詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    絵本の読み方

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    絵本子
    子供
    私には 6歳と3歳の子供が二人います。
    小さい頃から 寝る前に 一人一冊づづ 絵本を持ってきて 私が読んで 子供に読み聞かせています。

    絵本を読んでる最中に 両側から 子供が 色々 絵本について 言ってくるので なかなか 話が進みません。

    一緒に楽しむという点では 色々 話をしながら 進めていくのもいいのですが 幼稚園だと みんながみんな 絵本を読んでる間に あーだ こーだ と、言うと 話は 進まないですよね。

    読んでる間は 静かに聞くようにして 最後に 子供の話を聞くか(そうすると その瞬間の興味は 忘れてしまいそうですよね)、子供が 口だしする点を 一緒に見ながら 話を進めるか。

    ただ 子供の話に耳を傾けていると 話の内容が 脱線するし 最近 子供の口だしが どんどん多くなってるような気がします。
    あと 6歳の子も口をはさむのですが 3歳の子の口出しには うるさそうにしてます。

    話をしてる間は 静かに聞いて、というと キチンと聞いてくれるのですが。

    みなさんは どうされていますか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お約束

    しおりをつける
    blank
    つう
    私も子供が小さな頃、寝る前などに絵本を読み聞かせていました。3歳違いの兄弟ですので、好みが違い、やはり、各自1冊ずつ。
    お約束で
    最初の1回目は、黙って聞く。
    2回目は、喋っても良い。
    例えば絵の中の面白い所とかを話したり、
    14匹のねずみの話の場合
    『~~してるのはだあれ』『いっくん!』
    (↑わかります?)
    とか、そんな約束をしていましたっけ。う~ん、懐かしいです!
    二男は今でも本が好きです(漫画も好きですが)

    楽しい時間をすごしてくださいね。
    下の子が2年生くらいまで、していましたっけね~。
    今を大切にしてください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あはは・・・

    しおりをつける
    blank
    さらい
    うちもそうです。
    ページを先にめくって話を自分で進めたり、
    話を止めて絵の説明を一つ一つしていったり・・・
    最後まで読まずに終わるときも
    たくさんあります(泣)
    初めて読む本は最後までじっと
    聞いてるんですけどね・・・
    私もどうしたらいいか聞きたいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私の場合は…

    しおりをつける
    blank
    保育科卒
    幼稚園のように大人数に対して読むのではないので
    子どもとの会話を大切に読んでいけばいいと思います!
    「さあ~次はどうなるんだったかな?ほんとにそうなるかな?」とかの誘いでうまく次のページへの興味につながれば、本に集中する時もあります。
    また、本を閉じてしまってその絵本をもとに、お母さんがアレンジした話をするのも子どもは喜ぶと思います。
    ただ、本をきっかけにお母さんに話を聞いてもらいたい時、遊びたい時もあるので、子どもが何をしたいのかによっていろいろ工夫してみてはいかがでしょうか?
    本気になれば子どもだけじゃなく大人も一緒に楽しめると
    思います!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自作のおはなしを。。。

    しおりをつける
    blank
    夢子
    こどもは好奇心が旺盛なのでどんな
    ことにも首をつっこみますね。
    うちも子供が小さい時、そうでした。
    話が脱線したらそれはそれでおもしろいけれど
    かえって眠くなくなったりすることもありますし。

    私が小さい頃、やっていたのは即興で
    おはなしをつくることでした。
    仔豚のオンナノコがいつも同じ主人公で。
    その子が毎日、いろんな動物とであったり
    泣いたり笑ったりという単純なおはなしでしたが。
    聴いている二人の妹は、そのうちに寝ました。
    いろいろ聴いてくるけど「さあ、どうなるでしょう。
    」とかうまく話をそらして、寝てくれないもの
    でしょうか(笑)

    それから図書館などで、むかしばなしがいっぱい入った
    絵本を借りてきて読んであげると親が先に寝てしまうことも。(笑)
    子供は親が寝てしまうと、自分もそのうち寝てしまうこともあるように思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    お話を作ってしまう

    しおりをつける
    blank
    きなり
    娘さんの知能が,発達してきた証拠ではないでしょうか。
    物語って、ちゃんと読まなくてもいいと思うんですよね。
    娘さんたちと,勝手に話を作ってしまうというのは、いかがですか?
    きっと,私ならこうなのにと思っていることが、
    たくさんあると思うんですよ、子供自体に。
    そうなら、お子さんに
    「○○ちゃんだったら、どうする?」と反対に聞いて、
    お子さんの想像力を伸ばしてあげるのもいいんじゃないでしょうか。
    今日は、普通の話,明日は、○○ちゃんが、途中から作った話なんて、考えると楽しいと思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    うちは・・・

    しおりをつける
    blank
    りい
    うちも二人の子がいるんですけど 年齢が違うので 違う絵本を それぞれ 持ってきます。
    小さい子には 遊びながら絵本を読んで 上の子には 少し長いお話の本を 静かにしながら 聞いてもらってます。
    絵本を読む前に 「静かに聞いてね。」というと その本は 静かに聞いてます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    方法ありますよ

    しおりをつける
    blank
    さんきゅー
    年下のお子さんには物語の本はまだ分かりづらいのでしょう。うちの子も「これなーに?」の時期は読むどころじゃありませんでした。ページを先にめくっちゃったりしました。思い出すぅ~。

    でも本に興味があればどんどん読んであげたいですね。
    私の場合はお話を読む前に小さな約束をしたり、「し・ず・か・に、聞きましょう♪」の歌を歌ったりします。

    読むときに、ゆっくりはっきり読むとかなり集中して聞きます。
    図書館で借りた本を読むときは「初めて読む本だから、間違えちゃうかも知れないな…」といったり、「お母さんこの本大好きになりそうだな。」というと、子供のアンテナがピンと立ちました。後は丁寧に読めばよく聞いてくれたのですが。
    参考にしていただければ嬉しいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    子どもとの楽しい時間と思ってください

    しおりをつける
    blank
    こもりうた
     あのー、もっと気楽に絵本を読んで下さい。

     好きなように、楽しめばいいんです。
     極端な話、絵だけ見たっていいし、その絵を見て、勝手に物語を作ってもいいし。

     要は、子供と楽しい時間が持てればいいのよ。学校じゃないんだから。

     お母さんが眠くなったら、寝てしまえばいいし。子どもは一人で絵本を見ていたり、一緒に寝たりします。
     起き出す子もいるけどね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0