詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    謝っても許してくれない友達

    お気に入り追加
    レス44
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    コロンブス
    ひと
    何年も前の話なんですが、親友と思っていた子といざこざがあり(ごめんなさい。どんな内容かはふせさせてください)全て私が悪いと反省し、逃げも隠れもせず、あちらのお宅にまで謝りに行ったのですが、家族のみ出てきての対応で会ってももらえず、携帯に電話しても出てももらえず、一度話しがしたいという事を伝えて欲しいとお願いしたのですが、、なんの音沙汰もなく今日まで来てしまいました。当時私はその子の事を大親友と思っており、いろいろな事があったけど、きちんと謝れば許してくれるだろうと思っていました。ところが話しすら聞いても貰えず、私だけが親友と思っていたんだ、、とショックを受けました。二度と話しもしたくないという状況にまでしてしなったのは、私自身なのですが謝っても謝っても許しても貰えない、許してくれないにしても、せめて文句くらい言ってくれてもいいのにと思うのです。今現在もちろんお付き合いなどありませんが、当時の事を思い出しては複雑な気持ちになりなす。みなさんは同じ様な経験ありますか??そう言う時、自分の中でどう整理しましたか?アドバイスお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 1 びっくり
    • 18 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数44

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  44
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    う~~ん。

    しおりをつける
    blank
    なすびの母
    ごめんなさい。距離を置かれた方の気持ですが、幾ら親友のような付き合いでも許せない事ってあると思います。 もう、修復する元気もないほど傷ついてしまったってことではないですか? 事情がわからないのでなんともいえないけれど、こちらの気持はきちんと伝えたわけだし、コロンブスさんは新しい親友を探した方がいいと思います。 >きちんと誤れば許してくれるだろうと思っていました。 相手の方にとっては、そういう付き合いだったんだと思います。辛口でごめんなさい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そんな友達いらないよ

    しおりをつける
    blank
    辛いね
    謝ったのに許してくれない。一体いくつの方ですか? そんな何時までも根に持っているなんて、器の小さな人間か、あるいわ相当な事を、トピ主さんがやってしまったのか…良く分かりませんが、もう忘れましょう。いい経験をしたと思い、この先同じ過ちをしないよう、他のお友達に接しましょう。親しき仲にも礼儀ありですね。時間が解決してくれます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うーん

    しおりをつける
    blank
    ぴくみん
    トピ主さんがそれほどの事をしてしまったのか、友達が大人げ無いのか、内容が分かんないので判断できませんが。 まあ全ての人間と上手くいく奴はいないって思うようにするしかないね。合う合わないがあるから。 すっきりしないなら最後にもう一度心から謝って、ダメだったらすっぱりあきらめるしかないでしょ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それはひどい

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    謝罪とは、相手のダメージを慮って、自分の考えと相手の考えを推測して、それを相手に話しをして、相手の意見を聞いて、今後のお付き合いに生かせるところ、までだと思います 聞く耳がないのはトピ主さんが嫌いで良い機会にされたか、問題解決能力が無いからです 気になるのは親族の方です 親ならば謝罪を受けさせるべきかと あまり書きたくないですが、環境のようですね もし学生時代の話でしたら、今社会に出ているのでしたら、今なら聞いてくれるかもしれませんよ

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自己満足かな

    しおりをつける
    blank
    不可能
    あなたが謝ってすっきりさせたいのはわかりますが、それまでに謝らせてももらえないほどのひどいことをあなたがしたんだと思います。 謝ってもらっても相手は許せないし、あなただけの自己満足で終わると思います。 仕方なかったのではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    <謝る>とはー

    しおりをつける
    blank
    はる
    謝るというのは、その相手に許してもらう為にするものではないのです。<許してもらってももらえなくとも>、自らの過ちを認識し、深く反省する為のものです。申し訳ない事をしたから謝るのです。 本人が反省も後悔もせず、ただ許してもらう為だけや、その場を繕う為だけの謝罪は謝罪とは言えません。そしてその謝罪が口先だけではない事をなんらかの形で相手に示し、それ以後二度と同じ過ちを繰り返さないよう、自らを厳しく戒めなければいけません。 今までも同じような過ちを犯し、「ごめん、ごめん」と、口先だけ謝っていたのではありませんか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やむを得ない

