詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    父を亡くして以来・・・

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    AYA
    ひと
    昨年に最愛の父を失って以来、自分の物が買えません。還暦のときにたまたま思い浮かんで、二千円のボールペンをプレゼントしただけです。
    長年頑張って努力した父にした最後のケチ臭い贈り物でした。そんな物で父がたいそう喜んでいたことを母に聞き胸が今も痛いです。
    自分は日々お酒や外食や映画や、子供の服や・・月何万円もの無駄遣いをし、親に何かするという行為は思い浮かびませんでした。帰郷する際もしてもらうばかりで自分の家に招待したこともなかったです。(車で2時間の距離)
    お父さん、ごめんね。ごめんね。
    私はもう日々生活に疲れたおばさん化し潤いのある生活をすることに罪悪感があります。
    どなたか同じ気持ちになられたことありますか。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    あります。

    しおりをつける
    blank
    娘。
    私も、父を2年前に亡くしました。
    母はずっと以前になくなっていたため、娘の私が病弱だった父の面倒をずっと看て来ていました。
    しかし、自分のやりたい仕事もろくに出来ず、デートもままならい状況にイライラし、きちんとした世話もしませんでした。
    しかしそんな私も付き合っていた人の子供を身ごもり、結婚する事に。「子供が出来た」と父に伝えてから、1週間後、父は脳卒中で意識が戻ることなく逝ってしまいました。
    私は、やさしい娘ではありませんでした。
    自分の事ばかり優先させて、父の本当に望む事をしてあげられませんでした。ごめんね、親不孝な娘で。
    もっとおいしいご飯作ってあげればよかった。もっと大好きなお酒を一緒に飲んであげれば良かった。
    孫を、抱かせてあげたかった。
    今でも、父を思うと涙が止まりません。
    でもきっと、父は、見ていてくれています。私達の頑張りを。立ち止まったら、背中をそっと押してくれるハズです。トピ主さんのお父さんも、きっと背中を押そうとしてくれてますよ。だから、あんまり悲しみに立ち止まらないで下さいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかります

    しおりをつける
    blank
    花壇
    父が亡くなってから、私に贅沢は不要になりました。

    外食で何千円も払うくらいなら、仏前にお花を添えてやりたい。(実際はそんなに毎日、毎週、花を買ってあげることは出来ませんが)

    流行を追いかけたような洋服も欲しくなくなりました。朝晩規則正しく寝起きし、花と鳥をこの上なく慈しんだ父が悲しまないよう、ベランダに居る時間が増え、2年経った今では、見違えるような花壇になりました。

    着たきり雀だった父。節電節約が身についていた父。NHKばかりを見ていた父。家族の中で、いつも一人だった父。

    父のことを思うと、今でもたまに目頭が熱くなります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同じです。1

    しおりをつける
    blank
    きよしこ
    私も一昨年父親が急逝しました。

    現在の夫のご両親にご挨拶した日の夜中でした。
    正式なご挨拶ではなく、夫の故郷に観光旅行にいったついでだったので、私は親に連絡もせず旅行に行っていました。死に目に会えませんでした。慌てて帰宅した時には冷たく白くなっていて、思い出しただけで今でも申し訳なく思っています。

    私の父親は苦労人で、若い頃は二つの仕事を掛け持ちしながら夜間の大学に通い、自分の父親と妹を食べさせていました。
    父親がその後結婚した後も、決して無駄遣いはせず、家族のためにお土産買ったり、私が中学生の時重い病気になって、いつ死んでもおかしくない、といわれながらその後20年以上頑張って、自分が居なくなった後妻が困らないよう財産を沢山残し、死んでいきました。

    私も父親にたいした贈り物もせず、反抗してばかり。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同じです。2

    しおりをつける
    blank
    きよしこ
    私が成人して、結婚して、離婚して、いろいろ自分を反省するようになって、親が居てくれて心のそばに居てくれることを感謝できるようになった矢先の急逝でした。

    最後は、多少親孝行しなくちゃ!と、父の通院に車を出したり、父が死んでしまったときも、私が旅行先から送った父の大好物を喜んで食べて「明日も食べたいから、残しておこう、とっておいてくれ」と言って2時間後に死んだそうです。ほんと、それくらい。

