詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • 【結婚】年収か貯蓄、どちらを重視しますか?
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    【結婚】年収か貯蓄、どちらを重視しますか?

    お気に入り追加
    レス48
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    小町ファン
    恋愛
    いつも皆さんのトピを読んで、色々な視点があることに勉強になっています。
    皆さんの意見をお伺いしたいことがあるので、はじめてトピします。

    結婚する場合「年収は高いが貯金が少ない人」と「貯金は多いが年収が低い人」どちらがよく、その理由をお聞かせいただけますでしょうか。
    ※もちろん両方高い人、両方低い人もいるかとおもいますが、2択でお願いします。

    前提として、愛情や外見など、年収と貯蓄以外の要素は判断材料としない場合です。
    ただ、年齢は関係すると思うので【33歳】だった場合。

    具体的な例としては…(数字は例なので、人によって高い低いなど異なると思うので、あなたの価値観で考えてください。)

    1年収は高いが貯金が少ない人
    年収:1000万円
    貯金:100万円

    2貯金は多いが年収が低い人
    年収:400万円
    貯金:1500万円

    わたしの意見は…
    1の人は年収をもらっているのに貯蓄が低いため計画性がないように感じますが、2と同じ貯金額を貯金するのに時間がかからなそうです。
    2の人は年収以上の貯蓄をしており、しっかりしてると思いますが、結婚したら独身時代と同じ額だけ貯金するのは難しく貯金が増えなそうです。

    ちなみに私は1の一般的に年収は良い方だが、貯金がない計画性ゼロ子です。
    男性が女性を選ぶなら2でしょうね。

    皆さんは、どちらが良いでしょうか?

    トピ内ID:3220501223

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数48

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  48
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    しおりをつける
    🐴
    うまどし
    1は明らかに浪費家なのでパス。いくら収入があっても全部使ってしまうでしょう。浪費癖はなかなか直りません。
    2は倹約しすぎですが、収入が増えれば貯金と消費のバランスを取れるでしょうから。

    トピ内ID:2100014084

    閉じる× 閉じる×

    貯蓄が多い方を選びます

    しおりをつける
    blank
    きら
    迷わず貯蓄です。

    収入が多い人は貯蓄するのに時間がかからない。
    まともな経済観念ならそうです。
    問題は、収入が多いのに貯蓄できない人はたいてい欲に弱い、自己管理できない、将来の計画より目先の快楽なのです。

    年収1千万円でも4百万円でも、なんらかの理由で職を失うリスクは同じです。
    高収入な人が万が一再就職の難しいタイミング(例えば高齢など)で失職したら、これから貯蓄することが不可能になります。
    低収入な人が万が一再就職の難しいタイミングで失職したら、貯金はあります。

    低収入な上に貯金しているということはそれなりに質素な生活に慣れているということです。
    例えばリストラされても、アルバイトで夫2百万円妻2百万円稼げれば家計収入は4百万円。夫2百万円妻百万円で3百万円でもやり繰りはできそう。

    年収1千万円で貯金できない人は、収入が減ったとき対処できるでしょうか?
    金使いの荒い生活が身についている人が生活レベル落とせる?
    私は貯金できないなら(入ってきたお金を右から左へ流すことしかできない。コントロールできないなら)高収入なんて何の意味も無いと思っています。

    トピ内ID:3473592392

    閉じる× 閉じる×

    追加です

    しおりをつける
    blank
    きら
    >結婚したら独身時代と同じ額だけ貯金するのは難しく貯金が増えなそうです。

    これは違うと思います。
    きちんと収支管理できる人なら結婚したら貯蓄できる金額は増えます。

    実際に我が家は年収夫3百万、妻250万ですが、妻独身時代は年間貯蓄額50万円程度でした。(夫は0、どちらも1人暮らし)
    結婚した今は年間貯蓄額250万円です。

    1人暮らしが2人暮らしになっても生活費は2倍にはなりませんし、夫の収入で生活して妻の収入を貯蓄ということができます。

    トピ内ID:3473592392

    閉じる× 閉じる×

    人生が見えないから選択不可

    しおりをつける
    🐧
    芳雄
    トピ主さんの1か2の選択では、その人の人生がまったく見えない。
    しいていえば視野の狭い固定観念上の人生観でのお決まりの人生コースでの選択って感じかな。