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    原因はわかりませんが、たとえ親友であってもしたことがその人にとってかなりのダメージを与えることであれば、どんなに一方が修復しようと思っても修復できないと思います。 謝ればすべてが許されるということもないし、とりかえしのつかないことってあると思う。謝まる方は聞いてもらえれば気持ちが楽になるかもしれないけど、傷付いた方はたとえ謝られてもその傷が癒えないことも多々あると思う。 謝ればなんとかなると思っている人って自分に甘いのでは?だから人の気持ちを無視して、人を追い詰めるまで傷をつけてしまう。 できることは、自分がしてしまったことを素直に反省し、どうしてもその気持ちを伝えたいなら、謝罪の手紙くらいを1度送り、あとはそっとしておくことではないかな。してしまった罪の気持ちを抱いて、今後の人間関係に役立てること。やむを得ないことってありますから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    忘れよう

    しおりをつける
    blank
    こもち
    こんにちは。 友達にとってそのいざこざは、あなたからの謝罪の言葉を聞いたり、あなたに文句を言うよりも絶交を選ばせるようなものだったということだと思います。 あなたは文句を言われてもいいから会って謝りたいと思ったのでしょうが、友達にとっては謝ってくれなくてもいいし、会いたくもないということでしょうから、その人のことは忘れるのがよいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の場合

    しおりをつける
    blank
    もっちん
    私も似たようなことがありました。 友達と疎遠になった理由は、彼女に紹介した男性が私と昔付き合ってた、と嘘をついたからです。 あと、彼女の過去をその男性に私が喋ったと誤解していました。 結局疑いは晴れたものの、気まずいのでしょうか、電話しても出てくれず手紙を出しても返事なし。 異性関係で友情は崩れると聞いたことがありますが、本当だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    内容にもよるんじゃない?

    しおりをつける
    blank
    まるまる丸
    いくら親友でも許せないことはあると思います。 逆に相手の方は親友だと思ってたのに何故?って思っていたかもしれませんよ。 内容によると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    考え方を変えましょう

    しおりをつける
    blank
    ケリー
    似たような経験があります。 数年前、わりと仲の良かった友達を怒らせてしまったことがあり、一方的に怒ってちっとも話を聞いてくれない友達に手紙を出しました。 ずいぶん誤解してた部分があったのでそれを説明したかったのですが、手紙を書いているうちに私も頭にきちゃって、この手紙を出しておしまいにしようと思いました。 その後、真実を知った友人から誤りのメールが来たのですが私からは連絡しなかったです。 彼女の方もたった1通のメールを寄越しただけで、それ以降は音沙汰ありませんでした。 結局、お互いその程度の仲だったのかな~って思いますけど、時々思い出すと淋しい気持ちになりますね。 この経験は私の人生において悲しい思い出として、きっと忘れられないと思います。 でもそのおかげで、人に対してすごく優しく接するようになった自分もいます。 失ったものは大きいけれど、それによって自分自身の考え方が良い方向に少し変わることができたので、それがせめてもの救いと思って生きてます。 トピ主さんも十分反省していっらしゃるし、今後は少し見方を変えてみましょうよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「やってしまったこと」の内容にもよる

    しおりをつける
    blank
    キラ
    あなたがやってしまったことというのが、余計なお節介で言わなくてもいいことを言ってしまった、とか、相手が気にしていることを指摘してしまった、という程度なら、相手のほうに問題ありと思いますが。 しかし。 あなたがやったことというのが「その友人の恋人を誘惑して寝た」とか、「その友人の過去(一時の気の迷いでしてしまった不倫とか)を他人にばらして、縁談がおしゃかになった」とかだったら、許されなくても仕方ないでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    中国の故事

    しおりをつける
    blank
    ななし
    「覆水、盆に帰らず」 とある貧乏な詩人の妻だった女性が現在の境遇に 耐えられず夫が去らないでくれと懇願したにもかかわらず 強引に夫と離縁して彼の去って行った。 しかし数年後、その詩人は成功して 名声も金も望み放題という境遇となった。 それで彼の元を去った妻は復縁を申し出たが 詩人は盆に水を汲み、その水を庭に巻き散らして、 「この水を盆に戻せるなら復縁しようと言った」 当然、いくら頑張っても庭の土に 染み込んだ水を盆に戻すことなどできなかった。 つまり 人間関係の場合、一旦、溝がはいると どうしようもなくなる事もあるという表現。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うーん