    それからは、贅沢三昧だった私に父が乗り移ったか?のように、堅実に暮らしを送ろうと努力しています。
    あんなにうるさいなーと思いながら聞いていた小言も、ちゃんと身に付いていたようで、頑張って暮らしています。

    父への詫びはいくらでもありますが、私が元気に幸せに生きていくことが一番の供養、と考えるようにしています。

    トピ主さんも、まだまだお辛い時期だと思います。1年位はすぐ思い出して、泣いていましたので。
    でも、是非、お父様が心配にならないよう、お強く、元気で幸せになるよう頑張ってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご自分を大切に

    しおりをつける
    blank
    玉虫色
    今バリバリ反抗期の息子が、いつかは私たち親のことを
    「ああ、優しくすれば良かった」
    と思ってくれることがあるのかな・・・と感じながら読んでしまいました。

    子供に対して、何かして欲しいなんて思わないものじゃないでしょうか。
    プレゼントを買って欲しいわけじゃないですよ。
    ただ、ふっと親のことを思ってくれたら嬉しいな・・ぐらいです。

    トピ主さんのお父様は、きっとあなたに色々することが幸せだったのですよ。
    2千円のボールペンでも「子供が自分のことを思って買ってくれた」と嬉しかったと思います。

    親なんてそんなものじゃないですか?
    子供にしてやってつくして枯れて行く。
    でもそれを繰り返していくものなのではないでしょうか。
    子供が幸せなら自分も幸せなんですよ。

    ご自分を大切にしてあげないと、それこそお父様は悲しむと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供の役割

    しおりをつける
    blank
    匿名
    私も最近大好きな父をガンで亡くしました。
    (ホスピスにいたので)母と泊り込みで看病していたのですが、父の闘病生活も長くなると私のほうが精神的にかなりまいってしまって、最後の方は父のことを十分にケアできませんでした。
    悔やまれることがたくさんあります。
    でも、いろいろ考え出すと気がおかしくなりそうなので、今はなるべく考えないようにしています。


    トピ主さん、
    完璧な子供なんていないよ。
    それに、親は「親」なんだから、子供に何かして欲しいと思うより子供の幸せが一番の願いだったと思います。
    今そのようにお父様のことを思うトピ主さんの気持ちは、絶対にお父様に伝わってると思います。


    今はお父様に対しての感謝の気持ちだけで十分だと思いますよ。
    ・・・私もそう思いながら生活しています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も

    しおりをつける
    blank
    三月うさぎ
    昨年父を亡くしました。
    私の場合は出来るだけの事をやったので後悔はないんですが、それでも生活が軌道にのったところで、やっとこれで親孝行が出来る、父にも安心してねと言ったばかりだったので、その「これから出来なかった事」について恐ろしい罪悪感に責め立てられています。
    それは子供の成長に関係した事なので、こればかりは先にやってしまうわけにもいかず、仕方がない事なんですが、それでも悔いは残ります。
    私が安心してねって言ったから安心して逝っちゃったのかもしれないって言って、母に叱られました・・・

    今は母に尽くしています。母が喜んでくれることは、父も嬉しがってくれるだろうと思うから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もです(1)

    しおりをつける
    blank
    私もAYA
    こんにちは。AYAさんのお気持ちお察しいたします。
    というのも、私の父はまだ生きていますが、あまり長くはないといわれおり、後悔の日々を送っているからです。
    その上胸から下が麻痺して動かなくなくなってしまった父は、自分でどこかに行くことも、排便すら自分の力ですることもできず、ずっと病院のベッドの上で生活しています。
    そんな父のことが常に頭にあり、私の場合「遊ぶ」ということに罪悪感を感じて暮らしています。
    とはいえ多少なりともまだ時間がありますので、残りの日々をどうしたら喜んでもらえるだろう、と考えることができるのは不幸中の幸いでしょうか。
    AYAさんのお父様は急にお亡くなりになったのですか。辛いですよね。
    でも、後ろを振り返って悶々としているだけでは、あなただけでなくあなたの周りの人たちも不幸ですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もです(2)

