詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母親が幽体離脱したらしいです。

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    はな
    話題
    前日母親から神妙な声で電話があり、意識はあるのに自分が浮いた。すごく楽だった。

    ちょっと浮いたのでもっと浮こうとしたら右斜め前から四本足の動物がお腹に登ってきて、目が覚めた。因みに動物は生前飼っていたネコの重さと同じだったと不思議そうに話していました。


    パートにいくまえにウトウトしてたらなったけど他の人に話しても信じてもらえないから私に話したそうです。不思議体験て身近にあるものですね!

    トピ内ID:4682976612

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    猫の供養してますか

    しおりをつける
    🐴
    卑弥呼
    幽体離脱して戻れなくなったら大変!・・なので、あの世の猫ががんばって押し返してくれたのだと思います。

    ねこの供養してますか?お線香一本でもあげましょう。
    おかあさまがご無事で良かったですね。

    トピ内ID:3946168294

    閉じる× 閉じる×

    それを夢といいます

    しおりをつける
    blank
    をい
    「ウトウトして」て幽体離脱し、「目が覚めた」んですよね。不思議でもなんでもありません。

    トピ内ID:6193180082

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    はな
    卑弥呼さん、ありがとうございます。

    ネコは家の事情でやむ無く私の友人の家に渡したのですが、去年亡くなったと知らせが来ました。

    供養らしい供養はしていないと思いますので話してみたいと思います。

    トピ内ID:4682976612

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    これも幽体離脱なのかな

    しおりをつける
    blank
    ぴゃー
    猫のことは不思議ですね。その辺りにまだいるとか、守ってくれてるのだったらいいですね。

    私もたまに、寝ているときに空中にふわりと浮きあがって、横にクルクル回転して「いや~、目が回る~」と思っていることがあります。イタリアがなんとなく好きだから、ピザ職人さんの霊でも近くにいるのかしら…。

    トピ内ID:6440369143

    閉じる× 閉じる×

    私は信じる派。

    しおりをつける
    blank
    紙風船
    科学で説明できないからってこういう話を全否定する人もいるし、そういう人の言い分ももちろん理解出来るけど、
    私は信じる派ですよ。だって怖い話しもあるけど、ちょっと不思議な体験談は聞いていて楽しいから。

    私も父から幽体離脱体験を聞いたことがあります。父が結婚する前の、ずーっと以前の若い頃の話しだそうです。(昭和15年頃の話しです)

    とにかく何かのきっかけで膝を強打し、失神して座敷に運ばれて寝かされていたそうです。
    気付いたら自分は家の屋根にいて、近所に住んでいた叔母さんが大慌てで家に入っていくのが見えて
    「あ、○○叔母さんだ」と思って見ていたそうです。

    それから、その叔母さんがものすごい大声で自分の名前を呼び続けるのが聞こえて、「うるさいなぁ~」と思ったら、目が覚めて布団の中にいたそうです。

    この話し、私がまだ子供の頃から何十回も聞かされています。

    私の父が叔母さんに助けて貰ったように、トピ主さんのお母様は猫ちゃんに助けて貰ったんですね。
    そのままフワフワ上の方に行ってしまったら、ちょっと怖かったですね。猫ちゃんに本当に感謝ですね。

    トピ内ID:2735493731

    閉じる× 閉じる×

    信じます!

    しおりをつける
    blank
    れいこ
    とても良い話ですね、泣けました。
    亡き愛猫が助けてくれたのですね。
    まずは、とりあえず自宅からでもいいので亡き猫のために合掌してあげてください。
    きっと思いが伝わると思います。

    私も過去に幽体離脱体験しました。
    就寝後、目が覚めたら体がゆっくりと浮き始め、気づいたら庭に出ていました。
    この時、洗濯物(タオル)が外に干してあるのが視界に入りました。
    次の瞬間、気づいたらもうベッドの中に戻っていましたが気になったのですぐに庭を覗いたらタオルが干しっぱなしでした。
    どうやら、タオルだけ取り込むの忘れてしまったようです。

    トピ内ID:1782118966

    閉じる× 閉じる×

    え? ギャグじゃないの?

    しおりをつける
    blank
    よくできた笑い話だなあ、とひとしきり大笑いしたんですが。
    ・・・え? 真面目なトピなの?

    「それ夢でしょ!」ちゃんちゃん、というオチ以外ありえないんですけど。

    トピ内ID:9810068653

    閉じる× 閉じる×

    よくある

    しおりをつける
    blank
    ss
    寝ているときに
    >意識はあるのに自分が浮いた。すごく楽だった。
    これを、幽体離脱というのならみなさん普通に幽体離脱するものです。珍しくありません、単に覚えているかどうかです。
    レム睡眠だったかな。

    私はスーと落ちていく時のほうが多かったです。

    トピ内ID:8173623312

    閉じる× 閉じる×

    私も体験ありますよ

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    高校生の頃、ベッドで寝ていて、気がついたら天井を背にして浮いている自分が、寝ている自分を見ていました。隣の部屋にも末の妹が寝ていましたが、なぜかもう一人の妹に知らせなきゃ!って思い、部屋を出ようとすると天井付近で自分がくるくる回ってしまって、今度は、戻れなくなったらまずい!と思ったら目が覚めました。
    この体験は、完全に幽体離脱だと思います。「浮いていて、くるくる回る、自分を見ている」

    他にも、こたつで転寝、こたつの上には麦茶の入ったコップ。喉が渇いてコップに手を伸ばし体を起こそうとしますが、ものすごく体が重い。周りのモノにつかまってようやくコップを手にし、飲み干し、また寝ますが…目が覚めると喉は乾いたままで麦茶も減っていません。
    これは、金縛りの一種だと聞きました。「ものすごく体が重い」

    トピ内ID:4771605385

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    はな
    皆さまありがとうございます。あれから母に聞いてみたところ、お盆に亡くなった祖母、祖父とネコの写真と線香をあげてネコに帰っておいでと語りかけていたそうです。

    お盆時期だから来てくれてたのかなと母が感激していました。本当に起こったかの真偽のほどはわかりませんし人それぞれ思うところもあると思いますが、母がいつもより沢山笑っているのをみて私も幸せな気持ちになりました。幽体離脱経験をお持ちの方も沢山いらっしゃって驚いております。皆さまの経験を沢山聞いてみたいです。

    トピ内ID:4682976612

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    「ウトウトしてた」「目が覚めた」って言ってるでしょ・・・

    しおりをつける
    blank
    夢を信じます
    これを科学で説明できない現象だと思い込める人の存在が不思議です。

    トピ内ID:8464260774

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0