詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 少しずつでもいい、画力をつけたい・・・。
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    少しずつでもいい、画力をつけたい・・・。

    お気に入り追加
    レス26
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    趣味絵人
    話題
    絵や漫画、イラストを描かれる方にお尋ねします。
     長年絵を描いており、ホームページ用にも
    自作のイラストや漫画を作ってますが、
    才能もあるのでしょうが、なかなか上手く
    ならなくて行き詰っております。

     プロになりたいという気持ちは全く在りませんが、
    いくつになっても趣味として続けたいと思ってます。
     皆様はご自分の画力を上げるために
    日々、努力されていらっしゃると思いますが、
    具体的にどういう事をされてるのか、是非
    お聞きしたいです。

     私は今の所まだ努力不足ですが、とにかく毎日何かを、描くことにしているだけですが、講座や教室にも行きたいと思ってます。
     その他にも何か、面白い方法がありましたら
    どうぞお教え下さい。よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数26

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  26
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    裏から透かして見る

    しおりをつける
    blank
    みつ
     自分の絵がどうも「下手」なんじゃないかと感じる、その原因がどこにあるのかによって対処法が違うと思うのですが。

     どうも全体的に変だなぁと感じるのはデッサンが狂ってる場合が多いです。その場合、イラストを裏から透かして見てください。絵が歪んでいたりバランスが変だったりすると裏から見ればわかります。パソコン画面上で描いているのであれば、反転して見るということです。
     それをくり返していると、だんだんとバランスのいい絵がコンスタントに描けるようになります。

     それから、上手な人、自分が「好きだな」と感じる人の絵をたくさん見て、どういうところが好きなのか、どういうところを上手いと思うのかを見定めて、自分で採り入れられるところは採り入れてみること。絵を真似をするという意味ではなく、人物の髪の毛の描き方、光や影などの効果の入れ方等を学ぶのです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    漫研部員達が曰く、

    しおりをつける
    blank
    さんしゃいんぶるー
    えー・・・
    まず、私の意見じゃなくて、私が高校生だった頃の"漫画イラスト研究部員"だった人達から聞いた話であることをお断りしておきます。
    同級生だったか先輩だったか、そこまで詳しくは覚えていません。

    画力を上げたいなら、とにかく「毎日描く」ことが重要らしいです。スランプだろうが何だろうがとにかく描け、と。

    人物を書くときは、頭から足先まで ごまかし無しに描くことがそのクラブでは義務付けられていました。(クラブ見学に行ったときに聞いた・・・そして入部をやめたw)

    毎日 描いた物を他人に見せて批評してもらっていると、それまで絵を描いたことも無いような人でも1年たてば、人に読ませられるレベルのオリジナル同人誌を作れるようになるらしいですよ(笑)

    ここのクラブ、毎年 文化祭になると同人誌やグッズ作って売っていましたが、去年のモノでお茶を濁すようなマネは全くしなかったですよ。

    あ~ 懐かしい。
    奴等、今頃は何してるんだろう。。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    描き続ければ、画力はUPしますよ!

    しおりをつける
    blank
    べるなどっと
    私は趣味止まりの人間です。
    (プロにはなりたかったけど、親の「美大に行けないならそこまでの腕だ、あきらめろ」との言葉に従い、あきらめた)

    でも描くのは止めませんでした。
    だって風景や動物が「描け」「描け」って言ってくるんですもん。

    するとですね、ダイエットと同じく、段階踏んで上達(自分的にね)するんです。
    「昨日までこんな風に描けなかったよな」って事はある日突然やって来ます。

    クレンジングしてて“指先がフッと軽くなる”みたいな感覚に近いかも知れません。
    それこそ「あれ?」みたいなね。

    描くのが好きな間は、ずっと上達のチャンスがあるって事ですよ。
    『上達』は『好き』の合間・合間に隠れてます。

    習う手もありますが、先生によっては
    「描く気が失せる」
    物言いな人もいますんで、じっくり選んで下さいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    遊び心

    しおりをつける
    blank
    ヒナ子
    絵をうまくなりたいときって、ついつい人に教わりたくなりますよね。
    でも、私は顧問の先生に「習うよりも遊び心を身に付けなさい」と教わりました。

    たとえば、毎日スケッチをするにも同じようなものは描かない。材質感を表すのに、例えばフロッタージュやスパッタリングの技法を使ってみる。
    コンセントや麺棒など普段スケッチしないものをスケッチしてみる。
    そういった遊び心があってこそ、絵が上達するのだと。

    私は現在美術部で油絵を製作しています。私の学校では美術部の活動は非常に自由なので、さまざまな画材で好きな絵を描いていますが、やはり「うまいな」と思う作品は作者がたくさん遊んでいます。

    あまり力を入れず、遊び心を忘れずに。
    努力すればするほど、うまくなりますよ~♪

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    絵を描くというのは

    しおりをつける
    blank
    絵描き
    「ものを見る」という事だと思います。
    もののかたち、光の方向、人や動物のしぐさや表情。
    それをしっかりと見て取って、それを紙に映すのが「描く」という事だと思います。

