詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    勉強ぎらい(小三)

    お気に入り追加
    レス38
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    おかあさん
    子供
    うちの息子は、とても勉強が嫌いです。
    現在、小学3年生ですが、少しずつ難しくなっていく勉強についていけなくなってきました。

    何で、勉強が嫌いなのかと聞くと、「怒られるから」といいます。先生が、「こんなのもできないのか!」「脳みそあんのか?」などと言うらしいのです。

    確かに、やる気が感じられず、グダグダしているので、先生の怒りも分からなくはないのですが、やる気があるように、促がしてほしいものです。が、その前に、本人にも、怒られないように頑張ってほしいのです。

    もうすぐ、夏休みなので、公文に行くことを進めていますが、「絶対嫌だ!お金を払っても、絶対行かない!」「夏休み、どこにも連れてってくれなくてもいい!公文だけは嫌だ!」と、すごい拒絶ぶりです。

    「皆を、追い越せというのではなく、皆に追いつくまで、頑張ってみよう」と言ってもだめ。
    物で釣ってみても、駄目でした。
    何か、やる気の出る良い方法はないですか?

    うちの子は、岩石、鉱物、歴史、土器、発掘、昆虫などが大好きで、その手の分野には、大人顔負けの知識と集中力は有ります。他に、スイミングを習っています。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数38

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  38
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    お母さんがしっかり守ってあげる

    しおりをつける
    blank
    むらさき
    私の場合、小学校高学年の担任に怒鳴りまくられたことが勉強嫌いになった原因でした。
    今の時代なら「問題教師」でクビになっていたと思いますが、授業はロクにしないのに競争させたり、理科、社会などはグループで研究させてそれで終わり(あー、よく給料取っているなあという感じ)。

    親の課題期待も重かった。私は小学校6年と中学3年でカンニングをしてしまったほどでした。

    どうぞ、「先生に怒られる」ではなくて、お母さんがしっかりと守ってあげてください。私は中学時代もロクな担任に当たらず(中学3年の担任から勉強する割には成績が良くないと言われた→大学まで進学しました)、母が守ってくれなかったことが今も寂しいです。幸いに好きな分野があるのですから、そこから将来の夢を引き出してあげたらいかがですか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    勉強の好きな子供はいない

    しおりをつける
    blank
    こだま
    たいていの子供は勉強なんかキライです。押しつけられる勉強なんかもっとキライです。
    イヤなことを無理にやらせたって、身になんかつきません。
    興味のあることがあって、それについてずば抜けているのなら文句はないと思います。
    問題は学校の先生です。確かに何十人もの子供を同じように勉強させて一定の成果を上げなければならないというのはわかりますが、もう少しほかに言い方があるのじゃないかと思います。その辺については、お母さんと先生で話し合ってみてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    きっと大丈夫

    しおりをつける
    blank
    もも
    私も小学生の頃、ひどい勉強嫌いでした。特に漢字の書きの宿題が嫌いで、泣き叫んで、破り捨てた程でした(今思うと、何であんなに嫌だったのか不思議です)両親は心配したそうですが、祖母に「女の子なんだから、勉強が少々出来なくたって大丈夫。見守っていてあげなさい」と言われたそうです。
    そのまま中学終わり頃まで勉強は大嫌いでした。高校に入り、色々あって医者になりたい!と思うようになり、初めて自発的に勉強するようになりました。医大時代は、試験前などはそれこそ一日18時間勉強し、両親には「昔はあんなに勉強嫌いだったのに」と驚かれました。トピ主さんのお子様も興味がある事に関しては大人顔負け、との事ですから、そんなに心配する必要ないように思います。勉強が好きな子なんて、ほとんどいないのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    流行の『百ます計算』は?

    しおりをつける
    blank
    くるみ
    陰山英男さんが提唱している勉強法はいかがでしょうか?

    計算は「百ます」でとなってますが、考え方としては、同じ問題を何度もし正確にできるだけ早く解く、ことだと思います。

    実際よりもレベルの低い計算問題をプリント1枚、時間を計って問題を解かせます。次の日も全く同じ問題を解かせます。二度目ですから、時間も短縮されますし正解率も上がります。

    こうやって自信をつけさせるのです。

    国語は漢字の前に、教科書を音読させます。結構この音読が詰まる子が多いそうです。漢字が読めないのに書けるわけがありませんし、意味が分かるはずがありません。

    文章の意味がわからないから、教科書に書かれていること(算数や理科など)が理解でき無い。テストの問題が解けないという悪循環になるのです。

    回り道のようですが、基本的なことから始めて、お子さんの勉強嫌いが無くなるといいですね。きっと自信がつけば大丈夫です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    子供は先生でも変わりますよね。

    しおりをつける
    blank
    かっつ
    責任転嫁もいいところですね、その先生は。
    伸び悩んでいる子供も伸ばしてあげる先生が、本当は理想ですが。

    どうやらお子さんは、先生によって勉強に対する苦手意識が固まってしまったようですので、口コミでいい家庭教師の先生や、いい先生がいる塾を探されてはどうでしょう。
    「いい先生なんだよ。判らなくても怒らないで、判るまできちんと教えてくれるって」という言葉に、心を動かされてくれないでしょうか?

