詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    どうして医師は不足しているのですか?

    お気に入り追加
    レス59
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    豆大福
    話題
    医師不足や確保出来なさから経営が難しくなったりつぶれたりする病院のニュースなどよく耳にしますが、

    そもそも、どうして医師は不足しているのですか?
    激務で、辞める方が多いからですか?

    同じ難関国家資格でも弁護士は資格をとっても仕事難の時代だといわれています。

    又、歯科医院などは飽和状態で街に乱立、過当競争ですよね。

    なぜ、医師が不足しているのが教えてください。

    トピ内ID:0066496959

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数59

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  59
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    科によって違うと聞いたことが・・。

    しおりをつける
    🙂
    かゆ
    人気のある科と、
    人気のない科と、
    あるんじゃないですかね、
    よくわからないけど・・。

    また、過疎地は明らかに医師不足でしょう。
    でも、都会は、一軒置きに歯医者さんとか、
    ○○クリニックとかあったりするし、

    私も本当に不思議です。

    トピ内ID:2536981545

    ...本文を表示

    子供の進学の時にわかりました

    しおりをつける
    blank
    東北の母
    医師になるには大金(国立の狭き門をくぐれればそうでもない)と頭脳の両方が必要

    歯科医師も両方必要ですが医師ほどではなく、偏差値も高くない大学もあるので入りやすい

    弁護士は費用があまりかからない

    トピ内ID:0557895252

    ...本文を表示

    研修先が自由にえらべるようになったのも一因

    しおりをつける
    🐧
    ペンギンプリン
     選べるなら、便利なところに集中します。不便なところからはいなくなる。小児科や産婦人科は激務で辞めるひとが多い。特に産婦人科は医療事故のリスクも高い。辞める人が多い科は残ったひとが激務になり、また辞める。それでしまいには医師の確保が難しくなり、その科を閉める。で、まだある病院に患者が集中して激務...と悪循環です。

    トピ内ID:3009983379

    ...本文を表示

    少し考えただけでも色々出てくる

    しおりをつける
    blank
    ザンパノ
    ・高齢化で患者の絶対数が増えた。
    ・医師免許を取得するまでに莫大なお金がかかるため、世襲でなければ新しい医師が生まれにくい。
    ・医療側のリスクが高くなった。昔に比べて医療事故に大して責任追求を求められ易くなった。

    トピ内ID:3237621634

    ...本文を表示

    偏り過ぎ

    しおりをつける
    blank
    レヒニッツ
    日本では、医師国家試験に合格後、自分が進む医療分野を自由に選択できます(分野ごとに割合が決まっている国もあります)。また、不可抗力も医療過誤もひっくるめ、患者が亡くなった場合の補償・保障に関する法整備が不十分なため、小児科や産婦人科などのなり手が不足しています。

    したがって、全体的に不足しているというより、本当に必要な分野では不足しているということだと思います。命にかかわらない美容整形なんて有り余ってるしね。

    以上、医療分野に詳しくない者の、断片的知識に基づく推測80%の意見(戯言?)です。

    トピ内ID:3659425475

    ...本文を表示

    医科の技術が飛躍的に発展したからです。

    しおりをつける
    blank
    一産婦人科医
    歯科は専門体系が大して発達しなかったのに対して、医科は30年前とは比較にならないくらい発達したからです。専門領域が増えればそれだけ人員を必要とします。
    さらに諸外国と比較した場合、OECD加盟34国の統計でも、日本の人口1000人当たりの医師数は2.2人で第29位です。一方、看護師数は人口1000人当たり9.5人と第13位で、歯科医師は人口1000人当たり0.72人と第13位でありほぼ平均値的な値です。これからも分かるように医師は他の医療職と比較しても明らかに不足しています。さらに日本は世界に類を見ない高齢化社会なのですから今後も医師の需要が増大するのは当然です。需要が多いのに供給が少なければ当然不足します。
    話は変わりますが、弁護士はそもそも日本には司法書士や行政書士といった職種がいますが、欧米ではこういう人達も弁護士としてカウントされます。にもかかわらず、欧米の”弁護士”の数に合わせて日本の弁護士供給を増やせば過剰になるのは当たりまえです。本当に気の毒な話です。