    しおりをつける
    blank
    らん
    内容が分からないのでハッキリとした事は言えませんが そのお友達は心の底から傷ついたとは思えませんか? 親友だからこそ許せない事もあると思います。 親友のトピ主さんに裏切られた事に傷つき、親友なのに一体どうして裏切ったんだろう、どんな気持ちで裏切ったんだろう、親友だと思ってたのは私だけだったんじゃないかと悩んだのではないでしょうか。 もしそれ程までにお友達が傷ついているとしたら トピ主さんに会ったり話をしたりするとその時の辛い気持ちを思い出してしまうのかも知れません。 私の勝手な想像なのですが・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    逆の立場です。

    しおりをつける
    blank
    小心者
    逆の立場のものです。私の元親友は謝りに来てくれたりはしませんでしたが…。 私の場合は、元親友が自分の結婚式を目前にあまりに勝手なことばかり言い、挙句の果てには「私は祝福されて当然、あなたたちこそが私を祝福する義務がある」というような言動を何度もされて、会って話すのも電話で話すのもイヤになってしまいました。 それでも親友なので言えばわかってくれるだろうと、何度もぶっちゃけ話をしてわかってもらおうと努力をしたのですが、結局わかってもらえず「どうして素直に祝ってくれないの?」「私は悪くない。間違ってない。」の一点張り。 私にとってはあまりにストレスで、半ばパニック障害気味になってしまった(彼女のことを考えただけで、動悸にめまい・手の震えが起るほど)ので、共通の友人を介して距離をおきたいことを伝え、電話は着信拒否にしました。 相手の方がそこまで追い込まれてたらどう思いますか? 仲違いの原因がわからないので、何ともアドバイスのしようがないのですが、もうしばらくそっとしてあげておいてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    辛口です。

    しおりをつける
    blank
    ももち
    コロンブスさんは、その方に対して「謝れば済む」と思っていたのでは?そのご友人は、今まで何度も我慢してきて、今度こそ限界!と思ったのかもしれませんよ。 と言うのも私が友人を見限った経験があるからなのですが、他の方もおっしゃっているように「それまで」の友情だったのですよ。お互いにね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    謝るということ・・・(1)

    しおりをつける
    blank
    残念ですが・・・
    詳しい事情は書けないとのことなので、私自身の考え方を踏まえて書かせていただきます。 1、相手の器量が単に小さい場合 そんな人と友人付きあいしてても、良い事ないよ。馬鹿らしいから、放っておきなさい。 2、上記でない場合。 人との関係においては、謝っても許されない場合が、確かに在ります。残念ながら。 私達は、成長過程で、『悪い事をしたら、謝りなさい』と教わってきます。これは、正しい事ですが、解釈において忘れてはいけない点があると思います。 あくまで、悪い事をした自分の「謝るべき姿勢」を指導されているのであって、相手がその謝罪を受け入れてくれるのかは、別次元の問題であるという点です。 (この話の展開のなか、1の場合のような相手は論外として進めます) 多くの場合、『悪い事をしたら、謝りなさい』という事は親子関係の中で学びます。よって、『謝る=相手に許される」に結びつきやすく、また、そうなることも多いです。 ですが、過ちを許すとは、無償の愛・信頼に近い側面も併せ持つものです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    謝ると言う事・・・(2)

    しおりをつける
    blank
    残念ですが・・・
    それを他者に、絶対的に求められるものではない事はわかりますよね?そして、それだからこそ、友情や夫婦愛というものが、得られた場合は、貴重なもの/デリケートなのもとして、大切にしなければならない事も、分かっていただけると思います。 私個人は、人間関係とは、その関係を紡ぐ/続けていくためには、多くの信頼の積み重ねが必要な反面、壊すときには、たった1回の過ちでも、壊れる場合があるものだと考えています。(例えるなら、手作りの素敵なガラスのグラス。作成の過程には多くの工程があり、完成すれば、素敵な使い方/時間を提供してくれます。しかし、乱暴に扱えば、ひびがはいり、そして、たった1回だったとしても、衝撃が強すぎれば、割れて元には戻りません) 今回の件は、きっと「このたった1回」に当たってしまったのでしょう。 もう、子供ではないのです。謝れば、常に許される・・・という考えは、常には通らない、ということを学ぶべきでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    謝るということ・・・(3)

    しおりをつける
    blank
    残念ですが・・・
    ですが・・・・。 このトピを読んだ限り、あなたは、あなたがやれる、すべき事をしたと思います。それは、偉そうで申し訳ありませんが、私は誉めてあげたい。 そして、この経験から学んだ事を、ぜひ、今、関係が続いている方々、未来に出会う方々への配慮として、生かしてください。 最後に、時間を置くことで、良い方向に流れる場合もあります。そのとき、あなたが望むように関係が修復される事を祈ってます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    テレビ企画で