    例えば
    1の人なら20代の頃は、
    俳優やミュージシャンを目指していたのかもしれない。
    頑張っていい車や不動産を購入したのかもしれない。
    いろいろ旅に出て見聞を高めてたのかもしれない。

    2の人ならFXや株などの資産運用で利益があったのかもしれない。
    相続でいくらかの臨時収入があったのかもしれない。

    1がいいか、2がいいかの選択だとその人の人生や個性がまったく蔑ろになってしまうのです。
    そこは要注意ですよ。

    >男性が女性を選ぶなら2でしょうね。

    結婚するにも付き合うにもそんなことはどうでもいい。
    その人自身をまず見ます。

    トピ内ID:1105098429

    閉じる× 閉じる×

    生活スタイルの似たほう

    しおりをつける
    🛳
    ひろ
    収入があるのにそれに見合った貯蓄が無い人は、お金のかかる趣味を
    持っていたり、派手な外食、身の回りを高級品で固めるのが好きなどの
    場合が多いです。

    いくら計算上で「この収入なら切り詰めれば一年で○○円溜まるはず!」
    と思えても、こういう人達はその「切り詰めれば」が出来ない、または
    美意識として許せない人達である事が多く、結婚したからそれが突然
    出来るわけではないです。結婚相手が無理に違うライフスタイルを強要
    すると、結婚生活そのものが危機に陥る可能性もあります。

    なので貯蓄がある人の方が経済的には安心ですね。ただそういう人は結婚相手が
    派手な消費をする事を快く思わないでしょうから、相手も同じような倹約家で
    ないと辛いと思います。

    あと現金の貯蓄額は少なくても不動産や金融商品などで資産を築いている
    場合もありますので、それも考慮したほうがよいです。

    どちらにせよ、現在の一時的な資産の額よりも、生活スタイルや金銭感覚、
    消費行動に着目して互いに無理なく生活できる相手と結婚するのが
    末長く平和な家庭を築くための要件だと思いますよ。

    トピ内ID:9348638071

    閉じる× 閉じる×

    思うに、

    しおりをつける
    blank
    浮生
    大切なことは、自分が手にしたおカネの活かし方です。先人の智慧によれば、幸せなおカネの活かし方というものを教えています。下記4区分が、自分のライフスタイルの中でバランスよく行われていくと、豊かな人生を送ることが出来るというものです。

    【貯蓄】当分の備え
    【消費】自分の為
    【寄付】人の為
    【投資】将来の備え

    年収は高いが現時点で貯金が少ない人は、貯金以外に貯蓄や寄付・投資をしていれば、おカネを幸せに活用しているように思います。しかし、消費に大半を費やしているようであれば、そこから欲望を満たしていく生き方が想定でき、本当の幸せとは無縁であるように思います。

    また、年収が低いが貯金が多い人は、貯蓄に集中しています。恐らく目的が見つかっていなかったのでしょう。これから4区分がバランスよくなっていくと、人生が輝いていくことと思います。

    つまり、前者はこれまでのおカネの使い方によるだろうし、後者はこれからのおカネの使い方によるのでしょう。私ならば後者の人と共に人生を歩んでいくでしょう。年収は変わらなくても10年後に、貯蓄が10倍に増える可能性があるからです。ちなみに、私の人生がそうなのです。

    トピ内ID:5348794423

    閉じる× 閉じる×

    浪費癖は直りにくいからね~

    しおりをつける
    🐱
    カイエン
    ではあなたがこれから使うのを我慢したら、1500万貯めるのに何年かかると思います?
    すぐ貯められるとか言ってるけど、まあ10年じゃ無理だろうね。

    私なら収入と貯蓄額というより、どれだけやり繰り上手かで考えますね。1000万ももらってて、貯金が全然ないなんてありえないですよ。

    トピ内ID:2350089438

    閉じる× 閉じる×

    男女とも1かな

    しおりをつける
    blank
    たま
    私は2はないです。
    不労所得や遺産などの外部からのお金がなくその貯蓄をしてきたなら相当ケチで趣味がないでしょうし、結婚しても同じような生活を強いられそうです。
    1は妻が締めてあげれば良いしまだ収入をアップ出来る余地がありそうです。
    ただ、貯蓄が少ない理由が酒、ギャンブル、車ならNG。

