詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    学歴は何のため

    お気に入り追加
    レス35
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    不思議
    話題
    80年に就職しました。
    定年まで勤められる職業を選びました。25年も前になりますか。

    当時は女も男と同じ仕事が努力すればできるといわれ、男だって努力して仕事をしているんだという世間の風潮でした。

    頑張って働き続けたのに、バブル崩壊頃から「女の幸せはいい男捕まえて専業主婦になること。というふうに変わったような気がします。

    別にそれでもいいけど、いい専業主婦になるんだったら大学も家政科とか管理栄養士とか選んだほうが料理もうまくなり、家庭生活には最適な仕事だと思います。
    だらか何で有名大学の英文科とか、経済学部といった主婦として役に立ちそうもない学科を選ぶのかわかりません。単に結婚式で「新婦は青○学院を優秀な成績でご卒業され、現代的な理想の女性です」といってもらえるくらいだと思いますが、なんで役に立つ学科を選ばないのでしょう

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数35

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  35
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    勉強したいからではないのですか?

    しおりをつける
    blank
    ふぁご
    結婚するために大学にいくわけではあるまいし・・
    純粋に国文学をもっとやってみたいという気持ちからでしたけど……
    それっていけないことなのでしょうか?

    あなたって私の母みたいですね。
    私は中学高校と吹奏楽部、大学ではウィンドアンサンブルに所属していましたが
    ずっと
    「そんな役に立たないものやめてしまいなさい、珠算部とか華道部とか茶道部にしたら就職や結婚に役に立つのに……」と言っていました。

    でも……役に立たないものでもいいのではないですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    価値観

    しおりをつける
    blank
    未来
    私は、出来れば家政科以外のところへ進んでほしかったのですが、娘は短大の家政科を希望して行っています。進学校で4大に進学する生徒がほとんどなのに
    もったいないという思いにかられていましたが
    子供は毎日目を輝かせて学校へ行っています。
    好きなことが出来る、自分のやりたいことが、ここの
    学校にあるという一途な思いからです。そんな娘を今は誇りに思っています。家庭的です。こんな人を奥さんにしたら、旦那様、子供(もしできればですが)
    は幸せだろうなぁ・・というくらい料理を初め、家事も大好きです。結婚しなくても、生きていく上では
    本当に勉強になっていると思います。
    価値観は人それぞれですし、学歴があるから幸せになれる保障もないですしね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    役に立たない学科なんてあるのでしょうか?

    しおりをつける
    blank
    半人前技術者
    私は,地球科学科を専攻したもので,現在も地盤環境系の調査業をしています。
    ですが,教育実習に行ったときにいわれたことが「就職無いでしょ?」「地学なんか役にも立たない学科出てどうするの?」などでした。
    他人からみると,無駄でくだらない学科や学歴でも,本人にとっては結構重要なものですよ。

    英文科が損でしょうか?
    旦那の仕事の関係で欧米に行くことになった,あるいは欧米の客を呼ぶことになったとしましょう。
    そのとき,奥さんが英語ペラペラで,旦那をよくフォローした,なんてことがあればカッコいいですよね?
    それに,私個人の意見ですが,別に英語に限らず,フランス語でもイタリア語でもスワヒリ語でもいいから,普通の主婦が二カ国語を操れる社会なんて,本当の意味でいい社会,あるいは文化が成熟した社会だと思いますが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    学問は生活のためにあるのではないからです。

    しおりをつける
    blank
    史学科卒
    タイトル通りです。私はハンドルどおり史学科の出でして、大学ではとてもマイナーな国の歴史を専攻していました。就職にも家庭生活にも直接結びつかない分野です。大学でそれを勉強していたのは、私個人の知的欲望のためです。

    25年も働いているのにちょっと信じられないくらい幼い方ですね。
    大学へ行くときにそんなことも考えなかったのでしょうか?

    p.s.もちろん生活のために大学へ行く人も、箔を付けるためだけに大学へ行く人もいると思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんの考えのほうが不思議。

    しおりをつける
    blank
    えっ!
    なんのために勉強したんですか?

    それに、女性は主婦になるほうが得、という考えは最近でてきたんじゃなくって、昔のほうが強かったんじゃないですか?

    女性も仕事をして自己実現したい人が増えたから、四大への進学率が上がってきたのでしょう?

