詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人数合わせはそこまで細かいものですか?

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    💤
    ニュースアップ
    恋愛
    トピを開いてくださいましてありがとうございます。
    30代既婚女性です。
    今度親戚(父方従兄)が結婚します。
    式も呼んでもらっており、日程を合わせている最中なのですが、
    「ニュースアップちゃん、是非来てね!」と強く言われております。
    私は仕事もあり、正直いけるかどうか微妙なのですが。。。
    なんで、こんなに強く招待されるんだろうか。。。と不思議に思っていたところ、結婚する従兄の妹から言われたことが、
    「今回の親戚招待、母方はたくさんいるんだけど、父方はニュースアップちゃんしかいないから、父が来てほしいってゆってたよ」
    とのことでした。
     そこで、タイトル通りの疑問が生まれました。
     新郎新婦の人数合わせは聞いたことがありますが、この新郎の中だけのことでそこまで気にするものなんでしょうか。
     父方の親戚は私と主人だけしかおりません。(父は早くなくなり、義理の母がおりますが、そちらは招待されておりません。)
     遠方ですし、なんかややこしいなとおもって若干気が重くもあります。
     ここまで神経質に人数にこだわるべきなんでしょうか?

    トピ内ID:9700181403

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    数が少ないんじゃない?

    しおりをつける
    blank
    かりんと
    理想は、新郎新婦側ともに、お客の数が同等がかっこいいですよね。

    極端にどちらかが少ないのは、多い側からみると、
    「なんであちらは招待客があんなに少ないのかしら? お付合いがないのかしら? 何か問題があるのかしら?」 ・・・なんて思いかねませんから。。

    お互いに数が少ないのなら尚更。
    寂しい式になりそうな予感がして、 ”呼べる人は必ず出席してほしい!”
    って、思ってるんだとおもいますよ。

    トピ内ID:5450907979

    ...本文を表示

    そりゃ気分の問題

    しおりをつける
    blank
    ご苦労様
    数を気にするというより、(座席表では花嫁親戚っていう括りは一緒ですから)

    花嫁?の父というナーバスになりやすい方へ、親身にお声をかけてあげられる血縁に来てほしい。

    っていう娘心じゃないのかしら?
    母方=父親の嫁の親族なら甘えられませんから。

    トピ内ID:4093063418

    ...本文を表示

    なんか

    しおりをつける
    🙂
    ササ
    何かひねくれた物の考えですね。

    単に来て欲しいのもあり、少なくて仲間が欲しいのもありってのが妥当な線じゃ?

    来て欲しい=人数あわせって、寂しい考え。

    トピ内ID:6933155160

    ...本文を表示

    普通は気にしない・・・けど・・・

    しおりをつける
    🐷
    ぶ~
    新郎新婦の招待客の人数を気にするのはあっても、新郎側だけの父方・母方で人数調整はありませんよね。

    でも!
    今回の主様のように極端に父方のみ少ない、というのは・・・気になると思います。
    席表を見て父方が全然いないと、事情を知らない新婦側の皆様の中には、余計な勘繰りをする方もいるかも。
    新郎様のお父様が主様に「ぜひ来て欲しい」と思うのも、そのあたりを気にしていらっしゃるのと、
    やはり、自分の親族がいない事が寂しいのではないでしょうか?

    他人の私が言うのもおかしいですが、
    おめでたい席でもありますし、できれば出席してあげてくださいな。

    トピ内ID:2961614056

    ...本文を表示

    人数合わせというより

    しおりをつける
    blank
    うさ
    純粋に自分の親戚に来てほしい気持ちもありますが 父方の親戚が一人も来ていないと 何かトラブルがあったのかと勘繰る人もいます。
     

    トピ内ID:4827934194

    ...本文を表示

    それも有るけど

    しおりをつける
    blank
    まき
    従兄さんというのは、長男さんですか?
    だとすると、バランスにこだわるお家はこだわると思います。

    それよりも、トピ主さんの場合、イトコとして呼ばれているというよりは、亡くなったお父様の代理という意味合いが強いのではないですか?
    御存命ならば、当然出席なさったでしょうし(仲が悪かったとか、有りますか?)。

    今年私の夫(長男)の父が亡くなったのですが、これから冠婚葬祭や、お寺との付き合いなど、義母が代わりに・・・となるのですが、余所の家では長男にバトンタッチというケースも有るみたいでした。
    夫は地元に住んでないので「俺は代れないよ」と義弟(地元)に言っていたので。

    トピ主さんの文章を読むと、義理の母と書いてますから、後妻さんですか?
    そこを飛び越してトピ主さんにと言う話が付いているのではないですかね。
    的外れだったら済みません。

    トピ内ID:9550999878

    ...本文を表示

    男女で違うのかな?

    しおりをつける
    🐱
    ミケ子
    新郎側・新婦側の人数を合わせる話はわりと聞きますが
    母方と父方の親族の数合わせなんて・・初耳です。
    席次表を見て、気にする人が居るのでしょうか?

    ・・ここまで書いて思い出した事があります!!

    兄が結婚した時は父方母方とも大勢親戚を呼んでいました。理由は「長男の結婚だから。」
    私の時は母方の親族のみ!「挙式の場所が遠方だし、お嫁に行く側だから」
    (父は他界しており、兄は父方の親族に、私は母方の親族に可愛がれていたという背景もあります)

    トピ主さんは人数合わせと言うより、父方の親族代表という事で招待されたのかも知れませんね。
    従兄さんの結婚式、遠方で気が重いお気持もわかりますが
    一生に一度のおめでたい席です。出席されてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:5767224358

    ...本文を表示

    母の実家の人間

    しおりをつける
    blank
    田舎もん
    私が結婚式をしたとき、招待した親戚の中に母方のいとこがおりました。親戚関係についてはほぼ両親に任せていましたが、「母親の実家から誰か一人は来てもらわなければ」ということで、母の旧姓を継ぐいとこ(母の他界した兄の長男)であるいとこが遠方から来てくれました。
    こだわる場合もあるようですね。

    トピ内ID:9052792087

    ...本文を表示

    差が出るのは仕方ないでしょう

    しおりをつける
    blank
    綾香
    父親と母親、それぞれ兄弟の人数が違えば親戚の数が違って当然です。

    ウチは母が兄弟が多く、父は弟のみ。
    私の挙式にあたって招待状のリストを作ったのですが母方の親戚が多く、母は気にして「ウチばかり多くていいの?」なんて父に言ってましたが「兄弟多いんだからしょうがないでしょ」と私が言い、父は特に何も言ってませんでした。
    父にも確認してもらった上で最終決定したので不満はないと思います。

    どこの家もそんなもんじゃないんですか?
    そこを気にしても仕方ないと思います。

    トピ内ID:0623571734

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0