    しおりをつける
    blank
    ・・・
    昔いじめをしていた子がその相手に謝りたい、といってその子を探して謝っていたけど、その子はそのいじめがきっかけで人生が大きく変わったそうです。結果は許してくれず。 当たり前ですよね、しかもいじめた本人はあやまったら許してもらえると思ったらしく、許されなかったことにショックを受けていたようでした。 それにしても許されるつもりで謝るなんて最低! 許されても、許されなくても、自分が悪いと思ったら謝ればいいんじゃないですか? 謝っても許してくれない、といっているうちは本当に謝っているとは思えないんですが、しかもレスに謝っても許してくれないなんて器の小さい人間と書いている人、謝ればあなたは何をされても許しますか?世の中謝れば許されることばかりですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    また謝ってみたら?

    しおりをつける
    blank
    おっかけ娘3
    コロンブスさんの友達もきっと親友だと思ってたんじゃないかな? そりゃあなたは「きちんと謝れば許してくれる」って思ってるけど、友達は「はいそうですか」って許せるほど心の整理がつかなかったんじゃないの?親友にひどいことされたらショックだもの。 わたしは3年前に15年来の大親友(女)にひどいことをされて距離をおいた者です。 何度か電話や手紙で謝られたけど、許せませんでしたね。 最近まで「死ぬまで許さん!」と思っていましたが、今度こちらから連絡してみようかと思ってます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私自身ではありませんが・・・

    しおりをつける
    blank
    ひっぴー
    高校時代に絶交してしまった友人同士を知ってます。 トピ主さんのように「いざこざ」があって 電話をかけたり、バイト先に訪ねたり、何度も何度も 泣きながら謝罪していたようですが、許される事が なく友情関係は終わってしまいました。 話を聞くと友情関係にピリオドを打った方は 「いざこざ」はきっかけであって、今までいろいろな不満をかかえていたと言ってました。 打たれた方は全然その不満には気づいていませんでした。 (二人は中学時代からの親友でした。) もしかしたら、相手の方は何かずっと我慢していた のかもしれません。 辛い思い出でしょうが、忘れた方が良いと思います。 結果的には縁がなかったという感じですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    諦めたら?

    しおりをつける
    blank
    古だぬき
    昔から、人付き合いは、「去る者は追わず、来る者は拒まず」といいます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    謝っても許さなかった私

    しおりをつける
    blank
    マキノ
    私は友人が謝ってきても許さなかったことがあります。その体験をお話ししますね。 私は友人を許したかったのです。でも許せませんでした。この気持ちを無理やり例えるならば、殴られて「ごめんね」と口で言われても、殴られた場所が痛くて笑顔で「いいよ」と言えない…という感じです。 彼女はしつこく謝ってきたので私は言いました。「もう、いいよ、謝らなくて」何度謝られてもまだ痛いですし彼女の「ごめんね」を聞く度にあの痛かったことを思い出して辛くなるのです。本当は許したいのに許せない、そんな自分も許せないのです。 彼女は「いいよ、謝らなくて」と言った私の言葉を聞いて「許してもらった」と思ったかもしれません。でも、私は彼女を許していません。もう、彼女との楽しかった思い出を大切にしたいので、現実の彼女のことはいないものとして考えているのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は許さなかった事があります

    しおりをつける
    blank
    スイートアリッサム
    しかし、本人には理由を言いました。 それで謝ってくれたので、気持ちが治まった頃、もう1度会いましたが、また同じような事の繰り返し。。。 結局は分かっていなかったんだと分かりました。 私と友達付き合いするために性格を変えて!というのも変だし、彼女には彼女の生き方がある。伝えても分からず繰り返す彼女。 距離を置く事にしました。 謝れば、、、と言われても 難しい事もあります。 もう、彼女は変わらないんだなぁと実感した時。 そう思った時に、彼氏と別れたり、夫と離婚したりする事もありますよね?それと同じなんです。 私は長い間、我慢しました。恩着せがましいのでそこまで言わないし、正直な気持ちを言い出したら相手が立ち直れないほど傷つけそうなので、メールと手紙で伝えたのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    友情は不変じゃない