    ちなみに男性も1の女性を選ぶ可能性は高いと思いますよ。
    お酒や占いにお金を注ぎ込んで浪費している女性は論外ですが、都心に一人暮らしで身なりや趣味、自分への投資をしている魅力的な女性は、同じく一人暮らしで仕事も生活も地味で冴えないお金だけはたまった女性よりはいい条件の男性との出会いが多く、選ばれる可能性も自然と高いと思います。

    トピ内ID:4317764130

    閉じる× 閉じる×

    なにもわかってないな

    しおりをつける
    blank
    はぁ?
    トピ主にとって、1も2も結婚対象になるのかもしれませんが、
    人様の金の話を最初にあげるような女性は生憎男性は必要としません。

    男性に嫌われるか、遊び相手にされるかで終わりです。

    たしかに一生のものだから気になるのはわかりすが、
    相手の財布の中身気にする前に、自分自身の財布の中身を気にしてください。

    質問の答えですが、1の人は金の管理をされたら怒ります。
    うざがります。
    2の人は経済観念がしっかりしている分、上記に、あげたとおりトピ主のような女性に拒否反応を示します。

    人柄の話もなく、自分の状況の話もなく、
    良好な人間関係の構築もせず、こんな話題の結論だしたところで無意味です。

    人間関係や結婚はこんな単純でもないし、
    女性ばかりが男性を選べる立場にあるわけではありません。

    いったいなにを勉強しているのやら…

    トピ内ID:9735922417

    閉じる× 閉じる×

    2ですね、人柄が見えます

    しおりをつける
    blank
    通りすがり(女性)
    人として堅実と思います。

    確かに結婚後は貯蓄ペースは落ちるでしょうが
    必要なのはお金では無く、信頼して人生を共に生きる人。

    トピ内ID:9445812039

    閉じる× 閉じる×

    2

    しおりをつける
    blank
    あっきー
    夫婦ともに2のタイプ同士です。
    私は当時30歳でしたが、2の状況と年収も貯蓄額もほぼ同じ状況、夫は当時31歳で年収は2とほぼ同じ、貯蓄額は2の例より数百万円少ないものの、数年前から一人暮らしをしていた割にはきちんと貯めていました。

    金銭についての価値観において、夫婦で大きなズレがあるとそれが軋轢を生みやすいので、自分が1タイプか2タイプかで、相手に望むタイプも違ってくると思います。

    ただ、この2つのタイプの事例は、正直言って出現率に大きな差がある気がしますね。33歳という年齢で年収1000万円に到達している人はかなりの少数派ですが、33歳年収400万なら、1500万以上貯めている人はそこそこの割合で居ると思います。実家暮らしで数万家に入れている程度なら、ケチケチしなくても余裕でクリアできる水準ですからね。