    脳味噌に一度収めて、出すときにそれなりの感情みたいなものが加わる気がします。
    それが個性だと私は思っています。

    まず色んなものをしっかりみて、心のアルバムに写してみる事をおすすめします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    近道はない

    しおりをつける
    blank
    素人絵描き
    こればっかりはね・・・。毎日描く!やはりこれに尽きます。
    以前美大生にどんな受験勉強をしたか聞いたことがあります。
    やはり「毎日ひたすら描く」ということでした。
    コミックイラストなら好きな作家さんの模写もいいと思います。アニメーターのようにトレースするのも勉強になります。あとはよく観察することだと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    描きまくるしかないですよ

    しおりをつける
    blank
    toku
    タイトルの通りなんですが。

    私がした方法です。
    1 漫画やイラストといったものですけど、描いたものを裏から見てチェックするんです。
    顔の歪みや身体のラインの歪みを発見できます。

    2 古典、巨匠と呼ばれる人の作品の模写

    3 過去の自分の作品と今の作品を見比べる。何が上達したかわかりますし、過去の作品に光るものがあれば長所の発見につながります。

    4 売りを掴む。模写をすると非個性になりますが、あなたの売りを探し出し、個性としましょう。3 と類似しますね。

    5 漫画家さんの絵を見ると、たまに小物に手を抜いている人がいますね。例えば、コップを斜めから見ると上部の淵が楕円形になり、細くなる両端は尖ることがないのに尖らせて描く人。このような基礎をきっちり押さえるとぐっと見栄えがしますよ。

    大丈夫、やる気のある人は上達します。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も未熟者ですが…

    しおりをつける
    blank
    ドグラ星人
    私も昔から絵が好きで、イラスト、鉛筆デッサン、水彩画まで自己流でやってます。以下、私が上手くなるため気をつけてること。

    まず大事なのは、見る目を育てること。味オンチではいつまでも美味しい料理が作れないのと同じ原理です。自分の絵はもちろん、他人の絵に対しても客観的に評価できるようになること。単に上手い、下手というのではなく、バランスのとり方、タッチ、構図、色彩感覚、質感表現…などを細かく厳しく見ます。たくさんの作品を見て目を養えば、自分の絵に足りないのは何か、努力すべきことは何かが見えてきます。それが解らなければ、むやみに枚数こなしても大きな向上は望めません。

    それから、やはりデッサンは絵画の基本なので、どんな作風の絵を描くにも必要だと思います。デッサンの狂いは私の悩みの一つなので、特に気をつけて練習してます。

    最初は好みの作風の絵を真似てもいいと思います。そこからさらに自分の好みを追究していくことで個性に繋がると思います。そのためには、自分の好みを知ることも必要ですね。

    趣味の範囲ながらそれなりにプライドかけてるので、日々あがいてます。お互い頑張りましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    基礎は大事

    しおりをつける
    blank
    あまこ
    以前、美術系の短大を卒業し、絵を描く仕事をしていました。(景色では無く生き物を描く仕事でした)

    わたしがやった中で効果的だったのは「骨格を理解する」ことでした。
    人間も動物も、結局は骨の上に肉がついていて、骨を主体として動いていますよね。
    イラストでも、大体の「あたり」を付けて描くと思いますが、その「あたり」は省略した骨格みたいなもの。ここで上手く描けないと、仕上げも狂います。
    逆にあたりが上手くつけられると仕上がりがぐんと良くなる様に思います。
    これに慣れたら次は「肉の付き方」を勉強するとより良くなると思います。
    どんなにシンプルなイラストを目指していても、きちんとデッサンが出来ている人とそうでない人とでは大きな差が出ます。

    他にも最近趣味で始めたのですが、テレビを見ながら似顔絵を次々に描いています。
    「10秒似顔絵」と勝手に呼んでいるのですが、その名の通り、テレビに映る芸能人を1人あたり10秒前後かけて似顔絵にし、それを次々に繰り返して行ってます。洋画なんか観ながらやっても面白いです。
    対象の特徴を短時間で捉える練習、様々なタイプの人間を描きわける練習になってます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    参考になるかどうか?

    しおりをつける
    blank
    元イラストデザイナー
    以前イラスト関係のデザインをしていました。
    私も元々イラストを描くと言う事がは得意なわけではなく、
    特に形あるものをそのまま描くということが苦手でした。

    同じような悩みを友人(美術関係の仕事をしています)に尋ねたところ、
    ひたすら描くということで腕は上がるそうです。
    毎日描かれているとの事ですので、
    そのまま続けていかれたらいいのではないでしょうか。

    また、センスを磨くには、自分の得意とする分野はもちろん、そうでないあらゆる分野において美しいとされるものをみて自分なりに美しいと思う物、そうでないもの、またもっとこうすれば良くなるというアイデア?を常に持ち続ける事だと言われました。

    また、私はネタ帳を持ち歩いています。
    良いものを見たら、良かった点などを書き、自分でアレンジして使うこともあります。
    まずはあるもので良いと思うものを真似て、自分なりにアレンジしていくというのも
    良い方法ではないでしょうか。
    (著作権などには注意してくださいね)

    参考になったかどうか。。。
    頑張ってくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  26
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0