    それから、女性も男性並みに働けば男性並みに地位が上がっていく、なんて本気で信じていたなんてびっくりです。男社会なんだからあるわけないでしょう?日本の企業に社長、重役クラスの女性ってどれだけいます?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    バブル崩壊世代

    しおりをつける
    blank
    そう?
    >頑張って働き続けたのに、バブル崩壊頃から「女の幸せはいい男捕まえて専業主婦になること。というふうに変わったような気がします。

    えっ…、そうなんですか?
    私の周囲はみんなもう男もアテにならないから、女でも一生働けるような職種につかねばって、必死で理系や総合職向きの学部に進んだりしていましたけど…
    専業主婦は論外!事務職は不安だよねーって合い言葉でした。
    いい男を捕まえようとしてたのは、もっと前の世代の、バブリーな時代じゃなかったでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    学び

    しおりをつける
    blank
    けいことまなぶ
    私は大学の専攻とは全く関係のない仕事でキャリアを積んだ後に専業主婦になりました。けれど、大学で専攻したこと(社会科学)がムダだったとは思ったことはありません。大学では専門単位以外に一般教養なども沢山履修しますが、その時に得た知識が生活に役立っているともいえます。専門単位と別に必修になっている外国語も大変役立っています。

    また、現在は専業主婦ですが、色々な分野に興味を持っており、知識・技術の習得に励んでいます。将来それら分野で職を得ようと思っているわけではなく、教養として、或いは自分磨きのため、ずっと続けていくつもりです。

    生活のための手段としてでなく、生涯学習し続ける姿勢は決してムダではないと思います。「学び」ということは、そういうことだと思っているので、大学の専攻が主婦業と直接関わりのないものであっても、なんら問題ないと思いますが・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「学歴」のためではないのでは

    しおりをつける
    blank
    rururu
    そもそも、何を勉強したいかなどを考えて学校を選ぶのではないですか?
    学校を選ぶ時点で「専業主婦になる」ために学生生活を送るわけではないと思うのです。どうでしょう?

    私のことを例に挙げてみれば、看護学校に行きまあまあ、たいへんな思いをして看護師の資格を取り4年ほど働きましたが、今は子ども二人いる専業主婦です。
    このあと医療関係ではないパートなどをしたら、私の学歴はムダになるのでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分のため

    しおりをつける
    blank
    らんこち
    教養って、自分のためにつけるものだと思います。
    色々な事に興味を持つ事は悪い事ではないと思います。

    私は大学院まで出ましたが、専業主婦です。
    研究者を目指して、寝る間も惜しんで
    大学での研究に明け暮れました。
    でも、結婚したら専業主婦になるのが夢でした。
    結婚しないなら、研究に人生を捧げようと思って
    いました。

    お料理なんてした事はありませんでした。
    カップラーメンや駅ソバで暮らしていました。
    習えるものならお掃除の仕方を習いたいところです。
    それからお片づけも。w

    でも、大学や大学院での経験って
    無駄ではないと思っています。
    知識自体は無駄かもしれませんがね。
    色んな経験がその人を作り上げるのだと思います。

    トピ主様は今の生活に何かご不満でもおありでしょうか?
    楽しく生きましょう!
    無駄な物や無駄な経験なんてきっと無いのですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    知的好奇心と向上心

    しおりをつける
    blank
    チャペルの蔦
     ご指摘の青○学院英米文学科を中ぐらいの成績で卒業したものですが(苦笑)、30代半ばで結婚するまでは専門職をしていました。 両親は高卒で、女は大学へ行かなくてもいいという考え方でしたがわがままを(?)押し切りました。
    今は専業主婦で夫は大学教授ですが、夫婦で歴史、政治、経済、世界情勢、文化、色々なことをよく話します、というか論議します。そういうことが面白いのです。家事は確かにあまり上手ではありませんが(トホホ)、知的会話が出来るからこそ夫は私を伴侶として選んだと思います(小町だから言えることですが)。人それぞれですから学歴が必ずしも必要とは思いません。(自営業の父を尊敬しています。)自分の知的好奇心を追及した結果、ピッタリの相手にめぐり合いました。それにしても、いつも家の中グチャグチャでゴメンナサイ、アナタ~。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    学歴ありがとう

    しおりをつける
    blank
    弁護士もどき
    正直に言って、なりたい職がはっきりとあり、専門学校に行きたかったんです。
    父親に、「大学院まで出ろ、その後は自由にしていい」と言われ、泣く泣く法律を勉強しました。当時はこんな嫌いな勉強して何になる、と思っていました。

    予期していなかったのは、結婚相手が外国人であったと言う事。現地の言葉も話せず、どこのうまの骨とも分からない東洋人が、かろうじて人の信頼を得られたのは“ロースクールを出ている”事でした。
    学歴で人を見るなんて、と言う見方をする人も居るでしょうが、少なくともある程度の能力と、努力する事が出来る人である、と言う事は認めてもらえたと思います。