    トピ内ID:6564630150

    閉じる× 閉じる×

    基本1です

    しおりをつける
    🐶
    もこ
    正し、妻が給料をほとんど管理できる場合です。

    夫が金遣い荒くても妻が貯金できるタイプなら貯金でします。

    うちの夫はこのパターンで、自分のお小遣以外のお金は私に渡してきます。

    貯金の増えるスピードを見て、最近「お小遣ももこに管理して貰おうかな・・・」とか言い出してます。

    自分でお小遣帳をつけるように言ってますが。

    うちは家計の管理は私ですが、家計簿、貯金はいつでも夫も見れるようにオープンに管理してます。

    金遣いの荒い夫が家計を管理する場合は、老後を考えたら2の方がいいと思います。

    トピ内ID:0362238855

    閉じる× 閉じる×

    個人的には考えるまでもない

    しおりをつける
    blank
    41歳男
    2です。

    >2と同じ貯金額を貯金するのに時間がかからなそう

    これが実践出来ないから1のままだと思います。

    1の人で年収を全て家計に預けてくれるひとは
    少ないのではないかと思います。

    よって家計費以外の浪費は続くと想像します。

    トピ内ID:0796203414

    閉じる× 閉じる×

    1がいいです

    しおりをつける
    blank
    あこ
    40代専業主婦です。

    年収1千万円の生活と400万円の生活だったら
    間違いなく一千万円の生活を選びます。

    1の人は貯金に励もうと思えば貯金は出来ます。
    2の人は節約生活をしなければ貯金は出来ません。

    33歳の独身男性で貯金が少なくても、
    給料をすべてギャンブルにつぎ込むとかでなければ、私はあまり心配はしません。
    一人暮らしして、ご飯は殆ど外食で、車を持って、程々にお洒落して
    季節ごとに海だ山だ海外だと遊びに行ってたら、貯金は少なくて当然です。

    結婚を考えだして、あわてて貯金をはじめる人も多いのでは。

    トピ内ID:5968556519

    閉じる× 閉じる×

    断然年収の高い方

    しおりをつける
    🐤
    hanako
    大学を卒業して10年越。
    年収400万の人が1500万貯めるには
    毎年150万円ずつ貯金しなければいけない。
    残りは250万円。
    家賃やら引いたら、なんかカツカツの生活ですよね。

    一方、1000万収入のある人なら
    1500万円なんて、無理も苦もなく2~3年で貯蓄できちゃうかも。
    こちらも努力は必要だし、既婚子持ちを想定すると
    1000万は決して高収入でもないですが
    少なくとも、既に定収入の方が持っておられる
    1500万円にたどり着くのはそう難しいことじゃないと思います。

    私がこの世で一番嫌いなのはケチな人。
    400万しか収入がないのに1500万貯蓄ってケチのにおい満載ですよね。

    ただ、これが
    年収1000万、借金100万とか
    年収400万、だけど実家の援助年500万とかそんなだったら話は変わります。
    あと、愛情もね。

    トピ内ID:2617442533

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      難しいけど2かな?

      しおりをつける
      🐤
      とりめ
      基本的な考え方はトピ主さんの意見と同じですが
      1のお金の使い道が自転車・オーディオ等の趣味に「独身だから」とお金を使っている
      だったら迷わず1を選びます。結婚して趣味を我慢してもらえばお金は貯まるでしょうから。
      ギャンブルとか見栄(おごり)とかだったら無理。ほぼ給料を使い切るような10年間で培われた
      金遣いは変えられないでしょう。

      2の場合は低い給料の中、年に100万円くらいづつ貯めて今まで来た。って感じでしょうか。
      30代だと能力や頑張り次第で給料が増えていく時期なので、仕事が出来るか次第。
      派遣を点々として実家暮らしでその年収・その貯金は向上心低そう+甘えてそうで無理ですが
      手元に1500万ある訳だし共働きならこちらかな。

      ウチの主人は2のタイプに近かったです。
      知り合ったのが32の頃で年収が450万位。貯金は1/3位でしたが都内一人暮らしなのでいいか。と。
      私もそれ位だったので、そんなもんかな。と思って結婚しました。
      その後5年で年収が主人出世で2.5倍、私転職で1.5倍になりました。
      金銭感覚は前と変わらずに夫婦揃ってお金を使わないので貯金がビックリする位貯まっていきます。

      トピ内ID:8835456873

      閉じる× 閉じる×

      貯蓄でしょう

      しおりをつける
      blank
      aaa32
      年収1千万もあって、100万しか蓄財できないってことは、浪費癖or巨額の借金がある=金の管理ができない=自己管理ができない=容易に生活が破たんする可能性が高い。

      逆に貯蓄が多いってことは、きっちり管理できるということです。

      年収が高額であればあるほど、その年収を維持するのは困難です。
      あと、失職するリスクも、一般人より遥かに高い。
      そうなった時、貯蓄100万じゃ一月も持たないでしょう。
      支払、ローンなどあれば首を吊るしかありません。