    しおりをつける
    blank
    私もAYA
    同じように過去を振り返るのなら、未来のために振り返りませんか?
    同じ後悔をしないためにもまず、お母様を大切になさってください。
    将来お母様が亡くなるとき、今度はご自分が満足して見送れるようにするために。
    そしてだんな様やAYAさんが大事に思っている方々にも同様に大切にしてください。
    決して彼らのためではなく、何よりご自分のために。
    偉そうなことを書きましたが、これらは全て今の私自身に言い聞かせていることなのです。
    しばらくは父のことで頭がいっぱいですが、同じ過ちを繰り返さないためにも、私にできる精一杯の事をして暮らしていきたいと思っています。

    一日も早く立ち直れるといいですね。私もがんばります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いいんですよ

    しおりをつける
    blank
    カメレオン
    落込まなくてもいいと思います。親なんて因果な商売です。殆どの親にとって子供がまっとうな人生を歩んで呉れる事が最大の喜びなんです。
    子供にとって最大の親孝行は親より先に死なない事、トピ主さんは立派にお父さん孝行されたのですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    涙が止まらない・・・

    しおりをつける
    blank
    キャンディ
    私の父は健在ですが、みなさんのお話を読んで溢れる涙を止めることができませんでした。
    私は両親の反対を押し切り結婚し海外生活しています。
    私は小さいころからお父さんっ子でした。 いつでも私の味方になってくれています。
    結婚に関しては最後には父が応援してくれました。
    今現在元気に暮らしている父のことを考えるだけで涙が溢れてきます。
    みなさんのお話を読んで、私も今のうちに親孝行をしなければと心から思いました。
    後悔する前に・・・ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    亡き父の言葉

    しおりをつける
    blank
    スエさん
    私も5年前に父を亡くしました。AYAさんの気持ちよくわかります。父が生前言っていた言葉を贈ります。子どもが大きくなった今、私も同じ思いの親になりつつあります。
    ○親にしてもらったことは、親ではなく自分の子どもに返せばよい。
    ○子どもは可愛いと思わせてくれるだけで親に恩を返している。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お父さん。

    しおりをつける
    blank
    がっちょ
    私の父は、私が結婚して3ヶ月後に癌が発覚し、半年後には亡くなってしまいました。

    私は好き勝手ばかりして、おまけに遠い場所に嫁いでしまい、結婚前まで誕生日や父の日にプレゼントしたこともありませんでした。

    でも子供のころから、私がたまに料理をしたりすると、どんなに失敗作でも「これはこれで美味しいよ~」と言ってくれたり、運動会や発表会などは必ず出席してくれました。

    私の夫のことは「彼は優しいひとだから大丈夫」と母に言っていたらしく、今でも夫とケンカして離婚してやる~という時でも、父が認めたひとだから、天国で心配したらいけないからがんばらなくちゃ、って思います。

    父の癌が進行して、抗癌剤の副作用で幻覚がひどかった時、「子供、子供」と叫んで私を呼び、私にはまだ子供がいないので「どこにいるの?」と聞くと、「そこにいるだろう。放っておいたらダメ!」と言って怒りました。

    「ひ孫は無理だけど孫は見たいなあ・・」と一度だけ言っていたので、その思いが幻覚として現れたのでしょうか。最後まで親不孝な娘でした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    涙が出ます

    しおりをつける
    blank
    AYA
    皆さん、心優しいレスをありがとうございます。
    文字数に限りがあるのと、まだ精神が不安定なのとでお一人お一人にお返事しなくてすみません。

    未だに後悔はあります。でも同じような思いをされた方のお話で救われます。
    私は馬鹿です。おばあちゃんを亡くした時、二度とこういう後悔のないようにと思っていたのに・・あれから十数年経ち、今回もっと大きな悔いが残りました。
    いつまでも親は元気なものだと信じ(まして父はまだ若かった)必ず又復活してくれると思ってました。(癌の後肺炎でした)

    自分や自分の子のことばかりだった私。お正月やお盆に帰郷した時、元気だった父の嬉しそうな顔が浮かびます。そのときは、なんとも感じなかったくせに・・。
    父は私のような勝手でだらしない娘を許してくれるかな・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る