    海外で職を探すにも、専門は違ってもある程度学歴が有ると言う事が信頼を得る基準になっています。

    別に皆さん外国暮らしを見越して大学に行くわけではないでしょうが、こんな風に役に立っている場合も有ると言う事で…
    父に感謝しています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    法学部出身です

    しおりをつける
    blank
    あるしゅふ
    法学部法律学科出身、民間企業勤務と地方公務員を計10年勤めて専業主婦になりました。
    大学の学部を決めたのは、単に法律を勉強したかったからです。ですので、学生時代はサークル活動はせず、教室と図書館にばかりいました。

    でも役に立たないとは思っていないですよ。法律特有の文章に慣れましたので、公務員時代は規則を読むのが苦になりませんでしたし、民法の解釈などは、身近なトラブルにあったときなど役に立ちますしね。(幸い、今のところそういったことに遭っていませんが。)

    それに、専業主婦になりたいと思っていてもなれるかどうか分かりませんしね。(良縁に恵まれなかったり、結婚相手が経済面で余裕がなかったり・・)
    どうせ多額のお金を使って通うんですから、語学でも経済でも生物学でも好きなことを勉強すればいいんですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    役にたたない学科とは?

    しおりをつける
    blank
    うー
    【学歴】学業についての経歴。どういう学校を卒業したかという経歴。

    辿ってきた道であって、無理に作り出すものではありません。その時に何を勉強したかによって学科を選ぶのではないでしょうか。
    役にたたない学科とはなんでしょう?ある人には役にたたないかもしれない学科でも、他の人にとっては役に立つ場合があります。役にたたない、ではなく、『立たせる』のが学問です。
    わざわざお金を払って自分にとって役に立たないことを何年も勉強するヒマ人はめったにいないでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    勉強したかったから?

    しおりをつける
    blank
    う~ん
    学歴か~役に立つと言う事だけで選ぶのかな?

    まあ、学校に行って資格を取るためだったりするし・・・
    私は、教員免許を取れるコースに進みました。
    でも、就職する時(免許はあったけど)違う道に行っちゃって・・・むだな進路選択だったかな?

    で今、専業主婦しています。
    子育てに学生時代の勉強は役に立っているのかな?忘れちゃっててダメかな?
    将来の為っていうけど、それを生かせるかどうかはわかりませんよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    役に立たない学問はありません・・偏見では?

    しおりをつける
    blank
    武蔵
    学んだことは死ぬまでの間に必ず役に立ちます。
    トピ主さんはまだまだ若過ぎです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      金にならない学問も。

      しおりをつける
      blank
      お金にならない学問(文学部など)に
      通っていたものです。

      大学選びをする時、「行きたい大学」と
      「行ける大学」のバランスのなかで、
      漠然とした「言葉について勉強してみよっかな」
      という意識で選びました。

      仕事も大学もそうですが、未知の世界なので
      「こんなんじゃないかな?」という想像でしか
      ありませんよね。

      でも、私は文学部で良かったと思います。
      学歴も、就職やその後の人生を考えると
      決して無駄ではないと思います。

      大学に行って思ったことは、よくも悪くも
      「同じようなレベル、価値観の人が多い」
      ので、居心地もいいということでしょうか。
      そんな中から生まれた友情は今も続いています。

      一概に、金にならない学問やいたずらに大学行くのは
      無駄、とは思いません。
      もちろん、親の負担あってこそなので、
      えらそうな事も言えませんが、やはり
      どんな勉強してもすべて無駄になるってことは
      ないと思うのです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      私の場合

      しおりをつける
      blank
      シトロン
      >現地の言葉も話せず、どこのうまの骨とも分からない東洋人が、かろうじて人の信頼を得られたのは“ロースクールを出ている”事でした。

      私と同じです。
      私の場合は、国際結婚ではなく、夫の海外赴任だったのですが、「ロースクール卒」と「高級誌を購読」(NYRBやECCNOMIST)のおかげであまりバカにされずに済みました。
      学生時代は「とりあえず良をとっておけばよい」と思っているグータラだったんですけどね。
      一般教養でいやいや勉強したおフランス語〔「星の王子様」レベル)も若干役に立ったようです。
      フランスの料理本を読んでケーキを作ったら、向こうの奥さんに尊敬されましたから。

      NYRBなどが読めるのも受験勉強のおかげです。
      若いときの勉強は、長い目で見れば決してソンにはなりませんよ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      男捕まえるためでしょ