      逆に1500万も貯蓄があれば、少なくとも3年間は同等の生活レベルを維持できる。節約をすれば4、5年間は食い扶持に困りません。

      以下、完全に個人的な意見です。
      人生はギャンブルじゃありません。継続性こそ最重視すべきであって、不足の時代に備えた準備をしておくべきと考えます。

      私は迷わず2を選びます。

      トピ内ID:9609444697

      閉じる× 閉じる×

      難しいですね。

      しおりをつける
      blank
      小町っこ
      20代後半の女です。

      それだけの判断材料で決めるならば絶対的に1が良いと思います。
      1は年収が高い分、やる気次第ですぐ貯まります。

      ただ貯金の有無は必ずしも堅実かどうかに繋がらないと思いますよ。
      「貯蓄がないのは親兄弟を養っているから」かもしれません。
      「貯蓄があるのは親兄弟に養われているから」かもしれません。

      愛情を抜かして貯蓄・年収だけで考えるならば、裏のカラクリが
      重要になってくると思います。

      2は年収400万円なので、何も考慮しなければ約33万円が月収です。
      各種社会保険料・税金などで仮に5万円持っていかれたら28万円が
      手取りです。約10年間で1,500万円ということは月13万円弱の貯蓄
      実績となりますので…残りの15万円は何かしらに支出されています。

      この15万円で生活費(親に依存し切って生活費をほとんど出して
      いないならば論外)やそこそこに人付き合いを維持出来ている人
      ならば2は生計を共に出来る人です(結婚向き)。

      理由のないケチは、理由のない浪費家と同じぐらい結婚相手に
      したいと思えません!

      トピ内ID:3520250487

      閉じる× 閉じる×

      ん~

      しおりをつける
      blank
      さや
      結婚1年目30代後半、子供なしの女性です。
      うちの主人は、1タイプです。 年収がいいわりに貯蓄が少ないです。私より貯蓄が少ないです。
      このご時世、何あるかわかりませんし、今後や老後の事まで考えるとしっかり貯蓄に回してほしいのですが…。
      お金の話になるとどうしても喧嘩になるしで現在はまだ具体的に今後の貯蓄についてなど話し合いができていませんが、そろそろしっかり貯蓄していってほしいと思ってます。

      2のタイプは、堅実派で計画性があるタイプといった印象です。

      結婚したイマ、思うのは2のタイプの男性の方が私の考え方よりかなって思います。 が、実際。 どちらであっても隣の芝生は青く見え、ないものねだり的なところって誰しもあるようにも思うし…。難しいですね。

      それぞれの夫婦の形があるかと思うので、どちらのタイプであっても二人にとってベストだといえるようにしたいものですね。
      私にとっても、興味深いトピです。

      トピ内ID:8199974676

      閉じる× 閉じる×

      私なら2かな・・・

      しおりをつける
      blank
      へれにく
      1は、計画性がないにしても割り切った刹那主義にしても、その年収を確保できなくなった時に人生破綻すると思います。
      収入が減らなくても、トピ主さんは「その気になれば貯めるのも簡単なのでは」と仰いますが、その気になるかどうかが怪しいですし、その気になっても切り詰め方を知らなかったりしませんか。
      危険が大きすぎる気がします。
      あと、私自身がそんな大金をバンバン使う人についていけなさそう(苦笑)。
      使いどころにもよりますが。
      ほぼ趣味などに費やしていて生活は質素というなら大丈夫ですが、日用品や食品など生活の全てを豪華にするのは感覚が違うなと思います。
      良し悪しではなく、私がその感覚を持っていないのでいちいち考えてしまって疲れそうだなーと。

      2は、普通にしている限りそれ以上収入が減るとは考えにくいことがまず一点。
      その上、収入の割に貯金ができているということは、工夫がうまくいっているということと意志が強いことの証拠。
      何より、日々のお金の使い方に私とそれほど齟齬がなさそう。
      私の稼いだ分についてまで口を出さないのであれば、1よりは断然、気楽に暮らせると思います。

      トピ内ID:0871540106

      閉じる× 閉じる×

      貯金は相手の物

      しおりをつける
      blank
      わっふー
      結婚しても、結婚前の貯金は相手のものだよ。
      夫婦の共有財産になるのは、結婚後に得た収入だけだよ。

      トピ内ID:2074654408

      閉じる× 閉じる×

      いずれも関係なし

      しおりをつける
      💰
      めんたい雄
      お金と結婚されたい方でしょうか。女性からこのようなことを言われたり、思っているようなことが耳に入ったら、はぁ?さんではありませんが、私も遠慮したいな。