    お母さんやお父さんが一緒に興味をもってあげるだけでも、子供には嬉しいみたいですね。勉強にも楽しいことがあるとわかっているお子さんのようですし、苦手なところだけ繰り返し手伝ってあげるしかないのかな? 教職30年以上の母の言葉も借りました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    忍耐がいりますよね(うちも小3)

    しおりをつける
    blank
    お気持ちわかります
    わが子を教えてると、「なんでこんなこともわかんないの!!!!」とつい怒鳴ってしまいそうになる。
    こどもも反抗的な態度になってくる・・・の悪循環。
    公文など第三者に任せたほうがいいのかもと考えてしまいます。

    もうすぐ夏休み・・・。

    まあいっか。もういいや。って母まで投げてしまっては、2学期からどん底に落ちそうなので、自分に気合と渇を入れてるところです。

    集中力も短く、すぐ飽きるので、5分で完結する課題を色々考えて、生活の中にちりばめる予定です。(本当は、午前中の何時から何時までは勉強とかきちんと決めたらいいのでしょうが、変則的な生活になりそうだし(旅行や来客などで)机に向かってても身になってるとは限らないので)

    うちは、今野球に夢中なので、お気に入りプロ野球選手の活躍日記をつけるとか、野球の本を読ませて感想文とか漢字練習、スコアから計算問題、試合開始までの時刻の算出、時間の勉強につなげて・・・・・・(つながるか?)

    昆虫など理科社会の分野に興味がおありなら、それだけでうちからは羨ましいくらい。自由研究の課題をハードな物にして、それに国語や算数の課題を入れ込むな。私なら。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    よく理解できます

    しおりをつける
    blank
    みかん子
    こんにちは、おかあさん。

    タイトルに「よく理解できます」と書いたのは、私の塾に通っている子がそのような状況で、その生徒さんのお母様からたびたびそのような内容のメールをいただくからです。
    私もおかあさんがお子さんを守っていくことが先決だと思います。

    私の本業は「先生」なのですが、いわゆるサポート校といって、人生早々リタイアや挫折を経験した子供たちを預かって、通信教育にて高卒資格をとれるようバックアップすることです。おかあさんのお子さんは小3、そういうことはないと思うけれど、お子さんに一つ「粘ってみる」ということを学習させてあげるとよいかも、です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    続きです

    しおりをつける
    blank
    みかん子
    私は本業かたわら近所の子に勉強を教えていて、そのうちの生徒さんがやはり小3で、そのお母様は公文を始めさせたと聞いたときは、本気でとめようかと思いました。というのも、そのお子さんも元気なときは集中力が高いのです。

    ただ、進級時に団体生活のリズムに乗れず、学校では先生から心無い言葉をあびるようで…私は自宅で決してその子を叱り飛ばすことはしません。ただその子に必要なのは「我慢すること」、「ルールに則ること」だと思います。

    ですので、おかあさん、是非お子さんの集中力を高めるようにじっくりひざを突き合わせてあげてください。体力は成長とともに、また体力とともに集中力も上がります。おかあさんのお子さんも元気なよい子だと思いますので、どうぞ無理に習い事をさせず、気長に付き合ってあげてください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    子供さんの夢(本心)は?

    しおりをつける
    blank
    はるか
    ソムリエの田崎真也さんを思い出しました。小さい頃、昆虫が好きだったそうです。昆虫及び自然を詳しく観察してきたことが、ワインのテイスティングにも生きているとか。

    あなたのお子さんは、ひとたび何かに夢中になれば、一生懸命頑張る性質なのですね。そして、あなたは、それをなんとか勉強に向かせたいのですね。

    子供さんの夢はなんですか。将来何になりたがっているのですか。それをサポートしてやるのではいけませんか。案外語学の学校など、嬉々としていくのではないですか(小学校の勉強とは関係がありませんが)。

    どうしても公文が嫌と拒絶する意志の裏側に、実はすでに将来を見据えているような気がするのは、私だけでしょうか。

    難関大学をねらうのでなければ、勉強は中学からでも、十分です。算数は小学校で一旦終わりで、数学は基礎からですから。勉強を一生懸命する代わりに、野球部などの組織性が強いクラブ活動をやっておくと、日本では就職に有利です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    目先を変えてみては

    しおりをつける
    blank
    あんず
     勉強をやる気が無い…という子供は多いと思います。でも、授業についていけなくなっているならば今のうちに手を打ったほうが良いでしょう。
     一日1問でもいいから計算問題や漢字のテストをやる(正解しない場合は正解するまでやる)。また、その場に親がついていることが大事だと思います。計算問題や漢字問題などはインターネットで検索すれば出てきます。
     幸い、興味のあることがあるのでそういう本を読むときに読めない漢字は教えるようにするとか、虫や鉱物の名前を漢字で書けるようにするとか、興味のあることから誘導してみてはどうでしょう。

     また、本当に担任がそういう発言をしているなら問題ですし、問題にすべきと思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  38
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0