      しおりをつける
      blank
      総合職
      専業主婦になるような人は、
      別に大学で何学ぶかはどうでもよくて、
      いい男ゲットするために、大学選んだのでは。

      家政系は男少ないから
      専業主婦をねらうんだったら甚だ不適。
      どっかの文学部出て大手商社入って
      出世しそうな男捕まえて寿退職すれば、満願成就。
      そして、近所の奥さんに学歴自慢をすると。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      やっぱりこういう考え方の人もいるのですね

      しおりをつける
      blank
      北白川
      やっぱり、「社会に出てから直接役に立たない大学教育は無駄」というトピ主さんのような考え方の方って結構いらっしゃるんでしょうか。

      私は逆に、役立てねば!と固執することもないか・・・と、卒業後別業種に就職したものです。
      まあ、仕事上全く役に立ってないわけでもないのですが、周りから見ると「学費をドブに捨てた」と思われてるのかなあ。

      私はトピ主さんタイプの同僚からヤイヤイ言われて、なんだか凹み気味です(苦笑)。

      私の立てたトピが以下のところにあります。
      http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2004/0630/005892.htm

      よかったらトピ主さんのお考えも聞かせてください。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      役に立ちますよ

      しおりをつける
      blank
      敬子
      英文科卒、仏文科卒・・・

      欧米礼賛の今の時代ではまず聞こえがそこそこにカッコイイし、それに会話が出来れば、ご主人と海外(やその国)へ行った時や、国内でもご主人と一緒に海外(やその国)から来た人と会う機会があると外国語で話が出来るじゃないですか。そうするとダンナの株も上がります。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      たそがれ清兵衛で

      しおりをつける
      blank
      とわいらいと
      貧乏な武士の子(女の子)が
      食べるものにも困るくらいだと
      言うのに、論語を習いに行かされていました。
      「女に学問はいらない!」と
      親戚に嫌味を言われながらも。
      子供に学問は何のために必要かと
      問われて、清兵衛は
      「自分で考える力を身につけるためだ」と
      言っていました。

      どんな学科で学ぶかや
      どんな学校で学ぶかよりも
      「それを糧に自分で考える力がついたか」
      が大事なのだと、改めて教えられました。
      「学歴」=「考える力」ではないですけどね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      学歴・・・

      しおりをつける
      blank
      39
      結婚生活のためとか学歴のために学校行くわけじゃないんじゃないですかね。
      わたしも一生続けるつもりの仕事に就きましたが,事情で泣く泣く辞めました。人はもったいないと言ってくれるけど,でもじゃぁあれが無駄だったかというとそうは思わない。
      無駄に見えても,人生には役に立つことがいっぱいあると思うんですよ。
      将来子どもがどんな学部へ行きたいと言っても,それが就く職業に直接何の役にも立たなかったとしても,それはそれでいいんじゃないかと思っています。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      家事や料理は高等教育じゃない。

      しおりをつける
      blank
      みか
      家事や料理なんて、大学(高等教育)で学ぶようなものじゃないでしょう。カルチャースクールでも学べるし、お金を払って学ぶものでもなく、誰でもある程度できるもんでしょ?

      いまどきトピ主さんのような時代錯誤な人もいてびっくりです。

      それに女は専業主婦、、、なんていつの時代のどこの田舎のことですか? 都心は違いますよ。女でも高学歴、総合職は普通のこと。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      学「歴」だけにこだわっていては…

      しおりをつける
      blank
      高校時代、英語の副教材で「education for freedam」という評論を読みました。
      高等教育・専門教育は、就職予備校的なことや技能習得が第一目的ではなく、
      真の自由人として考える力をつけるためのものだ、という内容だったと思います。
      (当時の私の英語力では、その程度の理解が精一杯。)受験勉強の汲々としていた私にとっては、目を開かされた思いでした。

      その影響だけではありませんが、大学は就職に有利かどうかではなく、自分が勉強したい分野を、
      と考えて、文学部国文学科に入学し、修士課程まで修了しました。
      確かに仕事では専門分野を生かし切れているとは言い難いですが、大学の選び方は間違っていなかったと思っています。
      (続きます)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      学「歴」だけにこだわっていては…(続き)

      しおりをつける
      blank
      就職後も、大学の先輩・後輩・恩師と勉強会を持って、論文を発表したりもしています。
      現在、大学の専門を仕事にしていない方でも、大学で勉強して身につけた幅広い教養や考える力を、
      人生全般にわたって生かしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
      (私がそうだ、というのはおこがましいですが。)
      学「歴」と言ってしまうと過去のことのようですが、実はその人の現在と密接に関わっているはずです。
      本人が「無駄だった」と見切ってしまわない限り、人生の経験で「無駄なこと」など無いと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        新鮮な考え