      1は年収1000万円でも、サラリーとして得ているお金ならともかく、あぶく銭の可能性だってあるわけですよね? ということは損もそれなりにしている事になるのですから、決して好条件とは言えません。おまけに浪費癖の可能性もある。

      2も30歳にしては堅実な年収だし、貯蓄をするだけの能力があるわけですから、まぁよさそうにみえます。しかし派遣や嘱託といった就業形態でないとは言い切れません。

      つまり、金額というのはあくまで目安にしかならないため、いずれも不可と言うことです。年収1千万が、例えば医業を営んでいるならそれは多忙と引換えですし、年収四百万でも、明日つぶれる会社かも知れません。

      このように金額は、参考程度にしかなりません。いずれも十分とも、不十分といえます。

      1つトピ主さんにお尋ねします。ご自身の年収と貯蓄額をご開示ください。

      男性にとっては具体的なお話しはそれからだと思いますよ。
      相手の情報開示だけが前提では不均衡、不平等です。

      トピ内ID:8499091318

      閉じる× 閉じる×

      2と一緒に暮らすのは絶対につらい

      しおりをつける
      シャイニングシャイン
      収入が少ないのに貯金があるってことは普段金を極力使わない、いわゆるケチだってことです。
      人間金が全てではありませんが、金を使って経験できる世界というのはあると思う。
      2の人と一緒にいると金を使って経験できること、ちょっと素敵なレストランや旅行、車、コンサートとかのイベント・・・を全部がまんして生きることになります。
      そうして金を貯めてどうなるのでしょうか。
      人はいずれ死にます。墓場まで金を持って行けるわけではないし、病気したり年を取ったりして金を持っていてもそれを使って楽しむことができる状態ではないかも知れない。
      2の人は漠然とした「金を持っている安心感」のために日常を犠牲にして年を取り死んでいく人生です。
      中途半端に貯金があるので収入自体を増やす必要性はあまり感じていないかも知れません。貯金があるのと向上心があるのとは別です。
      私が女性なら一緒に暮らすのはごめんです。

      トピ内ID:7576592374

      閉じる× 閉じる×

      どちらでも

      しおりをつける
      blank
      いかのおすし
      ただしどちらにも条件がつきます。

      1の方→お金の管理は全部こちらに任せてくれ、貯金の為の生活レベルダウンも
      受け入れて協力してくれる。

      2の方→基本ケチではなく、出す所はきちんと出せる人。常識的な金銭感覚有り。

      若い頃なら即答で1!でしたが身内にこのタイプがおり、70歳過ぎて蓋を開けたら
      貯蓄なし家なしで大変な事になっているのを目の当たりにしたので。
      (夫が家計管理して妻に多めの生活費を渡すやり方で、互いに互いが貯蓄している
      だろうと思っていたそうです)
      そして友人の夫が2のタイプで、ギリギリの生活費のみしか渡してもらえない友人は
      無意識に集りやになり、泣く泣く疎遠にしたので。

      理想は年収が1と2の間程度で、両方の条件を兼ね備えた人かな~

      トピ内ID:3230430124

      閉じる× 閉じる×

      1でした。。。

      しおりをつける
      🐱
      みゃお
      実家暮らしのくせに貯金がまったくない人でした。
      好きだったから、何にも考えず結婚しちゃいました。

      「浪費癖」がなおらなかったら大変なことになってましたね~。
      結婚を決めてからは貯金してくれて、結婚資金はなんとか折半でした。
      結婚後も、倹約してくれてますから、貯蓄もできてます。
      一度ポーンと車を買ったときにはびっくりしましたが、お気に入りの車らしく、大事に長く乗ってます。
      そろそろ普通買い換えるんじゃないかと思うんですが、そういうものではないようです。

      金銭感覚が私と違うなぁと感じることもありますが、そういう時は一緒に贅沢しちゃってます。楽しいですよ。

      トピ内ID:6122508910

      閉じる× 閉じる×

      恋愛・結婚ランキング

        その他も見る その他も見る

        1は変われるが2は変われないよ

        しおりをつける
        blank
        1です。
        夫がそうでした。結婚するときの夫の年収は私の1.5倍。
        でも貯蓄は、私の5分の1。