    しおりをつける
    blank
    ミニィ
    トピ主さんは、「私だけが親友と思っていたんだ」と言われていますが…親友でも許せる限界ってありますよ。「許せないのは、元々友人ではなかったのでは」という意見を持つ人もいるでしょうが、詭弁だと思います。「友人」だからって全て許さなきゃいけない?許さない方が悪い?と疑問に感じます。 私はこの10年で2人、親友(と思ってた)との友情が終わりました。1人からはあまりにもひど過ぎる言葉を吐かれ、最終的にはお互いに連絡を絶ったのですが、もし謝罪があっても、友人ではあり得ないから時間と労力の無駄で受け入れません。 もう1人は、都合良く利用され見下され、親友だと思ってたのは私の方だけだと解り我慢と怒りが限界に達しました。その後私からメールを出す事も考えましたが、「それまでの態度を改められた所で、友情はとうに終わっていたのだから」と思い留まりました。 今でも当時を思い出しては色々考えますが、これで良かったのです。相手から年賀状が来ても返事はしません。 お友達の方でも気持ちの整理には時間がかかったことでしょう。今後は「友情」に頼りすぎることなく、また別の新しい友情を育んで下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    許してもらうために謝るのは間違い

    しおりをつける
    blank
    ジビエ
    謝罪とは、心から悔いた証をたてることです。そこで相手が許すかどうかはまた別の問題。少なくとも、「こんなに謝ったんだから許して当たり前」みたいな考えは100%間違いです。 コロンブスさんは最初から「謝れば親友なんだから許してくれるだろう」って思っていたんですよね。つまり本当の意味で反省していないんですよね(反省していれば「許してくれて当たり前」なんて思わないだろうし)。そういう態度は自然に現れます。これじゃあ、相手は許そうと思っても許す気はなくすでしょう。 反省をしないまま謝罪だけする人と、謝罪を頑なに固辞する人。どっちが悪いかっていったら、やっぱ前者じゃないですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんと反対の立場ですが・・・

    しおりをつける
    blank
    まる
    どういうことがあったかが書いてないので、なんとも言えませんが、いくら親友であっても謝っても許せないことってあると思います。 私が距離を置いた友人は「友達だから許して」とか「謝ったらなんでも許してもらえる」とそういう考えの持ち主でした。 彼女は「ごめん。」と謝っても、それは口先だけで自分がどれだけひどいことをしたのかわかってなくて、心の底から申し訳ないと思ってるのではなかったのです。 待ち合わせしても何度も連絡なしに遅刻して「ごめん」。謝ってるけど、悪いとは思ってないので、いくら注意しても改まらない。堪忍袋の緒が切れて、私が怒ったら「5分くらい(遅刻しても)いいやん。」ですと。 その他にもいろいろありましたが、全部↑と同じような態度。 謝ったら許してもらえるのが当然だとか、謝罪するのに会ってもらえるのが当然と思わないほうがいいですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな人間もいます

    しおりをつける
    blank
    アンナ
    私はトピ主さんと逆の立場です。 心に傷がつく深さ・痛みは本人じゃないとわかりません。 だからといってアナタが全面的に悪いと攻めているわけでもありません。 私は何年経っても元友人に裏切られ、騙されたという事が 辛くて立ち直れていません。 とはいっても生活はしています。生きてます。 殺してやりたいくらい憎いですが関わりたくないのも事実です。 元友人も、謝れば済むと思っていたようなので、連絡を 取ってきていましたが無視していました。 何年たった今でも夢に出てき、辛くて泣いた状態で目が覚めます。 彼女にしたら「誤れば済む」事ですがこうやって何年も苦しむ傷になっている場合もあるのです。わかってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    謝れば、何でも許してもらえると思ってるほうが変

    しおりをつける
    blank
    ごみ
    「謝ったのに!」って逆切れする人多いじゃないですか? 本当に、あれって変だと思う。 謝るのは、相手の許しが出るかどうかは別にして、自分の良心に従ってやることでしょう? でも、相手の人の気持ちをどれほど傷つけていたかを、傷つけた人は理解してない時があるのよ。 良心の呵責に耐えかねて、涙流しながら謝罪したような経験ありますか? 本当に心の底から滲み出るような謝罪は、たとえ「人殺し」でも許してしまうほどの力があると思う。 でも、形だけ謝ったら済むと思ってるような謝罪って、その軽さは相手に伝わるし、余計に相手の気持ちを傷つけるんです。 私は「許してもらえる」と思って謝ったことは無いです。 「たぶん、許してもらえないだろう。でも、自分の良心に従って、謝らなければならない。」と決意して謝ってごらんなさい。 真剣な気持ちは伝わるし、すぐには無理でも、「許す」と言ってもらえた時は、涙が出るほどの感謝の気持ちで一杯になりますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  44
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]