    トピ内ID:2378055517

    ...本文を表示

    以前テレビで

    しおりをつける
    blank
    辰猫
    以前テレビで放送していました。
    只これが全ての理由だと思いませんが一理有ると思いました。
    先ずは余に儲からない小児科、責任問題や訴訟に成りやすい産婦人科は敬遠されるそうです。
    後は医学部に入るのは大変です、特に慶應、東大、京大などは至難の業です。
    その為にその様な学校に入れない場合は、言葉が悪いけど地方の大学に入る事が多いです。
    そこで医師免許を取り、地元では就職しないで戻る事が多いそうです。
    会社の就職と同じで、やはり人気の有る病院に人が集中するそうです。
    後はドラマにも成りましたが学閥、派閥が根強く残っています。
    今は開業しても流行れば遣っていけますが、大きい病院でも経営が傾くと普通の会社と同じで倒産するんです。

    トピ内ID:3831407810

    ...本文を表示

    正確には、不足している診療科、不足している地域がある。

    しおりをつける
    😠
    まつ
     かつては医局の力が強く、医師は強制的な研修先決定、強制的な転勤などで、均質に配置されている傾向がありました。
     しかしそれはあまりに非人間的であろうということで、自由に研修先を選べ、医局の圧力で転勤という事例も減少、医師が都会地で設備の整った病院ばかりに集まる傾向がでてきました。
     結果、医者の数が充分いても、一部地域では医師不足になるのです。

     また、医師免許はすべての診療科目に対して出ており、内科を専門に勉強してきた医師が盲腸の手術をしたからといって罰する法律はありません。
     つまり、体力の衰えなどを感じると、肉体的に楽な診療科目に移る人がでるのです。
     その結果、急患の多い小児科や産婦人科はやり手が少なくなり、急患のほとんどない皮膚科などはやり手が多すぎるという状況になりました。

     あともう一つの理由は、医師免許があれば女性でも高給が得られることから、女性率があがったことも、医師不足の原因です。
     出産育児などの期間、休みますし、医師同士の結婚で退職してしまう女性もいます。
     これは、その他の職業で男女差別がより多く残っていることが原因ですね。

    トピ内ID:8942628349

    ...本文を表示

    必要な人数が増えた

    しおりをつける
    blank
    くも
    簡単に言うと、必要な人数が増えたからです。

    医療の高度化で、各医師の専門分野がかなり狭くなる一方、一回の手術に必要な医師や医療関係者の人数は増えています。
    50年前なら助からなかった患者が、今は助けられるので、医師も数が必要になっている、という感じでしょうか。

    ところが、個人開業医で対応できない医療を大規模病院で提供しているにもかかわらず、現状の保険制度では個人開業医も勤務医と同じかそれ以上の収入を得られるため、大病院への医師の集約が十分に進まず、結果として必要な医療が提供できなかったり、十分な設備を整備することができなくなってしまっています。

    さらに、医師の育成については、長く過去と同じ必要人数での算定が続いていたため、近い将来医師過剰になるとされて、抑制されてきました。
    さらに、医学部の定員を増やしても、女子学生の割合が増えてきているので、結婚・妊娠・出産・子育てなどの事情で、定年に至らない期間で医療行為を行う医師としての活動を辞めてしまう人の割合もそれだけ増えてきています。

    これらの要素が複合的に一気に顕在化してきたのが、ここ10年くらいというところではないでしょうか。

    トピ内ID:7523619150

    ...本文を表示

    いろいろです

    しおりをつける
    blank
    simon
     まずは訴訟のリスク、医療訴訟って聞いた事ありますよね?要は患者さんが自分を診た医師を後から訴えるというケースです。明らかな誤診(医師のミス)で患者さんが死んだとか重大な障害が残ったなどのケースならともかく最近の人はほんと軽々と告訴するので寿命だろうが医師側にミスが無かろうが医師側は常に訴訟に怯えながら仕事してるわけです。

    あとは普通に医学部が難しいとか激務だとか様々だと思います。

    トピ内ID:1690253288

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  59
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0