        正直、「へえ?貯蓄たったのそれだけ?」と驚きました。
        飲み代、旅行やブランドモノなどに消えていたようです。

        でも、結婚してから変わりました。
        それまで実家暮らし、ありあまるお給料を好き放題使っていましたが、
        住宅ローンや日々の生活に結構お金がかかるとわかったようで、
        無駄使いしなくなり、ご飯も家で食べます。貯金がたまりだすと楽しいようで
        「今までこんなに貯まったことは無い!」と喜んでいます。

        もちろん、貯金ばかりではつまらないので、たまには旅行や外食もしていますよ。

        トピ内ID:6432184518

        閉じる× 閉じる×

        実例を知っています

        しおりをつける
        blank
        もやもや
        1に近い人と、お付き合いしたことがあります。
        年齢の割に貯金が少ない人でした。
        40代で、31歳より10歳以上年齢が高かったですが、貯金300~400万ぐらい。
        トピ主さんの例より酷いかもしれません。

        年収が上がって1000万になると分かった時点で、
        車だ何だと、貯金でなく消費のことを空想しだしました。
        それで、結婚を目の前にしてお金もかかるのに、
        マンションの頭金も貯めなきゃと言ってるのに、
        長期休暇となればすかさず海外旅行に行き、年2回海外に行っていました。
        そのことに触れると機嫌が悪くなりました。

        結婚・住宅購入で、これから大金がいるというのに、
        でも貯めない人の実例を知っています。
        これから貯めるようにすれば1という意見もあるようですが、
        「あればあれだけ使う人」は変らないです。
        意識改革は無理。

        それに、このご時勢、ずっと年収1000万のままだと思って、
        そのうち貯まるだろうと思ってるのは非常にリスクがあります。
        年齢にもよりますが、
        年収400万だったら、これから年収が上がる可能性の方が高そう。
        年収1000万は下がるか、外資系であれば企業からのリストラで0にも。

        トピ内ID:9908536282

        閉じる× 閉じる×

        どちらもいや

        しおりをつける
        💰
        二択とのことですが、どちらも結婚対象としては、少し考えてしまいますね。
        計画性がない意味では、いずれも似たり寄ったりの気が。
        33歳なら、自己研鑽も将来性には必要ですし、家と会社の往復で金が貯まるのは、激務明らかで使う暇がないならともかく、そうでないなら、貯蓄が趣味そうです。

        浪費家は、昨年まで失業していたとか、病気やマンションの頭金払った直後かどうかですね。
        そうでなく、歓楽や飲食で消えているなら、やはり将来性ない。

        お金は持っていても意味がないが、使い道に賢さがなくとも宜しくない。
        貯金より、物品資産の様子で決めますよ。わたしは。

        トピ内ID:1924538907

        閉じる× 閉じる×

        どちらも重視するが、その額の根拠が知りたい

        しおりをつける
        blank
        マミー
        年収、貯蓄どちらも重要視します。というか、その額である根拠が一番重要かな。

        1の33歳年収1000万は年齢の割には稼いでるほうですが、1000万になって何年目なのか、その額をこの先もずっと維持出来るのかが気になります。
        浪費して貯蓄100万なら、結婚向きではないかも?と不安になりますが、それまでの貯金はたいて自分で事業を起こし、最初は自腹を切っていたが、やっと軌道に乗り始めたという理由で貯金100万ならマイナスイメージは持ちません。

        2の彼は20代からそこそこの年収があってコツコツ貯めてきた堅実な人なのだろうと思われます。実家暮らしなら10年勤めてこのくらい貯まってても不思議じゃないでしょう。

        どちらも将来性が気になります。自営なのか会社員なのかによっても、年収額の持つ意味って大きく変わってきます。
        1だって、瞬間風速的に1000万だったなら、何の意味もないわけで、、、

        トピ内ID:2210631128

        閉じる× 閉じる×

        1を選びます。

        しおりをつける
        blank
        リーズ
        金回りのいい人には人も金も集まってくるのですが、ケチな男性には近寄りたくありません。1円単位まで細かい男性はイヤです。

        1が、散財に見切りをつけ、質素な生活も楽しいジャンと思ってくれればバッチリですね。

        トピ内ID:6345226901

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  48
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0