        しおりをつける
        blank
        れあ
        父も母も姉も大学出ています。うちでは、小学校、中学校とみんな自然に進学するのと同じように、高校を出たら当然大学に行くものと考えられていました。
        だからわたしも、大学の中から、なるべく自分の興味のある分野のことが学べるところを選びました。
        大学について、トピ主さんのように考えられる方もいるんだなあと、新鮮に思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        家政学部って…

        しおりをつける
        blank
        桜楓
        ちょっとトピずれになるかも知れませんが。
        トピ主さん、家政科や家政学部を何だと思っていらっしゃいます?
        私はトピ主さんの数年後に就職した者ですが、私の卒業した女子大の家政学部、
        専業主婦志望の人の方が少なかったと思います。
        建築士や小学校教諭、中・高の家庭科や理科の教諭、幼稚園教諭、保育士、デザイナーなど、
        専門職に就いてずっと働こうという人がたくさんいました。
        管理栄養士だって、別に料理がうまくなりたいだけで行くのではなく、
        病院や保育園などで専門職として働くための学科ですよ。
        家政学部って、家事の実技を学ぶところではありません。
        女性学や社会学の分野で女性の社会的な役割(歴史的なことや、今後の展望など)を研究したり、
        専門職としての資格をとるための勉強をするところなんですけど。
        学歴の価値に対する偏見だけでなく、家政学部に対する偏見も改めていただきたいものです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さんにとって、「役に立つ」とは

        しおりをつける
        blank
        トピ主さん自身、今まで生きてこられた中で、世間の風潮が変わってきたのを経験されているのですよね。

        昔は、「女も男と同じ仕事が努力すればできる」
        バブル崩壊頃から、
        「女の幸せはいい男捕まえて専業主婦になること」
        という風に。

        さらに、今の風潮は、また変わってきているでしょうか。

        このことからも分かるように、世の中の「雰囲気」は、
        年々変わっていくものですよね。

        なので、自分が何を勉強したいか、どういう経験を積むべきかは、自分で判断するしかないと思うのです。

        今、トピ主さんにとって、一番「役に立つこと」とは何でしょう。
        「自分にとって」を大切に、柔軟に生きていくことって大切だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        うーん・・・・・

        しおりをつける
        blank
        ひよこ
        大学でハイレベルな学問を学び履歴書の学歴欄がキラキラ輝くことと同時に専業主婦であることの是非は、同じ土俵でどうこう言える問題じゃないと思います。

        もともと、専業主婦として家庭内で「生活技術力」を発揮すること(発揮できる)ことは学歴云々は別にその人個人の資質によっても違うでしょう。
        大学での勉強も社会人になって就いた職業と直結する人ばかりではないですし、だからと言って分野外の就職した人が大学での勉強は無駄、とは言えないでしょう。
        どんな学校でも職場でも「何を経験して何を身につけたか」「どんな人と出会いどう感じたか」みたいなものがその人のその後の人生に関わる大事なものだと思います。

        トピ主さんは Aで勉強した事→Bという生活
        というすべて直結したものでないといけないとお思いなのでしょうか?
        私は Aで勉強した事→C経験D出会い→Bという生活
        だと思ってます。Aは今の生活に目に見えた影響はないですがすべて今の私のための素地になっています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        つづき

        しおりをつける
        blank
        ひよこ
        私はここでレスされていらっしゃる皆さんと一緒に語るのはお恥ずかしいくらいの学歴です。
        短大で上代文学中世文学を学びました。今の専業主婦とは全く関わりない分野ですね。就職も勿論全く関係ない職場です。
        でも全然無駄だったとは思えません。ある時資格を取ろうと思い調べたところ受験資格に「短大卒以上」とあり、他の受験資格の手立てのための回り道をせずに勉強し合格する事が出来ました。こんな「学歴があってよかった」という例もあります。
        余談ですがこの後通信制の大学に編入して、これまた専業主婦の家事とはあまり関係のないことを勉強しました。「生涯学習」の色濃い大学でしたので、本当に自分の知りたいという気持ちだけで学びました。杖を突いたおじいさん、ヘルパーつきの障害者の方と一緒に席を並べて勉強しました。ディスカッションで色々な立場の人と意見交換もしました。視野が広がり得がたい経験となりました。
        こういう「学び」もあるんですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  35
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

          注目トピはありません。

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0