、先祖を大事に…みたいな
    ことって定説になってる気がしますが、

     私は、
     生きていようが亡くなっていようが、いる場所が違うだけで、その関係は同じだと思っています。

     よく言われる先祖供養っていうのにも疑問があり、どうして生きている人間だけが亡くなった側に
    感謝を強いられるのだろう…っていつも思います。

     あと、親だから尊敬しないといけない的な考え方。

     私も生前ワンマンでよく殴られていた祖父に感謝などできるはずもなく、
    「こんな先祖にならない生き方しよう」って心に決めてますし、
    実家の仏壇に向かって祖父に説教することも(笑)

     もちろん、人には黙っていますけどね。
    親が子から学ぶことも、反面教師ということもあると思ってます。

     トピ主さんの心が痛むのは、そんな自分の心に罪悪感を感じているんだと
    思いますよ。

     全然狭量ではないですよ!
     天に向かってお父様へぜひ説教を。

    トピ内ID:7124924586

    ...本文を表示

    辛いですね

    しおりをつける
    🐱
    rin
    私の父も同じような感じです。血のつながりがなく
    殴る蹴るは日常。歯が欠けたこともあります。

    ここでは書けないほどの暴言、暴力。
    「学校に行けないようにしてやる」と靴を何足もカッターで切る陰湿な嫌がらせまで。

    でも、血のつながらない子供を高校まで出すというのはすごい事。
    それは私も感謝してます。

    脳梗塞で父が倒れた今、「今度はあなたたちが お父さんに恩返しする番ね。」
    と父の親戚に言われるのは本当に辛いです。

    多分、父が亡くなっても主さんと同じように許せないと思います。

    今は父がしてくれた事、「高校まで出してくれた」「私の子供たちには優しくしてくれた」
    など いい事だけを思い出す努力をしているところです。

    正直、父の為にではありません。感謝する方が自分が楽だからです。
    「お父さん、ありがとうね」と。そしてすぐ心を切り替えます。「家の掃除をしよう」とか
    「煮物作ろう」とか。父を心の外に追い出します。

    どうしても許せない自分に疲れたり、他の事ができないくらい重症なら
    専門家に相談してみるのもよいかと思います。

    トピ内ID:5559317819

    ...本文を表示

    いいじゃん、みんなにほめて貰って

    しおりをつける
    🐤
    嫌われ者
    悪口を言われてたり、同情されたりするよりマシってもんでしょう。

    また、だからと言って尊敬し直す必要もないことよ。

    トピ内ID:5755122353

    ...本文を表示

    狭量じゃないし、

    しおりをつける
    🐱
    AV98式
    親だからといって、必ずしも尊敬しなくてもいいのでは?
    人は、家の中と外では、見せている顔が違うのも普通のことです。
    トピ主さんは「こう在らねばならない」という思いの強い方のように見受けられます。
    父とは、母とは、子とは…と、理想を作り、自分を縛っていませんか?
    そして、その理想から外れてしまったお父さんのことを善く言う人がいて「なんにも知らないくせに」と、
    心にわだかまりが出来て、癪だと思うのではないでしょうか。

    月並ですが、時間をかけて解決する気持ちかな、と思います。
    私の父はそういう人だった、ただそれだけだ、と。

    トピ内ID:5769824923

    ...本文を表示

    狭量ではありません

    しおりをつける
    blank
    うさぎの目
    死んだらみんな仏様。
    生きているうちの罪はみな許されるというのは無いとおもいます。

    わたしも身内で亡くなって10年以上たっても思い出すたびに
    不快な気持しか覚えない者がいて、いまだに苦しめられます。

    一番いいのは忘れ去ることです。
    思い出さないのです。そんな人はこの世に存在しなかったかのように。
    思い出すのが死者には供養になるので、思い出してやらないのです。

    ただそれはあなたの心のうちだけ。
    他人は理解どころか誤解しますから適当に相槌をうって流しましょう。

    トピ内ID:3946468620

    ...本文を表示

    長い年月が、違った見方をさせることもある。

    しおりをつける
    🐤
    平々凡々
    ・お父さんに厳しい見方をされているとのこと。父親でもあり、長男からは厳しく見られている私には、どこか耳の痛いようなトピです。

    ・嫌いは嫌いのままでいいでしょう。また軽蔑しかできなければ、それもやむを得ないでしょう。

    ・ある人に抱いた感情を、大きく変えることはできません。

    ・いつか人生を振り返る機会があった時、少し緩やかに見つめられるかもしれませんよ。

    トピ内ID:8968905572

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  29
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0